Azure PowerShell を使用して Azure Data Lake Storage Gen1 の使用を開始するGet started with Azure Data Lake Storage Gen1 using Azure PowerShell

注意

Azure Data Lake Store は Azure Data Lake Storage Gen1 に名前が変更されました。Azure Data Lake Store has been renamed to Azure Data Lake Storage Gen1. Data Lake Storage Gen2 のプレビューについては、製品ページをご覧ください。If you're interested in learning about the preview of Azure Data Lake Storage Gen2, see the product page.

Azure PowerShell を使用して、Azure Data Lake Storage Gen1 アカウントを作成し、フォルダーの作成、データ ファイルのアップロードとダウンロード、アカウントの削除などの基本操作を行う方法について説明します。Data Lake Storage Gen1 の詳細については、Data Lake Storage Gen1 の概要に関する記事をご覧ください。Learn how to use Azure PowerShell to create an Azure Data Lake Storage Gen1 account and perform basic operations such as create folders, upload and download data files, delete your account, etc. For more information about Data Lake Storage Gen1, see Overview of Data Lake Storage Gen1.

前提条件Prerequisites

AuthenticationAuthentication

この記事では、Data Lake Storage Gen1 に対する認証に、Azure アカウントの資格情報を入力する比較的単純な方法を使用しています。This article uses a simpler authentication approach with Data Lake Storage Gen1 where you are prompted to enter your Azure account credentials. その後、Data Lake Storage Gen1 アカウントとファイル システムに対するアクセス レベルは、そのログイン ユーザーのアクセス レベルで管理されます。The access level to Data Lake Storage Gen1 account and file system is then governed by the access level of the logged in user. ただし、Data Lake Storage Gen1 には他の認証方法も存在します (エンド ユーザー認証サービス間認証)。However, there are other approaches as well to authenticate with Data Lake Storage Gen1, which are end-user authentication or service-to-service authentication. 認証方法の詳細については、エンドユーザー認証またはサービス間認証に関するページを参照してください。For instructions and more information on how to authenticate, see End-user authentication or Service-to-service authentication.

Data Lake Storage Gen1 アカウントの作成Create a Data Lake Storage Gen1 account

  1. デスクトップで、新しい Windows PowerShell ウィンドウを開きます。From your desktop, open a new Windows PowerShell window. 次のスニペットを入力して Azure アカウントにログインし、サブスクリプションを設定して、Data Lake Storage Gen1 プロバイダーを登録します。Enter the following snippet to log in to your Azure account, set the subscription, and register the Data Lake Storage Gen1 provider. ログインを求められたら、必ず、サブスクリプションの管理者または所有者としてログインしてください。When prompted to log in, make sure you log in as one of the subscription administrators/owner:

     # Log in to your Azure account
     Connect-AzureRmAccount
    
     # List all the subscriptions associated to your account
     Get-AzureRmSubscription
    
     # Select a subscription
     Set-AzureRmContext -SubscriptionId <subscription ID>
    
     # Register for Azure Data Lake Storage Gen1
     Register-AzureRmResourceProvider -ProviderNamespace "Microsoft.DataLakeStore"
    
  2. Data Lake Storage Gen1 アカウントは、Azure リソース グループに関連付けられます。A Data Lake Storage Gen1 account is associated with an Azure Resource Group. まず、Azure リソース グループを作成します。Start by creating an Azure Resource Group.

     $resourceGroupName = "<your new resource group name>"
     New-AzureRmResourceGroup -Name $resourceGroupName -Location "East US 2"
    

    Azure リソース グループの作成Create an Azure Resource Group

  3. Data Lake Storage Gen1 アカウントを作成します。Create a Data Lake Storage Gen1 account. 指定する名前には、小文字と数字のみを含める必要があります。The name you specify must only contain lowercase letters and numbers.

     $dataLakeStorageGen1Name = "<your new Data Lake Storage Gen1 account name>"
     New-AzureRmDataLakeStoreAccount -ResourceGroupName $resourceGroupName -Name $dataLakeStorageGen1Name -Location "East US 2"
    

    Data Lake Storage Gen1 アカウントを作成するCreate a Data Lake Storage Gen1 account

  4. アカウントが正常に作成されたことを確認します。Verify that the account is successfully created.

     Test-AzureRmDataLakeStoreAccount -Name $dataLakeStorageGen1Name
    

    コマンドレットの出力は True になります。The output for the cmdlet should be True.

Data Lake Storage Gen1 アカウントでディレクトリ構造を作成するCreate directory structures in your Data Lake Storage Gen1 account

ご自分の Data Lake Storage Gen1 アカウントにディレクトリを作成し、データの管理と保存を行うことができます。You can create directories under your Data Lake Storage Gen1 account to manage and store data.

  1. ルート ディレクトリを指定します。Specify a root directory.

     $myrootdir = "/"
    
  2. 指定したルートの下に mynewdirectory という新しいディレクトリを作成します。Create a new directory called mynewdirectory under the specified root.

     New-AzureRmDataLakeStoreItem -Folder -AccountName $dataLakeStorageGen1Name -Path $myrootdir/mynewdirectory
    
  3. 新しいディレクトリが正常に作成されたことを確認します。Verify that the new directory is successfully created.

     Get-AzureRmDataLakeStoreChildItem -AccountName $dataLakeStorageGen1Name -Path $myrootdir
    

    次のスクリーンショットに示すように、出力が表示されます。It should show an output as shown in the following screenshot:

    ディレクトリの確認Verify Directory

Data Lake Storage Gen1 アカウントにデータをアップロードするUpload data to your Data Lake Storage Gen1 account

データは、ルート レベルで直接 Data Lake Storage Gen1 に、またはアカウント内で作成したディレクトリにアップロードすることができます。You can upload your data to Data Lake Storage Gen1 directly at the root level, or to a directory that you created within the account. このセクションのスニペットは、前のセクションで作成したディレクトリ (mynewdirectory) にいくつかのサンプル データをアップロードする方法を示しています。The snippets in this section demonstrate how to upload some sample data to the directory (mynewdirectory) you created in the previous section.

アップロードするいくつかのサンプル データを探している場合は、 Azure Data Lake Git リポジトリ から Ambulance Dataフォルダーを取得できます。If you are looking for some sample data to upload, you can get the Ambulance Data folder from the Azure Data Lake Git Repository. ファイルをダウンロードし、コンピューター上のローカル ディレクトリ (C:\sampledata\ など) に保存します。Download the file and store it in a local directory on your computer, such as C:\sampledata.

Import-AzureRmDataLakeStoreItem -AccountName $dataLakeStorageGen1Name -Path "C:\sampledata\vehicle1_09142014.csv" -Destination $myrootdir\mynewdirectory\vehicle1_09142014.csv

Data Lake Storage Gen1 アカウントのデータの名前変更、ダウンロード、削除を行うRename, download, and delete data from your Data Lake Storage Gen1 account

ファイルの名前を変更するには、次のコマンドを使用します。To rename a file, use the following command:

Move-AzureRmDataLakeStoreItem -AccountName $dataLakeStorageGen1Name -Path $myrootdir\mynewdirectory\vehicle1_09142014.csv -Destination $myrootdir\mynewdirectory\vehicle1_09142014_Copy.csv

ファイルをダウンロードするには、次のコマンドを使用します。To download a file, use the following command:

Export-AzureRmDataLakeStoreItem -AccountName $dataLakeStorageGen1Name -Path $myrootdir\mynewdirectory\vehicle1_09142014_Copy.csv -Destination "C:\sampledata\vehicle1_09142014_Copy.csv"

ファイルを削除するには、次のコマンドを使用します。To delete a file, use the following command:

Remove-AzureRmDataLakeStoreItem -AccountName $dataLakeStorageGen1Name -Paths $myrootdir\mynewdirectory\vehicle1_09142014_Copy.csv

確認を求めるメッセージが表示されたら、「 Y 」と入力して、項目を削除します。When prompted, enter Y to delete the item. 削除する複数のファイルがある場合は、すべてのパスをコンマで区切って指定できます。If you have more than one file to delete, you can provide all the paths separated by comma.

Remove-AzureRmDataLakeStoreItem -AccountName $dataLakeStorageGen1Name -Paths $myrootdir\mynewdirectory\vehicle1_09142014.csv, $myrootdir\mynewdirectoryvehicle1_09142014_Copy.csv

Data Lake Storage Gen1 アカウントを削除するDelete your Data Lake Storage Gen1 account

Data Lake Storage Gen1 アカウントを削除するには、次のコマンドを使用します。Use the following command to delete your Data Lake Storage Gen1 account.

Remove-AzureRmDataLakeStoreAccount -Name $dataLakeStorageGen1Name

確認を求めるメッセージが表示されたら、「 Y 」と入力して、アカウントを削除します。When prompted, enter Y to delete the account.

次の手順Next steps