SSIS 統合ランタイムで接続の診断機能を使用する

適用対象: Azure Data Factory Azure Synapse Analytics

SSIS 統合ランタイムで SQL Server Integration Services (SSIS) パッケージの実行中に接続の問題が見つかる可能性があります。 これらの問題は、SSIS 統合ランタイムが Azure 仮想ネットワークに参加している場合に特に発生します。

接続をテストするための "接続の診断" 機能を使用して、接続の問題をトラブルシューティングします。 この機能は、Azure Data Factory ポータルの SSIS 統合ランタイムの監視ページにあります。

監視ページ - 接続の診断

監視ページ - 接続のテスト

以降のセクションでは、接続をテストしているときに発生する最も一般的なエラーについて説明します。 各セクションでは、次のことについて説明します。

  • エラー コード
  • エラー メッセージ
  • エラーの考えられる原因
  • 推奨されるソリューション

エラー コード:InvalidInput

  • エラー メッセージ:"Please verify your input is correct." (入力が正しいことを確認してください。)
  • Potential cause (潜在的な原因): 入力が正しくない。
  • 推奨事項:入力を確認してください。

エラー コード:FirewallOrNetworkIssue

  • エラー メッセージ:"Please verify that this port is open on your firewall/server/NSG and the network is stable." (ファイアウォール、サーバー、または NSG でこのポートが開いていること、およびネットワークが安定していることを確認してください。)
  • 考えられる原因:
    • サーバーでポートが開かれていない。
    • ポートでのアウトバウンド トラフィックが、ネットワーク セキュリティグ ループによって拒否された。
    • NVA、Azure Firewall、またはオンプレミスのファイアウォールで、このポートが開かれていない。
  • 推奨事項:
    • サーバーでこのポートを開きます。
    • このポートでアウトバウンド トラフィックが許可されるように、ネットワーク セキュリティグ ループを更新します。
    • NVA、Azure Firewall、またはオンプレミスのファイアウォールで、このポートを開きます。

エラー コード:MisconfiguredDnsSettings

  • エラー メッセージ:"If you’re using your own DNS server in the VNet joined by your Azure-SSIS IR, verify that it can resolve your host name." (Azure-SSIS IR が参加している VNet で独自の DNS サーバーを使用している場合は、ホスト名を解決できることを確認します。)
  • 考えられる原因:
    • カスタム DNS に問題がある。
    • プライベート ホスト名に完全修飾ドメイン名 (FQDN) が使用されていない。
  • 推奨事項:
    • カスタム DNS の問題を修正して、ホスト名を解決できることを確認してください。
    • FQDN を使用します。 独自の DNS サフィックスは、Azure-SSIS IR によって自動的に追加されません。 たとえば、 <your_private_server> ではなく、 <your_private_server>.contoso.com を使用します。

エラー コード:ServerNotAllowRemoteConnection

  • エラー メッセージ:"Please verify that your server allows remote TCP connections through this port." (このポートを介したリモート TCP 接続がサーバーで許可されていることを確認してください。)
  • 考えられる原因:
    • サーバーのファイアウォールで、リモート TCP 接続が許可されていない。
    • サーバーがオンラインではない。
  • 推奨事項:
    • サーバーのファイアウォールでリモート TCP 接続を許可します。
    • サーバーを起動します。

エラー コード:MisconfiguredNsgSettings

  • エラー メッセージ:"Please verify that the NSG of your VNet allows outbound traffic through this port." (このポートを介したアウトバウンド トラフィックが VNet の NSG で許可されていることを確認してください。) "If you’re using Azure ExpressRoute and or a UDR, please verify that this port is open on your firewall/server." (Azure ExpressRoute または UDR を使用している場合は、このポートがファイアウォールまたはサーバーで開かれていることを確認してください。)
  • 考えられる原因:
    • ポートでのアウトバウンド トラフィックが、ネットワーク セキュリティグ ループによって拒否された。
    • NVA、Azure Firewall、またはオンプレミスのファイアウォールで、このポートが開かれていない。
  • 推奨事項:
    • このポートでアウトバウンド トラフィックが許可されるように、ネットワーク セキュリティグ ループを更新します。
    • NVA、Azure Firewall、またはオンプレミスのファイアウォールで、このポートを開きます。

エラー コード:GenericIssues

  • エラー メッセージ:"Test connection failed due to generic issues." (一般的な問題が原因でテスト接続に失敗しました。)
  • Potential cause (潜在的な原因): テスト接続で一時的に一般的な問題が発生した。
  • 推奨事項:後でテスト接続を再試行します。 再試行しても解決されない場合は、Azure Data Factory サポート チームにお問い合わせください。

エラー コード:PSPingExecutionTimeout

  • エラー メッセージ:"Test connection timeout, please try again later." (テスト接続がタイムアウトしました。後でもう一度お試しください。)
  • Potential cause (潜在的な原因): テスト接続がタイムアウトした。
  • 推奨事項:後でテスト接続を再試行します。 再試行しても解決されない場合は、Azure Data Factory サポート チームにお問い合わせください。

エラー コード:NetworkInstable

  • エラー メッセージ:"Test connection irregularly succeeded due to network instability." (ネットワークが不安定なため、テスト接続が不規則にしか成功しませんでした。)
  • Potential cause (潜在的な原因): 一時的なネットワークの問題。
  • 推奨事項:サーバーまたはファイアウォール ネットワークが安定しているかどうかを確認します。

次のステップ