クイック スタート:Azure データ カタログを作成するQuickstart: Create an Azure Data Catalog

Azure Data Catalog は、フル マネージドのクラウド サービスで、エンタープライズ データ資産の登録システムと検出システムとして機能します。Azure Data Catalog is a fully managed cloud service that serves as a system of registration and system of discovery for enterprise data assets. 詳細については、「 Azure Data Catalog とは何ですか」を参照してください。For a detailed overview, see What is Azure Data Catalog.

このクイック スタートでは、Azure Data Catalog の作成の開始を支援します。This quickstart helps you get started with creating an Azure Data Catalog.

Azure サブスクリプションがない場合は、開始する前に無料アカウントを作成してください。If you don’t have an Azure subscription, create a free account before you begin.

前提条件Prerequisites

開始するには、以下が必要です。To get started, you need to have:

Data Catalog をセットアップするには、Azure サブスクリプションの所有者または共同所有者であることが必要です。To set up Data Catalog, you must be the owner or co-owner of an Azure subscription.

データ カタログの作成Create a data catalog

組織 (Azure Active Directory ドメイン) ごとにプロビジョニングできるデータ カタログは 1 つだけです。You can provision only one data catalog per organization (Azure Active Directory domain). そのため、この Azure Active Directory ドメインに属している、Azure サブスクリプションの所有者または共同所有者が既にカタログを作成している場合、複数の Azure サブスクリプションを所有していても、もう一度カタログを作成することはできません。Therefore, if the owner or co-owner of an Azure subscription who belongs to this Azure Active Directory domain has already created a catalog, then you can't create a catalog again even if you have multiple Azure subscriptions. データ カタログが Azure Active Directory ドメイン内のユーザーによって作成されているかどうかをテストするには、 Azure Data Catalog ホーム ページ に移動し、カタログが表示されるかどうかを確認してください。To test whether a data catalog has been created by a user in your Azure Active Directory domain, go to the Azure Data Catalog home page and verify whether you see the catalog. カタログが既に作成されている場合は、以下の手順をスキップし、次のセクションに進んでください。If a catalog has already been created for you, skip the following procedure and go to the next section.

  1. Azure portal > [リソースの作成] の順に移動し、[データ カタログ] を選択します。Go to the Azure portal > Create a resource and select Data Catalog.

    データ カタログの作成

  2. データ カタログの名前、使用するサブスクリプション、カタログの場所、および価格レベルを指定します。Specify a name for the data catalog, the subscription you want to use, the location for the catalog, and the pricing tier. [作成] を選択します。Then select Create.

  3. Azure Data Catalog ホーム ページ に移動し、 [データの発行] をクリックします。Go to the Azure Data Catalog home page and click Publish Data.

    Azure Data Catalog--Publish Data button

    Data Catalog サービス ページ[はじめる] を選択して、Data Catalog ホーム ページに移動することもできます。You can also get to the Data Catalog home page from the Data Catalog service page by selecting Get started.

    Azure Data Catalog--marketing landing page

  4. [設定] ページに移動します。Go to the Settings page.

    Azure Data Catalog--provision data catalog

  5. [価格] を展開し、Azure Data Catalog のエディション (Free または Standard) を確認します。Expand Pricing and verify your Azure Data Catalog edition (Free or Standard).

    Azure Data Catalog--エディションの選択

  6. 価格レベルとして Standard エディションを選択した場合は、[セキュリティ グループ] を展開し、Active Directory セキュリティ グループが Data Catalog にアクセスできるように承認を有効にしたり、請求の自動調整を有効にしたりすることができます。If you choose Standard edition as your pricing tier, you can expand Security Groups and enable authorizing Active Directory security groups to access Data Catalog and enable automatic adjustment of billing.

    Azure Data Catalog のセキュリティ グループ

  7. [カタログ ユーザー] を展開し、[追加] をクリックしてデータ カタログのユーザーを追加します。Expand Catalog Users and click Add to add users for the data catalog. 自身はこのグループに自動的に追加されます。You're automatically added to this group.

    Azure Data Catalog--ユーザー

  8. 価格レベルとして Standard エディションを選択した場合は、[用語集の管理者] を展開し、[追加] をクリックして、用語集の管理者ユーザーを追加できます。If you choose Standard edition as your pricing tier, you can expand Glossary Administrators and click Add to add glossary administrator users. 自身はこのグループに自動的に追加されます。You're automatically added to this group.

    Azure Data Catalog の用語集の管理者

  9. [カタログの管理者] を展開し、[追加] をクリックしてデータ カタログの他の管理者を追加します。Expand Catalog Administrators and click Add to add additional administrators for the data catalog. 自身はこのグループに自動的に追加されます。You're automatically added to this group.

    Azure Data Catalog--管理者

  10. [ポータルのタイトル] を展開し、ポータルのタイトルに表示されるテキストを追加します。Expand Portal Title and add additional text that will be displayed in the portal title.

    Azure Data Catalog--ポータルのタイトル

  11. [設定] ページの作業を完了したら、[発行] ページに移動します。Once you complete the Settings page, next navigate to the Publish page.

    Azure Data Catalog--作成完了

Azure ポータルでのデータ カタログの検索Find a data catalog in the Azure portal

  1. Web ブラウザーの別のタブまたは別の Web ブラウザー ウィンドウで、 Azure Portal に移動し、前の手順でデータ カタログを作成する際に使用したのと同じアカウントでサインインします。On a separate tab in the web browser or in a separate web browser window, go to the Azure portal and sign in with the same account that you used to create the data catalog in the previous step.

  2. [すべてのサービス] を選択し、[Data Catalog] をクリックします。Select All services and then click Data Catalog.

    Azure Data Catalog--browse Azure

    作成したデータ カタログが表示されます。You see the data catalog you created.

    Azure Data Catalog--view catalog in list

  3. 作成したカタログをクリックします。Click the catalog that you created. ポータルに [Data Catalog] ブレードが表示されます。You see the Data Catalog blade in the portal.

    Azure Data Catalog--blade in portal

  4. データ カタログのプロパティが表示され、更新することができます。You can view properties of the data catalog and update them. たとえば、 [価格レベル] をクリックし、エディションを変更します。For example, click Pricing tier and change the edition.

    Azure Data Catalog--pricing tier

次の手順Next steps

このクイック スタートでは、組織の Azure Data Catalog を作成する方法を学習しました。In this quickstart, you've learned how to create an Azure Data Catalog for your organization. これで、データ カタログにデータ ソースを登録できるようになりました。You can now register data sources in your data catalog.