Azure Data Box とはWhat is Azure Data Box?

Microsoft Azure Data Box クラウド ソリューションを使用すると、迅速かつ安価な信頼性の高い方法で、数テラバイトのデータを Azure に送信できます。The Microsoft Azure Data Box cloud solution lets you send terabytes of data into Azure in a quick, inexpensive, and reliable way. 独自の Data Box ストレージ デバイスを出荷することにより、セキュリティで保護されたデータ転送を高速化します。The secure data transfer is accelerated by shipping you a proprietary Data Box storage device. 各ストレージ デバイスは、最大で 80 TB のストレージ容量を使用でき、地域の運送業者を通じて皆さんのデータセンターに輸送されます。Each storage device has a maximum usable storage capacity of 80 TB and is transported to your datacenter through a regional carrier. デバイスは堅牢な筐体で保護され、転送中のデータはセキュリティで保護されます。The device has a rugged casing to protect and secure data during the transit.

Data Box デバイスは、Azure portal から注文できます。You can order the Data Box device via the Azure portal. デバイスを受け取ったら、ローカル Web UI を使用してすばやく設定できます。Once the device is received, you can quickly set it up using the local web UI. データをサーバーからデバイスにコピーし、デバイスを Azure に返送します。Copy the data from your servers to the device and ship the device back to Azure. そのデータは、Azure のデータセンターにてデバイスから Azure へと自動的にアップロードされます。In the Azure datacenter, your data is automatically uploaded from the device to Azure. プロセス全体は、Azure portal の Data Box サービスでエンド ツー エンドで追跡できます。The entire process is tracked end-to-end by the Data Box service in the Azure portal.

ユース ケースUse cases

Data Box は、ネットワーク接続が制限されていないシナリオで、40 TB を超えるデータ サイズを転送する場合に最適です。Data Box is ideally suited to transfer data sizes larger than 40 TBs in scenarios with no to limited network connectivity. データは 1 回だけ移動することも、定期的に移動することもできます。また、初期一括データ転送の後に定期的な転送を行うこともできます。The data movement can be one-time, periodic, or an initial bulk data transfer followed by periodic transfers. Data Box は、以下のようなさまざまなシナリオのデータ転送に使用できます。Here are the various scenarios where Data Box can be used for data transfer.

  • 1 回限りの移行 - 大量のオンプレミス データを Azure に移動する場合。One time migration - when large amount of on-premises data is moved to Azure.

    • オフライン テープのメディア ライブラリを Azure に移動し、オンライン メディア ライブラリを作成する。Moving a media library from offline tapes into Azure to create an online media library.
    • VM ファーム、SQL Server、アプリケーションを Azure に移行するMigrating your VM farm, SQL server, and applications to Azure
    • HDInsight を使用して詳細な分析やレポートの作成を行うために、履歴データを Azure に移動するMoving historical data to Azure for in-depth analysis and reporting using HDInsight
  • 初期一括転送 - Data Box (シード) を使用して初期一括転送が実行された後に、ネットワーク経由で増分転送を行う場合。Initial bulk transfer - when an initial bulk transfer is done using Data Box (seed) followed by incremental transfers over the network.

    • Commvault などのバックアップ ソリューション パートナーと Data Box を使用して、最初に大量の履歴バックアップを Azure に移動する場合など。For example, backup solutions partners such as Commvault and Data Box are used to move initial large historical backup to Azure. 完了後のデータの増分は、ネットワーク経由で Azure ストレージに転送する。Once complete, the incremental data is transferred via network to Azure storage.
  • 定期的なアップロード - 定期的に生成される大量のデータを Azure に移動する必要がある場合。Periodic uploads - when large amount of data is generated periodically and needs to be moved to Azure. たとえば、石油掘削装置や風力発電地帯でビデオ コンテンツが生成されるエネルギー探査でこれを実行します。For example in energy exploration, where video content is generated on oil rigs and windmill farms.

メリットBenefits

Data Box は、ネットワークにほとんどまたはまったく影響を与えずに大量のデータを Azure に移動することを目的としています。Data Box is designed to move large amounts of data to Azure with little to no impact to network. このソリューションには次の利点があります。The solution has the following benefits:

  • 速度 - Data Box では、1 Gbps または 10 Gbps ネットワーク インターフェイスを使用して、最大 80 TB のデータを Azure に移動します。Speed - Data Box uses 1 Gbps or 10 Gbps network interfaces to move up to 80 TB of data into Azure.

  • セキュリティ保護 - Data Box には、デバイス、データ、サービスのセキュリティ保護が組み込まれています。Secure - Data Box has built-in security protections for the device, data, and the service.

    • デバイスの筐体は堅牢で、開封防止ネジと開封明示ステッカーによってセキュリティ保護されています。The device has a rugged casing secured by tamper-resistant screws and tamper-evident stickers.

    • デバイスのデータは、AES 256 ビット暗号化によって常にセキュリティ保護されています。The data on the device is secured with an AES 256-bit encryption at all times.

    • デバイスは、Azure portal で提供されるパスワードでのみロックを解除できます。The device can only be unlocked with a password provided in the Azure portal.

    • このサービスは、Azure のセキュリティ機能によって保護されています。The service is protected by the Azure security features.

    • データが Azure にアップロードされたら、NIST 800-88r1 規格に従って、デバイスのディスクが完全にワイプされます。Once your data is uploaded to Azure, the disks on the device are wiped clean, in accordance with NIST 800-88r1 standards.

      詳細については、「Azure Data Box のセキュリティとデータ保護」を参照してください。For more information, go to Azure Data Box security and data protection.

機能と仕様Features and specifications

このリリースの Data Box デバイスには、次の機能があります。The Data Box device has the following features in this release.

仕様Specifications 説明Description
WeightWeight 23 kg (50 lbs) 未満< 50 lbs.
DimensionsDimensions デバイス - 幅: 309.0 mm、高さ: 430.4 mm、奥行: 502.0 mmDevice - Width: 309.0 mm Height: 430.4 mm Depth: 502.0 mm
ラック スペースRack space 寝かせてラックに配置した場合 7 U (ラック マウント不可)7 U when placed in the rack on its side (cannot be rack-mounted)
必要なケーブルCables required 電源ケーブル x 1 (同梱)1 X power cable (included)
RJ45 ケーブル x 22 RJ45 cables
SFP+ Twinax 銅線ケーブル x 22 X SFP+ Twinax copper cables
ストレージの容量Storage capacity 100 TB のデバイス (RAID 5 保護後の使用可能容量 80 TB)100 TB device has 80 TB usable capacity after RAID 5 protection
電力定格Power rating 電源ユニットの定格は 700 W です。The power supply unit is rated for 700 W.
通常は 375 W の電力が消費されます。Typically, the unit draws 375 W.
ネットワーク インターフェイスNetwork interfaces 1 GbE インターフェイス x 2 - MGMT、DATA 32 X 1 GbE interface - MGMT, DATA 3.
MGMT - 管理用、ユーザー構成不可、初期セットアップに使用MGMT - for management, not user configurable, used for initial setup
DATA3 - データ用、ユーザー構成可能、既定で動的DATA3 - for data, user configurable, and is dynamic by default
MGMT および DATA 3 は 10 GbE としても動作可能MGMT and DATA 3 can also work as 10 GbE
10 GbE インターフェイス x 2 - DATA 1、DATA 22 X 10 GbE interface - DATA 1, DATA 2
両方ともデータ用、動的 (既定) または静的として構成可能Both are for data, can be configured as dynamic (default) or static
データ転送メディアData transfer media RJ45、SFP+ 銅線 10 GbE イーサネットRJ45, SFP+ copper 10 GbE Ethernet
セキュリティSecurity 開封防止ネジを搭載した堅牢なデバイス筐体Rugged device casing with tamper-proof custom screws
デバイスの下部に開封明示ステッカーTamper-evident stickers placed at the bottom of the device
データ転送速度Data transfer rate 10 GbE ネットワーク インターフェイスで最大 1 日 80 TB 以上Up to 80 TB in a day over 10 GbE network interface
管理Management ローカル Web UI - 1 回限りの初期セットアップと構成Local web UI - one-time initial setup and configuration
Azure portal - 日常的なデバイスの管理Azure portal - day-to-day device management

Data Box のコンポーネントData Box components

Data Box に含まれるコンポーネントを次に示します。The Data Box includes the following components:

  • Data Box デバイス - プライマリ ストレージを提供し、クラウド ストレージとの通信を管理する物理デバイスです。デバイス上に保存されたすべてのデータのセキュリティと機密性も確保されます。Data Box device - a physical device that provides primary storage, manages communication with cloud storage, and helps to ensure the security and confidentiality of all data that is stored on the device. Data Box デバイスでは、80 TB のストレージ容量を使用できます。The Data Box device has a usable storage capacity of 80 TB.

    Data Box の正面と背面

  • Data Box サービス - さまざまな地理的場所からアクセスできる Web インターフェイスから、Data Box デバイスを管理できる、Azure portal の拡張機能。Data Box service – an extension of the Azure portal that lets you manage a Data Box device from a web interface that you can access from different geographical locations. Data Box サービスを使用すると、Data Box デバイスの日常的な管理を実行できます。Use the Data Box service to perform daily administration of your Data Box device. サービス タスクには、注文の作成と管理、警告の表示と管理、共有の管理が含まれます。The service tasks include how to create and manage orders, view and manage alerts, and manage shares.

    Azure portal の Data Box サービス

    詳細については、「Use the Data Box service to administer your Data Box device (Data Box サービスを使用した Data Box デバイスの管理)」を参照してください。For more information, go to Use the Data Box service to administer your Data Box device.

  • ローカル Web ユーザー インターフェイス - デバイスの構成に使用する Web ベースの UI。この UI を使用して、ローカル ネットワークに接続し、デバイスを Data Box サービスに登録できます。Local web user interface – a web-based UI that is used to configure the device so that it can connect to the local network, and then register the device with the Data Box service. ローカル Web UI を使用すると、Data Box デバイスのシャット ダウンと再起動、コピー ログの表示、Microsoft サポートへの連絡とサービス要求の送信も行うことができます。Use the local web UI also to shut down and restart the Data Box device, view copy logs, and contact Microsoft Support to file a service request.

    Data Box のローカル Web UI

    Web ベース UI の使用については、「Web ベース UI を使用した Data Box の管理」を参照してください。For information about using the web-based UI, go to Use the web-based UI to administer your Data Box.

ワークフローThe workflow

一般的なフローには次の手順が含まれます。A typical flow includes the following steps:

  1. 注文 - Azure portal で注文を作成し、配送情報とデータのコピー先 Azure ストレージ アカウントを指定します。Order - Create an order in the Azure portal, provide shipping information, and the destination Azure storage account for your data. デバイスが利用可能な場合は、Azure がデバイスを準備し、出荷追跡 ID が割り当てられたデバイスを出荷します。If the device is available, Azure prepares and ships the device with a shipment tracking ID.

  2. 受領 - デバイスが到着したら、デバイスをネットワークに接続し、指定のケーブルを電源につなぎます。Receive - Once the device is delivered, cable the device for network and power using the specified cables. 電源を入れてデバイスに接続します。Turn on and connect to the device. デバイスのネットワークを構成し、データをコピーするホスト コンピューターに共有をマウントします。Configure the device network and mount shares on the host computer from where you want to copy the data.

  3. データのコピー - Data Box の共有にデータをコピーします。Copy data - Copy data to Data Box shares.

  4. 返却 - デバイスを準備し、電源を切って Azure データセンターに返送します。Return - Prepare, turn off, and ship the device back to the Azure datacenter.

  5. アップロード - デバイスから Azure にデータが自動的にコピーされます。Upload - Data is automatically copied from the device to Azure. デバイスのディスクは、米国国立標準技術研究所 (NIST) のガイドラインに従って安全に消去されます。The device disks are securely erased as per the National Institute of Standards and Technology (NIST) guidelines.

このプロセス全体を通じて、状態のすべての変更について電子メールで通知されます。Throughout this process, you are notified via email on all status changes. フローの詳細については、Azure portal での Data Box の展開に関する記事をご覧ください。For more information about the detailed flow, go to Deploy Data Box in Azure portal.

利用可能なリージョンRegion availability

Data Box は、サービスが展開されているリージョン、デバイスが出荷される国/リージョン、データの転送対象となる Azure ストレージ アカウントに基づいてデータを転送できます。Data Box can transfer data based on the region in which service is deployed, country/region to which the device is shipped, and the target Azure storage account where you transfer the data.

  • サービスの可用性 - このリリースでは、Data Box サービスは次のリージョンで利用できます。Service availability - For this release, the Data Box service is available in the following regions:

    • 米国のすべてのリージョン - 米国中西部、米国西部 2、米国西部、米国中南部、米国中部、米国中北部、米国東部、米国東部 2。All regions in the United States - West Central US, West US2, West US, South Central US, Central US, North Central US, East US, and East US2.
    • 欧州連合 - 西ヨーロッパ、北ヨーロッパ。European Union - West Europe and North Europe.
    • 英国 - 英国南部、英国西部。UK - UK South and UK West.
    • フランス - フランス中部、フランス南部。France - France Central and France South.
    • 日本 - 東日本、西日本Japan - Japan East and Japan West.
    • オーストラリア - オーストラリア東部、オーストラリア南東部Australia - Australia East and Australia Southeast.
    • カナダ - カナダ東部、カナダ中部Canada - Canada East and Canada Central.
  • 転送先ストレージ アカウント - データを格納するストレージ アカウントは、サービスが使用可能なすべての Azure リージョンで利用できます。Destination Storage accounts - The storage accounts that store the data are available in all Azure regions where the service is available.

次の手順Next steps