SQL API 用の Azure Cosmos DB .NET Core SDK:リリース ノートとリソースAzure Cosmos DB .NET Core SDK for SQL API: Release notes and resources

SDK のダウンロードSDK download NuGetNuGet
API ドキュメントAPI documentation .NET API リファレンス ドキュメント.NET API reference documentation
サンプルSamples .NET コード サンプル.NET code samples
概要Get started Azure Cosmos DB .NET Core SDK を開始するGet started with the Azure Cosmos DB .NET Core SDK
Web アプリ チュートリアルWeb app tutorial Azure Cosmos DB を使用した Web アプリケーションの開発Web application development with Azure Cosmos DB
現在サポートされているフレームワークCurrent supported framework .NET Standard 1.6 および .NET Standard 1.5.NET Standard 1.6 and .NET Standard 1.5

リリース ノートRelease Notes

Azure Cosmos DB .NET Core SDK には最新バージョンの Azure Cosmos DB .NET SDK と同等の機能が備わっています。The Azure Cosmos DB .NET Core SDK has feature parity with the latest version of the Azure Cosmos DB .NET SDK.

3.0.0.1 プレビュー3.0.0.1-preview

  • パブリック プレビュー用の .NET SDK のバージョン 3.0.0 のプレビュー 1。Preview 1 of Version 3.0.0 of the .NET SDK for public preview.
  • 対象は .NET Standard です。.NET Framework 4.6.1 以降および .NET Core 2.0 以降をサポートします。Target .NET Standard, which supports .NET framework 4.6.1+ and .NET Core 2.0+
  • 最上位レベルの CosmosClient と関連する CosmosDatabases、CosmosContainers、および CosmosItems の各クラスとの間でメソッドが分割される新しいオブジェクト モデルです。New object model, with top-level CosmosClient and methods split across relevant CosmosDatabases, CosmosContainers and CosmosItems classes.
  • ストリームをサポートします。Support for streams.
  • 状態コードを返し、応答が返されない場合にのみ例外を返すようにサーバーからの CosmosResponseMessage を更新しました。Updated CosmosResponseMessage from server to return status code, and only throw exception when no response is returned.

2.4.02.4.0

  • SDK の System.Net.Http バージョンは、NuGet パッケージで定義されているものと一致しますSDK’s System.Net.Http version matches what is defined in the NuGet package
  • LINQ クエリの小数点以下有効桁数のサイズが増えました。Increased decimal precision size for LINQ queries.
  • 新しいクラス CompositePath、CompositePathSortOrder、SpatialSpec、SpatialType、PartitionKeyDefinitionVersion が追加されましたAdded new classes CompositePath, CompositePathSortOrder, SpatialSpec, SpatialType and PartitionKeyDefinitionVersion
  • DocumentCollection に TimeToLivePropertyPath が追加されましたAdded TimeToLivePropertyPath to DocumentCollection
  • IndexPolicy に CompositeIndexes と SpatialIndexes が追加されましたAdded CompositeIndexes and SpatialIndexes to IndexPolicy
  • PartitionKeyDefinition に Version が追加されましたAdded Version to PartitionKeyDefinition
  • PartitionKey に None が追加されましたAdded None to PartitionKey

2.3.02.3.0

  • IdleTcpConnectionTimeout、OpenTcpConnectionTimeout、MaxRequestsPerTcpConnection、MaxTcpConnectionsPerEndpoint が、ConnectionPolicy に追加されました。Added IdleTcpConnectionTimeout, OpenTcpConnectionTimeout, MaxRequestsPerTcpConnection and MaxTcpConnectionsPerEndpoint to ConnectionPolicy.

2.2.32.2.3

  • 診断機能の強化Diagnostics improvements

2.2.22.2.2

  • 環境変数設定 "POCOSerializationOnly" を追加しました。Added environment variable setting “POCOSerializationOnly”.

  • DocumentDB.Spatial.Sql.dll が削除され、Microsoft.Azure.Documents.ServiceInterop.dll に含まれるようになりましたRemoved DocumentDB.Spatial.Sql.dll and now included in Microsoft.Azure.Documents.ServiceInterop.dll

2.2.12.2.1

  • StoredProcedure 実行呼び出しに対するフェールオーバー中の再試行ロジックの改善。Improvement in retry logic during failover for StoredProcedure execute calls.

  • DocumentClientEventSource シングルトンを作成しました。Made DocumentClientEventSource singleton.

  • ConnectionPolicy RequestTimeout を守っていない、GatewayAddressCache タイムアウトを修正しました。Fix GatewayAddressCache timeout not honoring ConnectionPolicy RequestTimeout.

2.2.02.2.0

  • ダイレクト/TCP トランスポート診断のために、SDK の内部例外の種類である TransportException を追加しました。For direct/TCP transport diagnostics, added TransportException, an internal exception type of the SDK. 例外メッセージ内に存在する場合、この種類は、クライアント接続の問題のトラブルシューティングに関する追加情報を出力します。When present in exception messages, this type prints additional information for troubleshooting client connectivity problems.

  • HttpClient 要求を送信するために使用する HTTP ハンドラー スタックである HttpMessageHandler を受け取る新しいコンストラクターのオーバーロードを追加しました (HttpClientHandler など)。Added new constructor overload which takes a HttpMessageHandler, a HTTP handler stack to use for sending HttpClient requests (e.g., HttpClientHandler).

  • null 値を持つヘッダーが正しく処理されていなかったバグを修正しました。Fix bug where header with null values were not being handled properly.

  • コレクション キャッシュ検証を改善しました。Improved collection cache validation.

2.1.32.1.3

  • System.Net.Security を 4.3.2 に更新しました。Updated System.Net.Security to 4.3.2.

2.1.22.1.2

  • 診断トレーシング機能を強化しました。Diagnostic tracing improvements.

2.1.12.1.1

  • マルチリージョンの要求の一時的な障害に対する回復力を上げました。Added more resilience to Multi-region request transient failures.

2.1.02.1.0

  • マルチリージョンの書き込みがサポートされるようになりました。Added Multi-region write support.
  • TOP と MaxBufferedItemCount でクロス パーティションのクエリ パフォーマンスが改善されました。Cross partition query performance improvements with TOP and MaxBufferedItemCount.

2.0.02.0.0

  • 要求をキャンセルできるようになりました。Added request cancellation support.
  • SetCurrentLocation を ConnectionPolicy に追加しました。これにより、優先される場所がリージョンに基づいて自動的に事前設定されます。Added SetCurrentLocation to ConnectionPolicy, which automatically populates the preferred locations based on the region.
  • 個々のパーティション上のいずれのドキュメントにも一致しないフィルターや Min/Max を含むクロス パーティション クエリのバグを修正しました。Fixed Bug in Cross Partition Queries with Min/Max and a filter that matches no documents on an individual partition.
  • DocumentClient のメソッドが IDocumentClient と等価になりました。DocumentClient methods now have parity with IDocumentClient.
  • 確立される接続数を減らすために、ダイレクト TCP トランスポート スタックを更新しました。Updated direct TCP transport stack to reduce the number of connections established.
  • 非 Windows クライアント向けにダイレクト モード TCP のサポートを追加しました。Added support for Direct Mode TCP for non-Windows clients.

2.0.0-preview22.0.0-preview2

  • 要求をキャンセルできるようになりました。Added request cancellation support.
  • SetCurrentLocation を ConnectionPolicy に追加しました。これにより、優先される場所がリージョンに基づいて自動的に事前設定されます。Added SetCurrentLocation to ConnectionPolicy, which automatically populates the preferred locations based on the region.
  • 個々のパーティション上のいずれのドキュメントにも一致しないフィルターや Min/Max を含むクロス パーティション クエリのバグを修正しました。Fixed Bug in Cross Partition Queries with Min/Max and a filter that matches no documents on an individual partition.

2.0.0-preview2.0.0-preview

  • DocumentClient のメソッドが IDocumentClient と等価になりました。DocumentClient methods now have parity with IDocumentClient.
  • 確立される接続数を減らすために、ダイレクト TCP トランスポート スタックを更新しました。Updated direct TCP transport stack to reduce the number of connections established.
  • 非 Windows クライアント向けにダイレクト モード TCP のサポートを追加しました。Added support for Direct Mode TCP for non-Windows clients.

1.10.01.10.0

  • ConsistencyLevel Property を FeedOptions に追加しました。Added ConsistencyLevel Property to FeedOptions.
  • JsonSerializerSettings を RequestOptions および FeedOptions に追加しました。Added JsonSerializerSettings to RequestOptions and FeedOptions.
  • EnableReadRequestsFallback を ConnectionPolicy に追加しました。Added EnableReadRequestsFallback to ConnectionPolicy.

1.9.11.9.1

  • まれなケースにおけるクロス パーティション ORDER BY クエリの KeyNotFoundException を修正しました。Fixed KeyNotFoundException for cross partition order by queries in corner cases.
  • LINQ クエリの SELECT 句で JsonProperty 属性が受け入れられないバグを修正しました。Fixed bug where JsonProperty attribute in select clause for LINQ queries was not being honored.

1.8.21.8.2

  • 特定の競合状態の下で起こり、セッションの整合性レベルを使うと断続的に "Microsoft.Azure.Documents.NotFoundException: The read session is not available for the input session token" (入力セッション トークンでは読み取りセッションを使用できません) というエラーが発生するバグを修正しました。Fixed bug that is hit under certain race conditions, that results in intermittent "Microsoft.Azure.Documents.NotFoundException: The read session is not available for the input session token" errors when using Session consistency level.

1.8.11.8.1

  • FeedOptions.MaxItemCount = -1 によって System.ArithmeticException: page size is negative (ページ サイズがマイナスです) がスローされた回帰が修正されました。Fixed regression where FeedOptions.MaxItemCount = -1 threw an System.ArithmeticException: page size is negative.
  • 新しい ToString() 関数が QueryMetrics に追加されました。Added a new ToString() function to QueryMetrics.
  • コレクションの読み取り時のパーティション統計情報が公開されました。Exposed partition statistics on reading collections.
  • ChangeFeedOptions に PartitionKey プロパティが追加されました。Added PartitionKey property to ChangeFeedOptions.
  • 軽微なバグの修正。Minor bug fixes.

1.7.11.7.1

  • DocumentCollection の UniqueKeyPolicy プロパティを使用して、ドキュメントの一意なインデックスを指定する機能を追加します。Adds the ability to specify unique indexes for the documents by using UniqueKeyPolicy property on the DocumentCollection.
  • 一部のクエリやストアド プロシージャの実行に対して、カスタム JsonSerializer 設定が受け入れられないバグを修正しました。Fixed a bug in which the custom JsonSerializer settings were not being honored for some queries and stored procedure execution.

1.7.01.7.0

  • API リファレンス ドキュメント、アセンブリ内のメタデータ情報、および NuGet パッケージでの Azure DocumentDB から Azure Cosmos DB へのブランド名の変更。Branding change from Azure DocumentDB to Azure Cosmos DB in the API Reference documentation, metadata information in assemblies, and the NuGet package.
  • 直接接続モードで送信された要求の応答からの診断情報と待ち時間の公開。Expose diagnostic information and latency from the response of requests sent with direct connectivity mode. プロパティ名は ResourceResponse クラスの RequestDiagnosticsString と RequestLatency です。The property names are RequestDiagnosticsString and RequestLatency on ResourceResponse class.
  • この SDK バージョンでは、 https://aka.ms/cosmosdb-emulator からダウンロードできる Azure Cosmos DB エミュレーターの最新バージョンが必要です。This SDK version requires the latest version of Azure Cosmos DB Emulator available for download from https://aka.ms/cosmosdb-emulator.

1.6.01.6.0

  • 信頼性のための修正と機能強化がいくつか追加されました。Added several reliability fixes and improvements.

1.5.11.5.1

1.5.01.5.0

  • クエリの結果をパーティション キーの特定の範囲の値にスコープするための FeedOption として PartitionKeyRangeIdresults のサポートが追加されました。Added support for PartitionKeyRangeId as a FeedOption for scoping query results to a specific partition key range value.
  • 指定時刻以後の変更の検索を開始するための ChangeFeedOption として StartTime のサポートが追加されました。Added support for StartTime as a ChangeFeedOption to start looking for the changes after that time.

1.4.11.4.1

  • スタック オーバーフローの例外を引き起こす可能性のある JsonSerializable クラスの問題を修正しました。Fixed an issue in the JsonSerializable class that may cause a stack overflow exception.

1.4.01.4.0

  • DocumentClient のインスタンス化時にカスタム JsonSerializerSettings を指定するためのサポートが追加されました。Added support for specifying custom JsonSerializerSettings while instantiating a DocumentClient instance.

1.3.21.3.2

  • ターゲット フレームワークの 1 つとして .NET Standard 1.5 をサポートします。Supporting .NET Standard 1.5 as one of the target frameworks.

1.3.11.3.1

  • SSE4 命令をサポートせず、Azure Cosmos DB クエリの実行時に SEHException をスローする x64 マシンに影響を与える問題を修正しました。Fixed an issue that affected x64 machines that don’t support SSE4 instruction and throw SEHException when running Azure Cosmos DB queries.

1.3.01.3.0

  • ConsistentPrefix と呼ばれている新しい一貫性レベルに対応するようになりました。Added support for a new consistency level called ConsistentPrefix.
  • 個別のパーティションに対するメトリックのクエリに対応するようになりました。Added support for query metrics for individual partitions.
  • クエリの継続トークンのサイズ制限に対応するようになりました。Added support for limiting the size of the continuation token for queries.
  • 失敗した要求の詳細なトレースに対応するようになりました。Added support for more detailed tracing for failed requests.
  • SDK でのパフォーマンスが向上しています。Made some performance improvements in the SDK.

1.2.21.2.2

  • 集計クエリの FeedOptions 内に指定された PartitionKey 値が無視される問題を修正しました。Fixed an issue that ignored the PartitionKey value provided in FeedOptions for aggregate queries.
  • 中間クロス パーティション Order By クエリの実行時のパーティション管理の透過的な処理の問題を修正しました。Fixed an issue in transparent handling of partition management during mid-flight cross-partition Order By query execution.

1.2.11.2.1

  • いくつかの非同期 API を ASP.NET のコンテキスト内で使用する場合にデッドロックの原因となった問題を修正しました。Fixed an issue which caused deadlocks in some of the async APIs when used inside ASP.NET context.

1.2.01.2.0

  • 特定の条件で自動フェールオーバーするために SDK の耐障害性を改善しました。Fixes to make SDK more resilient to automatic failover under certain conditions.

1.1.21.1.2

  • "リモート名を解決できませんでした" という WebException を時々発生させる問題を修正しました。Fix for an issue that occasionally causes a WebException: The remote name could not be resolved.
  • ReadDocumentAsync API に新しいオーバーロードを追加することで、型指定されたドキュメントを直接読み取るサポートを追加しました。Added the support for directly reading a typed document by adding new overloads to ReadDocumentAsync API.

1.1.11.1.1

  • 集計クエリ (COUNT、MIN、MAX、SUM、および AVG) の LINQ サポートを追加しました。Added LINQ support for aggregation queries (COUNT, MIN, MAX, SUM, and AVG).
  • イベント ハンドラーの使用によって発生した ConnectionPolicy オブジェクトのメモリ リークの問題を修正しました。Fix for a memory leak issue for the ConnectionPolicy object caused by the use of event handler.
  • ETag を使用した場合に UpsertAttachmentAsync が動作しなかった問題を修正しました。Fix for an issue wherein UpsertAttachmentAsync was not working when ETag was used.
  • 文字列フィールドの並べ替えで、パーティションを横断する order-by クエリの継続が動作しなかった問題を修正しました。Fix for an issue wherein cross partition order-by query continuation was not working when sorting on string field.

1.1.01.1.0

  • 集計クエリ (COUNT、MIN、MAX、SUM、および AVG) のサポートを追加しました。Added support for aggregation queries (COUNT, MIN, MAX, SUM, and AVG). 集計のサポートに関するトピックを参照してください。See Aggregation support.
  • パーティション分割コレクションの最小スループットが 10,100 RU/秒から 2,500 RU/秒になりました。Lowered minimum throughput on partitioned collections from 10,100 RU/s to 2500 RU/s.

1.0.01.0.0

Azure Cosmos DB .NET Core SDK を使用すると、Windows、Mac、Linux で実行できるクロスプラットフォーム対応の高速な ASP.NET Core アプリと .NET Core アプリを構築できるようになります。The Azure Cosmos DB .NET Core SDK enables you to build fast, cross-platform ASP.NET Core and .NET Core apps to run on Windows, Mac, and Linux. Azure Cosmos DB .NET Core SDK の最新リリースは、Xamarin との完全な互換性を持ち、iOS、Android、Mono (Linux) を対象とするアプリケーションの構築に使用されます。The latest release of the Azure Cosmos DB .NET Core SDK is fully Xamarin compatible and be used to build applications that target iOS, Android, and Mono (Linux). 

0.1.0-preview0.1.0-preview

Azure Cosmos DB .NET Core Preview SDK を使用すると、Windows、Mac、Linux で実行できるクロスプラットフォーム対応の高速な ASP.NET Core アプリと .NET Core アプリを構築できるようになります。The Azure Cosmos DB .NET Core Preview SDK enables you to build fast, cross-platform ASP.NET Core and .NET Core apps to run on Windows, Mac, and Linux.

Azure Cosmos DB .NET Core Preview SDK には最新バージョンの Azure Cosmos DB .NET SDK と同等の機能が備わっており、次の機能がサポートされます。The Azure Cosmos DB .NET Core Preview SDK has feature parity with the latest version of the Azure Cosmos DB .NET SDK and supports the following:

この SDK に関する質問がある場合は、StackOverflow に投稿するか、GitHub リポジトリに問題を報告してください。If you have questions related to this SDK, post to StackOverflow, or file an issue in the GitHub repository.

リリース日と提供終了日Release & Retirement Dates

バージョンVersion リリース日Release Date 提供終了日Retirement Date
2.4.02.4.0 2019 年 5 月 5 日May 05, 2019 ---
2.3.02.3.0 2019 年 4 月 4 日April 04, 2019 ---
2.2.32.2.3 2019 年 3 月 11 日March 11, 2019 ---
2.2.22.2.2 2019 年 2 月 6 日February 06, 2019 ---
2.2.12.2.1 2018 年 12 月 24 日December 24, 2018 ---
2.2.02.2.0 2018 年 12 月 7 日December 07, 2018 ---
2.1.32.1.3 2018 年 10 月 15 日October 15, 2018 ---
2.1.22.1.2 2018 年 10 月 4 日October 04, 2018 ---
2.1.12.1.1 2018 年 9 月 27 日September 27, 2018 ---
2.1.02.1.0 2018 年 9 月 21 日September 21, 2018 ---
2.0.02.0.0 2018 年 9 月 7 日September 07, 2018 ---
1.9.11.9.1 2018 年 3 月 9 日March 09, 2018 ---
1.8.21.8.2 2018 年 2 月 21 日February 21, 2018 ---
1.8.11.8.1 2018 年 2 月 5 日February 05, 2018 ---
1.7.11.7.1 2017 年 11 月 16 日November 16, 2017 ---
1.7.01.7.0 2017 年 11 月 10 日November 10, 2017 ---
1.6.01.6.0 2017 年 10 月 17 日October 17, 2017 ---
1.5.11.5.1 2017 年 10 月 02 日October 02, 2017 ---
1.5.01.5.0 2017 年 8 月 10 日August 10, 2017 ---
1.4.11.4.1 2017 年 8 月 7 日August 07, 2017 ---
1.4.01.4.0 2017 年 8 月 2 日August 02, 2017 ---
1.3.21.3.2 2017 年 6 月 12 日June 12, 2017 ---
1.3.11.3.1 2017 年 5 月 23 日May 23, 2017 ---
1.3.01.3.0 2017 年 5 月 10 日May 10, 2017 ---
1.2.21.2.2 2017 年 4 月 19 日April 19, 2017 ---
1.2.11.2.1 2017 年 3 月 29 日March 29, 2017 ---
1.2.01.2.0 2017 年 3 月 25 日March 25, 2017 ---
1.1.21.1.2 2017 年 3 月 20 日March 20, 2017 ---
1.1.11.1.1 2017 年 3 月 14 日March 14, 2017 ---
1.1.01.1.0 2017 年 2 月 16 日February 16, 2017 ---
1.0.01.0.0 2016 年 12 月 21 日December 21, 2016 ---
0.1.0-preview0.1.0-preview 2016 年 11 月 15 日November 15, 2016 2016 年 12 月 31 日December 31, 2016

関連項目See Also

Cosmos DB の詳細については、Microsoft Azure Cosmos DB サービス ページを参照してください。To learn more about Cosmos DB, see Microsoft Azure Cosmos DB service page.