SSIS パッケージのデプロイ

Azure SSIS 統合ランタイムを構成した後は、Azure で直接パッケージをデプロイして実行することができます。

SSISDB の使用

SSISDB を使用する場合は、そこにパッケージをデプロイし、Azure 対応の SSDT または SSMS ツールを使用して、それらを Azure-SSIS IR 上で実行することができます。 これらのツールは、ご利用のデータベース サーバーに対し、そのサーバーのエンドポイントを介して接続します。

  • Azure SQL Database サーバーの場合、サーバー エンドポイントの形式は <server name>.database.windows.net です。
  • プライベート エンドポイントを備えたマネージド インスタンスの場合、サーバー エンドポイントの形式は <server name>.<dns prefix>.database.windows.net です。
  • パブリック エンドポイントを備えたマネージド インスタンスの場合、サーバー エンドポイントの形式は <server name>.public.<dns prefix>.database.windows.net,3342 です。

ファイル システム、Azure Files、または MSDB の使用

SSISDB を使用しない場合は、Azure SQL Managed Instance にホストされた MSDB、ファイル システム、Azure Files のいずれかにパッケージをデプロイし、dtutil および AzureDTExec コマンド ライン ユーティリティを使用してそれらのパッケージを Azure-SSIS IR 上で実行できます。

詳細については、SSIS プロジェクトおよびパッケージのデプロイに関する記事を参照してください。

どちらの場合も、Data Factory パイプラインの SSIS パッケージの実行アクティビティを使用して、デプロイしたパッケージを Azure-SSIS IR 上で実行することもできます。 詳細については、ファーストクラスの Data Factory アクティビティとして SSIS パッケージの実行を呼び出す方法に関するページを参照してください。

次のステップ

このドキュメントでは、Azure SSIS IR に関する、次のような他のトピックも参照してください。