Databricks Runtime Databricks Runtime

Databricks Runtime には Apache Spark が含まれていますが、大規模な Data Analytics の使いやすさ、パフォーマンス、セキュリティを大幅に向上させるいくつかのコンポーネントと更新プログラムも追加されています。Databricks Runtime includes Apache Spark but also adds a number of components and updates that substantially improve the usability, performance, and security of big data analytics:

  • デルタレイク。 ACID トランザクション、最適化されたレイアウトとインデックス、データパイプラインを構築するための実行エンジンの機能強化を提供する、Apache Spark 上に構築された次世代ストレージ層です。Delta Lake, a next-generation storage layer built on top of Apache Spark that provides ACID transactions, optimized layouts and indexes, and execution engine improvements for building data pipelines.
  • インストールされている Java、拡張性、Python、R ライブラリInstalled Java, Scala, Python, and R libraries
  • Ubuntu とそれに付随するシステムライブラリUbuntu and its accompanying system libraries
  • Gpu 対応クラスター用 GPU ライブラリGPU libraries for GPU-enabled clusters
  • Notebook、ジョブ、クラスターマネージャーなどのプラットフォームの他のコンポーネントと統合される Databricks サービスDatabricks services that integrate with other components of the platform, such as notebooks, jobs, and cluster manager

ランタイムバージョンRuntime versions

Databricks Runtime のバージョンは定期的にリリースされます。Databricks Runtime versions are released on a regular basis:

  • メジャーバージョンは、小数点の前にあるバージョン番号 (3.5 から4.0 へのジャンプなど) の増分で表されます。Major versions are represented by an increment to the version number that precedes the decimal point (the jump from 3.5 to 4.0, for example). これらは、大幅な変更が発生したときにリリースされます。その中には、下位互換性がないものもあります。They are released when there are major changes, some of which may not be backwards-compatible.
  • 機能のバージョンは、小数点の後のバージョン番号 (3.4 から3.5 へのジャンプなど) の増分で表されます。Feature versions are represented by an increment to the version number that follows the decimal point (the jump from 3.4 to 3.5, for example). メジャーリリースごとに、複数の機能リリースが含まれています。Each major release includes multiple feature releases. 機能のリリースは、メジャーリリース内の以前のリリースと常に下位互換性があります。Feature releases are always backwards compatible with previous releases within their major release.
  • 長期的なサポートバージョンは、 LTS修飾子 (たとえば、 3.5 LTS) で表されます。Long Term Support versions are represented by an LTS qualifier (for example, 3.5 LTS). メジャーリリースごとに、"正規の" 機能バージョンを宣言します。これにより、2年間のサポートが提供します。For each major release, we declare a “canonical” feature version, for which we provide two full years of support. 詳細については、「 Databricks Runtime サポートライフサイクル」を参照してください。See Databricks Runtime Support Lifecycle for more information.