Azure Data Share でサポートされているデータ ストアSupported data stores in Azure Data Share

Azure Data Share は、さまざまなデータ ストアとの間で共有する機能など、オープンで柔軟なデータ共有を提供します。Azure Data Share provides open and flexible data sharing, including the ability to share from and to different data stores. データ プロバイダーは、1 つの種類のデータ ストアからデータを共有できます。また、データ コンシューマーは、データを受信するデータ ストアを選択できます。Data providers can share data from one type of data store, and their data consumers can choose which data store to receive data into.

この記事では、Azure Data Share でサポートされている Azure データ ストアの豊富なセットについて説明します。In this article, you'll learn about the rich set of Azure data stores that are supported in Azure Data Share. また、データ プロバイダーとデータ コンシューマーが活用できるデータ ストアの組み合わせに関する情報も確認できます。You can also find information on the combinations of data stores that can be leveraged by data providers and data consumers.

Azure Data Share でサポートされているデータ ストアWhat data stores are supported in Azure Data Share?

次の表は、Azure Data Share でサポートされているデータ ソースの詳細を示しています。The below table details the supported data sources for Azure Data Share.

データ ストアData store スナップショット ベースの共有Snapshot-based sharing インプレース共有In-place sharing
Azure BLOB ストレージAzure Blob storage
Azure Data Lake Storage Gen1Azure Data Lake Storage Gen1
Azure Data Lake Storage Gen2Azure Data Lake Storage Gen2
Azure SQL データベースAzure SQL Database パブリック プレビューPublic Preview
Azure Synapse Analytics (以前の Azure SQL DW)Azure Synapse Analytics (formerly Azure SQL DW) パブリック プレビューPublic Preview
Azure Data ExplorerAzure Data Explorer パブリック プレビューPublic Preview

データ ストアのサポート マトリックスData store support matrix

Azure Data Share では、データ コンシューマーがデータを受け入れるデータ ストアを柔軟に決定できます。Azure Data Share offers data consumers flexibility when deciding on a data store to accept data in to. たとえば、Azure SQL Database から共有されているデータは、Azure Data Lake Store Gen2、Azure SQL Database、または Azure Synapse Analytics に受信できます。For example, data being shared from Azure SQL Database can be received into Azure Data Lake Store Gen2, Azure SQL Database or Azure Synapse Analytics. お客様は、受信したデータ共有を構成するときに、データを受信する形式を選択できます。Customers can choose which format to receive data in when configuring a received data share.

次の表では、データ共有を受け入れて構成する際にデータ コンシューマーが利用できるさまざまな組み合わせと選択肢の詳細を示しています。The below table details different combinations and choices that data consumers have when accepting and configuring their data share. データセット マッピングを構成する方法の詳細については、「データセット マッピングを構成する方法」を参照してください。For more information on how to configure dataset mappings, see how to configure dataset mappings.

Azure Blob StorageAzure Blob Storage Azure Data Lake Storage Gen1Azure Data Lake Storage Gen1 Azure Data Lake Storage Gen2Azure Data Lake Storage Gen2 Azure SQL データベースAzure SQL Database Azure Synapse AnalyticsAzure Synapse Analytics
Azure BLOB ストレージAzure Blob storage
Azure Data Lake Storage Gen1Azure Data Lake Storage Gen1
Azure Data Lake Storage Gen2Azure Data Lake Storage Gen2
Azure SQL データベースAzure SQL Database
Azure Synapse Analytics (以前の Azure SQL DW)Azure Synapse Analytics (formerly Azure SQL DW)

ストレージ アカウントからの共有Share from a storage account

Azure Data Share では、Azure Data Lake Gen1 および Azure Data Lake Gen2 からのファイル、フォルダー、ファイル システムの共有がサポートされています。Azure Data Share supports sharing of files, folders and file systems from Azure Data Lake Gen1 and Azure Data Lake Gen2. また、Azure Blob Storage からの BLOB、フォルダー、コンテナーの共有もサポートされています。It also supports sharing of blobs, folders and containers from Azure Blob Storage. 現時点では、ブロック BLOB のみがサポートされています。Only block blob is currently supported. スナップショット ベースの共有でフォルダーが共有されている場合、データ コンシューマーは、共有データの完全なコピーを作成するか、増分スナップショット機能を利用して新規または更新されたファイルのみをコピーするか選択できます。When folders are shared in snapshot-based sharing, data consumer can can choose to make a full copy of the share data, or leverage incremental snapshot capability to copy only new or updated files. 同じ名前の既存のファイルは上書きされます。Existing files with the same name will be overwritten.

SQL ベースのソースからの共有Share from a SQL-based source

Azure Data Share では、Azure SQL Database および Azure Synapse Analytics (旧称 Azure SQL DW) からのテーブルまたはビューの共有がサポートされています。Azure Data Share supports sharing of tables or views from Azure SQL Database and Azure Synapse Analytics (formerly Azure SQL DW). データ コンシューマーは、データを Azure Data Lake Storage Gen2 または Azure Blob Storage に、csv または parquet ファイルとして受け入れることができます。Data consumer can choose to accept the data into Azure Data Lake Storage Gen2 or Azure Blob Storage as csv or parquet file. 完全スナップショットを使用すると、ターゲット ファイルの内容が上書きされます。Full snapshot overwrites the content of the target file. また、データ コンシューマーはデータを SQL テーブルに受け入れることもできます。Alternatively, data consumer can accept the data into a SQL table. ターゲット SQL テーブルがデータ コンシューマー側で使用できない場合は、Azure Data Share によって送信元スキーマを使って SQL テーブルが作成されます。If the target SQL table is not available on the data consumer side, Azure Data Share creates the SQL table with the source schema. 完全スナップショットを使用すると、ソース テーブルの内容がターゲット SQL テーブルに追加されます。Full snapshot appends content of the source table to the target SQL table. 増分スナップショットは現在サポートされていません。Incremental snapshot is currently not supported.

Azure Data Explorer からの共有Share from Azure Data Explorer

Azure Data Share では、Azure Data Explorer クラスターからデータベースをインプレース共有する機能がサポートされています。Azure Data Share supports the ability to share databases in-place from Azure Data Explorer clusters. データ プロバイダーは、データベース レベルまたはクラスター レベルで共有することができます。Data provider can share at the database or cluster level. データベース レベルで共有された場合、データ コンシューマーは、データ プロバイダーが共有した特定のデータベースにのみアクセスできます。When shared at database level, data consumer will only be able to access the specific database(s) shared by the data provider. クラスター レベルで共有された場合、データ コンシューマーは、データ プロバイダーが今後作成するデータベースも含めて、プロバイダーのクラスターからすべてのデータベースにアクセスできます。When shared at cluster level, data consumer can access all the databases from the provider's cluster, including any future databases created by the data provider.

共有データベースにアクセスするには、データ コンシューマーが独自の Azure Data Explorer クラスターを持っている必要があります。To access shared databases, data consumer needs to have its own Azure Data Explorer cluster. データ コンシューマーの Azure Data Explorer クラスターは、データ プロバイダーの Azure Data Explorer クラスターと同じ Azure データ センターに配置されている必要があります。Data consumer's Azure Data Explorer cluster needs to locate in the same Azure data center as the data provider's Azure Data Explorer cluster. 共有関係が確立されると、Azure Data Share によって、プロバイダーとコンシューマーの Azure Data Explorer クラスターの間にシンボリック リンクが作成されます。When sharing relationship is established, Azure Data Share creates a symbolic link between the provider and consumer's Azure Data Explorer clusters.

Azure Data Explorer では、2 つのデータ インジェスト モードがサポートされています。バッチとストリーミングです。Azure Data Explorer supports two modes of data ingestion: batch and streaming. 共有データベースのバッチから受信したデータは、数秒から数分の間にデータ コンシューマー側に表示されます。Data received from batch in the shared database will appear between a few seconds to a few minutes on the data consumer side. ストリーミングから受信したデータがデータ コンシューマー側に表示されるまでには、最大 24 時間かかることがあります。Data received from streaming could take up to 24 hours to appear on the data consumer side.

次のステップNext steps

データの共有を始める方法については、データの共有に関するチュートリアルをご覧ください。To learn how to start sharing data, continue to the share your data tutorial.