埋め込み Apache Hive Metastore を設定する方法How to Set Up an Embedded Apache Hive Metastore

埋め込み metastore を使用するように Azure Databricks クラスターを設定できます。You can set up an Azure Databricks cluster to use an embedded metastore. クラスターの有効期間中にテーブルメタデータを保持するだけでよい場合は、埋め込み metastore を使用できます。You can use an embedded metastore when you only need to retain table metadata during the life of the cluster. クラスターが再起動されると、メタデータは失われます。If the cluster is restarted, the metadata is lost.

クラスターの再起動後にテーブルメタデータやその他のデータを保持する必要がある場合は、既定の metastore を使用するか、外部 metastore を設定する必要があります。If you need to persist the table metadata or other data after a cluster restart, then you should use the default metastore or set up an external metastore.

この例では、インメモリのライトウェイトデータベースである Apache Derby embedded metastore を使用します。This example uses the Apache Derby embedded metastore, which is an in-memory lightweight database. Notebook の指示に従って、metastore をインストールします。Follow the instructions in the notebook to install the metastore.

この手順は、他のクラスターに適用する前に、必ずテストクラスターで実行する必要があります。You should always perform this procedure on a test cluster before applying it to other clusters.

埋め込み Hive metastore notebook を設定するSet up an embedded Hive metastore notebook

ノートブックを入手Get notebook