DROP DATABASEDROP DATABASE

データベースを削除し、データベースに関連付けられているディレクトリをファイルシステムから削除します。Drops a database and deletes the directory associated with the database from the file system. データベースがシステムに存在しない場合は、例外がスローされます。An exception is thrown if the database does not exist in the system.

構文Syntax

DROP { DATABASE | SCHEMA } [ IF EXISTS ] dbname [ RESTRICT | CASCADE ]

パラメーターParameters

  • DATABASE |スキーマDATABASE | SCHEMA

    DATABASE また、 SCHEMA これらのいずれかを使用することもできます。DATABASE and SCHEMA mean the same thing, either of them can be used.

  • IF EXISTSIF EXISTS

    指定した場合、データベースが存在しない場合、例外はスローされません。If specified, no exception is thrown when the database does not exist.

  • RESTRICTRESTRICT

    指定した場合、空でないデータベースの削除が制限され、既定で有効になります。If specified, will restrict dropping a non-empty database and is enabled by default.

  • CASCADECASCADE

    指定した場合、関連付けられているすべてのテーブルと関数が削除されます。If specified, will drop all the associated tables and functions.

Examples

-- Create `inventory_db` Database
CREATE DATABASE inventory_db COMMENT 'This database is used to maintain Inventory';

-- Drop the database and it's tables
DROP DATABASE inventory_db CASCADE;

-- Drop the database using IF EXISTS
DROP DATABASE IF EXISTS inventory_db CASCADE;