Power BI コネクタを使用して Azure Cosmos DB データを視覚化するVisualize Azure Cosmos DB data by using the Power BI connector

Power BI は、ダッシュボードやレポートを作成して共有できるオンライン サービスです。Power BI is an online service where you can create and share dashboards and reports. Power BI Desktop は、さまざまなデータ ソースからのデータを取得できるレポート作成ツールです。Power BI Desktop is a report authoring tool that enables you to retrieve data from various data sources. Azure Cosmos DB は、Power BI Desktop で使用できるデータ ソースの 1 つです。Azure Cosmos DB is one of the data source that you can use with Power BI Desktop. Power BI 用の Azure Cosmos DB コネクタを使用して、Power BI Desktop を Azure Cosmos DB アカウントに接続できます。You can connect Power BI Desktop to Azure Cosmos DB account with the Azure Cosmos DB connector for Power BI. Azure Cosmos DB データを Power BI にインポートした後、それを変換したり、レポートを作成したり、そのレポートを Power BI に発行したりできます。After you import Azure Cosmos DB data to Power BI, you can transform it, create reports, and publish the reports to Power BI.

この記事では、Azure Cosmos DB アカウントを Power BI Desktop に接続するために必要な手順について説明します。This article describes the steps required to connect Azure Cosmos DB account to Power BI Desktop. 接続した後、コレクションに移動してデータを抽出し、JSON データを表形式に変換して、Power BI にレポートを発行します。After connecting, you navigate to a collection, extract the data, transform the JSON data into tabular format, and publish a report to Power BI.

注意

Azure Cosmos DB 用の Power BI コネクタは Power BI Desktop に接続します。The Power BI connector for Azure Cosmos DB connects to Power BI Desktop. Power BI Desktop で作成されたレポートは、PowerBI.com に発行できます。Reports created in Power BI Desktop can be published to PowerBI.com. PowerBI.com から Azure Cosmos DB データの直接抽出を実行することはできません。Direct extraction of Azure Cosmos DB data cannot be performed from PowerBI.com.

注意

Power BI コネクタによる Azure Cosmos DB への接続は、現在は Azure Cosmos DB SQL アカウントと Gremlin API アカウントでのみサポートされています。Connecting to Azure Cosmos DB with the Power BI connector is currently supported for Azure Cosmos DB SQL API and Gremlin API accounts only.

前提条件Prerequisites

この Power BI チュートリアルの手順に従う前に、次のリソースにアクセスできることを確認してください。Before following the instructions in this Power BI tutorial, ensure that you have access to the following resources:

PowerBI.com でレポートを共有するには、PowerBI.com のアカウントが必要です。To share your reports in PowerBI.com, you must have an account in PowerBI.com. Power BI と Power BI Pro の詳細については、https://powerbi.microsoft.com/pricing を参照してください。To learn more about Power BI and Power BI Pro, see https://powerbi.microsoft.com/pricing.

作業を開始するLet's get started

このチュートリアルでは、ユーザーが世界中の火山を研究している地質学者であると仮定します。In this tutorial, let's imagine that you are a geologist studying volcanoes around the world. 火山データは Azure Cosmos DB アカウント内に格納されており、JSON ドキュメント形式は次のとおりです。The volcano data is stored in an Azure Cosmos DB account and the JSON document format is as follows:

{
    "Volcano Name": "Rainier",
       "Country": "United States",
      "Region": "US-Washington",
      "Location": {
        "type": "Point",
        "coordinates": [
          -121.758,
          46.87
        ]
      },
      "Elevation": 4392,
      "Type": "Stratovolcano",
      "Status": "Dendrochronology",
      "Last Known Eruption": "Last known eruption from 1800-1899, inclusive"
}

Azure Cosmos DB アカウントから火山データを取得し、対話型の Power BI レポートでデータを視覚化します。You will retrieve the volcano data from the Azure Cosmos DB account and visualize data in an interactive Power BI report.

  1. Power BI Desktop を実行します。Run Power BI Desktop.

  2. ようこそ画面から直接 [データの取得] を実行したり、[最近のソース] を参照したり、[Open Other Reports] (他のレポートを開く) を実行したりできます。You can Get Data, see Recent Sources, or Open Other Reports directly from the welcome screen. 右上隅にある [X] を選択して画面を閉じます。Select the "X" at the top right corner to close the screen. Power BI Desktop の [レポート] ビューが表示されます。The Report view of Power BI Desktop is displayed.

    Power BI Desktop のレポート ビュー- Power BI コネクタ

  3. [ホーム] リボンをクリックし、[データの取得] をクリックします。Select the Home ribbon, then click on Get Data. [データの取得] ウィンドウが表示されます。The Get Data window should appear.

  4. [Azure] をクリックし、[Azure Cosmos DB (ベータ版)] を選択して、[接続] をクリックします。Click on Azure, select Azure Cosmos DB (Beta), and then click Connect.

    Power BI Desktop のデータの取得 - Power BI コネクタ

  5. [Preview Connector] (プレビュー コネクタ) ページで、[続行] をクリックします。On the Preview Connector page, click Continue. [Azure Cosmos DB] ウィンドウが表示されます。The Azure Cosmos DB window appears.

  6. 次のように、データを取得する Azure Cosmos DB アカウント エンドポイント URL を指定し、[OK] をクリックします。Specify the Azure Cosmos DB account endpoint URL you would like to retrieve the data from as shown below, and then click OK. 独自のアカウントを使用するには、Azure Portal の [キー] ブレードにある [URI] ボックスから URL を取得できます。To use your own account, you can retrieve the URL from the URI box in the Keys blade of the Azure portal. オプションで、データベース名とコレクション名を指定するか、またはナビゲーターを使用してデータベースとコレクションを選択することによってデータの取得元を識別できます。Optionally you can provide the database name, collection name or use the navigator to select the database and collection to identify where the data comes from.

  7. このエンドポイントに初めて接続している場合は、アカウント キーの入力を求められます。If you are connecting to this endpoint for the first time, you are prompted for the account key. 独自のアカウントの場合は、Azure Portal の [Read-only Keys]/(読み取り専用キー/) ブレードにある [主キー] ボックスからキーを取得します。For your own account, retrieve the key from the Primary Key box in the Read-only Keys blade of the Azure portal. 適切なキーを入力し、[接続] をクリックします。Enter the appropriate key and then click Connect.

    レポートを作成する際は読み取り専用キーを使用することをお勧めします。We recommend that you use the read-only key when building reports. これにより、マスター キーが不用意に公開される潜在的なセキュリティ リスクを抑えることができます。This prevents unnecessary exposure of the master key to potential security risks. 読み取り専用キーは、Azure Portal の [キー] ブレードから入手できます。The read-only key is available from the Keys blade of the Azure portal.

  8. アカウントが正常に接続されると、 ナビゲーター ウィンドウが表示されます。When the account is successfully connected, the Navigator pane appears. ナビゲーター には、アカウントで利用できるデータベースの一覧が表示されます。The Navigator shows a list of databases under the account.

  9. レポート用のデータを取得するデータベースをクリックして展開し、[volcanodb] を選択します (実際のデータベース名は異なる場合があります)。Click and expand on the database where the data for the report comes from, select volcanodb (your database name can be different).

  10. 次に、取得するデータを含むコレクションを選択し、[volcano1] を選択します (実際のコレクション名は異なる場合があります)。Now, select a collection that contains the data to retrieve, select volcano1 (your collection name can be different).

    プレビュー ウィンドウに、 Record アイテムの一覧が表示されます。The Preview pane shows a list of Record items. Power BI では、ドキュメントは Record タイプとして表されます。A Document is represented as a Record type in Power BI. 同様に、ドキュメント内の入れ子になった JSON ブロックも、 Recordとして表されます。Similarly, a nested JSON block inside a document is also a Record.

    Azure Cosmos DB Power BI コネクタの Power BI チュートリアル - ナビゲーション ウィンドウ

  11. データを変換するには、[編集] をクリックしてクエリ エディターを新しいウィンドウで起動します。Click Edit to launch the Query Editor in a new window to transform the data.

JSON ドキュメントをフラット化して変換するFlattening and transforming JSON documents

  1. [Power BI Query Editor] (Power BI クエリ エディター) ウィンドウに切り替えます。中央のウィンドウに [ドキュメント] 列が表示されます。Switch to the Power BI Query Editor window, where the Document column in the center pane. Power BI Desktop クエリ エディターPower BI Desktop Query Editor
  2. [ドキュメント] 列ヘッダーの右側にある展開コントロールをクリックします。Click on the expander at the right side of the Document column header. フィールドの一覧を示すコンテキスト メニューが表示されます。The context menu with a list of fields will appear. Volcano Name、Country、Region、Location、Elevation、Type、Status、Last Know Eruption など、レポートに必要なフィールドを選択します。Select the fields you need for your report, for instance, Volcano Name, Country, Region, Location, Elevation, Type, Status and Last Know Eruption. [Use original column name as prefix](元の列名をプレフィックスとして使用する) チェックボックスをオフにし、[OK] をクリックします。Uncheck the Use original column name as prefix box, and then click OK.

    Azure Cosmos DB Power BI コネクタの Power BI チュートリアル - ドキュメントの展開

  3. 中央のウィンドウに、選択したフィールドを含む結果のプレビューが表示されます。The center pane displays a preview of the result with the fields selected.

    Azure Cosmos DB Power BI コネクタの Power BI チュートリアル - フラット化された結果

  4. この例では、Location プロパティは、ドキュメント内の GeoJSON ブロックです。In our example, the Location property is a GeoJSON block in a document. ご覧のように、Power BI Desktop では Location は Record タイプとして表されます。As you can see, Location is represented as a Record type in Power BI Desktop.
  5. [Document.Location] 列ヘッダーの右側にある展開コントロールをクリックします。Click on the expander at the right side of the Document.Location column header. type フィールドと coordinates フィールドを含むコンテキスト メニューが表示されます。The context menu with type and coordinates fields appear. coordinates フィールドを選択してみましょう。[Use original column name as prefix](元の列名をプレフィックスとして使用する) が選択されていないことを確認し、[OK] をクリックします。Let's select the coordinates field, ensure Use original column name as prefix is not selected, and click OK.

    Azure Cosmos DB Power BI コネクタの Power BI チュートリアル - 場所レコード

  6. 中央のウィンドウに、 List タイプの [coordinates] 列が表示されます。The center pane now shows a coordinates column of List type. このチュートリアルの冒頭に示されているように、ここで使用する GeoJSON データは、Latitude 値と Longitude 値が coordinates 配列に記録された Point タイプです。As shown at the beginning of the tutorial, the GeoJSON data in this tutorial is of Point type with Latitude and Longitude values recorded in the coordinates array.

    coordinates[0] 要素は経度を表し、coordinates[1] は緯度を表します。The coordinates[0] element represents Longitude while coordinates[1] represents Latitude. Azure Cosmos DB Power BI コネクタの Power BI チュートリアル - 座標一覧Power BI tutorial for Azure Cosmos DB Power BI connector - Coordinates list

  7. coordinates 配列をフラット化するために、LatLong という カスタム列 を作成します。To flatten the coordinates array, create a Custom Column called LatLong. [列の追加] リボンを選択し、[カスタム列] をクリックします。Select the Add Column ribbon and click on Custom Column. [カスタム列] ウィンドウが表示されます。The Custom Column window appears.
  8. "LatLong" など、新しい列の名前を入力します。Provide a name for the new column, e.g. LatLong.
  9. 次に、新しい列のカスタム式を指定します。Next, specify the custom formula for the new column. たとえば、次のような式を使用して、緯度と経度の値をコンマ区切りで連結します: Text.From([coordinates]{1})&","&Text.From([coordinates]{0})For our example, we will concatenate the Latitude and Longitude values separated by a comma as shown below using the following formula: Text.From([coordinates]{1})&","&Text.From([coordinates]{0}). Click OK.Click OK.

    DAX 関数など Data Analysis Expressions(DAX) の詳細については、「 Power BI Desktop における DAX の基本事項」を参照してください。For more information on Data Analysis Expressions (DAX) including DAX functions, please visit DAX Basic in Power BI Desktop.

    Azure Cosmos DB Power BI コネクタの Power BI チュートリアル - カスタム列の追加

  10. これで、中央のウィンドウに、値が入力された新しい LatLong 列が表示されます。Now, the center pane shows the new LatLong columns populated with the values.

    Azure Cosmos DB コネクタの Power BI チュートリアル - カスタム LatLong 列

    新しい列でエラーが発生する場合は、クエリ設定で適用された手順が次の図と一致することを確認してください。If you receive an Error in the new column, make sure that the applied steps under Query Settings match the following figure:

    適用された手順は、Source、Navigation、Expanded Document、Expanded Document.Location、Added Custom である必要がある

    手順が異なる場合は、余分な手順を削除し、カスタム列をもう一度追加してみてください。If your steps are different, delete the extra steps and try adding the custom column again.

  11. [終了して適用] をクリックしてデータ モデルを保存します。Click Close and Apply to save the data model.

    Azure Cosmos DB Power BI コネクタの Power BI チュートリアル - 閉じて適用

レポートを作成するBuild the reports

Power BI Desktop レポート ビューは、データを視覚化するためにレポート作成を開始できる場所です。Power BI Desktop Report view is where you can start creating reports to visualize data. [レポート] キャンバスにフィールドをドラッグ アンド ドロップすることにより、レポートを作成できます。You can create reports by dragging and dropping fields into the Report canvas.

Power BI Desktop のレポート ビュー- Power BI コネクタ

レポート ビューには以下が表示されます。In the Report view, you should find:

  1. [フィールド] ウィンドウ。ここで、レポートに使用できるデータ モデルとフィールドの一覧を確認できます。The Fields pane, this is where you can see a list of data models with fields you can use for your reports.
  2. [視覚エフェクト] ウィンドウ。The Visualizations pane. レポートに 1 つまたは複数の視覚エフェクトを含めることができます。A report can contain a single or multiple visualizations. [視覚エフェクト] ウィンドウで、ニーズに合った視覚エフェクトの種類を指定します。Pick the visual types fitting your needs from the Visualizations pane.
  3. [レポート] キャンバス。ここで、レポート用のビジュアルを作成します。The Report canvas, this is where you build the visuals for your report.
  4. [レポート] ページ。The Report page. Power BI Desktop では、複数のレポート ページを追加できます。You can add multiple report pages in Power BI Desktop.

単純な対話型マップ ビュー レポートを作成する基本的な手順を次に示します。The following shows the basic steps of creating a simple interactive Map view report.

  1. 例として、個々の火山の場所を示すマップ ビューを作成します。For our example, we will create a map view showing the location of each volcano. [視覚エフェクト] ウィンドウで、ビジュアルの種類として、上記のスクリーンショットで強調表示されているマップをクリックします。In the Visualizations pane, click on the Map visual type as highlighted in the screenshot above. [レポート] キャンバスに、ビジュアルの種類のマップが描かれます。You should see the Map visual type painted on the Report canvas. [視覚化エフェクト] ウィンドウには、ビジュアルの種類のマップに関連するプロパティのセットも表示されます。The Visualization pane should also display a set of properties related to the Map visual type.
  2. ここで、[フィールド] ウィンドウの LatLong フィールドを [視覚エフェクト] ウィンドウの Location プロパティにドラッグ アンド ドロップします。Now, drag and drop the LatLong field from the Fields pane to the Location property in Visualizations pane.
  3. 次に、Volcano Name フィールドを Legend プロパティにドラッグ アンド ドロップします。Next, drag and drop the Volcano Name field to the Legend property.
  4. さらに、Elevation フィールドを Size プロパティにドラッグ アンド ドロップします。Then, drag and drop the Elevation field to the Size property.
  5. ここで、マップ ビジュアルに複数のバブルが表示されます。バブルは個々の火山の場所を示し、バブルのサイズは火山の高度と相関性があります。You should now see the Map visual showing a set of bubbles indicating the location of each volcano with the size of the bubble correlating to the elevation of the volcano.
  6. これで、基本的なレポートを作成できました。You now have created a basic report. 別の視覚エフェクトを追加することで、レポートをさらにカスタマイズできます。You can further customize the report by adding more visualizations. この例では、レポートを対話的にするために Volcano Type スライサーを追加しました。In our case, we added a Volcano Type slicer to make the report interactive.

  7. [ファイル] メニューの [保存] をクリックして、ファイルを PowerBITutorial.pbix として保存します。On the File menu, click Save and save the file as PowerBITutorial.pbix.

レポートを発行して共有するPublish and share your report

レポートを共有するには、PowerBI.com のアカウントが必要です。To share your report, you must have an account in PowerBI.com.

  1. Power BI Desktop で、 [ホーム] リボンをクリックします。In the Power BI Desktop, click on the Home ribbon.
  2. [発行] をクリックします。Click Publish. PowerBI.com アカウントのユーザー名とパスワードの入力が求められます。You are be prompted to enter the user name and password for your PowerBI.com account.
  3. 資格情報が認証されると、選択済みの宛先にレポートが発行されます。Once the credential has been authenticated, the report is published to your destination you selected.
  4. レポートを PowerBI.com に表示して共有するには、 ['PowerBITutorial.pbix' を Power BI で開く] をクリックします。Click Open 'PowerBITutorial.pbix' in Power BI to see and share your report on PowerBI.com.

    Power BI への発行が成功しました!

PowerBI.com でのダッシュボードの作成Create a dashboard in PowerBI.com

レポートが用意できたので、PowerBI.com で共有しましょう。Now that you have a report, lets share it on PowerBI.com

レポートを Power BI Desktop から PowerBI.com に発行すると、PowerBI.com テナントに [レポート][データセット] が生成されます。When you publish your report from Power BI Desktop to PowerBI.com, it generates a Report and a Dataset in your PowerBI.com tenant. たとえば、PowerBITutorial という名前のレポートを PowerBI.com に発行すると、PowerBI.com の [レポート] セクションと [データセット] セクションの両方に PowerBITutorial が表示されます。For example, after you published a report called PowerBITutorial to PowerBI.com, you will see PowerBITutorial in both the Reports and Datasets sections on PowerBI.com.

PowerBI.com の新しいレポートとデータセットのスクリーンショット

共有可能なダッシュ ボードを作成するには、PowerBI.com レポートで [ライブ ページをピン留めする] ボタンをクリックします。To create a sharable dashboard, click the Pin Live Page button on your PowerBI.com report.

PowerBI.com の新しいレポートとデータセットのスクリーンショット

その後、「 レポートからタイルをピン留め 」の指示に従って、新しいダッシュボードを作成します。Then follow the instructions in Pin a tile from a report to create a new dashboard.

ダッシュボードを作成する前に、レポートをその場で変更することもできます。You can also do ad hoc modifications to report before creating a dashboard. ただし、変更は Power BI Desktop で実行し、変更後のレポートを PowerBI.com にもう一度発行することをお勧めします。However, it's recommended that you use Power BI Desktop to perform the modifications and republish the report to PowerBI.com.

次の手順Next steps