Web ターミナルWeb terminal

Azure Databricks web ターミナルは、シェルコマンドを実行し、Vim や Emacs などのエディターを Spark ドライバーノードで使用するための、便利で対話的な方法を提供します。Azure Databricks web terminal provides a convenient and highly interactive way for you to run shell commands and use editors, such as Vim or Emacs, on the Spark driver node. Web ターミナルは、1つのクラスター上の多くのユーザーが使用できます。The web terminal can be used by many users on one cluster. Web ターミナルの使用例としては、リソース使用状況の監視や Linux パッケージのインストールなどがあります。Example uses of the web terminal include monitoring resource usage and installing Linux packages.

Web ターミナルは、すべてのワークスペースユーザーに対して既定で無効になっています。Web terminal is disabled by default for all workspace users.

警告

Azure Databricks、クラスターの Spark ドライバーのポート7681から web ターミナルサービスをプロキシします。Azure Databricks proxies the web terminal service from port 7681 on the cluster’s Spark driver. この web プロキシは、web ターミナルでのみ使用することを目的としています。This web proxy is intended for use only with the web terminal. クラスターの起動時にポートが使用されている場合、または競合がある場合は、web ターミナルが想定どおりに動作しない可能性があります。If the port is occupied when the cluster starts or if there is otherwise a conflict, the web terminal may not work as expected. 他の web サービスがポート7681で起動された場合、クラスターユーザーがセキュリティ攻撃を受ける可能性があります。If other web services are launched on port 7681, cluster users may be exposed to potential security exploits. Databricks もマイクロソフトも、サポートされていないソフトウェアをクラスターにインストールした場合に発生する問題については一切責任を負いません。Neither Databricks nor Microsoft is responsible for any issues that result from the installation of unsupported software on a cluster.

要件Requirements

  • Databricks Runtime 7.0 以上。Databricks Runtime 7.0 or above.
  • クラスターのアクセス許可 にアタッチでき ます。Can Attach To permission on a cluster.
  • Azure Databricks ワークスペースでは、web ターミナルが 有効になっている必要があります。Your Azure Databricks workspace must have web terminal enabled.

Web ターミナルの起動Launch the web terminal

次のいずれかの操作を行います。Do one of the following:

  • クラスターの詳細ページで、[ アプリ ] タブをクリックし、[ Web ターミナルの起動] をクリックします。In a cluster detail page, click the Apps tab and then click Launch Web Terminal.

    Web ターミナルの起動Launch Web Terminal

  • Notebook で、接続されているクラスターのドロップダウンをクリックし、[ ターミナル] をクリックします。In a notebook, click an attached cluster drop-down and then click Terminal.

    Web ターミナルショートカットの起動Launch Web Terminal Shortcut

新しいタブが開き、web ターミナル UI と Bash プロンプトが表示されます。このタブでは、クラスタードライバーノードのコンテナー内でルートとしてコマンドを実行できます。A new tab opens with the web terminal UI and the Bash prompt, where you can run commands as root inside the container of the cluster driver node.

Web ターミナル UIWeb Terminal UI

各ユーザーは、最大100のアクティブな web ターミナルセッション (タブ) を開くことができます。Each user can have up to 100 active web terminal sessions (tabs) open. アイドル状態の web ターミナルセッションがタイムアウトになり、web ターミナル web アプリケーションが再接続され、新しいシェルプロセスが発生する可能性があります。Idle web terminal sessions may time out and the web terminal web application will reconnect, resulting in a new shell process. Bash セッションを保持する場合は、Databricks で tmuxを使用することをお勧めします。If you want to keep your Bash session, Databricks recommends using tmux.

制限事項Limitations

Azure Databricks は、web ターミナルからの Spark ジョブの実行をサポートしていません。Azure Databricks does not support running Spark jobs from the web terminal. また、Azure Databricks web ターミナルは、次のクラスターの種類では使用できません。In addition, Azure Databricks web terminal is not available in the following cluster types: