ユーザーインターフェイスのパフォーマンスの問題を分析する方法How to Analyze User Interface Performance Issues

問題点Problem

Azure Databricks のユーザーインターフェイスの実行速度が低下している可能性があります。The Azure Databricks user interface seems to be running slowly.

原因Cause

ユーザーインターフェイスのパフォーマンスの問題は、通常、ネットワークの遅延やデータベースクエリの実行に予想以上に時間がかかっていることが原因で発生します。User interface performance issues typically occur due to network latency or a database query taking more time than expected.

この種の問題のトラブルシューティングを行うには、ネットワークログを収集して分析し、影響を受けているネットワークトラフィックを確認する必要があります。In order to troubleshoot this type of problem, you need to collect network logs and analyze them to see which network traffic is affected.

ほとんどの場合、Databricks ユーザーインターフェイスのパフォーマンスに関する問題を特定して解決するには、Databricks サポートが必要ですが、 G Suite ツールボックス HAR Analyzerなどのツールを使用して自分でログを分析することもできます。In most cases, you will need the assistance of Databricks Support to identify and resolve issues with Databricks user interface performance, but you can also analyze the logs yourself with a tool such as G Suite Toolbox HAR Analyzer. このツールを使用すると、ログを分析し、正確な API と各要求にかかった時間を識別できます。This tool helps you analyze the logs and identify the exact API and the time taken for each request.

トラブルシューティングの手順Troubleshooting procedure

Google Chrome の手順は次のようになります。This is the procedure for Google Chrome. その他のブラウザーについては、「 G Suite ツールボックス HAR アナライザー」を参照してください。For other browsers, see G Suite Toolbox HAR Analyzer.

  1. Google Chrome を開き、問題が発生したページに移動します。Open Google Chrome and go to the page where the issue occurs.
  2. Chrome のメニューバーで、 [> Developer > 開発者ツールの表示] を選択します。In the Chrome menu bar, select View > Developer > Developer Tools.
  3. 画面の下部にあるパネルで、 [ネットワーク] タブを選択します。In the panel at the bottom of your screen, select the Network tab.
  4. [ネットワーク] タブの左上隅にある 丸い [レコード] ボタンを探し、赤色で表示されることを確認します。Look for a round Record button in the upper left corner of the Network tab, and make sure it is red. 灰色の場合は、1回クリックして記録を開始します。If it is grey, click it once to start recording.
  5. [ログの保存] の横にあるチェックボックスをオンにします。Check the box next to Preserve log.
  6. [クリア] をクリックして、 [ネットワーク] タブから既存のログを消去します。Click Clear to clear out any existing logs from the Network tab.
  7. ネットワーク要求が記録されている間に問題を再現します。Reproduce the issue while the network requests are being recorded.
  8. 問題を再現して記録した後、ネットワーク要求 のグリッドの任意の場所を右クリックしてコンテキストメニューを開き、すべてを HAR としてコンテンツとして保存 を選択し、コンピューターにファイルを保存します。After you reproduce and record the issue, right-click anywhere on the grid of network requests to open a context menu, select Save all as HAR with Content, and save the file to your computer.
  9. HAR Analyzer ツールを使用してファイルを分析します。Analyze the file using the HAR Analyzer tool. この分析で問題が解決しない場合は、サポートチケットを開き、HAR ファイルをアップロードするか、電子メールに添付して、Databricks が分析できるようにします。If this analysis does not resolve the problem, open a support ticket and upload the HAR file or attach it to your email so that Databricks can analyze it.

HAR Analyzer からの出力例Example output from HAR Analyzer

no-代替テキスト no-alternative-text