ARRAY_SLICE (Azure Cosmos DB)

適用対象: SQL API

配列式の一部を返します。

構文

ARRAY_SLICE (<arr_expr>, <num_expr> [, <num_expr>])  

引数

arr_expr
任意の配列式です。

num_expr
配列を開始する位置を示す 0 から始まる数値インデックス。 配列内の最後の要素を基準とした開始インデックスを指定するために負の値が使用されることがあり、つまり、-1 は配列の最後の要素を参照します。

num_expr 結果の配列に要素の最大数を設定するオプションの数値式。

戻り値の型

配列式を返します。

次の例では、ARRAY_SLICE を使用して、配列の別のスライスを取得する方法を示します。

SELECT
           ARRAY_SLICE(["apples", "strawberries", "bananas"], 1) AS s1,  
           ARRAY_SLICE(["apples", "strawberries", "bananas"], 1, 1) AS s2,
           ARRAY_SLICE(["apples", "strawberries", "bananas"], -2, 1) AS s3,
           ARRAY_SLICE(["apples", "strawberries", "bananas"], -2, 2) AS s4,
           ARRAY_SLICE(["apples", "strawberries", "bananas"], 1, 0) AS s5,
           ARRAY_SLICE(["apples", "strawberries", "bananas"], 1, 1000) AS s6,
           ARRAY_SLICE(["apples", "strawberries", "bananas"], 1, -100) AS s7      
  

結果セットは次のようになります。

[{  
           "s1": ["strawberries", "bananas"],   
           "s2": ["strawberries"],
           "s3": ["strawberries"],  
           "s4": ["strawberries", "bananas"], 
           "s5": [],
           "s6": ["strawberries", "bananas"],
           "s7": [] 
}]  

解説

このシステム関数では、インデックスは使用されません。

次のステップ