Cost Management のデータを理解する

この記事では、Cost Management に含まれる Azure のコストと使用状況のデータについて詳しく説明します。 また、データが処理、収集、表示、クローズされる頻度についても説明します。 お客様は、Azure の使用量に対して毎月課金されます。 請求期間は月単位ですが、期間の開始日と終了日はサブスクリプションの種類によって異なります。 Cost Management が使用状況データを受信する頻度は、さまざまな要因に基づいて決まります。 このような要因には、データの処理にかかる時間や、Azure サービスから請求システムに使用状況が送信される頻度などがあります。

Cost Management には、すべての使用量と購入の他に、Enterprise Agreement (EA) アカウント向けの予約とサード パーティ製品が含まれています。 従量課金制料金の Microsoft 顧客契約アカウントと個々のサブスクリプションには、Azure と Marketplace のサービスの使用量のみが含まれます。 サポート コストとその他のコストは含まれません。 コストは請求書が生成されるまで推定され、クレジットは考慮されません。 Cost Management には、Azure と共に請求される Microsoft 365 や Dynamics 365 のような新しいコマース製品に関連するコストも含まれます。 現時点では、Azure 以外の新しいコマース製品を購入できるのはパートナーのみです。

新しいサブスクリプションをご利用の場合、すぐには Cost Management 機能を使用できません。 すべての Cost Management 機能を使用できるようになるまでに、最大 48 時間かかる場合があります。

サポートされている Microsoft Azure プラン

Cost Management で現在サポートされている Microsoft Azure のプランを次に示します。 Azure プランとは、ご利用の Azure サブスクリプションの種類です。 データは、 [データ利用可能開始日] の日付から Cost Management で使用できます。 コスト分析の集計データは、過去 13 か月分のみ利用できます。 サブスクリプションでプランが変更された場合、プラン変更日前のコストは使用できません。

カテゴリ プラン名 クォータ ID プラン番号 データ利用可能開始日
Azure Government Azure Government Enterprise EnterpriseAgreement_2014-09-01 MS-AZR-USGOV-0017P 2014 年 5 月1
Azure Government Azure Government 従量課金制 PayAsYouGo_2014-09-01 MS-AZR-USGOV-0003P 2018 年 10 月 2 日
Enterprise Agreement (EA) Enterprise Dev/Test MSDNDevTest_2014-09-01 MS-AZR-0148P 2014 年 5 月1
Enterprise Agreement (EA) Microsoft Azure エンタープライズ EnterpriseAgreement_2014-09-01 MS-AZR-0017P 2014 年 5 月1
Microsoft 顧客契約 Microsoft Azure プラン EnterpriseAgreement_2014-09-01 該当なし 2019 年 3 月2
Microsoft 顧客契約 Dev/Test 用の Microsoft Azure プラン MSDNDevTest_2014-09-01 該当なし 2019 年 3 月2
パートナーによってサポートされる Microsoft 顧客契約 Microsoft Azure プラン CSP_2015-05-01、CSP_MG_2017-12-01、および CSPDEVTEST_2018-05-014 該当なし 2019 年 10 月
Microsoft Developer Network (MSDN) MSDN Platforms3 MSDN_2014-09-01 MS-AZR-0062P 2018 年 10 月 2 日
従量課金制 従量課金制 PayAsYouGo_2014-09-01 MS-AZR-0003P 2018 年 10 月 2 日
従量課金制 開発テスト用の従量課金制プラン MSDNDevTest_2014-09-01 MS-AZR-0023P 2018 年 10 月 2 日
従量課金制 Microsoft Partner Network MPN_2014-09-01 MS-AZR-0025P 2018 年 10 月 2 日
従量課金制 無料評価版3 FreeTrial_2014-09-01 MS-AZR-0044P 2018 年 10 月 2 日
従量課金制 Azure イン オープン プラン3 AzureInOpen_2014-09-01 MS-AZR-0111P 2018 年 10 月 2 日
従量課金制 Azure Pass3 AzurePass_2014-09-01 MS-AZR-0120P、MS-AZR-0122P - MS-AZR-0125P、MS-AZR-0128P - MS-AZR-0130P 2018 年 10 月 2 日
Visual Studio Visual Studio Enterprise – MPN3 MPN_2014-09-01 MS-AZR-0029P 2018 年 10 月 2 日
Visual Studio Visual Studio Professional3 MSDN_2014-09-01 MS-AZR-0059P 2018 年 10 月 2 日
Visual Studio Visual Studio Test Professional3 MSDNDevTest_2014-09-01 MS-AZR-0060P 2018 年 10 月 2 日
Visual Studio Visual Studio Enterprise3 MSDN_2014-09-01 MS-AZR-0063P 2018 年 10 月 2 日
Visual Studio Visual Studio Enterprise: BizSpark3 MSDN_2014-09-01 MS-AZR-0064P 2018 年 10 月 2 日

1 2014 年 5 月よりも前のデータについては、Azure エンタープライズ ポータルにアクセスしてください。

2 Microsoft 顧客契約は 2019 年 3 月に開始したため、これ以前の履歴データはありません。

3 クレジットベースの前払い制サブスクリプションの履歴データは、請求書と一致しない場合があります。 以下の「履歴データが請求書と一致しない場合がある」をご覧ください。

4 クォータ ID は、Microsoft 顧客契約と従来のサブスクリプション オファーのいずれでも同じです。 従来の CSP サブスクリプションはサポートされていません。

次のプランはまだサポートされていません。

カテゴリ プラン名 クォータ ID プラン番号
Azure Germany Azure Germany 従量課金制 PayAsYouGo_2014-09-01 MS-AZR-DE-0003P
クラウド ソリューション プロバイダー (CSP) Microsoft Azure CSP_2015-05-01 MS-AZR-0145P
クラウド ソリューション プロバイダー (CSP) Azure Government CSP CSP_2015-05-01 MS-AZR-USGOV-0145P
クラウド ソリューション プロバイダー (CSP) Azure Germany in CSP (Microsoft Cloud Germany 用) CSP_2015-05-01 MS-AZR-DE-0145P
従量課金制 Microsoft Azure for Students Starter DreamSpark_2015-02-01 MS-AZR-0144P
従量課金制 Microsoft Azure for Students3 AzureForStudents_2018-01-01 MS-AZR-0170P
従量課金制 Microsoft Azure スポンサー プラン Sponsored_2016-01-01 MS-AZR-0036P
サポート プラン Standard サポート Default_2014-09-01 MS-AZR-0041P
サポート プラン Professional Direct サポート Default_2014-09-01 MS-AZR-0042P
サポート プラン Developer サポート Default_2014-09-01 MS-AZR-0043P
サポート プラン Germany サポート プラン Default_2014-09-01 MS-AZR-DE-0043P
サポート プラン Azure Government Standard サポート Default_2014-09-01 MS-AZR-USGOV-0041P
サポート プラン Azure Government Pro-Direct サポート Default_2014-09-01 MS-AZR-USGOV-0042P
サポート プラン Azure Government Developer サポート Default_2014-09-01 MS-AZR-USGOV-0043P

無料試用版から従量課金制へのアップグレード

無料試用版から従量課金制の価格にアップグレードした後の Free レベル サービスの可用性の詳細については、「Azure 無料アカウント FAQ」を参照してください。

オファーの種類を決定する

サブスクリプションのデータが表示されず、ご利用のサブスクリプションがサポート対象のプランに該当するかどうかわからない場合は、ご利用のサブスクリプションがサポート対象かどうかを検証することができます。 Azure サブスクリプションがサポート対象かどうかを確認するには、Azure portal にサインインします。 次に、左側のメニュー ウィンドウにある [すべてのサービス] を選択します。 サービスの一覧で [サブスクリプション] を選択します。 [サブスクリプション] の一覧で、確認するサブスクリプションを選択します。 選択したサブスクリプションが [概要] タブに表示され、プランプラン ID を確認できます。 次のイメージは一例を示しています。

Example of the Subscription Overview tab showing Offer and Offer ID

Cost Management に含まれるコスト

Cost Management に含まれるデータと含まれないデータを次の表に示します。 すべてのコストは、請求書が生成されるまで推定されます。 示されているコストには、無料クレジットおよびプリペイド クレジットは含まれません。

含まれる 含まれない
Azure サービスの使用状況5 サポート料金 - 詳細については、請求書の用語の説明に関する記事を参照してください。
Marketplace サービスの使用状況6 税金 - 詳細については、請求書の用語の説明に関する記事を参照してください。
マーケットプレースでの購入6 クレジット - 詳細については、請求書の用語の説明に関する記事を参照してください。
予約購入7
予約購入の償却額7
Azure 以外の新しいコマース製品 (Microsoft 365 および Dynamics 365) 8

5 Azure サービスの使用状況は、予約および交渉済みの価格に基づきます。

" 6 マーケットプレースでの購入は、現在、MSDN および Visual Studio プランではご利用いただけません。 "

7 現時点では、エンタープライズ契約 (EA) アカウントおよび Microsoft 顧客契約アカウントでのみ予約購入をご利用いただけます。

8 特定のオファーでのみご利用いただけます。

コストと使用状況のデータでのタグの使用方法

Cost Management は、個々のサービスによって送信される各使用状況レコードの一部としてタグを受け取ります。 これらのタグには、次の制約が適用されます。

  • タグはリソースに直接適用される必要があり、親リソース グループから暗黙的に継承されることはありません。
  • リソース タグは、リソース グループにデプロイされたリソースでのみサポートされます。
  • デプロイされたリソースの中には、タグをサポートしていないものや、使用状況データにタグが含まれていないものもあります。
  • リソース タグは、タグが適用されている間、使用状況データにのみ含まれます。タグは履歴データには適用されません。
  • リソース タグは、データが更新された後に Cost Management でのみ使用できます。
  • リソース タグは、リソースがアクティブまたは実行中であり、使用状況レコードが生成されている場合にのみ Cost Management で使用できます。 たとえば、VM の割り当てが解除されている場合です。
  • タグを管理するには、各リソースに対する共同作成者のアクセス権が必要です。
  • タグ ポリシーを管理するには、管理グループ、サブスクリプション、またはリソース グループに対する所有者またはポリシーの共同作成者のアクセス権が必要です。

Cost Management に特定のタグが表示されない場合は、次の質問について検討してください。

  • タグがリソースに直接適用されたか。
  • タグが 24 時間以上前に適用されたか。
  • リソースの種類でタグがサポートされているか。 2019 年 12 月 1 日の時点で、次のリソースの種類では、使用状況データのタグはサポートされていません。 サポート対象の完全な一覧については、「Azure リソースでのタグのサポート」を参照してください。
    • Azure Active Directory B2C ディレクトリ
    • Azure Bastion
    • Azure ファイアウォール
    • Azure NetApp Files
    • Data Factory
    • Databricks
    • ロード バランサー
    • Machine Learning ワークスペースのコンピューティング インスタンス
    • Network Watcher
    • Notification Hubs
    • Service Bus
    • Time Series Insights

タグを使用するためのいくつかのヒントを次に示します。

  • 事前に計画してタグ付け方法を定義し、組織、アプリケーション、環境などごとにコストを分割します。
  • Azure Policy を使用して、リソース グループのタグを個々のリソースにコピーし、タグ付け方法を適用します。
  • Tags API を Query または UsageDetails と共に使用して、現在のタグに基づいてすべてのコストを取得します。

コストと使用状況データの更新と保持

コストと使用状況データは、通常、8 時間から 24 時間以内に Cost Management で利用可能になります。 コストを確認するときは、次の点に留意してください。

  • 各 Azure サービス (Storage、Compute、SQL など) では、異なる間隔で使用量が生成されます。一部のサービスのデータは、他のサービスよりも早く表示される場合があります。
  • 現在の請求期間の見積もり料金は、1 日に 6 回更新されます。
  • 現在の請求期間の見積もり料金は、使用量の増加に伴い変更される可能性があります。
  • 各更新は累積的であるため、すべての明細項目と、以前の更新からの情報が含まれます。
  • Azure では、現在の請求期間の終了後 72 時間 (3 カレンダー日) 以内に請求期間が確定 ("クローズ") します。
  • オープンしている (未請求) の月の期間中は、コスト管理データを見積もりに過ぎないと考える必要があります。 場合によっては、使用量が実際に発生した後に、まだシステムに到達していない料金が潜在している可能性があります。

次の例は、請求期間が終了するタイミングを示しています。

  • Enterprise Agreement (EA) サブスクリプション – 請求月が 3 月 31 日に終了する場合、料金の見積もりが更新されるのは最大で 72 時間後になります。 この例では、4 月 4 日午前 0 時 (UTC) です。
  • 従量課金制サブスクリプション – 請求月が 5 月 15 日に終了する場合、料金の見積もりが更新されるのは最大で 72 時間後になる可能性があります。 この例では、5 月 19 日午前 0 時 (UTC) です。

コストと使用状況データが Cost Management で利用可能になると、少なくとも 7 年間保持されます。 ポータルからは、過去 13 か月分のみ利用できます。 13 か月より前の履歴データについては、Exports または UsageDetails API を使用してください。

データの再評価

データの取得に Cost Management API、Power BI、Azure portal のいずれを使用した場合でも、現在の請求期間の料金が再計算されることを想定しておいてください。 請求書がクローズされるまでの間は、料金が変化する可能性があります。

コストの丸め

Cost Management に表示されるコストは丸められます。 クエリ API によって返されるコストは丸められません。 次に例を示します。

  • ポータルでのコスト分析 - 料金は、標準の丸めルールを使用して丸められます。0.5 以上の値は切り上げられます。それ以外の場合、コストは切り捨てられます。 丸め処理は、値が表示されるときにのみ行われます。 データの処理中および集約中は丸め処理は行われません。 たとえば、コスト分析でコストが次のように集計されるとします。
    • 料金 1: $0.004
    • 料金 2: $0.004
    • 表示される集計料金: 0.004 + 0.004 = 0.008。 表示される料金は $0.01 です。
  • クエリ API - 料金は小数点以下 8 桁で表示され、丸めは行われません。

履歴データが請求書と一致しない場合がある

クレジットベースの前払い制オファーの履歴データは、請求書と一致しない場合があります。 Azure 従量課金制、MSDN、Visual Studio の一部のプランでは、Azure クレジットと前払いを請求書に適用できます。 Cost Management に表示される履歴データは、従量課金による推定請求金額のみに基づきます。 Cost Management の履歴データには、支払いとクレジットは含まれていません。 次のオファーについて表示される履歴データが、請求書と完全に一致しないことがあります。

  • 学生向け Azure (MS-AZR-0170P)
  • Azure イン オープン プラン (MS-AZR-0111P)
  • Azure Pass (MS-AZR-0120P、MS-AZR-0123P、MS-AZR-0125P、MS-AZR-0128P、MS-AZR-0129P)
  • 無料試用版 (MS-AZR-0044P)
  • MSDN (MS-AZR-0062P)
  • Visual Studio (MS-AZR-0029P、MS-AZR-0059P、MS-AZR-0060P、MS-AZR-0063P、MS-AZR-0064P)

次のステップ

  • Cost Management の最初のクイック スタートをまだ完了していない場合は、コスト分析の開始に関する記事をご覧ください。