Web ターミナルを有効にする

クラスターで Web ターミナルを使用 するには、ワークスペース管理者が次のように Web ターミナルを有効にする必要があります。

  1. [管理コンソール] に移動します。
  2. [ワークスペースの設定 ] タブを クリックします。
  3. [詳細設定 ] セクション で、[Web ターミナル] トグルをクリック します。
  4. [Confirm](確認) をクリックします。

注意

管理コンソールで機能を有効にした後、構成値がすべてのクラスターに反映されるのを数分待つ必要がある場合があります。

クラスターごとに Web ターミナルを管理する

ユーザーが Web ターミナルを使用してクラスターにアクセスするのを防ぐには、次のコマンドを実行します。

  • [アタッチできるユーザー] アクセス 許可をユーザーに付与 しない。

  • ノートブックへのアクセスを有効にし、Web ターミナルは有効にしない場合は、クラスター DISABLE_WEB_TERMINAL=true 構成で環境変数を設定します。

    クラスター構成

自動終了

ワークスペースからログアウトするかAzure Databricksワークスペースで機能が無効になっている場合、アクティブな Web ターミナル セッションは 2 分以内に終了します。

クラスター所有者がクラスターの [アタッチできるユーザー]に対する別のユーザーのアクセス許可を削除するか、ユーザーがワークスペースから削除されると、ユーザーのアクティブな Web ターミナル セッションは 2 分以内に終了します。

WAF 構成

Databricks デプロイで Web Application Firewall (WAF) を使用する場合は、その許可リストに /driver-proxy/* パスを追加する必要があります。

必要条件

Azure Databricks Web ターミナルは、Databricks Runtime 7.0 以上で使用できます。ただし、制限事項 に関するページで説明されているいくつかの例外 があります