Azure Dev Spaces についてよく寄せられる質問Frequently asked questions about Azure Dev Spaces

重要

Azure Dev Spaces は廃止の予定であり、2023 年 10 月 31 日に終了します。Azure Dev Spaces is being retired and will stop working on October 31, 2023. Bridge to Kubernetes への移行を検討してください。Consider migrating to Bridge to Kubernetes.

Azure Dev Spaces についてよく寄せられる質問に回答します。This addresses frequently asked questions about Azure Dev Spaces.

Azure Dev Spaces では、どのバージョンの Kubernetes がサポートされていますか。What versions of Kubernetes are supported for Azure Dev Spaces?

Azure Dev Spaces では、AKS で現在サポートされている Kubernetes の、1.18 までの一般提供 (GA) バージョンがサポーされます。Azure Dev Spaces supports currently supported general availability (GA) versions of Kubernetes in AKS up to 1.18. AKS の Kubernetes 1.19 以降では、コンテナー ランタイムとして ContainerD が使用されていますが、これは Azure Dev Spaces では機能しません。Kubernetes 1.19 and above on AKS uses ContainerD as the container runtime, which does not work with Azure Dev Spaces.

現在はどの Azure リージョンで Azure Dev Spaces が提供されていますか。Which Azure regions currently provide Azure Dev Spaces?

利用可能なリージョンの完全な一覧については、サポートされているリージョンを参照してください。See supported regions for a complete list of available regions.

Azure Dev Spaces が含まれる AKS クラスターを別のリージョンに移行できますか。Can I migrate my AKS cluster with Azure Dev Spaces to another region?

はい。Azure Dev Spaces が含まれる AKS クラスターを、別のサポートされているリージョンに移動する場合は、他のリージョンに新しいクラスターを作成してから、Azure Dev Spaces をインストールして構成し、リソースとアプリケーションを新しいクラスターにデプロイすることをお勧めします。Yes, if you want to move your AKS cluster with Azure Dev Spaces to another supported region, we recommend that you create a new cluster in the other region then install and configure Azure Dev Spaces and deploy your resources and applications to your new cluster. AKS の移行について詳しくは、「Azure Kubernetes Service (AKS) に移行する」をご覧ください。For more information on migrating AKS, see Migrate to Azure Kubernetes Service (AKS).

既存の Dockerfiles または Helm Chart で Azure Dev Spaces を使用できますか。Can I use Azure Dev Spaces with existing Dockerfiles or Helm charts?

はい。プロジェクトに既に Dockerfile または Helm Chart が存在する場合は、これらのファイルを Azure Dev Spaces で使用できます。Yes, if your project already has a Dockerfile or a Helm chart, you can use those files with Azure Dev Spaces. azds prep を実行する場合は、--chart パラメーターを使用してチャートの場所を指定します。When you run azds prep, use the --chart parameter and specify the location of the chart. Azure Dev Spaces でも azds.yaml ファイルと Dockerfile.develop ファイルが生成されますが、既存の Dockerfile や Helm Chart が置換または変更されることはありません。Azure Dev Spaces will still generate an azds.yaml and Dockerfile.develop file, but it will not replace or modify an existing Dockerfile or a Helm chart. azds up の実行時に既存のアプリケーションですべてを正常に機能させるために、azds.yaml ファイルと Dockerfile.develop ファイルの変更が必要になる場合があります。You may need to modify the azds.yaml and Dockerfile.develop files in order for everything to work correctly with your existing application when running azds up.

独自の Dockerfile または Helm Chart を使用する場合、次の制限があります。When using your own Dockerfile or Helm chart, there are the following limitations:

  • Dockerfile を 1 つだけ使用する場合は、ランタイムだけでなく言語 SDK など、開発シナリオを有効にするために必要なすべてを含める必要があります。If using only one Dockerfile, it must include everything you need to enable development scenarios, such as the language SDK not just the runtime. Azure Dev Spaces 用の独立した Dockerfile (Dockerfile.develop など) を使用する場合は、開発シナリオを有効にするために必要なすべてのものを Dockerfile に含める必要があります。If using a separate Dockerfile for Azure Dev Spaces, such as a Dockerfile.develop, everything you need to enable development scenarios must be included in that Dockerfile.
  • Helm Chart では、values.yaml からの値として、イメージ タグの一部または全体を渡すことがサポートされている必要があります。Your Helm chart must support passing part of or the entire image tag as a value from values.yaml.
  • イングレスで何かを変更する場合は、Azure Dev Spaces によって提供されるイングレス ソリューションを使用するように Helm Chart を更新することもできます。If you are modifying anything with ingress, you can also update your Helm chart to use the ingress solution provided by Azure Dev Spaces.
  • Azure Dev Spaces によって提供されるルーティング機能を使用する場合は、個々のプロジェクトのすべてのサービスが単一の Kubernetes 名前空間に収まる必要があり、単純な名前 (たとえば service-a) でデプロイする必要があります。If you want to use the routing capabilities provided by Azure Dev Spaces, all services for an individual project must fit within a single Kubernetes namespace and must be deployed with simple naming, for example service-a. 標準の Helm Chart では、fullnameOverride プロパティの値を指定することでこの名前を更新できます。In standard Helm charts, this naming update can be done by specifying a value for the fullnameOverride property.

Azure Dev Spaces によって生成されたファイルを変更できますか。Can I modify the files generated by Azure Dev Spaces?

はい。プロジェクトを準備するときに Azure Dev Spaces によって生成される azds.yaml ファイル、Dockerfile、および Helm Chart を変更できます。Yes, you can modify the azds.yaml file, Dockerfile, and Helm chart generated by Azure Dev Spaces when preparing your project. これらのファイルを変更すると、プロジェクトのビルド方法と実行方法が変更されます。Modifying these files changes how the project is built and run.

パブリック IP アドレスなしで Azure Dev Spaces を使用できますか。Can I use Azure Dev Spaces without a public IP address?

いいえ。パブリック IP を持たない AKS クラスター上に Azure Dev Spaces をプロビジョニングすることはできません。No, you can't provision Azure Dev Spaces on an AKS Cluster without a public IP. パブリック IP は、ルーティングのために Azure Dev Spaces に必要です。A public IP is needed by Azure Dev Spaces for routing.

Azure Dev Spaces で独自のイングレスを使用できますか。Can I use my own ingress with Azure Dev Spaces?

はい。Azure Dev Spaces によって作成されるイングレスと共に、独自のイングレスを構成できます。Yes, you can configure your own ingress along side the ingress Azure Dev Spaces creates. たとえば、traefik または NGINX を使用できます。For example, you can use traefik or NGINX.

Azure Dev Spaces で HTTPS を使用できますか。Can I use HTTPS with Azure Dev Spaces?

はい。traefik または NGINX を使用して、HTTPS で独自のイングレスを構成できます。Yes, you can configure your own ingress with HTTPS using traefik or NGINX.

kubenet ではなく CNI を使用するクラスター上で Azure Dev Spaces を使用できますか。Can I use Azure Dev Spaces on a cluster that uses CNI rather than kubenet?

はい。ネットワークに CNI を使用する AKS クラスター上で、Azure Dev Spaces を使用できます。Yes, you can use Azure Dev Spaces on an AKS cluster that uses CNI for networking. たとえば、ネットワークに CNI を使用する既存の Windows コンテナーがある AKS クラスター上で、Azure Dev Spaces を使用できます。For example, you can use Azure Dev Spaces on an AKS cluster with existing Windows containers, which uses CNI for networking. Azure Dev Spaces を使用したネットワークでの CNI の使用の詳細については、こちらを参照してください。More information on using CNI for networking with Azure Dev Spaces is available here.

Azure Dev Spaces で Windows コンテナーを使用できますか。Can I use Azure Dev Spaces with Windows Containers?

現時点では、Azure Dev Spaces は Linux ポッドおよびノード上でのみ実行することが想定されていますが、既存の Windows コンテナーを持つ AKS クラスター上で Azure Dev Spaces を実行できます。Currently, Azure Dev Spaces is intended to run on Linux pods and nodes only, but you can run Azure Dev Spaces on an AKS cluster with existing Windows containers.

API サーバーの承認済み IP アドレス範囲が有効になっている AKS クラスターで Azure Dev Spaces を使用できますか。Can I use Azure Dev Spaces on AKS clusters with API server authorized IP address ranges enabled?

はい。API サーバーの承認済み IP アドレス範囲が有効になっている AKS クラスターで Azure Dev Spaces を使用できます。Yes, you can use Azure Dev Spaces on AKS clusters with API server authorized IP address ranges enabled. Azure Dev Spaces で有効な API サーバー承認済み IP アドレスの範囲の AKS クラスターを使用する方法の詳細については、こちらを参照してください。More information on using an AKS clusters with API server authorized IP address ranges enabled with Azure Dev Spaces is available here.

クラスター ノードのエグレス トラフィックが制限されている AKS クラスターで Azure Dev Spaces を使用できますか?Can I use Azure Dev Spaces on AKS clusters with restricted egress traffic for cluster nodes?

はい。正しい FQDN が許可されていると、クラスター ノードに対する制限されたエグレス トラフィックが有効になっている AKS クラスターで Azure Dev Spaces を使用できます。Yes, you can use Azure Dev Spaces on AKS clusters with restricted egress traffic for cluster nodes enabled once the correct FQDNs have been allowed. Azure Dev Spaces での「クラスターノードに対する制限されたエグレストラフィックが有効な AKS クラスター」の使用の詳細については、こちらを参照してください。More information on using an AKS clusters with restricted egress traffic for cluster nodes enabled with Azure Dev Spaces is available here.

Kubernetes RBAC が有効化された AKS クラスターで Azure Dev Spaces を使用することはできますか。Can I use Azure Dev Spaces on Kubernetes RBAC-enabled AKS clusters?

はい。Kubernetes ロールベースのアクセス制御 (Kubernetes RBAC) が有効になっているかどうかに関係なく、AKS クラスターで Azure Dev Spaces を使用できます。Yes, you can use Azure Dev Spaces on AKS clusters with or without Kubernetes role-based access control (Kubernetes RBAC) enabled.

Visual Studio でプロジェクトのイングレスを有効にすると、どうなりますか。What happens when I enable ingress for project in Visual Studio?

Visual Studio を使用してプロジェクトを準備する場合は、サービスのイングレスを有効にすることを選択できます。When using Visual Studio to prepare your project, you have the option of enabling ingress for your service. イングレスを有効にすると、AKS クラスター上で実行されるときにサービスにアクセスするためのパブリック エンドポイントが作成されます。これは、オプションです。Enabling ingress creates a public endpoint to access your service when running on your AKS cluster, which is optional. イングレスを有効にしなかった場合は、AKS クラスター内からのみサービスにアクセスできます。If you do not enable ingress, your service is only accessible from within your AKS cluster.

Azure Dev Spaces でポッドのマネージド ID を使用できますか。Can I use pod managed identities with Azure Dev Spaces?

はい。Azure Dev Spaces が有効になっている AKS クラスター上でポッド マネージド ID を使用できますが、ポッド マネージド ID を使用して自分のクラスター上で Azure Dev Spaces を有効にした後に、追加の構成手順があります。Yes, you can use pod managed identities on AKS clusters with Azure Dev Spaces enabled, but there are additional configuration steps after you enable Azure Dev Spaces on your cluster with pod managed identities. ポッドのマネージド ID がインストールされていて、それをアンインストールしたい場合は、アンインストールに関する注意事項のページで詳細を確認できます。If you have pod managed identities installed and would like to uninstall it, you can find more details in the uninstall notes.

アプリケーション内の複数のマイクロサービスと共に Azure Dev Spaces を使用できますか。Can I use Azure Dev Spaces with multiple microservices in an application?

はい。複数のマイクロサービスを含むアプリケーション内で Azure Dev Spaces を使用できますが、個々のマイクロサービスをそのルートで準備して実行する必要があります。Yes, you can use Azure Dev Spaces in an application with multiple microservices, but you must prepare and run the individual microservices at their root. Azure Dev Spaces CLI、Azure Dev Spaces VS Code 拡張機能、および Visual Studio Azure 開発ワークロードでは、実行とデバッグを行うために、azds.yaml ファイルがマイクロサービスのルートにあることが想定されています。The Azure Dev Spaces CLI, Azure Dev Spaces VS Code extension, and Visual Studio Azure Development workload expect the azds.yaml file to be at the root of the microservice in order to run and debug. 1 つのアプリケーション内の複数のマイクロサービスの例については、自転車シェアリングのサンプル アプリケーションを参照してください。See the Bike Sharing sample application for an example of multiple microservices in a single application.

Visual Studio Code では、1 つのワーク スペース内で個別のプロジェクトを開いて、Azure Dev Spaces を通じて個別にデバッグすることができます。In Visual Studio Code, it is possible to open separate projects in a single workspace and debug them separately through Azure Dev Spaces. 各プロジェクトは、自己完結型かつ Azure Dev Spaces 用に準備されている必要があります。Each of the projects must be self-contained and prepared for Azure Dev Spaces.

Visual Studio では、Azure Dev Spaces を使用してデバッグするために .NET Core ソリューションを構成することができます。In Visual Studio, it is possible to configure .NET Core solutions for debugging through Azure Dev Spaces.

Azure Dev Spaces はサービス メッシュと共に使用できますか。Can I use Azure Dev Spaces with a service mesh?

現時点では、IstioLinkerd などのサービス メッシュと共に Azure Dev Spaces を使用することはできません。At this time, you can't use Azure Dev Spaces with service meshes such as Istio or Linkerd. Azure Dev Spaces とサービス メッシュを同じ AKS クラスター上で実行することはできますが、同じ名前空間内で Azure Dev Spaces とサービス メッシュの両方を有効にすることはできません。You can run Azure Dev Spaces and a service mesh on the same AKS cluster, but you can't have both Azure Dev Spaces and a service mesh enabled in the same namespace.