2018 年 8 月August 2018

これらの機能と Azure Databricks プラットフォームの機能強化は、2018年8月にリリースされました。These features and Azure Databricks platform improvements were released in August 2018.

新しいリージョンNew regions

2018年8月31日August 31, 2018

Azure Databricks は、次の追加のリージョンで使用できるようになりました。Azure Databricks is now available in the following additional regions:

  • カナダ東部Canada East
  • カナダ中部Canada Central
  • インド中部Central India
  • インド西部West India
  • インド南部South India
  • オーストラリア中部Australia Central
  • オーストラリア中部 2Australia Central 2
  • 東日本Japan East
  • 西日本Japan West

条件付きアクセスConditional access

2018年8月28日August 28, 2018

Azure Databricks で Azure Active Directory の条件付きアクセスのサポートを開始しました。これにより、ユーザーが Azure Databricks へのサインインを許可される場所と時間を管理者がコントロールできます。Azure Databricks now supports Azure Active Directory conditional access, which allows administrators to control where and when users are permitted to sign in to Azure Databricks. たとえば、条件付きアクセスポリシーでは、会社のネットワークへのサインインを制限したり、多要素認証を要求したりすることができます。For example, conditional access policies can restrict sign-in to your corporate network or can require multi-factor authentication.

条件付きアクセスは、Azure AD Premium でのみ使用できます。Conditional access is available only in Azure AD Premium.

条件付きアクセス」を参照してください。See Conditional Access.

ワークスペースのサイドバーの再設計Workspace sidebar redesign

2018年8月28日-年9月4日: バージョン2.79August 28 - September 4, 2018: Version 2.79

ワークスペースファイル間を移動するためのサイドバーが簡略化され、合理化されました。同時に2つのスイムレーンのみが表示されます。表示するスイムレーンが2つ以上ある場合は、左矢印と右矢印を使用して水平方向にスクロールできます。左側のナビゲーションにある [ワークスペース] または [ホーム] ボタンをクリックすると、メインウィンドウで作業している間にサイドバーを開いたままにすることができます。The sidebar for navigating workspace files has been simplified and streamlined, showing only two swimlanes at a time, providing left and right arrows to scroll horizontally when there are more than two swimlanes to view, defaulting to your own user file view when you click the Workspace or Home button in the left navigation, and enabling you to pin the sidebar open while you work in the main pane, which remains unobstructed. 変更をお楽しみいただき、幸いです。We hope you enjoy the changes.

no-代替テキスト no-alternative-text

Init スクリプトでの新しい環境変数New environment variables in init scripts

2018年8月28日-年9月4日: バージョン2.79August 28 - September 4, 2018: Version 2.79

クラスタースコープの init スクリプトでは、次の環境変数がサポートされるようになりました。Cluster-scoped init scripts now support the following environment variables:

  • DB_DRIVER_IP-ドライバーノードの IP アドレスDB_DRIVER_IP - the IP address of the driver node
  • DB_INSTANCE_TYPE-Spark ノードの種類DB_INSTANCE_TYPE - the type of Spark node
  • DB_PYTHON_VERSION-クラスターで使用されている Python のバージョンDB_PYTHON_VERSION - the version of Python used on the cluster
  • DB_IS_JOB_CLUSTER-ジョブを実行するためにクラスターが作成されたかどうかを示しますDB_IS_JOB_CLUSTER - indicates whether the cluster was created to run a job

クラスタースコープの init スクリプト」を参照してください。See Cluster-scoped init scripts.

クラスタースコープの init スクリプトCluster-scoped init scripts

14-21 年8月2018日: バージョン2.78August 14-21, 2018: Version 2.78

クラスタースコープの init スクリプトは、クラスター構成で定義されている init スクリプトです。Cluster-scoped init scripts are init scripts defined in a cluster configuration. クラスタースコープの init スクリプトには、他の種類のスクリプトよりも次のような利点があります。Cluster-scoped init scripts have the following advantages over other types of scripts:

  • 作成したクラスターと、ジョブを実行するために作成したクラスターの両方に適用します。Apply to both clusters you create and those created to run jobs.
  • はクラスター Acl によって保護されています。Are protected by cluster ACLs.
  • クラスターイベントログで start イベントと finish イベントをログに記録します。Log start and finish events in the cluster event log.
  • 構成可能なログの場所があること。Have a configurable log location.
  • 条件付き処理を可能にする定義済みの環境変数をサポートします。Support pre-defined environment variables, which enable conditional processing.

詳細については、「クラスタースコープの init スクリプト」を参照してください。For details, see Cluster-scoped init scripts.

折りたたみ可能な見出しCollapsible headings

14-21 年8月2018日: バージョン2.78August 14-21, 2018: Version 2.78

Markdown 見出しを含むセルの後に表示されるセルは、見出しセルに折りたたむことができるようになりました。Cells that appear after cells containing Markdown headings can now be collapsed into the heading cell. 次の図は、見出し1で、次の2つのセルが折りたたまれている状態を示しています。The following image shows a Heading 1 with the following two cells collapsed into it.

no-代替テキスト no-alternative-text

**@No__t_1**をクリックし、[ - ] をクリックして、見出しを展開または折りたたみます。Click the + and - to expand and collapse headings.