マッピング データ フロー変換の概要

適用対象: Azure Data Factory Azure Synapse Analytics

データ フローのマッピングで現在サポートされている変換のリストを次に示します。 それぞれの変換をクリックして、構成の詳細を確認します。

Name カテゴリ 説明
集計 スキーマ修飾子 既存の列または計算列によってグループ化される、SUM、MIN、MAX、COUNT などのさまざまな種類の集計を定義できます。
行の変更 行の修飾子 行に対して、挿入、削除、更新および upsert の各ポリシーを設定します。
条件分割 複数の入力/出力 一致条件に基づいて、データの行を異なるストリームにルートします。
派生列 スキーマ修飾子 データ フローの言語を使用して、新しい列を生成するか、既存のフィールドを変更します。
Exists 複数の入力/出力 お使いのデータが別のソースまたはストリームに存在するかどうかを確認します。
Assert 行の修飾子 条件に基づいて、行をフィルターします。
フラット化 スキーマ修飾子 JSON などの階層構造体の中で配列値を取得し、それらを個々の行に展開します。
Join 複数の入力/出力 2 つのソースまたはストリームのデータを結合します。
Lookup 複数の入力/出力 別のソースからデータを参照します。
新しいブランチ 複数の入力/出力 同じデータ ストリームに対して複数の操作と変換を行います。
Parse フォーマッタ JSON、区切りテキスト、または XML 形式のテキストの文字列であるデータ ストリーム内のテキスト列を解析します。
ピボット スキーマ修飾子 1 つまたは複数のグループ化された列が、個々の列に変換された個別の行の値を持つ集計。
順位 スキーマ修飾子 並べ替え条件に基づいて順序付けされた順位付けを生成する
Select スキーマ修飾子 別名列とストリーム名、列のドロップまたは並べ替え
Sink - お使いのデータの最終受信先
Sort 行の修飾子 現在のデータ ストリームで受信行を並べ替える
ソース - データ フローのデータ ソース
代理キー スキーマ修飾子 ビジネス以外の任意のキー値のインクリメントを追加する
Union (結合) 複数の入力/出力 複数のデータ ストリームを垂直方向に結合する
ピボット解除 スキーマ修飾子 列を行の値にピボットする
ウィンドウ スキーマ修飾子 データ ストリーム内の列のウィンドウベースの集計を定義します。
Parse スキーマ修飾子 列データを Json または区切りテキストに解析します