Azure のコストの割り当てルールの作成と管理 (プレビュー)Create and manage Azure cost allocation rules (Preview)

大企業が利用する Azure のサービスやリソースは、一元管理されているものの、社内のさまざまな部署や事業部門によって利用されることが少なくありません。Large enterprises often have Azure services or resources that are centrally managed but are utilized by different internal departments or business units. 通常、中央の管理チームは、共有サービスを実際に利用している社内の部署や事業部門に対し、そのサービスのコストを再度割り当てる必要があります。Typically, the centrally managing team wants to reallocate the cost of the shared services back out to the internal departments or organizational business units who are actively using the services. この記事は、Azure Cost Management におけるコストの割り当てを理解して使用する際に役立ちます。This article helps you understand and use cost allocation in Azure Cost Management.

コストの割り当てを使用すると、組織内の複数のサブスクリプション、リソース グループ、タグ間で共有サービスのコストを再割り当て (配分) することができます。With cost allocation, you can reassign or distribute the costs of shared services from subscriptions, resource groups or tags to other subscriptions, resource groups or tags in your organization. コストの割り当ては、共有サービスの利用者である社内の部署や事業部門によって所有されている別のサブスクリプション、リソース グループ、タグにそのコストを移すものです。Cost allocation shifts costs of the shared services to another subscription, resource groups, or tags owned by the consuming internal departments or business units. つまり、コストの割り当ては、事業単位間の "コストのアカウンタビリティ" を管理し、明らかにするのに役立ちます。In other words, cost allocation helps to manage and show cost accountability from one place to another.

請求書にはコストの割り当ての影響はありません。Cost allocation doesn't affect your billing invoice. 請求先は変わらないということです。Billing responsibilities aren't changed. コストの割り当ての主な目的は、他者へのコスト配賦を円滑化することです。The primary purpose of cost allocation is to help you charge back costs to others. すべての配賦プロセスは、Azure とは切り離された組織内で発生します。All chargeback processes happen in your organization outside of Azure. 再割当 (配分) されたコストを明らかにすることによってコストを配分しやすくするのが、コストの割り当ての効果といえます。Cost allocation helps you charge back costs by showing them as they're reassigned or distributed.

割り当てられたコストは、コスト分析で示されます。Allocated costs are shown in cost analysis. これらは、コストの割り当てルールの作成時に指定した配分先のサブスクリプション、リソース グループ、タグに関連した追加項目として表示されます。They're shown as additional items associated with the targeted subscriptions, resource groups, or tags that you specify when you create a cost allocation rule.

注意

Azure Cost Management のコストの割り当て機能は現在パブリック プレビュー段階です。Azure Cost Management's cost allocation feature is currently in public preview. Cost Management の一部の機能はサポートされていないか、機能が制限されている可能性があります。Some features in Cost Management might not be supported or might have limited capabilities.

前提条件Prerequisites

コストの割り当てルールを作成するCreate a cost allocation rule

  1. Azure Portal https://portal.azure.com にサインインします。Sign in to the Azure portal at https://portal.azure.com.
  2. [コストの管理と請求] > [コスト管理] の順に移動します。Navigate to Cost Management + Billing > Cost Management.
  3. [設定] > [構成][コスト割り当て (プレビュー)] を選択します。Under Settings > Configuration, select Cost allocation (Preview).
  4. 正しい EA 加入契約または課金アカウントが選択されていることを確認します。Ensure that the correct the EA enrollment or billing account is selected.
  5. [+追加] を選択します。Select +Add.
  6. コストの割り当てルールの名前にわかりやすいテキストを入力します。Enter descriptive text for the cost allocation rule name.

ルール名の作成を示す例

ルールの評価開始日は、事前入力されるコスト割り当ての割合の生成に使用されます。The rule's evaluation start date is used to generate the prefilled cost allocation percentages.

  1. [ソースの追加] を選択し、サブスクリプション、リソース グループ、タグのいずれかを選択して、配分するコストを選択します。Select Add sources and then select either subscriptions, resource groups, or tags to choose costs to distribute.
  2. [ターゲットの追加] を選択して、コストの割当先となるサブスクリプション、リソース グループ、またはタグを選択します。Select Add targets and then select either subscriptions, resource groups, or tags that will receive the allocated costs.
  3. さらにコストの割り当てルールを作成する必要がある場合は、この手順を繰り返します。If you need to create additional cost allocation rules, repeat this process.

割り当ての割合を構成するConfigure the allocation percentage

指定したターゲット間でどのようにコストを比例配分するかは、割り当ての割合を構成することによって定義します。Configure the allocation percentage to define how costs are proportionally divided between the specified targets. 整数の割合を手動で定義して割り当てルールを作成することができます。You can manually define whole number percentages to create an allocation rule. または、コンピューティング、ストレージ、またはネットワークの現在の使用量に基づいて、指定したターゲット間でコストを比例配分することもできます。Or you can split the costs proportionally based on the current usage of the compute, storage, or network across the specified targets.

コンピューティング コスト、ストレージ コスト、ネットワーク コストのいずれかを基準にコストを配分する場合、選択したターゲットのコストを評価することによって比例割合が求められます。When distributing costs by compute cost, storage cost, or network cost, the proportional percentage is derived by evaluating the selected target's costs. このコストは、現在の課金月について、該当するリソースの種類に関連付けられています。The costs are associated with the resource type for the current billing month.

総コストに比例するようにコストを配分する場合、現在の課金月について、選択したターゲットの合計 (総コスト) を基準に、それに比例した割合が割り当てられます。When distributing costs proportional to total cost, the proportional percentage is allotted by the sum or total cost of the selected targets for the current billing month.

割り当ての割合を示す例

設定後、定義された事前入力の割合が確定されます。Once set, the prefilled percentages defined are fixed. これらは、進行中のすべての割り当てに使用されます。They're used for all ongoing allocations. 割合が変化するのは、ルールが手動で更新されたときだけです。The percentages change only when the rule is manually updated.

  1. [次の割合を事前入力] ボックスの一覧で、次のいずれかのオプションを選択します。Select one of the following options in the Prefill percentage to list.
    • [均等に配分] - 総コストが均等な割合で配分されて各ターゲットに適用されます。Distribute evenly – Each of the targets receives an even percentage proportion of the total cost.
    • [総コスト] - ターゲットに比例した割合が、その総コストに基づいて作成されます。Total cost – Creates a ratio proportional to the targets based on their total cost. その割合を使用して、選択したソースからのコストが配分されます。The ratio is used to distribute the costs from the selected sources.
    • [コンピューティング コスト] - ターゲットに比例した割合が、Azure のコンピューティング コスト (Microsoft.Compute 名前空間のリソース タイプ) に基づいて作成されます。その割合を使用して、選択したソースからのコストが配分されます。Compute cost - Creates a ratio proportional to the targets based on their Azure compute cost (resource types in the Microsoft.Compute namespace.The ratio is used to distribute the costs from the selected sources.
    • [ストレージ コスト] - ターゲットに比例した割合が、Azure のストレージ コスト (Microsoft.Storage 名前空間のリソース タイプ) に基づいて作成されます。Storage cost - Creates a ratio proportional to the targets based on their Azure storage cost (resource types in the Microsoft.Storage namespace). その割合を使用して、選択したソースからのコストが配分されます。The ratio is used to distribute the costs from the selected sources.
    • [ネットワーク コスト] - ターゲットに比例した割合が、Azure のネットワーク コスト (Microsoft.Network 名前空間のリソース タイプ) に基づいて作成されます。Network cost - Creates a ratio proportional to the targets based on their Azure network cost (resource types in the Microsoft.Network namespace). その割合を使用して、選択したソースからのコストが配分されます。The ratio is used to distribute the costs from the selected sources.
    • [Custom](カスタム) - 整数のパーセンテージを手動で指定できます。Custom – Allows for a whole number percentage to be manually specified. 指定した合計が 100% になるようにする必要があります。The specified total must equal 100%.
  2. ルールを構成したら、 [作成] を選択します。When the rule is configured, select Create.

割り当てルールの処理が開始されます。The allocation rule starts processing. ルールがアクティブの場合は、選択したすべてのソースのコストが、指定したターゲットに割り当てられます。When the rule is active, all the selected source's costs are allocated to the specified targets.

注意

新しいルールの処理が完了してアクティブになるまでには、最大 2 時間かかる場合があります。New rule processing can take up to two hours before it completes and is active.

コストの割り当てルールを検証するVerify the cost allocation rule

コストの割り当てルールがアクティブの場合、選択したソースからのコストが、指定したターゲット (割り当て先) に配分されます。When the cost allocation rule is active, costs from the selected sources are distributed to the specified allocation targets. 以下の情報を参考に、ターゲットに対してコストが適切に割り当てられていることを確認してください。Use the following information to verify that cost is properly allocated to targets.

サブスクリプションのコスト割り当てを表示するView cost allocation for a subscription

コスト分析で割り当てルールの影響を確認します。You view the impact of the allocation rule in cost analysis. Azure portal で [サブスクリプション] に移動します。In the Azure portal, go to Subscriptions. アクティブなコストの割り当てルールの対象となるサブスクリプションをリストから選択します。Select a subscription in the list that's targeted by an active cost allocation rule. 次に、メニューから [コスト分析] を選択します。Then select Cost analysis in the menu. [コスト分析] で [グループ化] を選択し、 [コストの割り当て] を選択します。In Cost analysis, select Group by and then select Cost allocation. サブスクリプションによって生成された簡単なコスト内訳が結果のビューに表示されます。The resulting view shows a quick cost breakdown generated by the subscription. また、サブスクリプションに割り当てられたコストは、次の画像のように表示されます。Costs allocated to the subscription are also shown, like the following image.

コスト内訳を示す例

リソース グループのコスト割り当てを表示するView cost allocation for a resource group

リソース グループの場合も同様の手順で、コストの割り当てルールの影響を確認します。Use a similar process the impact of a cost allocation rule for a resource group. Azure portal で、[リソース グループ] に移動します。In the Azure portal, go to Resource groups. アクティブなコストの割り当てルールの対象となるリソース グループをリストから選択します。Select a resource group in the list that's targeted by an active cost allocation rule. 次に、メニューから [コスト分析] を選択します。Then select Cost analysis in the menu. [コスト分析] で [グループ化] を選択し、 [コストの割り当て] を選択します。In Cost analysis, select Group by and then select Cost allocation. リソース グループによって生成された簡単なコスト内訳がビューに表示されます。The view shows you a quick cost breakdown generated by the resource group. また、リソース グループに割り当てられたコストも表示されます。Cost allocated to the resource group are also shown.

タグのコスト割り当てを表示するView cost allocation for tags

Azure portal で [コストの管理と請求] > [コスト管理] > [コスト分析] に移動します。In the Azure portal, navigate to Cost Management + Billing > Cost Management > Cost analysis. [コスト分析] で [フィルターの追加] を選択します。In Cost analysis, select Add filter. [タグ] を選択し、タグ キーと、コストが割り当てられているタグ値を選択します。Select Tag, choose the tag key, and tag values that have cost allocated to them.

タグ付けされた項目のコストを示す例

既存のコストの割り当てルールを編集するEdit an existing cost allocation rule

コストの割り当てルールは編集できます。ソースまたはターゲットを変更したり、必要に応じて、コンピューティング、ストレージ、ネットワークのいずれかのオプションについて、事前入力された割合を更新したりすることができます。You can edit a cost allocation rule to change the source or the target or if you want to update the prefilled percentage for either compute, storage, or network options. ルールの編集は、作成と同じ方法で行うことができます。Edit the rules in the same way you create them. 既存のルールを変更した場合、再処理されるまでに最大で 2 時間かかることがあります。Modifying existing rules can take up to two hours to reprocess.

よく寄せられる質問 (FAQ)Frequently asked questions (FAQ)

以降のセクションでは、コストの割り当てに関してよく寄せられる質問を紹介します。The following sections contain common questions people have about cost allocation.

パブリック プレビューのコストの割り当てに関して、現在、どのような制限がありますか?What are the current limitations with cost allocation in public preview?

現在、コストの割り当ては、Cost Management のコスト分析、予算、予測の各ビューでサポートされています。Currently, cost allocation is supported in Cost Management by Cost analysis, budgets, and forecast views. また、サブスクリプション一覧とサブスクリプションの概要ページにも、割り当てられたコストが表示されます。Allocated costs are also shown in the subscriptions list and on the Subscriptions overview page.

パブリック プレビューのコストの割り当てでは、現在次の項目がサポートされていません。The following items are currently unsupported by the cost allocation public preview:

予算および予測ビューにコストは考慮されていますか?Are costs factored into budgets and forecast views?

はい。Yes. 予算および予測には、割り当てられたコストが考慮されており、サポートされています。Allocated costs are factored into and supported by budgets and forecasts. 予算および予測ビューには、コストの割り当てルールの構成に従って割り当てられたコストが表示されます。Budget and forecast views show costs allocated to them, as configured by cost allocation rules.

コストの割り当てルールを削除するとどうなりますか?If a cost allocation rule is deleted, what happens?

コストの割り当てルールが削除されると、ターゲットに割り当てられている、まだ処理されていない現在の課金月のコストがすべて削除されます。When a cost allocation rule is deleted, all open and current billing month costs being allocated to the targets are removed. コストの割り当てルールが複数月にわたって存在していた場合、その過去の月の割り当てデータが、割り当てルールによって最初に設定された状態のままになります。If the cost allocation rule has existed for several months, the historical previous months of allocation data remain as originally set by the allocation rule.

コストの割り当てルールを作成するのに登録管理者や課金アカウント管理者が必要なのはなぜですか?Why is an enrollment admin or a billing account admin needed to create cost allocation rules?

コストの割り当てルールは、加入契約スコープ (マイクロソフト エンタープライズ契約) または課金アカウント スコープ (Microsoft 顧客契約) で作成されます。Cost allocation rules are created at either the enrollment scope (Enterprise Agreement) or the Billing account scope (Microsoft Customer Agreement). それらのスコープで変更を加えるためのアクセス許可には、課金管理者の権限が必要となります。Permissions to make changes at these scopes requires billing administrator privileges.

ソースとターゲットが 1 ルールにつき 25 個に制限されているのはなぜですか?Why are sources and targets limited to 25 per rule?

この制限は、コストの割り当てのパフォーマンスとスケーラビリティを十分に確保することを目的としたプレビューにおける制限です。The limit is a preview limitation to ensure good cost allocation performance and scalability. コストの割り当ての一般提供 (GA) が開始された時点で、これらの制限は引き上げられる可能性もあれば廃止される可能性もあります。The limits will likely increase or get removed when cost allocation transitions to general availability (GA).

コストの割り当てルール (ソースまたはターゲット) が重複した場合はどうなりますか?What can happen if cost allocation rules (sources/targets) overlap?

重複するソースや重複するターゲットを含むルールは推奨されません。Rules that have either overlapping sources or overlapping targets aren't recommended. コストの割り当てルールはその作成日順に適用されます。そのため、コストの割り当てルールが重複している場合、最も古い作成日の割り当てルールが優先されます。Cost Allocation rules are applied in order by their creation date, so if any cost allocation rules overlap the allocation rule with the earliest creation date will take precedence.

次のステップNext steps