Azure Table Storage の概要Azure Table storage overview

ヒント

この記事の内容は、従来の Azure Table Storage を対象としています。The content in this article applies to the original Azure Table storage. ただし現在は、Table Storage の Premium プランである Azure Cosmos DB Table API が存在しており、スループットが最適化されたテーブル、グローバル配布、自動のセカンダリ インデックスが提供されています。However, there is now a premium offering for table storage, the Azure Cosmos DB Table API that offers throughput-optimized tables, global distribution, and automatic secondary indexes. 詳細を確認し、Premium 版を使ってみるには、Azure Cosmos DB の Table API に関する記事を参照してください。To learn more and try out the premium experience, please check out Azure Cosmos DB Table API.

Azure Table Storage は、NoSQL の構造化データをクラウド内に格納するサービスです。スキーマレスのデザインでキー/属性ストアを実現します。Azure Table storage is a service that stores structured NoSQL data in the cloud, providing a key/attribute store with a schemaless design. Table Storage はスキーマがないため、アプリケーションの進化のニーズに合わせてデータを容易に修正できます。Because Table storage is schemaless, it's easy to adapt your data as the needs of your application evolve. Table Storage のデータ アクセスは、多くの種類のアプリケーションにとって高速でコスト効率に優れ、また一般に、従来の SQL と比較して、同様の容量のデータを低コストで保存することができます。Access to Table storage data is fast and cost-effective for many types of applications, and is typically lower in cost than traditional SQL for similar volumes of data.

Table Storage を使用すると、Web アプリケーションのユーザー データ、アドレス帳、デバイス情報、サービスに必要なその他の種類のメタデータなど、柔軟なデータセットを格納できます。You can use Table storage to store flexible datasets like user data for web applications, address books, device information, or other types of metadata your service requires. ストレージ アカウントの容量の上限を超えない限り、テーブルには任意の数のエンティティを保存でき、ストレージ アカウントには任意の数のテーブルを含めることができます。You can store any number of entities in a table, and a storage account may contain any number of tables, up to the capacity limit of the storage account.

Table Storage とはWhat is Table storage

Azure Table Storage は、大量の構造化データを格納します。Azure Table storage stores large amounts of structured data. このサービスは、Azure クラウドの内部および外部からの認証された呼び出しを受け付ける NoSQL データストアです。The service is a NoSQL datastore which accepts authenticated calls from inside and outside the Azure cloud. Azure のテーブルは、構造化された非リレーショナル データを格納するのに最適です。Azure tables are ideal for storing structured, non-relational data. Table Storage の一般的な用途には、次のようなものがあります。Common uses of Table storage include:

  • Web スケール アプリケーションにサービスを提供できる数テラバイトの構造化データを格納するStoring TBs of structured data capable of serving web scale applications
  • 複雑な結合、外部キー、またはストアド プロシージャを必要とせず、高速アクセスのために非正規化できるデータセットを格納するStoring datasets that don't require complex joins, foreign keys, or stored procedures and can be denormalized for fast access
  • クラスター化インデックスを使用して高速なデータのクエリを実行するQuickly querying data using a clustered index
  • OData プロトコルおよび LINQ クエリを WCF Data Service .NET ライブラリと共に使用してデータにアクセスするAccessing data using the OData protocol and LINQ queries with WCF Data Service .NET Libraries

Table Storage を使用して、構造化された非リレーショナル データの膨大なセットを格納してクエリを実行することができ、テーブルはデータ量が増加すると拡張されます。You can use Table storage to store and query huge sets of structured, non-relational data, and your tables will scale as demand increases.

Table Storage の概念Table storage concepts

Table Storage には次の構成要素があります。Table storage contains the following components:

Table Storage のコンポーネントの図

  • URL 形式: Azure Table Storage アカウントでは、以下の形式を使用します。http://<storage account>.table.core.windows.net/<table>URL format: Azure Table Storage accounts use this format: http://<storage account>.table.core.windows.net/<table>

    Azure Cosmos DB のテーブル API アカウントでは、以下の形式を使用します。http://<storage account>.table.cosmosdb.azure.com/<table>Azure Cosmos DB Table API accounts use this format: http://<storage account>.table.cosmosdb.azure.com/<table>

    このアドレスを OData プロトコルで使用して、Azure テーブルを直接アドレス指定できます。You can address Azure tables directly using this address with the OData protocol. 詳細については、OData.org の Web サイトを参照してください。For more information, see OData.org.

  • アカウント: Azure Storage へのアクセスはすべて、ストレージ アカウント経由で行います。Accounts: All access to Azure Storage is done through a storage account. ストレージ アカウントの容量の詳細については、 Azure Storage の拡張性とパフォーマンスのターゲットに関するページ を参照してください。See Azure Storage Scalability and Performance Targets for details about storage account capacity.

    Azure Cosmos DB へのアクセスはすべて、テーブル API アカウント経由で行います。All access to Azure Cosmos DB is done through a Table API account. テーブル API アカウントの作成の詳細については、テーブル API アカウントの作成に関するページをご覧ください。See Create a Table API account for details creating a Table API account.

  • テーブル:テーブルは、エンティティのコレクションです。Table: A table is a collection of entities. テーブルではエンティティにスキーマを設定しないため、1 つのテーブルに異なるプロパティのセットを持つエンティティが含まれている場合があります。Tables don't enforce a schema on entities, which means a single table can contain entities that have different sets of properties.
  • エンティティ:エンティティは、プロパティのセットで、データベースの行に似ています。Entity: An entity is a set of properties, similar to a database row. Azure Storage 内のエンティティには、最大 1 MB のサイズを指定できます。An entity in Azure Storage can be up to 1MB in size. Azure Cosmos DB 内のエンティティには、最大 2 MB のサイズを指定できます。An entity in Azure Cosmos DB can be up to 2MB in size.
  • プロパティ:プロパティは、名前と値のペアです。Properties: A property is a name-value pair. それぞれのエンティティは、データを格納するために最大で 252 個のプロパティを含むことができます。Each entity can include up to 252 properties to store data. さらに、それぞれのエンティティは、パーティション キー、行キー、およびタイムスタンプを指定する、3 つのシステム プロパティを持ちます。Each entity also has three system properties that specify a partition key, a row key, and a timestamp. 同じパーティション キーを持つエンティティは、アトミック操作でより迅速な照会と挿入/更新が可能です。Entities with the same partition key can be queried more quickly, and inserted/updated in atomic operations. エンティティの行キーは、パーティション内の一意の識別子です。An entity's row key is its unique identifier within a partition.

テーブルとプロパティの名前付け規則については、「 Understanding the Table Service Data Model (Table サービス データ モデルの概要)」を参照してください。For details about naming tables and properties, see Understanding the Table Service Data Model.

次の手順Next steps