MongoDB 用 Azure Cosmos DB API

適用対象: MongoDB 用 Azure Cosmos DB API

Cosmos DB は、MongoDB 用 Azure Cosmos DB API を介すことで、あたかも MongoDB データベースであるかのように使用しやすくなります。 アプリケーションから MongoDB 用 API アカウントの接続文字列を参照することで、MongoDB で培った経験を活かすと共に、お気に入りの MongoDB ドライバー、SDK、ツールを使い続けることが可能です。

MongoDB 用 API を選ぶ理由

MongoDB Atlas などのサービス オファリングと比較して、MongoDB 用 API は Azure Cosmos DB をベースにしていることから、さまざまな付加価値があります。

  • 即時のスケーラビリティ: 自動スケーリング機能を有効にすると、ウォームアップ期間をまったく設けずに、データベースのスケールアップとスケールダウンを行うことができます。
  • 自動かつ透過的なシャーディング: MongoDB 用 API では、すべてのインフラストラクチャが自動的に管理されます。 シャーディングやシャード数もその対象です。水平スケーリングを行う場合にシャーディングを自分で指定して管理する必要がある、MongoDB Atlas などの他の MongoDB オファリングとは異なります。 そのため、ユーザー向けのアプリケーションの開発に、より多くの時間を増やすことができます。
  • ファイブ ナインの可用性: 99.999% の可用性を簡単に構成でき、データの喪失を確実に防ぐことができます。
  • コスト効率に優れた、粒度の細かい、無制限のスケーラビリティ: 他の MongoDB サービス オファリングとは異なり、シャード コレクションを任意のサイズにスケーリングできます。 今日、MongoDB 用 API ユーザーは、600 TB を超えるストレージでデータベースを実行しています。 スケーリングは、コスト効率のよい方法で実行されます。Cosmos DB プラットフォームは、他の MongoDB サービス オファリングとは異なり、スケールとリソース ガバナンスの効率利用によって、VM の 1/100 単位でのスケーリングが可能です。
  • サーバーレスのデプロイ: MongoDB Atlas とは異なり、MongoDB 用 API は、サーバーレス容量モードを備えたクラウド ネイティブのデータベースです。 サーバーレスであるため、料金はあくまで操作に応じて発生し、データベースを使用していないときには課金されません。
  • Free レベル: Azure Cosmos DB の Free レベルでは、アカウント レベルで適用されている最初の 1000 RU/s と 25 GB のストレージを、お使いのアカウントで無期限かつ無料でご利用いただけます。
  • 数秒で終わるアップグレード: すべての API バージョンが 1 つのコードベース内に存在するため、バージョンの変更がスイッチの切り替えのように簡単です。ダウンタイムは発生しません。
  • あらゆる規模でのリアルタイム分析 (HTAP) : データベースに影響を与えることなくそのデータにリアルタイムでビジネス インテリジェンスを実行するようなユース ケースに対応するため、MongoDB 用 API には、複雑な分析クエリを実行する機能が備わっています。 ETL パイプラインなしで、クラウド ネイティブの分析列ストアが利用されているため、高速でありながら、大きなコストがかかりません。 Azure Synapse Link についての詳しい情報をご覧ください。

Note

Free レベルをご利用いただくと、MongoDB 用 Azure Cosmos DB API を無料で使用できます。 Azure Cosmos DB の Free レベルでは、アカウント レベルに適用されている最初の 1000 RU/s と 25 GB のストレージを、お使いのアカウントで無料でご利用いただけます。

API の動作

MongoDB 用 Azure Cosmos DB API には MongoDB 用のワイヤ プロトコルが実装されています。 この実装により、ネイティブの MongoDB クライアント SDK、ドライバー、およびツールとの透過的な互換性が実現されます。 Azure Cosmos DB は、MongoDB データベース エンジンをホストしません。 ご使用の API バージョンと互換性のある MongoDB クライアント ドライバーであれば、通常、特別な構成なしに接続できます。

MongoDB 機能の互換性:

MongoDB 用 Azure Cosmos DB API は、次のバージョンの MongoDB サーバーと互換性があります。

MongoDB 用 API の各バージョンはすべて同じコードベースで実行されます。そのためアップグレード作業は簡単で、ダウンタイムなしに数秒で完了できます。 Azure Cosmos DB でいくつかの機能フラグを反転させるだけで、バージョンが切り替わります。 また、この機能フラグにより、以前の API バージョン (3.2、3.6 など) が引き続きサポートされます。 自分にとって最適なサーバー バージョンを選択できます。

Azure Cosmos DB's API for MongoDB

最初に知っておくべきこと

  • クラスター内の仮想マシンに対しては課金されません。 価格は、データベース単位またはコレクション単位で構成された要求ユニット (RU) あたりのスループットに基づきます。 Free レベルでは、最初の 1000 RU/s が無料になります。

  • MongoDB 用 Azure Cosmos DB API には、次の 3 とおりのデプロイ方法があります。

    • プロビジョニング スループット: 1 秒あたりの RU 数を設定して手動で変更します。 このモデルは、一貫性のあるワークロードに最も適しています。
    • 自動スケーリング: 必要なスループットの上限を設定します。 ニーズに合わせてスループットは即時にスケーリングされます。 このモデルは、頻繁に変化するワークロードに最も適しており、そのコストが最適化されます。
    • サーバーレス: 使用したスループット (期間) に対してのみ課金されます。 このモデルは、開発とテストのワークロードに最も適しています。
  • シャード クラスターのパフォーマンスは、コレクションの作成時に選択したシャード キーに依存します。 データがシャード全体に均等に分散されるよう、シャード キーは慎重に選択してください。

容量計画

Azure Cosmos DB への移行のための容量計画を実行しようとしていますか? 容量計画のために、既存のデータベース クラスターに関する情報を使用できます。

クイック スタート

次のステップ

注: この記事では、MongoDB データベースとのワイヤ プロトコルの互換性を提供する Azure Cosmos DB の機能について説明します。 Microsoft は、このサービスを提供するための MongoDB データベースの運営は行いません。 Azure Cosmos DB は MongoDB, Inc. とは提携していません。