Azure サブスクリプションの小切手または電信送金による支払い

この記事は、Microsoft 顧客契約 (MCA) を結んでいるお客様と、Azure Web サイトを通じて Azure (従量課金制アカウントとも呼ばれる Microsoft Online Services プログラム アカウント) にサインアップしたお客様に適用されます。 Microsoft 担当者を通じて Azure にサインアップした場合、既定の支払い方法があらかじめ "小切手または電信送金" に設定されています。

小切手または電信送金による支払いに切り替えた場合、請求日から 30 日以内に小切手または電信送金で請求金額を支払うことになります。

支払い方法を小切手または電信送金に変更するよう要求した場合、次の 2 つの結果が考えられます。

  • 自動的に承認され、会社に関する情報を入力するように求められます。
  • 自動的に承認されませんが、Azure サポートに要求を送信することはできます。

重要

  • 小切手または電信送金による支払いは、会社を代表して Azure を使用しているお客様のみがご利用いただけます。
  • 小切手または電信送金による支払いに切り替える前に、すべての未払いの料金を支払います。
  • 未払いの請求書は、既定の支払い方法で支払われます。 小切手または電信送金でその支払いを行うには、承認後に既定の支払い方法を小切手または電信送金に変更する必要があります。
  • 現在、中国のグローバル Azure では、小切手または電信送金による支払いはサポートされていません。
  • 小切手または電信送金による支払いに切り替えた場合、クレジット カードまたはデビット カードによる支払いに戻すことはできません。

小切手または電信送金による支払いを要求する

  1. Azure portal にサインインします。

  2. [サブスクリプション] に移動し、小切手または電信送金の設定の対象となるものを選択します。

  3. 左側のメニューで [支払い方法] を選択します。

  4. [支払い方法] ページで、 [小切手または電信送金による支払い] を選択します。
    [支払い方法] ページを示すスクリーンショット。

  5. [小切手または電信送金による支払い] ページに、クレジット カードまたはデビット カードを使用した自動支払いではなく、小切手または電信送金を使用するよう要求できることを示すメッセージが表示されます。 [続行] を選択して、チェックを開始します。

    [続行] オプションを示すスクリーンショット。

  6. 承認状態に応じて、次のようになります。

    • 自動的に承認される場合は、小切手または電信送金による支払いが承認されたことを示すメッセージがページに表示されます。 会社名 を入力して、 [保存] を選択します。
      小切手または電信送金による支払いの承認を示すスクリーンショット。

    • 要求を処理できなかった場合、または承認が得られない場合は、次の「小切手または電信送金による支払いの設定要求を送信する」の手順に従う必要があります。

  7. 承認が得られた場合は、[支払い方法] ページの [その他の支払い方法] で、 [小切手または電信送金] の右側にある省略記号 ( ... ) を選択してから、 [既定値に設定] を選択します。
    小切手または電信送金で支払うようにすべての設定が完了しました。

小切手または電信送金による支払いの設定要求を送信する

自動的に承認されない場合は、Azure サポートに要求を送信して、小切手または電信送金による支払いの承認を得ることができます。 要求が承認されると、Azure portal で小切手または電信送金に切り替えることができます。

  1. Azure portal にサインインして、サポート リクエストを送信します。 [ヘルプとサポート] を検索して選択します。
    [ヘルプとサポート] を検索する画面のスクリーンショット。
  2. [新しいサポート リクエスト] を選択します。
    [新しいサポート リクエスト] リンクのスクリーンショット。
  3. [問題の種類][課金] を選択します。 [問題の種類] は、サポート要求のカテゴリです。 小切手または電信送金で支払うサブスクリプションを選択します。サポート プランを選択し、 [次へ] を選択します。
  4. [お支払][問題の種類] として選択します。 [問題の種類] は、サポート要求のサブカテゴリです。
  5. [Switch to Pay by Invoice](請求書による支払いに切り替える)[問題のサブタイプ] として選択します。
  6. [詳細] ボックスに次の情報を入力し、 [次へ] を選択します。
    • 新規または既存のお客様:
    • 既存のお客様の場合は現在のお支払い方法:
    • 注文 ID (請求書オプションを要求する):
    • アカウント管理者の Live ID (または組織 ID) (会社のドメインである必要があります):
    • コマース アカウント ID:
    • 会社の名前 (VAT または政府機関の Web サイトで登録されているもの):
    • 会社の住所 (VAT または政府機関の Web サイトで登録されているもの):
    • 会社の Web サイト:
    • 国:
    • 税 ID/ VAT ID:
    • 会社の設立日 (年):
    • これまでの Microsoft とのお取引:
    • 連絡先の名前:
    • 連絡先の電話番号:
    • 連絡先の電子メール:
    • クレジットカードではなく、小切手または電信送金の支払いオプションを希望する正当な理由:
    • コアのを増加する場合は、次の追加情報を入力してください。
      • (これまでのクォータ) 既存のコア:
      • (新しいクォータ) 要求したコア:
      • サブスクリプションの具体的なリージョンおよびシリーズ:
    • [会社名][会社の住所] は、Azure アカウントに指定した情報と一致させる必要があります。 情報を表示または更新するには、「Azure アカウントのプロファイル情報を変更する」を参照してください。
    • 与信限度額を承認する前に、Azure portal で請求連絡先情報を追加します。 連絡先の詳細を会社の買掛金または財務部門に関連付ける必要があります。
  7. 連絡先情報と優先連絡方法を確認し、 [作成] を選択します。

必要とするクレジット総額によっては与信審査が必要になることがあります。この場合は、カスタマー サポートから与信審査申込書をお送りします。 会社の監査済み財務諸表の提出をお願いする場合があります。 財務情報が提供されていない場合や、必要な与信限度額を裏付ける十分な情報がない場合は、与信審査要求を承認するために、保証金またはスタンドバイ信用状を求める場合があります。

承認後に小切手または電信送金による支払いに切り替える

Microsoft Online Services プログラム (従量課金制) アカウントをお持ちで、小切手または電信送金による支払いが承認されている場合は、Azure portal で支払い方法を切り替えることができます。

Microsoft 顧客契約を結んでいる場合は、課金プロファイルを小切手/電信送金に切り替えることができます。

Azure サブスクリプションを小切手/電信送金に切り替える

Azure サブスクリプションを小切手または電信送金による支払いに切り替えるには、以下の手順に従います。 "小切手または電信送金による支払いに切り替えた後にクレジット カードに戻すことはできません"。

  1. Azure portal にアクセスし、アカウント管理者としてサインインします。 [コストの管理と請求] を検索して選択します。
    Azure portal で [コストの管理と請求] を検索する画面のスクリーンショット。
  2. 小切手または電信送金による支払いに切り替えるサブスクリプションを選択します。
  3. [支払い方法] を選択します。 [支払い方法] ページで、 [小切手または電信送金による支払い] を選択します。
    [小切手または電信送金による支払い] オプションを示すスクリーンショット。

課金プロファイルを小切手/電信送金に切り替える

課金プロファイルを小切手/電信送金に切り替えるには、次の手順に従います。 課金プロファイルの既定の支払い方法を変更できるのは、Azure にサインアップしたユーザーのみです。

  1. Azure portal にアクセスして、課金情報を表示します。 [コストの管理と請求] を検索して選択します。
  2. メニューから [課金プロファイル] を選択します。
    [課金プロファイル] メニュー項目を示すスクリーンショット。
  3. 課金プロファイルを選択します。
  4. [課金プロファイル] メニューで [支払い方法] を選択します。
    [支払い方法] メニュー項目を示すスクリーンショット。
  5. [その他の支払い方法] という見出し下の省略記号 (...) を選択し、 [既定に設定] を選択します。
    [小切手または電信送金] の省略記号と [既定に設定] オプションを示すスクリーンショット。

Microsoft 顧客契約にアクセスできるかどうかを確認する

契約の種類を確認して、Microsoft 顧客契約の請求先アカウントへのアクセスがあるかどうかを判断します。

  1. Azure portal に移動して、課金アカウントへのアクセス権があるかどうかを確認します。 [コストの管理と請求] を検索して選択します。

    Azure portal での [コストの管理と請求] の検索を示すスクリーンショット。

  2. 1 つの課金スコープのみにアクセスできる場合は、メニューから [プロパティ] を選択します。 請求先アカウントの種類が Microsoft 顧客契約 の場合、Microsoft 顧客契約の請求先アカウントにアクセスできます。

    Microsoft 顧客契約、課金アカウントの種類、プロパティ、Microsoft Azure portal

  3. アクセスできる課金スコープが複数ある場合は、課金アカウント列で種類を確認します。 任意のスコープの課金アカウントの種類が Microsoft 顧客契約 である場合、Microsoft 顧客契約の課金アカウントにアクセスできます。

    Microsoft 顧客契約、課金アカウントの種類、課金アカウント一覧、Microsoft Azure portal

よく寄せられる質問

法的文書の要求が届いたのはなぜですか?

提供された情報が不完全または検証できない場合、Microsoft は法的文書を必要とすることがあります。 例には以下が含まれます。

  • アカウント名と会社名の間での名前の相違
  • 名前の変更

次のステップ

  • 必要に応じて、Azure portal で請求先連絡先情報を更新します。