Storage Explorer を使用して Azure Data Lake Storage Gen1 リソースを管理するManage Azure Data Lake Storage Gen1 resources by using Storage Explorer

Azure Data Lake Storage Gen1 は、テキストやバイナリ データなどの大量の非構造化データを格納するためのサービスです。Azure Data Lake Storage Gen1 is a service for storing large amounts of unstructured data, such as text or binary data. そのデータには、HTTP または HTTPS を介してどこからでもアクセスすることができます。You can get access to the data from anywhere via HTTP or HTTPS. Azure Storage Explorer 上で Data Lake Storage Gen1 を使用すると、BLOB やキューなど、他の Azure エンティティと共に、Data Lake Storage Gen1 のデータおよびリソースにアクセスし、管理できます。Data Lake Storage Gen1 in Azure Storage Explorer enables you to access and manage Data Lake Storage Gen1 data and resources, along with other Azure entities like blobs and queues. さまざまな Azure エンティティを、同じツールを使用して 1 か所で管理できるようになりました。Now you can use the same tool to manage your different Azure entities in one place.

もう 1 つの利点は、Data Lake Storage Gen1 データを管理するためにサブスクリプションのアクセス許可が不要であることです。Another advantage is that you don't need to have subscription permission to manage Data Lake Storage Gen1 data. Storage Explorer では、アクセス許可が付与されていれば、 [Local and Attached](ローカルで接続済み) ノードに Data Lake Storage Gen1 パスをアタッチできます。In Storage Explorer, you can attach the Data Lake Storage Gen1 path to the Local and Attached node as long as someone grants the permission.

前提条件Prerequisites

この記事の手順を完了するには、次の前提条件を満たす必要があります。To complete the steps in this article, you need the following prerequisites:

Storage Explorer のインストールInstall Storage Explorer

Azure Storage Explorer の最新版は、製品 Web ページからインストールできます。Install the newest Azure Storage Explorer bits from the product webpage. インストールは、Windows、Linux、Mac の各バージョンに対応しています。The installation supports Windows, Linux, and Mac versions.

Azure サブスクリプションに接続するConnect to an Azure subscription

  1. Storage Explorer の左側にあるプラグイン アイコンを選択します。In Storage Explorer, select the plug-in icon on the left.

    プラグイン アイコン

  2. [Add an Azure Account](Azure アカウントの追加) を選択し、 [サインイン] を選択します。Select Add an Azure Account, and then select Sign-in.

    [Azure Storage へ接続] ダイアログ ボックス

  3. [アカウントにサインイン] ダイアログ ボックスで Azure の資格情報を入力します。In the Sign in to your account dialog box, enter your Azure credentials.

    Azure のサインイン ダイアログ ボックス

  4. 一覧からサブスクリプションを選択し、 [適用] を選択します。Select your subscription from the list, and then select Apply.

    サブスクリプション情報と [適用] ボタン

    [エクスプローラー] ウィンドウが更新され、選択したサブスクリプション内のアカウントが表示されます。The EXPLORER pane is updated and displays the accounts in the selected subscription.

    アカウントの一覧

Data Lake Storage Gen1 から Azure サブスクリプションに正常に接続されています。You have successfully connected Data Lake Storage Gen1 to your Azure subscription.

Data Lake Storage Gen1 への接続Connect to Data Lake Storage Gen1

ご利用のサブスクリプションに存在しないリソースであっても、そのリソースの URI を支給してもらえば、アクセスすることができます。You can access resources that don't exist in your subscription if someone gives you the URI for the resources. サインイン後、その URI を使って Data Lake Storage Gen1 に接続することができます。You can then connect to Data Lake Storage Gen1 by using the URI after you sign in.

  1. ストレージ エクスプローラーを開きます。Open Storage Explorer.

  2. 左側のウィンドウで [Local and Attached](ローカルで接続済み) を展開します。In the left pane, expand Local and Attached.

  3. [Data Lake Store] を右クリックし、 [Connect to Data Lake Store](Data Lake Store に接続する) を選択します。Right-click Data Lake Store, and then select Connect to Data Lake Store.

    ショートカット メニューの [Connect to Data Lake Store](Data Lake Store に接続する)

  4. URI を入力します。Enter the URI. 入力した URL の場所にツールが移動します。The tool browses to the location of the URL that you just entered.

    [Connect to Data Lake Store](Data Lake Store に接続する) ダイアログ ボックスと URI を入力するためのテキスト ボックス

    Data Lake Storage Gen1 に接続した結果

Data Lake Storage Gen1 アカウントの内容の表示View a Data Lake Storage Gen1 account's contents

Data Lake Storage Gen1 アカウントのリソースには、フォルダーとファイルが含まれます。A Data Lake Storage Gen1 account's resources contain folders and files.

次の手順では、Storage Explorer 内で Data Lake Storage Gen1 アカウントの内容を表示する方法を説明します。The following steps illustrate how to view the contents of a Data Lake Storage Gen1 account within Storage Explorer:

  1. ストレージ エクスプローラーを開きます。Open Storage Explorer.

  2. 左側のウィンドウで、表示する Data Lake Storage Gen1 アカウントが含まれているサブスクリプションを展開します。In the left pane, expand the subscription that contains the Data Lake Storage Gen1 account that you want to view.

  3. [Data Lake Store] を展開します。Expand Data Lake Store.

  4. 表示する Data Lake Storage Gen1 アカウントのノードを右クリックし、 [開く] を選択します。Right-click the Data Lake Storage Gen1 account node that you want to view, and then select Open. Data Lake Storage Gen1 アカウントをダブルクリックして開くこともできます。You can also double-click the Data Lake Storage Gen1 account to open it.

    メイン ウィンドウには、Data Lake Storage Gen1 アカウントの内容が表示されます。The main pane displays the Data Lake Storage Gen1 account's contents.

    メイン ウィンドウとフォルダーの一覧

Data Lake Storage Gen1 のリソースを管理するManage resources in Data Lake Storage Gen1

次の操作を実行することで、Data Lake Storage Gen1 リソースを管理できます。You can manage Data Lake Storage Gen1 resources by doing following operations:

  • 複数の Data Lake Storage Gen1 アカウントを対象に Data Lake Storage Gen1 のリソースを閲覧する。Browse through Data Lake Storage Gen1 resources across multiple Data Lake Storage Gen1 accounts.
  • 接続文字列を使用して、直接 Data Lake Storage Gen1 に接続し、管理する。Use a connection string to connect to and manage Data Lake Storage Gen1 directly.
  • 他のユーザーが ACL を使用して共有した Data Lake Storage Gen1 リソースを [Local and Attached](ローカルで接続済み) に表示する。View Data Lake Storage Gen1 resources shared by others through an ACL under Local and Attached.
  • ファイルとフォルダーの CRUD 操作を実行する (再帰的フォルダーとファイルの複数選択に対応)。Perform file and folder CRUD operations: support recursive folders and multi-selected files.
  • フォルダーをドラッグ アンド ドロップして、クイック アクセスの最近使用した場所に追加する。Drag, drop, and add a folder to quickly access recent locations. この操作は、デスクトップのエクスプローラーの操作とよく似ています。This operation mirrors the desktop File Explorer experience.
  • Storage Explorer から 1 回のクリックで、Data Lake Storage Gen1 のハイパーリンクをコピーして開く。Copy and open a Data Lake Storage Gen1 hyperlink in Storage Explorer with one click.
  • 右下のウィンドウにアクティビティ ログを表示し、アクティビティの状態を確認する。Display Activity Log in the lower-right pane to view activity status.
  • フォルダーの統計とファイルのプロパティを表示する。Display folder statistics and file properties.

Azure Storage Explorer でリソースを管理するManage resources in Azure Storage Explorer

Data Lake Storage Gen1 アカウントを作成した後で、次の操作を実行できます。After you create a Data Lake Storage Gen1 account, you can:

  • ローカル コンピューターでのフォルダーやファイルのアップロードとダウンロード、リソースの表示Upload folders and files, download folders and files, and open resources on your local computer.
  • [クイック アクセス] のピン留め、新しいフォルダーの作成、URL のコピー、すべて選択Pin to Quick Access, create a new folder, copy a URL, and select all.
  • コピー、貼り付け、名前の変更、削除、フォルダーの統計情報の取得、最新の情報への更新Copy and paste, rename, delete, get folder statistics, and refresh.

次の項目では、Data Lake Storage Gen1 アカウント内でリソースを管理する方法を示します。The following items illustrate how to manage resources within a Data Lake Storage Gen1 account. 実行したいタスクの手順に従ってください。Follow the steps for the task that you want to perform.

ファイルをアップロードするUpload files

  1. メイン ウィンドウのツール バーで [アップロード] を選択し、ドロップダウン メニューで [ファイルのアップロード] を選択します。On the main pane's toolbar, select Upload, and then select Upload Files on the drop-down menu.

    [ファイルのアップロード] メニュー項目

  2. [Select files to upload](アップロードするファイルを選択) ダイアログ ボックスで、アップロードするファイルを選択します。In the Select files to upload dialog box, select the files that you want to upload.

    ファイルをアップロードするためのダイアログ ボックス

  3. [開く] を選択して、アップロードを開始します。Select Open to begin the upload.

フォルダーをアップロードするUpload a folder

  1. メイン ウィンドウのツール バーで [アップロード] を選択し、ドロップダウン メニューで [フォルダーをアップロード] を選択します。On the main pane's toolbar, select Upload, and then select Upload Folder on the drop-down menu.

    [フォルダをアップロード] メニュー項目

  2. [Select folder to upload](アップロードするフォルダーを選択) ダイアログ ボックスで、アップロードするファイルを選択します。In the Select folder to upload dialog box, select a folder that you want to upload. 続けて [フォルダーの選択] をクリックします。Then click Select Folder.

    フォルダーをアップロードするためのダイアログ ボックス

    アップロードが開始されます。The upload starts.

    アップロードが進行中のダイアログ ボックス

注意

ローカル コンピューター上のフォルダーとファイルは、アップロードを開始するために直接ドラッグできます。You can directly drag the folders and files on a local computer to start uploading.

フォルダーまたはファイルをローカル コンピューターにダウンロードするDownload folders or files to your local computer

  1. ダウンロードするフォルダーまたはファイルを選択します。Select the folders or files that you want to download.
  2. メイン ウィンドウのツール バーで、 [ダウンロード] を選択します。On the main pane's toolbar, select Download.
  3. [Select a folder to save the downloaded files into](ダウンロードしたファイルを保存するフォルダーの選択) ダイアログ ボックスで、場所と名前を指定します。In the Select a folder to save the downloaded files into dialog box, specify the location and the name.
  4. [保存] を選択します。Select Save.

ローカル コンピューターからフォルダーまたはファイルを開くOpen a folder or file from your local computer

  1. 開くフォルダーまたはファイルを選択します。Select the folder or file that you want to open.
  2. メイン ウィンドウのツール バーで、 [開く] を選択します。On the main pane's toolbar, select Open. 選択したフォルダーまたはファイルを右クリックし、ショートカット メニューの [開く] を選択します。Or right-click the selected folder or file, and then select Open on the shortcut menu.

ファイルがダウンロードされ、その基になるファイルの種類に関連付けられているアプリケーションで開かれます。The file is downloaded and opened through the application that's associated with the underlying file type. または、メイン ウィンドウでフォルダーが開きます。Or the folder is opened in the main pane.

開かれたファイル

フォルダーまたはファイルをクリップボードにコピーするCopy folders or files to the clipboard

  1. コピーするフォルダーまたはファイルを選択します。Select the folders or files that you want to copy.
  2. メイン ウィンドウのツール バーで、 [コピー] を選択します。On the main pane's toolbar, select Copy. 選択したフォルダーまたはファイルを右クリックし、ショートカット メニューの [コピー] を選択します。Or right-click the selected folders or files, and then select Copy on the shortcut menu.
  3. 左側のウィンドウで別の Data Lake Storage Gen1 アカウントを参照し、それをダブルクリックして、メイン ウィンドウに表示します。In the left pane, browse to another Data Lake Storage Gen1 account, and double-click it to view it in the main pane.
  4. メイン ウィンドウのツール バーで [貼り付け] を選択して、コピーを作成します。On the main pane's toolbar, select Paste to create a copy. または、コピー先のショートカット メニューで [貼り付け] を選択します。Or select Paste on the destination's shortcut menu.

フォルダーをコピーするための選択

注意

異なる種類のストレージ間でのコピー/貼り付け操作はサポートされていません。Copy/paste operations across storage types are not supported. Data Lake Storage Gen1 のフォルダーまたはファイルをコピーして、それらを別の Data Lake Storage Gen1 アカウントに貼り付けることはできます。You can copy Data Lake Storage Gen1 folders or files and paste them in another Data Lake Storage Gen1 account. 一方、Data Lake Storage Gen1 のフォルダーやファイルをコピーして、Azure Blob Storage に貼り付けることも、その逆の操作を行うことも "できません"。But you cannot copy Data Lake Storage Gen1 folders or files and paste them to Azure Blob storage or the other way around.

コピー/貼り付け操作は、フォルダーまたはファイルをローカル コンピューターにダウンロードして、目的の場所にアップロードすることで動作します。The copy/paste operation works by downloading the folders or files to the local computer and then uploading them to the destination. ツールがバックエンドでアクションを実行することは "ありません"。The tool does not perform the action in the back end. 大きなファイルのコピー/貼り付け操作には時間がかかります。The copy/paste operation on large files is slow. パフォーマンスの高いファイルのコピーと移動の最適化が行われています。The optimization of high-performance file copy/move is underway.

フォルダーまたはファイルを削除するDelete folders or files

  1. 削除するフォルダーまたはファイルを選択します。Select the folders or files that you want to delete.
  2. メイン ウィンドウのツール バーで、 [削除] を選択します。On the main pane's toolbar, select Delete. 選択したフォルダーまたはファイルを右クリックし、ショートカット メニューの [削除] を選択します。Or right-click the selected folders or files, and then select Delete on the shortcut menu.
  3. 確認のダイアログ ボックスで [はい] を選択します。Select Yes in the confirmation dialog box.

フォルダーを削除するための選択

クイック アクセスにピン留めPin to Quick Access

  1. ピン留めするフォルダーを選択します。Select the folder that you want to pin.

  2. メイン ウィンドウのツール バーで [クイック アクセスにピン留め] を選択します。On the main pane's toolbar, select Pin to Quick access.

    左側のウィンドウで、選択したフォルダーが [クイック アクセス] ノードに追加されます。In the left pane, the selected folder is added to the Quick Access node.

    [クイック アクセス] にフォルダーをピン留めするための選択

[クイック アクセス] ノードにフォルダーをピン留めすると、リソースに簡単にアクセスできます。After you pin a folder to the Quick Access node, you can easily access the resources.

URL がある場合は、エクスプローラーまたはブラウザーのアドレス パスに URL を入力してください。If you have a URL, you can enter the URL into the address path in File Explorer or a browser. Storage Explorer.exe が自動的に実行されて、その URL の場所に移動します。Then Storage Explorer.exe runs automatically to go to the location of the URL.

エクスプローラーのディープ リンク

次の手順Next steps