Azure portal で Azure Data Lake Analytics の使用を開始するGet started with Azure Data Lake Analytics using the Azure portal

この記事では、Azure portal を使用して Azure Data Lake Analytics アカウントを作成し、U-SQL でジョブを定義して、Data Lake Analytics サービスにジョブを送信する方法について説明します。This article describes how to use the Azure portal to create Azure Data Lake Analytics accounts, define jobs in U-SQL, and submit jobs to the Data Lake Analytics service.

前提条件Prerequisites

このチュートリアルを開始する前に、Azure サブスクリプションが必要です。Before you begin this tutorial, you must have an Azure subscription. Azure 無料試用版の取得に関するページを参照してください。See Get Azure free trial.

Data Lake Analytics アカウントを作成するCreate a Data Lake Analytics account

次に、Data Lake Analytics と Azure Data Lake Storage Gen1 アカウントを同時に作成します。Now, you will create a Data Lake Analytics and an Azure Data Lake Storage Gen1 account at the same time. この手順は単純であり、所要時間は約 60 秒です。This step is simple and only takes about 60 seconds to finish.

  1. Azure Portal にサインオンします。Sign on to the Azure portal.
  2. [リソースの作成] > [データ + 分析] > [Data Lake Analytics] の順にクリックします。Click Create a resource > Data + Analytics > Data Lake Analytics.
  3. 次の項目の値を選択します。Select values for the following items:
    • Name:Data Lake Analytics アカウントに名前を付けます (小文字と数字のみが許可されています)。Name: Name your Data Lake Analytics account (Only lower case letters and numbers allowed).
    • サブスクリプション:Analytics アカウントに使用される Azure サブスクリプションを選択します。Subscription: Choose the Azure subscription used for the Analytics account.
    • リソース グループResource Group. 既存の Azure リソース グループを選択するか、新しいものを作成します。Select an existing Azure Resource Group or create a new one.
    • 場所Location. Data Lake Analytics アカウントの Azure データ センターを選択します。Select an Azure data center for the Data Lake Analytics account.
    • [Data Lake Storage Gen1] :手順に従って新しい Data Lake Storage Gen1 アカウントを作成するか、または既存のアカウントを選択します。Data Lake Storage Gen1: Follow the instruction to create a new Data Lake Storage Gen1 account, or select an existing one.
  4. 必要に応じて、Data Lake Analytics アカウントの価格レベルを選択します。Optionally, select a pricing tier for your Data Lake Analytics account.
  5. Create をクリックしてください。Click Create.

最初の U-SQL スクリプトYour first U-SQL script

次のテキストは、非常に単純な U-SQL スクリプトです。The following text is a very simple U-SQL script. このスクリプトが実行するのは、スクリプト内に小さなデータセットを定義し、そのデータセットを /data.csv という名前のファイルとして既定の Data Lake Storage Gen1 アカウントに書き出すことだけです。All it does is define a small dataset within the script and then write that dataset out to the default Data Lake Storage Gen1 account as a file called /data.csv.

@a  = 
    SELECT * FROM 
        (VALUES
            ("Contoso", 1500.0),
            ("Woodgrove", 2700.0)
        ) AS 
              D( customer, amount );
OUTPUT @a
    TO "/data.csv"
    USING Outputters.Csv();

U-SQL ジョブの送信Submit a U-SQL job

  1. Data Lake Analytics アカウントから [新しいジョブ] を選択します。From the Data Lake Analytics account, select New Job.
  2. 上記の U-SQL スクリプトのテキストを貼り付けます。Paste in the text of the preceding U-SQL script. ジョブに名前を付けます。Name the job.
  3. [送信] ボタンを選択して、ジョブを開始します。Select Submit button to start the job.
  4. ジョブの [状態] を監視して、ジョブの状態が [成功] に変わるまで待ちます。Monitor the Status of the job, and wait until the job status changes to Succeeded.
  5. [データ] タブで、 [出力] タブを選択します。data.csv という名前の出力ファイルを選択し、出力データを表示します。Select the Data tab, then select the Outputs tab. Select the output file named data.csv and view the output data.

関連項目See also