Azure Data Factory V2 プレビューのドキュメント

クラウド データ統合サービスである Data Factory を使用して、データの保管、移行、および処理のサービスを自動化データ パイプラインにまとめる方法について説明します。 チュートリアルなどのドキュメントでは、データ パイプラインの設定と管理に加え、分析用のデータの移動と変換の方法を紹介します。

現在、Data Factory のバージョン V2 はプレビュー段階です。 バージョン V1 は一般公開されています。 Data Factory サービスの V1 を使用している場合は、V1 のドキュメントを参照してください。

5 分間のクイック スタート

以下を使用して、データ ファクトリを作成する方法を説明します。

ステップバイステップのチュートリアル

データ ファクトリを作成および監視する方法を説明します。

  1. SSIS パッケージを Azure にデプロイする - Data Factory UI | Azure PowerShell
  2. クラウドのデータをコピーする - データのコピー ツール | Data Factory UI | .NET
  3. オンプレミスのデータをクラウドにコピーする - データのコピー ツール | Data Factory UI | Azure PowerShell
  4. データを一括コピーする - Data Factory UI | Azure PowerShell
  5. データを増分コピーする - Data Factory UI | Azure PowerShell
  6. Spark を使用してクラウドのデータを変換する - Data Factory UI | Azure PowerShell
  7. 仮想ネットワーク内のデータを変換する - Data Factory UI | Azure PowerShell
  8. フローを制御する - Data Factory UI | .NET

サンプル

次のサンプルを使用して、Data Factory を操作します。

リファレンス