Azure Cosmos DB SQL API のデータベースに標準 (手動) のスループットをプロビジョニングする

適用対象: SQL API

この記事では、Azure Cosmos DB SQL API のデータベースに標準 (手動) のスループットをプロビジョニングする方法について説明します。 スループットは、単一のコンテナーを対象にプロビジョニングできるほか、データベースを対象にプロビジョニングして、それをデータベース内の複数のコンテナーで共有することもできます。 コンテナーレベルとデータベースレベルのスループットを使用するタイミングについては、コンテナーとデータベースでのスループットのプロビジョニングのユース ケースに関する記事を参照してください。 データベース レベルのスループットは、Azure portal または Azure Cosmos DB SDK を使用してプロビジョニングできます。

別の API を使用している場合は、API for MongoDBCassandra APIGremlin API のスループット プロビジョニングに関する記事を参照してください。

Azure portal を使用してスループットをプロビジョニングする

  1. Azure portal にサインインします。

  2. 新しい Azure Cosmos アカウントを作成するか、既存の Azure Cosmos アカウントを選択します。

  3. [データ エクスプローラー] ウィンドウを開いて [新しいデータベース] を選択します。 以下の詳細を指定します。

    • データベース ID を入力します。
    • [Share throughput across containers]\(コンテナー間でスループットを共有する\) オプションを選択します。
    • 自動スケーリングまたは手動スループットを選択し、必要なデータベース スループットを入力します (例: 1000 RU/秒)。
    • [コンテナー ID] にコンテナーの名前を入力します。
    • パーティション キーを入力します。
    • [OK]を選択します。

    [新しいデータベース] ダイアログ ボックスのスクリーンショット

Azure CLI または PowerShell を使用してスループットをプロビジョニングする

共有スループットのデータベースを作成するには、次を参照してください。

.NET SDK を使用してスループットをプロビジョニング

Note

SQL API 用の Azure Cosmos SDK を使用して、すべての API のスループットをプロビジョニングできます。 Cassandra API では、必要に応じて以下の例を使用することもできます。

//set the throughput for the database
RequestOptions options = new RequestOptions
{
    OfferThroughput = 500
};

//create the database
await client.CreateDatabaseIfNotExistsAsync(
    new Database {Id = databaseName},  
    options);

次のステップ

Azure Cosmos DB のプロビジョニングされたスループットについては、次の記事を参照してください。