Node.js および Azure Cosmos DB の MongoDB 用 API を使用してアプリを構築する

適用対象: MongoDB 用 Azure Cosmos DB API

次の例は、Node.js および Azure Cosmos DB の MongoDB 用 API を使用してコンソール アプリを構築する方法を示しています。

この例を使用するための前提条件は、以下のとおりです。

  • Azure Cosmos DB の MongoDB 用 API を使用するように構成された Cosmos アカウントを作成する。
  • 接続文字列の情報を取得する。

アプリを作成する

  1. app.js ファイルを作成し、次のコードをコピーして貼り付けます

    var MongoClient = require('mongodb').MongoClient;
    var assert = require('assert');
    var ObjectId = require('mongodb').ObjectID;
    var url = 'mongodb://<username>:<password>@<endpoint>.documents.azure.com:10255/?ssl=true';
    
    var insertDocument = function(db, callback) {
    db.collection('families').insertOne( {
            "id": "AndersenFamily",
            "lastName": "Andersen",
            "parents": [
                { "firstName": "Thomas" },
                { "firstName": "Mary Kay" }
            ],
            "children": [
                { "firstName": "John", "gender": "male", "grade": 7 }
            ],
            "pets": [
                { "givenName": "Fluffy" }
            ],
            "address": { "country": "USA", "state": "WA", "city": "Seattle" }
        }, function(err, result) {
        assert.equal(err, null);
        console.log("Inserted a document into the families collection.");
        callback();
    });
    };
    
    var findFamilies = function(db, callback) {
    var cursor =db.collection('families').find( );
    cursor.each(function(err, doc) {
        assert.equal(err, null);
        if (doc != null) {
            console.dir(doc);
        } else {
            callback();
        }
    });
    };
    
    var updateFamilies = function(db, callback) {
    db.collection('families').updateOne(
        { "lastName" : "Andersen" },
        {
            $set: { "pets": [
                { "givenName": "Fluffy" },
                { "givenName": "Rocky"}
            ] },
            $currentDate: { "lastModified": true }
        }, function(err, results) {
        console.log(results);
        callback();
    });
    };
    
    var removeFamilies = function(db, callback) {
    db.collection('families').deleteMany(
        { "lastName": "Andersen" },
        function(err, results) {
            console.log(results);
            callback();
        }
    );
    };
    
    MongoClient.connect(url, function(err, client) {
    assert.equal(null, err);
    var db = client.db('familiesdb');
    insertDocument(db, function() {
        findFamilies(db, function() {
        updateFamilies(db, function() {
            removeFamilies(db, function() {
                client.close();
            });
        });
        });
    });
    });
    

    省略可能: MongoDB Node.js 2.2 ドライバーを使用する場合、次のコード スニペットを置き換えてください。

    元のコード:

    MongoClient.connect(url, function(err, client) {
    assert.equal(null, err);
    var db = client.db('familiesdb');
    insertDocument(db, function() {
        findFamilies(db, function() {
        updateFamilies(db, function() {
            removeFamilies(db, function() {
                client.close();
            });
        });
        });
    });
    });
    

    以下のコードに置き換える必要があります。

    MongoClient.connect(url, function(err, db) {
    assert.equal(null, err);
    insertDocument(db, function() {
        findFamilies(db, function() {
        updateFamilies(db, function() {
            removeFamilies(db, function() {
                db.close();
            });
        });
        });
    });
    });
    
  2. アカウント設定に従って、app.js ファイル内の次の変数を変更します (接続文字列を確認する方法はこちらを参照)。

    重要

    MongoDB Node.js 3.0 ドライバーでは、Cosmos DB パスワード内の特殊文字をエンコードする必要があります。 '=' 文字を必ず %3D としてエンコードします。

    例: パスワード jm1HbNdLg5zxEuyD86ajvINRFrFCUX0bIWP15ATK3BvSv== は、jm1HbNdLg5zxEuyD86ajvINRFrFCUX0bIWP15ATK3BvSv%3D%3D にエンコードされます。

    MongoDB Node.js 2.2 ドライバーでは、Cosmos DB パスワード内の特殊文字をエンコードする必要はありません。

    var url = 'mongodb://<endpoint>:<password>@<endpoint>.documents.azure.com:10255/?ssl=true';
    
  3. お好きなターミナルを開き、npm install mongodb --save を実行してから、node app.js でアプリを実行します。

次のステップ