ワークスペースストレージ の管理 Manage Workspace Storage

管理者ユーザーは、管理コンソール[ワークスペースの記憶域] タブでワークスペースの記憶域を管理します。Admin users manage workspace storage on the Workspace Storage tab in the Admin Console.

ワークスペースの消去Purge workspace

ワークスペースオブジェクト (ノートブック全体、個々のノートブックセル、ノートブックの個々のコメント、実験など) は削除できますが、回復することはできます。You can delete workspace objects such as entire notebooks, individual notebook cells, individual notebook comments, and experiments, but they are recoverable.

削除されたワークスペースオブジェクトを完全に消去するには:To permanently purge deleted workspace objects:

  1. [消去] ボタンをクリックします。Click the Purge button.

    no-代替テキスト no-alternative-text

  2. [はい、消去] をクリックして確定します。Click Yes, purge to confirm.

    警告

    削除されると、ワークスペースオブジェクトは回復できなくなります。Once purged, workspace objects are not recoverable.

ノートブックのリビジョン履歴の消去Purge notebook revision history

ノートブックのリビジョン履歴を完全に消去するには:To permanently purge notebook revision history:

  1. [期間] ボックスの一覧で、消去する期間を選択します。In the Timeframe drop-down, select the timeframe to purge:

  2. [消去] ボタンをクリックします。Click the Purge button.

    no-代替テキスト no-alternative-text

  3. [はい、消去] をクリックして確定します。Click Yes, purge to confirm.

警告

削除されると、リビジョン履歴は回復できなくなります。Once purged, revision history is not recoverable.

クラスターログの消去Purge cluster logs

ワークスペース内のすべてのクラスターについて、Spark ドライバーログと履歴メトリックスナップショットを完全に消去するには、次のようにします。To permanently purge Spark driver logs and historical metrics snapshots for all clusters in the workspace:

  1. [消去] ボタンをクリックします。Click the Purge button.

    no-代替テキスト no-alternative-text

  2. [はい、消去] をクリックして確定します。Click Yes, purge to confirm.

    警告

    削除されると、クラスターログは回復できなくなります。Once purged, cluster logs are not recoverable.