2018 年 9 月September 2018

これらの機能と Azure Databricks プラットフォームの機能強化は、2018年9月にリリースされました。These features and Azure Databricks platform improvements were released in September 2018.

Azure AD を使用したプロビジョニングの SCIM (プレビュー)SCIM provisioning using Azure AD (Preview)

2018年9月26日September 26, 2018

Azure Active Directory を使用して Azure Databricks を持つユーザーとグループをプロビジョニングし、組織を離れたときや Azure Databricks にアクセスする必要がなくなったときにプロビジョニングを解除することができます。You can now use Azure Active Directory to provision users and groups with Azure Databricks and deprovision them when they leave your organization or no longer need access to Azure Databricks.

この機能はプレビュー段階にあります。This feature is in Preview. SCIM を使用したユーザーとグループのプロビジョニング」を参照してください。See Provision Users and Groups Using SCIM.

Azure の請求書でのクラスタータグCluster tags on Azure bills

2018年9月25日: バージョン2.81September 25, 2018: Version 2.81

クラスタータグは、クラスターの作成時に指定します。これにより、組織内のさまざまなグループによって使用されるクラウドリソースのコストを監視できます。Cluster tags, which you specify when you create a cluster, allow you to monitor the cost of cloud resources used by various groups in your organization. カスタムクラスタータグが Azure の請求書に表示されるようになり、DBU の使用にチャージバックを簡単に作成できるようになりました。Custom cluster tags now appear on Azure bills, making it easier to create chargebacks for DBU usage.

Fsv2 series Vm のサポートSupport for Fsv2 series VMs

2018年9月25日: バージョン2.81September 25, 2018: Version 2.81

Azure Databricks では、Fsv2 シリーズの仮想マシンがサポートされるようになりました。Azure Databricks now supports Fsv2 series virtual machines. Fsv2 シリーズの詳細については、コンピューティングに最適化された仮想マシンのサイズに関するページを参照してください。To learn about the Fsv2 series, see Compute optimized virtual machine sizes.

ユーザーとグループをプロビジョニングするための SCIM API (プレビュー)SCIM API for provisioning users and groups (Preview)

2018年9月13日: バージョン2.80September 13, 2018: Version 2.80

Azure Databricks は、REST API と JSON を使用してユーザープロビジョニングを自動化できるオープンスタンダードである SCIM、またはクロスドメイン Id 管理用のシステムをサポートするようになりました。Azure Databricks now supports SCIM, or System for Cross-domain Identity Management, an open standard that allows you to automate user provisioning using a REST API and JSON. SCIM を使用すると、id プロバイダーを使用して Databricks でユーザーを作成し、適切なレベルのアクセス権を付与できます。また、ユーザーが組織を離れたり、Databricks にアクセスしたりする必要がなくなったときに、ユーザーのアクセス権を削除 (プロビジョニング解除) することもできます。SCIM lets you use an identity provider to create users in Databricks and give them the proper level of access, as well as remove access for users (deprovision them) when they leave your organization or no longer need access to Databricks.

この機能はプレビュー段階にあります。This feature is in Preview. SCIM API (Users And Groups)」を参照してください。See SCIM API (Users and Groups).