ワークスペースごとの URLPer-workspace URLs

2020 年 4 月に、Azure Databricks ではワークスペースごとの新しい一意の URL が追加されました。In April 2020, Azure Databricks added a new unique per-workspace URL for each workspace. このワークスペースごとの URL の形式は次のようになります。This per-workspace URL has the format

adb-<workspace-id>.<random-number>.azuredatabricks.net

非推奨のリージョン別 url () は、ワークスペースごとの URL によって <region>.azuredatabricks.net アクセスワークスペースに置き換えられます。The per-workspace URL replaces the deprecated regional URL (<region>.azuredatabricks.net) to access workspaces.

重要

レガシリージョンの Url は使用しないでください。Avoid using legacy regional URLs. 新しいワークスペースでは機能しない可能性があり、信頼性が低く、ワークスペースの Url ごとのパフォーマンスが低下します。They may not work for new workspaces, are less reliable, and exhibit lower performance than per-workspace URLs.

ワークスペースごとの URL を使用してワークスペースを起動するLaunch a workspace using the per-workspace URL

Azure portal で、ワークスペースの [Azure Databricks service リソース] ページにアクセスし、[ ワークスペースの起動 ] をクリックするか、リソースページに表示されるワークスペースごとの URL をコピーしてブラウザーのアドレスバーに貼り付けます。In the Azure portal, go to the Azure Databricks service resource page for your workspace and either click Launch Workspace or copy the per-workspace URL as displayed on the resource page and paste it into your browser address bar.

リソースページresource page

Azure API を使用してワークスペースごとの URL を取得するGet a per-workspace URL using the Azure API

Azure API ワークスペースの get エンドポイントを使用して、ワークスペースごとの URL などのワークスペースの詳細を取得します。Use the Azure API Workspaces - Get endpoint to get workspace details, including per-workspace URL. ワークスペースごとの URL は、応答オブジェクトのフィールドに返され properties.workspaceUrl ます。The per-workspace URL is returned in the properties.workspaceUrl field in the response object.

ワークスペースごとの Url を使用するようにスクリプトを移行するMigrate your scripts to use per-workspace URLs

Azure Databricks ユーザーは、通常、次の2つの方法のいずれかでワークスペースを参照するスクリプトやその他の自動化を記述します。Azure Databricks users typically write scripting or other automation that references workspaces in one of two ways:

  • すべてのワークスペースを同じリージョンに作成し、スクリプトで従来の地域 URL をハードコーディングします。You create all workspaces in the same region and hardcode the legacy regional URL in the script.

    各ワークスペースには API トークンが必要であるため、スクリプト自体またはその他のデータベースに格納されているトークンの一覧もあります。Because you need an API token for each workspace, you also have a list of tokens either stored in the script itself or in some other database. この場合は、ペアの一覧を保存し、ハードコーディングされたリージョンの Url を削除することをお勧めし <per-workspace-url, api-token> ます。If this is the case, we recommend that you store a list of <per-workspace-url, api-token> pairs and remove any hardcoded regional URLs.

  • 1つまたは複数のリージョンでワークスペースを作成し、 <regional-url, api-token> スクリプト自体またはデータベースに格納されているペアの一覧を保持します。You create workspaces in one or more regions and have a list of <regional-url, api-token> pairs either stored in the script itself or in a database. この場合は、一覧に地域別 URL ではなく、ワークスペースごとの URL を保存することをお勧めします。If this is the case, we recommend that you store the per-workspace URL instead of the regional URL in the list.

注意

リージョンの url とワークスペースごとの Url の両方がサポートされているため、ワークスペースごとの url の導入前に作成されたワークスペースを参照するために地域別 Url を使用する既存の自動化は引き続き機能します。Because both regional URLs and per-workspace URLs are supported, any existing automation that uses regional URLs to reference workspaces that were created before the introduction of per-workspace URLs will continue to work. Databricks では、ワークスペースごとの Url を使用するように自動化を更新することをお勧めしますが、この場合は必要ありません。Although Databricks recommends that you update any automation to use per-workspace URLs, doing so is not required in this case.

ワークスペースのレガシリージョンの URL を検索するFind the legacy regional URL for a workspace

ワークスペースの従来のリージョンの URL を検索する必要がある場合は、 nslookup ワークスペースごとの url でを実行します。If you need to find the legacy regional URL for a workspace, run nslookup on the per-workspace URL.

$ nslookup adb-<workspace-id>.<random-number>.azuredatabricks.net
Server:   192.168.50.1
Address:  192.168.50.1#53

Non-authoritative answer:
adb-<workspace-id>.<random-number>.azuredatabricks.net canonical name = eastus-c3.azuredatabricks.net.
Name: eastus-c3.azuredatabricks.net
Address: 20.42.4.211