Azure Cosmos DB .NET SDK v2 for SQL API: ダウンロードおよびリリース ノート (レガシ)

適用対象: SQL API

リンク
SDK のダウンロード NuGet
API ドキュメント .NET API リファレンス ドキュメント
サンプル .NET コード サンプル
[作業の開始] Azure Cosmos DB .NET SDK を開始する
Web アプリ チュートリアル Azure Cosmos DB を使用した Web アプリケーションの開発
現在サポートされているフレームワーク Microsoft .NET Framework 4.5

警告

2024 年 8 月 31 日に、Azure Cosmos DB .NET SDK v2.x は廃止されます。この SDK と、SDK を使用しているすべてのアプリケーションは、引き続き機能します。Azure Cosmos DB は、この SDK の保守とサポートをさらに提供することを停止します。 .NET SDK v3 SDK の最新バージョンに移行することをお勧めします。

Note

.NET Framework を使用している場合は、.NET Standard をターゲットとする .NET SDK の最新バージョン 3.x を参照してください。

リリース履歴

リリース履歴は Azure Cosmos DB .NET SDK ソース リポジトリで保守管理されています。 機能リリースと各リリースで修正されたバグの詳細な一覧については、SDK 変更ログのドキュメントを参照してください

Azure Cosmos DB .NET SDK のバージョン 3 には更新された機能とパフォーマンスの向上が含まれるため、この SDK の 2.x は 2024 年 8 月 31 日に廃止される予定です。 その日付までに SDK をバージョン 3 に更新する必要があります。 手順に従って Azure Cosmos DB .NET SDK バージョン 3 に移行することをお勧めします。

.NET SDK のさまざまなサブ バージョンは 2.x.x バージョン以下で利用できます。 推奨される最小バージョンは 2.16.2 です

既知の問題

推奨される最小バージョンに影響を与える既知の問題の一覧を次に示します。

問題 影響 対応策 追跡リンク
複数の書き込み場所があるアカウントで直接モードを使用している場合、リージョンがアカウントに追加されたときに、SDK によって検出されないことがあります。 アカウント情報を更新するバックグラウンド プロセスが起動に失敗します。 現在のリージョンよりも上位の順番で PreferredLocations の一部である新しいリージョンがアカウントに追加された場合、SDK によって新しい利用可能なリージョンが検出されません。 アプリケーションを再起動します。 https://github.com/Azure/azure-cosmos-dotnet-v2/issues/852

よく寄せられる質問

SDK の提供終了はどのような方法で通知されますか?

サポートされる SDK に速やかに移行できるように、提供終了となる SDK のサポート終了は 12 か月前に通知されます。 さらに、Azure portal、Azure の更新情報、担当サービス管理者への直接連絡など、さまざまな連絡手段で通知します。

その 12 か月間、提供終了予定の Azure Cosmos DB SDK でアプリケーションを作成できますか?

はい。12 か月の通知期間中も、提供終了予定の Azure Cosmos DB SDK でアプリケーションを作成、デプロイ、変更することができます。 この 12 か月の通知期間中、適宜、新しくサポートされるバージョンの Azure Cosmos DB SDK に移行することが推奨されます。

提供終了日以降、サポートされていない Azure Cosmos DB SDK を使用するアプリケーションはどうなりますか?

提供終了日以降、Azure Cosmos DB により、提供終了になった SDK のバージョンに対してバグ修正、新機能の追加、サポートの提供は行われません。 アップグレードしない場合でも、提供終了になった SDK のバージョンから送信される要求は、引き続き Azure Cosmos DB サービスによって処理されます。

最新の機能と更新プログラムがあるのは、どの SDK バージョンですか?

新機能と更新プログラムは、サポートされている最新の SDK のメジャー バージョンの最新のマイナー バージョンにのみ追加されます。 新機能、パフォーマンスの向上、バグ修正を利用するには、常に最新バージョンを使用することをお勧めします。 提供終了していない古いバージョンの SDK を利用している場合、Azure Cosmos DB への要求は引き続き機能しますが、新しい機能にはアクセスできません。

期限前にアプリケーションを更新できない場合、どうすればよいですか?

可能な限り早く最新の SDK にアップグレードすることが推奨されます。 SDK が提供終了予定になると、アプリケーションを更新するために 12 か月が与えられます。 提供終了日までに更新できない場合、提供終了になったバージョンの SDK から送信された要求は引き続き Azure Cosmos DB によって処理されるため、実行中のアプリケーションは引き続き機能します。 ただし、Azure Cosmos DB では、提供終了になった SDK のバージョンに対してバグ修正、新機能の追加、サポートの提供は行われません。

サポート プランをお持ちでテクニカル サポートが必要な場合は、サポート チケットを提出して、お問い合わせください

関連項目

Cosmos DB の詳細については、Microsoft Azure Cosmos DB サービス ページを参照してください。