RStudio でコードを永続化して共有する方法How to Persist and Share Code in RStudio

問題点Problem

バージョン管理が組み込まれている Azure Databricks notebook とは異なり、rstudio をホストしている高同時実行クラスターがシャットダウンされると、RStudio で開発されたコードは失われます。Unlike a Azure Databricks notebook that has version control built in, code developed in RStudio is lost when the high concurrency cluster hosting Rstudio is shut down.

ソリューションSolution

RStudio でコードを永続化して共有するには、次のいずれかの操作を行います。To persist and share code in RStudio, do one of the following:

  • RStudio から、Azure Databricks notebook と RStudio の両方からアクセスできる DBFS 上のフォルダーにコードを保存します。From RStudio, save the code to a folder on DBFS which is accessible from both Azure Databricks notebooks and RStudio.
  • RStudio での Git のようなバージョンコントロールの統合サポートを使用します。Use the integrated support for version control like Git in RStudio.
  • @No__t_0 としてエクスポートし、そのファイルを RStudio インスタンスにインポートすることによって、ローカルファイルシステムに R notebook を保存します。Save the R notebook to your local file system by exporting it as Rmarkdown, then import the file into the RStudio instance.

RMarkdown を使用して R notebook を共有するブログでは、手順の詳細について説明しています。The blog Sharing R Notebooks using RMarkdown describes the steps in more detail.

このプロセスにより、RStudio で開発されたコードを永続化し、Azure Databricks notebook 環境と RStudio の間でノートブックを共有することができます。This process allows you to persist code developed in RStudio and share notebooks between the Azure Databricks notebook environment and RStudio.