Azure の課金とコスト管理で想定外の料金を防ぐPrevent unexpected charges with Azure billing and cost management

Azure にサインアップしたら、支出を把握するために行えることがいくつかあります。When you sign up for Azure, there are several things you can do to get a better idea of your spending:

Azure サブスクリプションを取り消す必要がある場合は、「Azure サブスクリプションの取り消し」を参照してください。If you need to cancel your Azure subscription, see Cancel your Azure subscription.

Azure サービスを追加する前にコストを見積もるGet estimated costs before adding Azure services

次のいずれかのツールを使用して、Azure サービスの使用にかかるコストを見積もります。Use one of the following tools to estimate the cost of using an Azure service:

  • Azure 料金計算ツールAzure pricing calculator
  • Azure 価格シートAzure price sheet
  • Azure portalAzure portal

次のセクションの画像は、米ドルでの価格の例を示しています。The images in the following sections show example pricing in US Dollars.

料金計算ツールを使用してオンラインでコストを見積もるEstimate cost online using the pricing calculator

料金計算ツールを使用して、追加したいサービスにかかる毎月の推定コストを把握します。Check out the pricing calculator to get an estimated monthly cost of the service that you want to add. 通貨を変更することにより、お住まいの地域の通貨で見積もり額を表示することができます。You can change the currency to get the estimate in your local currency.

料金計算ツール メニューのスクリーンショット

ファースト パーティの Azure サービスについては、すべて推定コストを確認できます。You can view estimated cost for any first party Azure service. たとえば、次のスクリーンショットで、A1 Windows 仮想マシン (VM) を常に実行したままにしておく場合、コンピューティング時間での推定月額料金は 66.96 ドルになります。For example, in the screenshot below, an A1 Windows Virtual Machine (VM) is estimated to cost $66.96 per month in compute hours if you leave it running the whole time:

A1 Windows VM の推定月額料金を示す料金計算ツールのスクリーンショット

料金設定の詳細については、料金に関する FAQ を参照してください。For more information about pricing, see the Pricing FAQ. Azure 営業担当者と話したい場合は、FAQ ページの上部に表示されている電話番号までご連絡ください。If you want to talk to an Azure salesperson, call the phone number shown at the top of the FAQ page.

Azure 価格シートを表示してダウンロードするView and download Azure price sheet

マイクロソフト エンタープライズ契約 (EA) または Microsoft 顧客契約 (MCA) を通じて Azure にアクセスできる場合は、お使いの Azure アカウントの価格シートを表示してダウンロードすることができます。If you have access to Azure through an Enterprise Agreement (EA) or a Microsoft Customer Agreement (MCA), you can view and download the price sheet for your Azure account. この価格シートは、すべての Azure サービスの価格が記載された Excel ファイルです。The price sheet is an excel file that contains prices for all Azure services. 詳細については、Azure 価格の表示とダウンロードに関するページを参照してください。For more information, see View and download your Azure pricing.

Azure portal で推定料金を検討するReview estimated costs in the Azure portal

サービスを追加している間は、1 か月あたりの推定コストを Azure portal で表示できます。You can view the estimated cost per month while adding a service in the Azure portal. たとえば、Windows VM のサイズを選択すると、コンピューティング時間の推定月額料金が表示されます。For example, when you choose the size of your Windows VM, you see the estimated monthly cost for the compute hours:

例: 推定月額料金を示す A1 Windows VM

Azure サービス使用時にコストを監視するMonitor costs when using Azure services

次のツールを使用して、コストを監視できます。You can monitor costs with the following tools:

  • 予算とコストのアラートBudget and cost alerts
  • コスト分析Cost analysis

予算とコストのアラートを使用してコストを追跡するTrack costs with budgets and cost alerts

予算を作成して、コストを管理し、異常な支出や浪費について、関係者に自動的に通知するアラートを作成できます。Create budgets to manage costs and create alerts that automatically notify you are your stakeholders of spending anomalies and overspending.

コスト分析を使用してコストを調査および分析するExplore and analyze costs with cost analysis

Azure サービスを実行状態に移した後は、定期的にコストをチェックして Azure の利用状況を追跡してください。After you have your Azure services running, regularly check costs to track your Azure spending. コスト分析を使用することで、Azure の利用に関するコストの発生源を把握することができます。You can use cost analysis to understand where costs originated for your Azure usage.

  1. Azure portal で [コストの管理と請求] ページに移動します。Visit the Cost Management + Billing page in the Azure portal.

  2. 画面の左側の [コスト分析] をクリックすると、サービス、場所、サブスクリプションなど、さまざまな角度から最新のコスト明細が表示されます。Click Cost analysis from the left side of the screen to see the current cost broken down by various pivots such as service, location, and subscription. サービスを追加するか購入したら、データが表示されるまで 24 時間待ちます。After you add a service or make a purchase, wait 24 hours for the data to display. 既定では、コスト分析には、閲覧しているスコープのコストが表示されます。By default, cost analysis shows the cost for the scope that you are in. たとえば、以下のスクリーンショットでは、Contoso の課金アカウントのコストが表示されています。For example, in the screenshot below, cost for Contoso billing account is displayed. コスト分析で別のスコープに切り替えるには、[スコープ] ピルを使用します。Use the Scope pill to switch to a different scope in cost analysis. スコープの詳細については、「スコープを理解して使用する」を参照してください。For more information about scopes, see Understand and work with scopes

    Azure Portal のコスト分析ビューのスクリーンショット

  3. タグ、リソースの種類、期間など、さまざまなプロパティでフィルター処理することができます。You can filter by various properties such as tags, resource type, and time span. [フィルターの追加] をクリックして、プロパティのフィルターを追加し、フィルター処理する値を選択します。Click Add filter to add the filter for a property and select the values to filter. コンマ区切り値 (.csv) ファイルにビューをエクスポートするには、 [エクスポート] を選択します。Select Export to export the view to a comma-separated values (.csv) file.

  4. さらに、グラフのラベルをクリックすると、そのラベルの日単位の支出履歴を表示できます。Additionally, you can click the labels of the chart to see the daily spend history for that label. たとえば、次のスクリーンショットでは、仮想マシンをクリックすると、VM の実行にかかっている 1 日あたりのコストが表示されます。For ex: In the screenshot below, clicking on virtual machines displays the daily cost of running your VMs.

    Azure Portal の支出の履歴ビューのスクリーンショット

コストの最適化と削減Optimize and reduce costs

コスト管理の原則をよく理解していない場合は、「Azure Cost Management でクラウド投資を最適化する方法」をお読みください。If you're unfamiliar with the principles of cost management, read How to optimize your cloud investment with Azure Cost Management.

Azure portal で、VM の自動シャットダウンと Advisor の推奨事項を使用して、Azure のコストを最適化し、削減することもできます。In the Azure portal, you can also optimize and reduce Azure costs with auto shutdown for VMs and Advisor recommendations.

VM の自動シャットダウンなどのコスト削減機能を検討するConsider cost-cutting features like auto shutdown for VMs

シナリオによっては、Azure portal で VM の自動シャットダウンを構成できます。Depending on your scenario, you can configure auto shutdown for your VMs in the Azure portal. 詳しくは、Azure Resource Manager を使用した VM の自動シャットダウンに関する記事をご覧ください。For more information, see Auto shutdown for VMs using Azure Resource Manager.

ポータルの自動シャットダウン オプションのスクリーンショット

自動シャットダウンは、電源オプションを使用して VM 内でシャットダウンする場合とは異なります。Auto shutdown isn't the same as when you shut down within the VM with power options. 自動シャットダウンでは、VM を停止して割り当てを解除することで課金を停止します。Auto shutdown stops and deallocates your VMs to stop additional usage charges. 詳細については、Linux VM および Windows VM の料金に関する FAQ で VM の状態についての質問をご覧ください。For more information, see pricing FAQ for Linux VMs and Windows VMs about VM states.

開発およびテスト環境のコスト削減機能については、Azure DevTest Labs のページをご覧ください。For more cost-cutting features for your development and test environments, check out Azure DevTest Labs.

Azure Advisor の推奨事項を有効にして確認するTurn on and review Azure Advisor recommendations

Azure Advisor を使うと、使用量の少ないリソースを特定してコストを削減できます。Azure Advisor helps you reduce costs by identifying resources with low usage. Azure portal で Advisor を検索します。Search for Advisor in the Azure portal:

Azure Portal の [Azure Advisor] ボタンのスクリーンショット

左側から [コスト] を選択します。Select Cost from the left-hand side. アクションにつながる推奨情報が [コスト] タブに表示されます。You'll see actionable recommendations in the Cost tab:

Advisor のコストに関する推奨事項の例を示すスクリーンショット

コスト節約のための Advisor の推奨事項に関するガイド付きチュートリアルについては、「推奨事項に従ってコストを最適化する」をご覧ください。Review the Optimize costs from recommendations tutorial for a guided tutorial about cost-saving Advisor recommendations.

Billing および Consumption API と統合するIntegrate with billing and consumption APIs

Azure の BillingConsumption API を使用して、請求データとコスト データをプログラムから入手することもできます。Use the Azure billing and consumption APIs to programmatically get billing and cost data. 課金対象の使用状況を取得するには、RateCard API と Usage API を組み合わせて使用します。Use the RateCard API and the Usage API together to get your billed usage. 詳細については、「Microsoft Azure リソースの消費を把握する」をご覧ください。For more information, see Gain insights into your Microsoft Azure resource consumption.

その他のリソースと特殊なケースAdditional resources and special cases

EA、CSP、およびスポンサープランのお客様EA, CSP, and Sponsorship customers

使用を開始するには、アカウント マネージャーまたは Azure パートナーに連絡してください。Talk to your account manager or Azure partner to get started.

プランOffer リソースResources
Enterprise Agreement (EA)Enterprise Agreement (EA) EA ポータルヘルプ ドキュメント、および Power BI レポートEA portal, help docs, and Power BI report
Cloud Solution Provider (CSP)Cloud Solution Provider (CSP) プロバイダーに連絡してくださいTalk to your provider
Azure スポンサー プランAzure Sponsorship スポンサー プラン ポータルSponsorship portal

大規模な組織の IT を管理している場合は、Azure エンタープライズ スキャフォールディングに関する記事と、エンタープライズ IT に関するホワイト ペーパー (.pdf をダウンロード、英語のみ) を読むことをお勧めします。If you're managing IT for a large organization, we recommend reading Azure enterprise scaffold and the enterprise IT white paper (.pdf download, English only).

Azure portal での Enterprise Agreement のコスト ビューEnterprise Agreement cost views in the Azure portal

Enterprise コスト ビューは、現在、パブリック プレビューの中にあります。Enterprise cost views are currently in Public Preview. 注意する項目:Items to note:

  • サブスクリプションのコストは、使用量に基づいて計算されており、前払い額、超過、含まれる数量、調整、および税は含まれていません。Subscription costs are based on usage and don't include prepaid amounts, overages, included quantities, adjustments, and taxes. 実際の料金は、登録レベルで計算されます。Actual charges are computed at the Enrollment level.
  • Azure portal に表示される金額が、エンタープライズ ポータルに表示されるものとは異なっている場合があります。Amounts shown in the Azure portal might be different than what's in the Enterprise portal. エンタープライズ ポータルでの更新による変更が Azure portal に表示されるまで、数分かかる可能性があります。Updates in the Enterprise portal may take a few minutes before the changes are shown in the Azure portal.
  • コストが表示されない場合は、次の理由のいずれかが原因として考えられます。If you aren't seeing costs, it might be for one of the following reasons:
    • サブスクリプション レベルでアクセス許可がない。You don't have permissions at the subscription level. エンタープライズ コスト ビューを表示するには、課金データ閲覧者、閲覧者、共同作業者、所有者のいずれかのサブスクリプション レベルである必要があります。To see enterprise cost views, you must be a Billing Reader, Reader, Contributor, or Owner at the subscription level.
    • お客様はアカウント所有者であり、[AO ビューの請求金額] 設定が登録管理者によって無効にされている。You're an Account Owner and your Enrollment Administrator has disabled the "AO view charges" setting. 登録管理者に問い合わせて、コストにアクセスできるように設定してもらってください。Contact your Enrollment Administrator to get access to costs.
    • お客様は部門管理者であり、 [DA ビューの請求金額] 設定が登録管理者によって無効にされている。You're a Department Administrator and your Enrollment Administrator has disabled the DA view charges setting. 登録管理者に問い合わせて、アクセスできるように設定してもらってください。Contact your Enrollment Administrator to get access.
    • チャネル パートナーを通して Azure を購入したが、パートナーが価格情報を公開していない。You bought Azure through a channel partner, and the partner didn't release pricing information.
  • Enterprise Portal でコストのアクセスに関連する設定を更新した場合、変更が Azure portal に表示されるまで数分の遅延があります。If you update settings related to cost, access in the Enterprise portal, there's a delay of a few minutes before the changes are shown in the Azure portal.
  • 使用制限と請求書ガイダンスは、EA サブスクリプションには適用されません。Spending limit, and invoice guidance don't apply to EA Subscriptions.

サブスクリプションとアクセスを確認するCheck your subscription and access

コストを表示するには、コストまたは課金の情報へのアカウント レベルまたはサブスクリプション レベルのアクセス権が必要です。To view costs, you need account or subscription level access to cost or billing information. 課金アカウントの種類によってアクセス権は異なります。The access varies by type of billing account. 課金アカウントの詳細および課金アカウントの種類の確認については、「Azure portal での課金アカウントの表示」を参照してください。To learn more about billing accounts and check the type of your billing account, see View billing accounts in Azure portal.

Microsoft Online Services プログラム (MOSP) の課金アカウント経由で Azure にアクセスできる場合は、「Asure の課金情報へのアクセスの管理」を参照してください。If you have access to Azure through a Microsoft Online Service Program (MOSP) billing account, see Manage access to billing information for Azure.

マイクロソフト エンタープライズ契約 (EA) の課金アカウント経由で Azure にアクセスできる場合は、「Azure の Azure Enterprise Agreement 管理者ロールを理解する」を参照してください。If you have access to Azure through an Enterprise Agreement (EA) billing account, see Understand Azure Enterprise Agreement administrative roles in Azure.

Microsoft 顧客契約 (MCA) の課金アカウント経由で Azure にアクセスできる場合は、「Azure での Microsoft 顧客契約の管理ロールを理解する」を参照してください。If you have access to Azure through a Microsoft Customer Agreement (MCA) billing account, see Understand Microsoft Customer Agreement administrative roles in Azure.

サービス インシデントに対するサービス レベル アグリーメントの控除を要求するRequest a Service Level Agreement credit for a service incident

サービス レベル アグリーメント (SLA) では、稼働時間と接続に関する Microsoft の確約内容について説明しています。The Service Level Agreement (SLA) describes Microsoft's commitments for uptime and connectivity. Azure サービスで稼働時間や接続に影響を与える問題 (しばしば "停止" と呼ばれる) が発生すると、サービス インシデントが報告されます。A service incident is reported when Azure services experience an issue that impacts uptime or connectivity, often referred to as an outage. SLA に記載されている各サービスのサービス レベルが達成および維持されていない場合は、月額サービス料金の一部が控除対象になる場合があります。If we do not achieve and maintain the Service Levels for each service as described in the SLA, then you might be eligible for a credit towards a portion of your monthly service fees.

控除を要求するには、次の手順を実行します。To request a credit:

  1. Azure portal にサインインします。Sign in to the Azure portal. 複数のアカウントをお持ちの場合は、Azure のダウンタイムの影響を受けたアカウントを必ず使用してください。If you have multiple accounts, make sure that you use the one that was affected by Azure downtime.
  2. 新しいサポート リクエストを作成します。Create a new support request.
  3. [問題の種類][課金] を選択します。Under Issue type, select Billing.
  4. [問題の種類][払戻要求] を選択します。Under Problem type, select Refund Request.
  5. SLA の控除を求めていることを指定する詳細を追加し、日付、時刻、タイムゾーン、および影響を受けたサービス (VM、Web サイトなど) を記載します。Add details to specify that you're asking for an SLA credit, mention the date/time/time-zone as well as the impacted services (VMs, Web Sites, etc.)
  6. 連絡先情報の詳細を確認し、 [作成] を選択して要求を送信します。Verify your contact details and select Create to submit your request.

SLA のしきい値は、サービスによって異なります。SLA thresholds vary by service. たとえば、SQL Web サービス レベルの SLA は 99.9%、VM の SLA は 99.95%、SQL Standard サービス レベルの SLA は 99.99% です。For example, the SQL Web Tier has an SLA of 99.9%, VMs have an SLA of 99.95%, and SQL Standard Tier has an SLA of 99.99%.

一部のサービスには、SLA を適用するための前提条件があります。For some services, there are prerequisites for the SLA to apply. たとえば、仮想マシンでは、2 つ以上のインスタンスが同じ可用性セットにデプロイされている必要があります。For example, virtual machines must have two or more instances deployed in the same Availability Set.

詳細については、「サービス レベル アグリーメント」および「Azure サービスの SLA 概要」ドキュメントを参照してください。For more information, see Service Level Agreements and the SLA summary for Azure services documentation.

想定外の料金を分析するAnalyze unexpected charges

組織向けに構築されたクラウド リソース インフラストラクチャは、複雑になりがちです。The cloud resource infrastructure that you've built for your organization is likely complex. Azure にはさまざまな種類のリソースがあり、その多くはそれぞれ異なる料金が設定されています。Many Azure resource types can have different types of charges. Azure リソースは、組織内のさまざまなチームによって所有され、各種リソースに適用される課金モデルの種類も多様です。Azure resources might be owned by different teams in your organization and they might have different billing model types that apply to various resources. そうした料金について理解を深めるために、まず、以降のセクションで取り上げる 1 つまたは複数の戦略を使用して分析を行ってみましょう。To gain a better understanding of the charges, begin your analysis using one or more of the strategies in the following sections.

請求書を確認し、料金の対象となるリソースを特定するReview your invoice and identify the resource that is responsible for the charge

料金に関連付けられているリソースを特定する際に使用できる手法やツールは、Azure サービスの購入方法から明らかにすることができます。How you purchase your Azure services helps you determine the methodology and tools that are available to you as you identify the resource associated with a charge. 自分に該当する手法を明らかにするには、まず自分の Azure プランの種類を特定します。To determine which methodology applies to you, first determine your Azure offer type. 次に、サポートされている Azure プランの一覧で、該当する顧客カテゴリを特定します。Then, identify your customer category in the list of supported Azure offers.

該当する顧客タイプに基づいて請求書を確認する方法を示した詳細な手順が、以下の各記事で提供されています。The following articles provide detailed steps that explain how to review your bill based on your customer type. それぞれの記事には、特定の請求期間における使用状況とコスト明細を含んだ CSV ファイルのダウンロード手順が記載されています。In each article there are instructions about how to download a CSV file containing usage and cost details for a given billing period.

Azure の請求書では、月の料金が "メーター" ごとに集計されます。Your Azure bill aggregates charges for the month on a per-meter basis. メーターは、リソースの使用状況を経時的に追跡したり、請求書の計算を行ったりする目的で使用されます。Meters are used to track a resource's usage over time and are used to calculate your bill. 仮想マシンなど、Azure リソースを 1 つ作成すると、そのリソースに対して 1 つまたは複数のメーター インスタンスが作成されます。When you create a single Azure resource, like a virtual machine, one or more-meter instances are created for the resource.

分析対象の請求書に記載されている MeterName に基づいて、使用状況の CSV ファイルをフィルター処理すると、そのメーターに該当するすべての明細項目が表示されます。Filter the usage CSV file based on the MeterName as shown on the bill that you want to analyze to see all line items that apply to the meter. その明細項目の InstanceID は、料金の発生元となった実際の Azure リソースに対応します。The InstanceID for the line item corresponds to the actual Azure resource that generated the charge.

該当するリソースが見つかったら、Azure Cost Management のコスト分析を使用して、リソースに関連するコストを詳しく分析できます。When you've identified the resource in question, you can use Cost analysis in Azure Cost Management to further analyze the costs related to the resource. コスト分析の使用について詳しくは、コスト分析の開始に関するページを参照してください。To learn more about using cost analysis, see Start analyzing costs.

[コスト分析] で請求された料金を確認するReview invoiced charges in Cost analysis

Azure portal で請求書の詳細を表示するには、分析する請求書に関連付けられているスコープの [コスト分析] に移動します。To view your invoice details in the Azure portal, navigate to Cost analysis for the scope associated with the invoice that you're analyzing. [請求書の詳細] ビューを選択します。Select the Invoice details view. 請求書の詳細には、請求書に記載される料金が表示されます。Invoice details show you the charges as seen on the invoice.

請求書の詳細を示す例Example showing invoice details

請求書の詳細を表示すると、予期しないコストがかかるサービスを特定することや、[コスト分析] のリソースに直接関連付けられているリソースを確認することができます。Viewing invoice details, you can identify the service that has unexpected costs and determine which resources are directly associated with the resource in Cost analysis. たとえば、Virtual Machines サービスの料金を分析する場合は、 [累積コスト] ビューに移動します。For example, if you want to analyze charges for the Virtual Machines service, navigate to the Accumulated cost view. 次に、細分性を [Daily](日単位) に設定し、 [Service name: Virtual machines](サービス名: 仮想マシン) で料金をフィルター処理し、 [リソース] で料金をグループ化します。Then, set the granularity to Daily and filter charges Service name: Virtual machines and group charges by Resource.

仮想マシンの累積コストを示す例Example showing accumulated costs for virtual machines

一定期間におけるコストの急増を特定するIdentify spikes in cost over time

最近発生したどのコストによって請求料金に変化が生じたのかが、明らかでない場合もあります。Sometimes you might not know what recent costs resulted in changes to your billed charges. どのような変化が起こったのかは、コスト分析を使用して、日単位または月単位の経時的なコスト内訳を確認することで把握できます。To understand what changed, you can use Cost analysis to see a daily or monthly breakdown of costs over time. ビューの作成後、 [サービス] または [リソース] で料金をグループして変化を特定します。After you create the view, group your charges by either Service or Resource to identify the changes. データを見やすくするために、ビューを折れ線グラフに変更することもできます。You can also change your view to a Line chart to better visualize the data.

コスト分析でコストの経時変化を示している例

リソースの価格を特定してその課金モデルを把握するDetermine resource pricing and understand its billing model

1 つのリソースから、Azure の複数の製品やサービスにまたがって料金が発生することもあります。A single resource can accrue charges across multiple Azure products and services. Azure サービスごとの価格について詳しくは、製品別の Azure の価格に関するページをご覧ください。View the Azure pricing by product page to learn more about the pricing for each Azure service. たとえば、Azure に作成された 1 つの仮想マシン (VM) に対して、その使用状況を追跡するために次のメーターが作成される場合があります。For example, a single virtual machine (VM) created in Azure can have the following meters created to track its usage. 価格はそれぞれ異なる場合があります。Each might have different pricing.

  • コンピューティング時間Compute Hours
  • IP アドレス時間IP Address Hours
  • データ転送 (受信)Data Transfer In
  • データ転送 (送信)Data Transfer Out
  • Standard マネージド ディスクStandard Managed Disk
  • Standard マネージド ディスク操作Standard Managed Disk Operations
  • Standard IO - ディスクStandard IO-Disk
  • Standard IO - ブロック BLOB (読み取り)Standard IO-Block Blob Read
  • Standard IO - ブロック BLOB (書き込み)Standard IO-Block Blob Write
  • Standard IO - ブロック BLOB (削除)Standard IO-Block Blob Delete

VM が作成されると、各メーターが使用状況レコードの出力を開始します。When the VM is created, each meter begins emitting usage records. この使用状況とメーターの価格が Azure の測定システムで追跡されます。The usage and the meter's price are tracked in the Azure metering system. 請求の計算に使用されたメーターは、使用状況 CSV ファイルで確認できます。You can see the meters that were used to calculate your bill in the usage CSV file.

リソースの担当者を探して協力を促すFind the people responsible for the resource and engage them

リソースに対して行われた変更については、特定のリソースを担当するチームが把握していることは少なくありません。Oftentimes, the team responsible for a given resource will know about changes that were made for a resource. 料金が発生した理由を特定する際には、そうしたチームに協力を促すことが効果的です。Engaging them is useful as you identify why charges might appear. たとえば所有チームが最近、リソースを作成したり、その SKU を更新 (それによってリソースのレートが変化) したり、コードの変更によってリソースに対する負荷を増やしたりした可能性があります。For example, the owning team may have recently created the resource, updated its SKU (thereby changing the resource rate) or increased the load on the resource due to code changes. リソースの所有者を特定する詳しい方法については、引き続き以降のセクションをお読みください。Continue reading the following sections for more techniques to determine who owns a resource.

リソースの監査ログを分析するAnalyze the audit logs for the resource

リソースを表示するアクセス許可があれば、その監査ログにアクセスすることができます。If you have permissions to view a resource, you should be able to access its audit logs. そのログを確認して、リソースへの直近の変更を担当したユーザーを見つけてください。Review the logs to find the user who was responsible for the most recent changes to a resource. 詳細については、「Azure アクティビティ ログ イベントを表示して取得する」を参照してください。To learn more, see View and retrieve Azure Activity log events.

リソースの親スコープに対するユーザーのアクセス許可を分析するAnalyze user permissions to the resource's parent scope

通常、サブスクリプションまたはリソース グループへの書き込みアクセス権限を持つ人物は、作成されたリソースについての情報を把握しています。People that have write access to a subscription or resource group typically have information about the resources were created. その人物ならリソースの目的を説明したり、事情を知っている担当者を紹介したりできるはずです。They should be able to explain the purpose of a resource or point you to the person who knows. サブスクリプション スコープのアクセス許可を持つ人物を特定する方法については、「ロールの割り当てを表示する」を参照してください。To identify the people with permissions for a Subscription scope, see View role assignments. リソース グループについても同じようなプロセスを使用できます。You can use a similar process for resource groups.

料金を特定するためにサポートを要請するGet help to identify charges

前述の戦略を使用しても、料金を請求された理由がわからない場合や、課金の問題について別途サポートが必要な場合は、サポート リクエストを作成してください。If you've used the preceding strategies and you still don't understand why you received a charge or if you need other help with billing issues, please create a support request.

次のステップNext steps