CACHE TABLECache Table

CACHE [LAZY] TABLE [db_name.]table_name

RDD キャッシュを使用して、テーブルの内容をメモリにキャッシュします。Cache the contents of the table in memory using the RDD cache. これにより、後続のクエリで元のファイルができるだけスキャンされないようにすることができます。This enables subsequent queries to avoid scanning the original files as much as possible.

LAZY

テーブル全体を集中的にスキャンするのではなく、テーブルを遅延させてキャッシュします。Cache the table lazily instead of eagerly scanning the entire table.

RDD キャッシュと Databricks IO キャッシュの違いについては、「 デルタと Apache Spark のキャッシュ 」を参照してください。See Delta and Apache Spark caching for the differences between the RDD cache and the Databricks IO cache.