Azure Data Box BLOB ストレージの要件Azure Data Box Blob storage requirements

この記事では、Data Box BLOB ストレージでサポートされている Azure の API、Azure クライアント ライブラリ、およびツールのバージョンの一覧を示します。This article lists the versions of the Azure APIs, Azure client libraries, and tools supported with the Data Box Blob storage. Data Box BLOB ストレージでは、Azure と整合性のあるセマンティクスによって BLOB 管理機能が提供されます。Data Box Blob storage provides blob management functionality with Azure-consistent semantics. この記事では、Azure Storage サービスと Azure Data Box BLOB ストレージとの間で確認されている相違点もまとめています。This article also summarizes the known Azure Data Box Blob storage differences from the Azure Storage services.

Data Box BLOB ストレージに接続する前にこの情報をよく確認し、必要に応じて再度参照することをお勧めします。We recommend that you review the information carefully before you connect to the Data Box Blob storage, and then refer back to it as necessary.

ストレージの相違点Storage differences

機能Feature Azure StorageAzure Storage Data Box BLOB ストレージData Box Blob storage
Azure File ストレージAzure File storage クラウド ベースの SMB ファイル共有のサポートCloud-based SMB file shares supported サポートされていませんNot supported
サービスによる保存データの暗号化Service encryption for data at Rest 256 ビット AES 暗号化256-bit AES encryption 256 ビット AES 暗号化256-bit AES encryption
ストレージ アカウントの種類Storage account type 汎用アカウントと Azure Blob Storage アカウントGeneral-purpose and Azure blob storage accounts 汎用 v1 のみGeneral-purpose v1 only
BLOB 名Blob name 1,024 文字 (2,048 バイト)1,024 characters (2,048 bytes) 880 文字 (1,760 バイト)880 characters (1,760 bytes)
ブロック BLOB の最大サイズBlock blob maximum size 4.75 TB (100 MB X 50,000 ブロック)4.75 TB (100 MB X 50,000 blocks) Azure Data Box v 1.8 以降の場合に 4.75 TB (100 MB x 50,000 ブロック)。4.75 TB (100 MB x 50,000 blocks) for Azure Data Box v 1.8 onwards.
ページ BLOB の最大サイズPage blob maximum size 8 TB8 TB 1 TB (テラバイト)1 TB
ページ BLOB のページ サイズPage blob page size 512 バイト512 bytes 4 KB4 KB

サポートされる API バージョンSupported API versions

Azure Storage サービス API シリーズの次のバージョンが Data Box BLOB ストレージでサポートされています。The following versions of Azure Storage service APIs are supported with Data Box Blob storage:

Azure Data Box 1.8 以降Azure Data Box 1.8 onwards

サポートされている Azure クライアント ライブラリSupported Azure client libraries

Data Box BLOB ストレージでは、クライアント ライブラリとエンドポイント サフィックスに特定の要件があります。For Data Box Blob storage, there are specific client libraries and specific endpoint suffix requirements. Data Box BLOB ストレージのエンドポイントは、最新バージョンの Azure Blob Storage REST API と完全に対応しているわけではありません。Azure Data Box 1.8 以降でサポートされているバージョンに関するセクションをご覧ください。The Data Box Blob storage endpoints do not have full parity with the latest version of the Azure Blob Storage REST API, see the supported versions for Azure Data Box 1.8 onwards. したがって、ストレージのクライアント ライブラリについて、REST API と互換性のあるバージョンを把握しておく必要があります。For the storage client libraries, you need to be aware of the version that is compatible with the REST API.

Azure Data Box 1.8 以降Azure Data Box 1.8 onwards

クライアント ライブラリClient library Data Box BLOB ストレージでサポートされているバージョンData Box Blob storage supported version LinkLink エンドポイントの指定Endpoint specification
.NET.NET 9.2.09.2.0 NuGet パッケージ: https://www.nuget.org/packages/WindowsAzure.Storage/9.2.0Nuget package: https://www.nuget.org/packages/WindowsAzure.Storage/9.2.0
GitHub リリース: https://github.com/Azure/azure-storage-net/releases/tag/v9.2.0GitHub release: https://github.com/Azure/azure-storage-net/releases/tag/v9.2.0
app.config ファイルapp.config file
JavaJava 7.0.07.0.0 Maven パッケージ: https://mvnrepository.com/artifact/com.microsoft.azure/azure-storage/6.1.0Maven package: https://mvnrepository.com/artifact/com.microsoft.azure/azure-storage/6.1.0
GitHub リリース: https://github.com/Azure/azure-storage-java/releases/tag/v7.0.0GitHub release: https://github.com/Azure/azure-storage-java/releases/tag/v7.0.0
接続文字列の設定Connection string setup
Node.jsNode.js 2.8.32.8.3 NPM リンク: https://www.npmjs.com/package/azure-storage (npm install azure-storage@2.7.0 を実行)NPM link: https://www.npmjs.com/package/azure-storage (Run: npm install azure-storage@2.7.0)
GitHub リリース: https://github.com/Azure/azure-storage-node/releases/tag/v2.8.3GitHub release: https://github.com/Azure/azure-storage-node/releases/tag/v2.8.3
サービス インスタンスの宣言Service instance declaration
C++C++ 5.2.05.2.0 NuGet パッケージ: https://www.nuget.org/packages/wastorage.v140/5.2.0Nuget package: https://www.nuget.org/packages/wastorage.v140/5.2.0
GitHub リリース: https://github.com/Azure/azure-storage-cpp/releases/tag/v5.2.0GitHub release: https://github.com/Azure/azure-storage-cpp/releases/tag/v5.2.0
接続文字列の設定Connection string setup
PHPPHP 1.2.01.2.0 GitHub リリース:GitHub release:
共通: https://github.com/Azure/azure-storage-php/releases/tag/v1.2.0-commonCommon: https://github.com/Azure/azure-storage-php/releases/tag/v1.2.0-common
BLOB: https://github.com/Azure/azure-storage-php/releases/tag/v1.2.0-blobBlob: https://github.com/Azure/azure-storage-php/releases/tag/v1.2.0-blob
Composer 経由でインストールする (詳細については下記参照)Install via Composer (To learn more, See the details below.)
接続文字列の設定Connection string setup
PythonPython 1.1.01.1.0 GitHub リリース:GitHub release:
共通: https://github.com/Azure/azure-storage-python/releases/tag/v1.0.0-commonCommon: https://github.com/Azure/azure-storage-python/releases/tag/v1.0.0-common
BLOB: https://github.com/Azure/azure-storage-python/releases/tag/v1.1.0-blobBlob: https://github.com/Azure/azure-storage-python/releases/tag/v1.1.0-blob
サービス インスタンスの宣言Service instance declaration
RubyRuby 1.0.11.0.1 RubyGems パッケージ:RubyGems package:
共通: https://rubygems.org/gems/azure-storage-common/versions/1.0.1Common: https://rubygems.org/gems/azure-storage-common/versions/1.0.1
BLOB: https://rubygems.org/gems/azure-storage-blob/versions/1.0.1Blob: https://rubygems.org/gems/azure-storage-blob/versions/1.0.1
GitHub リリース:GitHub release:
共通: https://github.com/Azure/azure-storage-ruby/releases/tag/v1.0.1-commonCommon: https://github.com/Azure/azure-storage-ruby/releases/tag/v1.0.1-common
BLOB: https://github.com/Azure/azure-storage-ruby/releases/tag/v1.0.1-blobBlob: https://github.com/Azure/azure-storage-ruby/releases/tag/v1.0.1-blob
接続文字列の設定Connection string setup

Composer 経由で PHP クライアントをインストールする (現在)Install PHP client via Composer - current

Composer 経由でインストールするには (BLOB の例):To install via Composer: (take blob as example).

  1. 次のコードを含む composer.json という名前のファイルをプロジェクトのルートに作成します。Create a file named composer.json in the root of the project with following code:

    {
    "require": {
    "Microsoft/azure-storage-blob":"1.2.0"
    }
    
  2. このプロジェクトのルートに composer.phar をダウンロードします。Download composer.phar to the project root.

  3. 実行: php composer.phar install。Run: php composer.phar install.

エンドポイントの宣言Endpoint declaration

Azure Data Box BLOB ストレージのエンドポイントには、リージョン名と Data Box ドメインの 2 つの部分があります。An Azure Data Box Blob storage endpoint includes two parts: the name of a region and the Data Box domain. Data Box BLOB ストレージ SDK の既定のエンドポイントは \<serial no. of the device>.microsoftdatabox.com です。In the Data Box Blob storage SDK, the default endpoint is \<serial no. of the device>.microsoftdatabox.com. BLOB サービス エンドポイントの詳細については、Data Box BLOB ストレージによる接続に関するページを参照してください。For more information on blob service endpoint, go to Connect via Data Box Blob storage.

Examples

.NET.NET

Data Box BLOB ストレージの場合、エンドポイント サフィックスが app.config ファイルで指定されています。For Data Box Blob storage, the endpoint suffix is specified in the app.config file:

<add key="StorageConnectionString"
value="DefaultEndpointsProtocol=https;AccountName=myaccount;AccountKey=mykey;
EndpointSuffix=<<serial no. of the device>.microsoftdatabox.com  />

JavaJava

Data Box BLOB ストレージの場合、エンドポイント サフィックスが接続文字列の設定で指定されています。For Data Box Blob storage, the endpoint suffix is specified in the setup of connection string:

public static final String storageConnectionString =
    "DefaultEndpointsProtocol=http;" +
    "AccountName=your_storage_account;" +
    "AccountKey=your_storage_account_key;" +
    "EndpointSuffix=<serial no. of the device>.microsoftdatabox.com ";

Node.jsNode.js

Data Box BLOB ストレージの場合、エンドポイント サフィックスが宣言のインスタンスで指定されています。For Data Box Blob storage, the endpoint suffix is specified in the declaration instance:

var blobSvc = azure.createBlobService('myaccount', 'mykey',
'myaccount.blob. <serial no. of the device>.microsoftdatabox.com ');

C++C++

Data Box BLOB ストレージの場合、エンドポイント サフィックスが接続文字列の設定で指定されています。For Data Box Blob storage, the endpoint suffix is specified in the setup of connection string:

const utility::string_t storage_connection_string(U("DefaultEndpointsProtocol=https;
AccountName=your_storage_account;
AccountKey=your_storage_account_key;
EndpointSuffix=<serial no. of the device>.microsoftdatabox.com "));

PHPPHP

Data Box BLOB ストレージの場合、エンドポイント サフィックスが接続文字列の設定で指定されています。For Data Box Blob storage, the endpoint suffix is specified in the setup of connection string:

$connectionString = 'BlobEndpoint=http://<storage account name>.blob.<serial no. of the device>.microsoftdatabox.com /;
AccountName=<storage account name>;AccountKey=<storage account key>'

PythonPython

Data Box BLOB ストレージの場合、エンドポイント サフィックスが宣言のインスタンスで指定されています。For Data Box Blob storage, the endpoint suffix is specified in the declaration instance:

block_blob_service = BlockBlobService(account_name='myaccount',
account_key='mykey',
endpoint_suffix=’<serial no. of the device>.microsoftdatabox.com’)

RubyRuby

Data Box BLOB ストレージの場合、エンドポイント サフィックスが接続文字列の設定で指定されています。For Data Box Blob storage, the endpoint suffix is specified in the setup of connection string:

set
AZURE_STORAGE_CONNECTION_STRING=DefaultEndpointsProtocol=https;
AccountName=myaccount;
AccountKey=mykey;
EndpointSuffix=<serial no. of the device>.microsoftdatabox.com

次の手順Next steps