シークレット Secrets

データにアクセスするために、JDBC 経由で外部データ ソースに対する認証が必要になる場合があります。Sometimes accessing data requires that you authenticate to external data sources through JDBC. 資格情報をノートブックに直接入力するのではなく、Azure Databricks のシークレットを使用して資格情報を格納し、それらをノートブックとジョブで参照することができます。Instead of directly entering your credentials into a notebook, use Azure Databricks secrets to store your credentials and reference them in notebooks and jobs. シークレットを管理するには、Databricks CLI を使用してシークレット API にアクセスします。To manage secrets, you can use the Databricks CLI to access the Secrets API.

注意

シークレットには Databricks Runtime 4.0 以上および Databricks CLI 0.7.1 以上が必要です。Secrets requires Databricks Runtime 4.0 or above and Databricks CLI 0.7.1 or above.

シークレットを設定するには、次のようにします。To set up secrets you:

  1. シークレットのスコープを作成しますCreate a secret scope. シークレットのスコープの名前は大文字と小文字が区別されません。Secret scope names are case insensitive.
  2. シークレットをスコープに追加しますAdd secrets to the scope. シークレットの名前は大文字と小文字が区別されません。Secret names are case insensitive.
  3. Azure Databricks Premium プランに加入している場合、シークレットのスコープにアクセス制御を割り当てますIf you have the Azure Databricks Premium Plan, assign access control to the secret scope.

このガイドでは、これらの設定タスクを実行してシークレットを管理する方法について説明します。This guide shows you how to perform these setup tasks and manage secrets. 詳細については、次を参照してください。For more information, see:

このガイドの内容は次のとおりです。In this guide: