Excel での作業項目の一括追加または変更Bulk add or modify work items with Excel

Azure Boards | Azure DevOps Server 2020 | Azure DevOps Server 2019 | TFS 2018 - TFS 2013Azure Boards | Azure DevOps Server 2020 | Azure DevOps Server 2019 | TFS 2018 - TFS 2013

追加または変更する作業項目が多数ある場合は、Microsoft Excel を使用すると時間を節約できます。When you have many work items to add or modify, using Microsoft Excel can save you time. Excel では、作業項目の追加、既存の作業項目の更新、複数の作業項目へのリンクと添付ファイルの追加などをサポートしています。Excel supports adding work items, updating existing work items, adding links and attachments to multiple work items, and more. また、Excel のネイティブ機能を使用して、列の集計、行のコピーと貼り付け、フィルダウンの実行など、他の操作をサポートすることもできます。In addition, you can use native Excel features to support other actions, such as summing a column, copy-and-paste rows, perform fill down, and more.

この記事では、次のタスクを実行する方法について説明します。In this article you'll learn how to perform the following tasks:

  • タスクをサポートするリストまたはクエリの種類を選択しますChoose the type of list or query to support your task
  • [接続時に Excel の機能を選択] を使用する Azure BoardsUse select Excel features when connected to Azure Boards
  • 作業項目 (フラットリストまたは階層ツリーリスト) をインポートまたは更新します。Import or update work items, either a flat list or hierarchy tree list
  • 作業項目の発行と更新Publish and refresh your work items
  • フラットリストをツリーリストに変換し、リストの種類またはクエリを変更するConvert a flat-list to a tree-list, change your list type or query
  • ワークシートへの作業項目の追加Add work items to your worksheet
  • ワークシートから作業項目フィールドを追加および削除するAdd and remove work item fields from your worksheet
  • Id フィールドまたはユーザー名フィールドのユーザーアカウントを選択しますSelect user accounts for identity or person-named fields
  • 作業項目のリンク、リンク先の作業項目の検索、リンクの編集などLink work items, find work items to link to, edit links, and more
  • 1つ以上の作業項目に添付ファイルを追加するAdd attachments to one or more work items
  • Excel から作業項目を開いて追加情報を追加する (web ポータルで開く)Open a work item from Excel to add additional information (opens in web portal)
  • 区分およびイテレーションパスの編集 (web ポータルで開く)Edit Area and Iteration Paths (opens in web portal)

Excel への接続の詳細については、「 Office クライアントに Azure Boards を接続する」を参照してください。For information about connecting to Excel, see Connect Azure Boards to an Office client. Excel と Azure DevOps の統合に関する特定の質問への回答については、「 faq: excel での作業」 Azure Boards を 参照してください。For answers to specific questions about the integration of Excel and Azure DevOps, see FAQs: Work in Excel connected to Azure Boards .

注意

Excel にアクセスできない場合でも、CSV 形式のファイルを使用して一括インポートと一括更新を実行できます。If you don't have access to Excel, you can still perform bulk import and update using CSV formatted files. 詳細について は、CSV ファイルを使用した作業項目の一括インポートまたは更新に関するページを参照してください。To learn more, see Bulk import or update work items using CSV files.

注意

また、 Microsoft Projectを使用して作業項目を一括で追加および変更することもできます。You can also bulk add and modify work items using Microsoft Project.

前提条件Prerequisites

注意

macOS はサポートされていません。macOS isn't supported. Visual Studio for Mac がインストールされている場合でも、Excel からの Azure DevOps への接続はサポートされていません。Even if you've installed Visual Studio for Mac, connection to Azure DevOps from Excel isn't supported.

  • インストールされている Microsoft Excel 2010 以降のバージョン (Microsoft Office Excel 365 を含む)Installed Microsoft Excel 2010 or later version, including Microsoft Office Excel 365
  • Azure DevOps Office Integration 2019 (無料)がインストールされました。Installed Azure DevOps Office Integration 2019 (free).

    注意

    Azure DevOps Office 統合プラグインを入手する唯一の方法は、Visual Studio の最新エディションまたは Azure DevOps Office 統合インストーラーのいずれかをインストールすることです。The only way to get the Azure DevOps Office Integration plug-in is by installing one of the latest editions of Visual Studio or the Azure DevOps Office Integration installer. このプラグインは、Excel からの Azure Boards と Azure DevOps Server への接続をサポートしています。The plug-in supports connection to Azure Boards and Azure DevOps Server from Excel.

  • Azure Boards プロジェクトに接続するには、 プロジェクトのメンバーである必要があります。To connect to an Azure Boards project, you need to be a member of the project. Azure Boards プロジェクトをまだ持っていない場合は、 作成することができます。If you don't have an Azure Boards project yet, you can create one.
  • 作業項目を表示または変更するには、次のアクセス許可を [ 許可] に設定しておく必要があります。 このノードの作業項目を表示 し、 このノードの作業項目を編集 します。To view or modify work items, you must have these permissions set to Allow: View work items in this node and Edit work items in this node. 既定では、 貢献 者グループにはこのアクセス許可セットがあります。By default, the Contributors group has this permission set. 詳細については、「 作業の追跡に対するアクセス許可とアクセスの設定」を参照してください。To learn more, see Set permissions and access for work tracking.
  • 作業項目を追加または変更するには、 利害関係 者のアクセス権以上が付与されている必要があります。To add or modify work items, you must be granted Stakeholder access or higher. 詳細については、「 アクセスレベルについて」を参照してください。For details, see About access levels.
  • [ユーザーの選択]機能を使用するには、 Visual Studio (少なくとも VS 2015.1以降のバージョンまたはTeam Foundation Server Office Integration 2015 Update 2以降のバージョン) をインストールする必要があります。To use the Select User feature, you need to install Visual Studio (at least VS 2015.1 or later version or Team Foundation Server Office Integration 2015 Update 2 or later version. 無料版の Visual Studio Community をダウンロードできます。You can download the free version of Visual Studio Community. この機能は、ユーザー名のスペルを間違えてデータの検証エラーを回避し、大規模なユーザーアカウントのグループからユーザー名を割り当てる必要がある場合に使用します。Get this feature to avoid data validation errors by misspelling user names and when you must assign user names from a large group of user accounts.
  • インストールされている Microsoft Excel 2010 以降のバージョン (Microsoft Office Excel 365 を含む)Installed Microsoft Excel 2010 or later version, including Microsoft Office Excel 365
  • Azure DevOps Office Integration 2019 (無料)がインストールされました。Installed Azure DevOps Office Integration 2019 (free).

    注意

    Team Foundation プラグインを取得する唯一の方法は、Visual Studio の最新エディションまたは TFS スタンドアロンの Office 統合インストーラーのいずれかをインストールすることです。The only way to get the Team Foundation plug-in is by installing one of the latest editions of Visual Studio or the TFS Standalone Office Integration installer. TFS Office Integration 2017 プラグインは、Excel、Project、および PowerPoint ベース storyboarding ツールから Azure Boards と TFS への接続をサポートしています。The TFS Office Integration 2017 plug-in supports connection to Azure Boards and TFS from Excel, Project, and the PowerPoint-based storyboarding tool.

  • Azure Boards プロジェクトに接続するには、 プロジェクトのメンバーである必要があります。To connect to an Azure Boards project, you need to be a member of the project. Azure Boards プロジェクトをまだ持っていない場合は、 作成することができます。If you don't have an Azure Boards project yet, you can create one.
  • 作業項目を表示または変更するには、次のアクセス許可を [ 許可] に設定しておく必要があります。 このノードの作業項目を表示 し、 このノードの作業項目を編集 します。To view or modify work items, you must have these permissions set to Allow: View work items in this node and Edit work items in this node. 既定では、 貢献 者グループにはこのアクセス許可セットがあります。By default, the Contributors group has this permission set. 詳細については、「 作業の追跡に対するアクセス許可とアクセスの設定」を参照してください。To learn more, see Set permissions and access for work tracking.
  • 作業項目を追加または変更するには、 利害関係 者のアクセス権以上が付与されている必要があります。To add or modify work items, you must be granted Stakeholder access or higher. 詳細については、「 アクセスレベルについて」を参照してください。For details, see About access levels.
  • [ユーザーの選択]機能を使用するには、 Visual Studio (少なくとも VS 2015.1以降のバージョンまたはTeam Foundation Server Office Integration 2015 Update 2以降のバージョン) をインストールする必要があります。To use the Select User feature, you need to install Visual Studio (at least VS 2015.1 or later version or Team Foundation Server Office Integration 2015 Update 2 or later version. 無料版の Visual Studio Community をダウンロードできます。You can download the free version of Visual Studio Community. この機能は、ユーザー名のスペルを間違えてデータの検証エラーを回避し、大規模なユーザーアカウントのグループからユーザー名を割り当てる必要がある場合に使用します。Get this feature to avoid data validation errors by misspelling user names and when you must assign user names from a large group of user accounts.
  • インストールされている Microsoft 2007、Microsoft Excel 2010、または Microsoft Excel 2013Installed Microsoft 2007, Microsoft Excel 2010, or Microsoft Excel 2013
  • インストールされている Visual Studio 2013 または Visual Studio 2015 または Team Foundation Server スタンドアロンの Office 統合 (無料)Installed Visual Studio 2013 or Visual Studio 2015 or Team Foundation Server Standalone Office Integration (free)
  • Azure Boards プロジェクトに接続するには、 プロジェクトのメンバーである必要があります。To connect to an Azure Boards project, you need to be a member of the project. Azure Boards プロジェクトをまだ持っていない場合は、 作成することができます。If you don't have an Azure Boards project yet, you can create one.
  • 作業項目を表示または変更するには、次のアクセス許可を [ 許可] に設定しておく必要があります。 このノードの作業項目を表示 し、 このノードの作業項目を編集 します。To view or modify work items, you must have these permissions set to Allow: View work items in this node and Edit work items in this node. 既定では、 貢献 者グループにはこのアクセス許可セットがあります。By default, the Contributors group has this permission set. 詳細については、「 作業の追跡に対するアクセス許可とアクセスの設定」を参照してください。To learn more, see Set permissions and access for work tracking.
  • 作業項目を追加または変更するには、 利害関係 者のアクセス権以上が付与されている必要があります。To add or modify work items, you must be granted Stakeholder access or higher. 詳細については、「 アクセスレベルについて」を参照してください。For details, see About access levels.

互換性の要件の詳細については、「 Azure DevOps との互換性」を参照してください。To learn more about compatibility requirements, see Compatibility with Azure DevOps.

リストとクエリの種類の選択Choose list and query type

Azure Boards に接続している Excel で作業している場合は、常にクエリの種類とリストの種類を操作します。When you work in Excel connected to Azure Boards, you're always working with a query type and a list type. クエリは、クエリエディターを使用して作成したクエリに対応します。Queries correspond to the queries you create using the Query Editor.

  • クエリの種類:Query types:
    • None: 入力リスト であることを示します。None: Indicates it is an input list.
    • [クエリタイトル]: 作業項目の一覧が、指定された クエリ に関連付けられていることを示します。Query title: Indicates the list of work items is tied to the specified query.
  • リストの種類:List types:
    • フラットリスト: 単一の タイトル 列を表示する作業項目の単純なリスト。Flat list: Simple list of work items that shows a single Title column. リンク管理はサポートされていません。No link management is supported.
    • ツリーリスト: 作業項目間のツリートポロジリンク (Parent-Child リンクなど) の作成と更新をサポートする作業項目の階層リスト。Tree list: Hierarchical list of work items that support creating and updating tree topology links, such as Parent-Child links, between work items. これらの一覧には、2つ以上の タイトル 列が含まれています。These lists include two or more Title columns.

クエリの種類とリストの種類を使用して、作業項目の追加、変更、発行、および更新を行うことができます。You can add, modify, publish, and refresh work items using any query type and list type.

クエリ型Query types

Azure Boards は、3種類のクエリをサポートします。Azure Boards supports three query types. 各クエリの横にあるアイコンは、クエリの種類を示しています。The icon next to each query indicates the query type. 最初の2つのクエリの種類、作業項目と作業項目 の単純なリストおよびダイレクトリンク は、フラットリストクエリとしてインポートされます。The first two query types, Flat list of work items and Work items and direct links are imported as flat list queries.

クエリの種類のアイコン一覧Query type icon list

作業項目のツリー のみがツリーリストとしてインポートされます。Only the Tree of work items queries import as a tree list. 複数の種類のリンクの変更が Excel でサポートされていないため、ダイレクトリンククエリは Excel に単純なリストとしてインポートされます。Direct links queries are imported as a flat list into Excel as modifying multiple types of links isn't a supported feature in Excel.

ツリーリストTree lists

作業内訳構造や、ユーザーストーリーやカスタマーエクスペリエンスの階層セットなど、作業項目の入れ子になったリストを一括で追加できます。You can bulk add a nested list of work items, such as a work breakdown structure or a hierarchical set of user stories and customer experiences. たとえば、次の図に示すように、タスク、サブタスク、およびバグの入れ子になったリストを追加したり、プロダクトバックログ項目にリンクされたタスクを追加したりできます。For example, you can add a nested list of tasks, subtasks, and bugs, as shown in the following illustration, or linked tasks to product backlog items.

3レベルの入れ子になった項目ツリーが Excel に表示される方法を次に示します。Here's how a three-level nested tree of items appears in Excel.

作業項目のツリーリスト、概念図

親子リンクまたはその他のツリートポロジリンクの種類は、階層的なバックログ構造の作成をサポートします。Parent-child links or other tree topology link types support creating a hierarchical backlog structure. 階層に参加する作業項目の種類は、プロセスによって異なり、次の図のようになります。The work item types that participate in the hierarchy differ with different processes and are shown in the following images.

次の図は、アジャイルプロセスのバックログ作業項目階層を示しています。The following image shows the Agile process backlog work item hierarchy. ユーザーストーリーとタスクを使用して作業を追跡し、バグを追跡します。また、エピックと機能を使用して、大規模なシナリオで作業をグループ化します。User Stories and Tasks are used to track work, Bugs track code defects, and Epics and Features are used to group work under larger scenarios.

概念図、アジャイル作業項目の種類Conceptual image, Agile work item type

各チームは — — 、[ バグの処理 ] 設定を構成することによって、ユーザーストーリーまたはタスクと同じレベルでバグを管理する方法を構成できます。Each team can configure how they manage Bugs—at the same level as User Stories or Tasks—by configuring the Working with bugs setting. これらの作業項目の種類の使用方法の詳細については、「 アジャイルプロセス」を参照してください。To learn more about using these work item types, see Agile process.

階層リストをインポートするには、この記事で後述する「 作業項目の階層リストの追加またはインポート 」を参照してください。To import a hierarchical list, see Add or import a hierarchical list of work items later in this article.

マイクエリと共有クエリMy queries versus shared queries

Azure Boards で定義したクエリは、Excel で開くことができます。You can open in Excel any query you've defined in Azure Boards. これには、マイクエリと共有クエリに定義されているクエリが含まれます。That includes queries defined under My Queries and Shared Queries. ただし、他のチームメンバーとブックを共有する場合は、共有クエリのみを使用することをお勧めします。However, if you plan to share the workbook with other team members, then you should only work with a Shared Query. マイクエリフォルダーに格納されている個人用クエリに基づいている場合、他のチームメンバーがブックやワークシートを使用することはできません。Other team members won't be able to use the workbook or worksheet if it is based on a personal query stored under your My Queries folder.

リストとクエリの種類の使用方法に関するガイドGuide to list and query type usage

一般に、バックログ項目、タスク、バグ、問題など、複数の種類の作業項目を一度に一括して追加または変更するには、 単純なリストを使用 します。In general, you Use a flat list to bulk add or modify several types of work items at once, such as backlog items, tasks, bugs, or issues. 作業項目とそのツリートポロジリンクを一括して追加または変更するには、ツリーリストを使用します。Use a tree list to bulk add or modify work items and their tree-topology links.

追加のガイダンスを次に示します。Here is some additional guidance:

  • 入力リストの使用 ( フラットリスト): 作業項目のリストをインポートしたり、新しい作業項目を作成したり、階層なしUse an input list, flat list: To import a list of work items or create new work items, no hierarchy
  • 入力リスト、ツリーリスト を使用する: トップダウン計画を実行し、階層リンクされた作業項目をインポートするにはUse an input list, tree list: To perform top down planning and import hierarchically linked work items
  • クエリリスト (ツリーリスト) を使用して、既存の多くの作業項目のリンク関係の階層を表示および変更します。Use a query list, tree list: To view and modify the hierarchy of link relationships of many existing work items.
  • クエリリスト の使用: 作業項目の一覧の一括更新または新しい作業項目の作成 (階層なし)Use a query list, flat list: To bulk update a list of work items or create new work items, no hierarchy
  • 入力リストの使用 (フラットリスト): 作業項目のリストをインポートしたり、新しい作業項目を作成したり、階層なしUse an input list, flat list: To import a list of work items or create new work items, no hierarchy
  • 入力リスト、ツリーリストを使用する: トップダウンプランニングを実行し、親子リンクされた作業項目を発行するにはUse an input list, tree list: To perform top down planning and publish parent-child linked work items
  • クエリリストを使用するフラットリスト: 作業項目のクエリに基づいて Excel レポートを作成するにはUse a query list, flat list: To create an Excel report based on the query of work items

    注意

    Excel レポートを作成するには、分析レポートをサポートするようにプロジェクトコレクションを構成する必要があります。To create an Excel report, you're project collection must be configured to support Analytics reporting. 詳細については、「 作業項目クエリからの Excel レポートの作成」を参照してください。For more information, see Create Excel reports from a work item query.
  • クエリリスト、ツリーリストを使用して、既存の多くの作業項目の階層と親子リンク関係を表示および変更します。Use a query list, tree list: To view and modify the hierarchy and parent-child link relationships of many existing work items.

Excel の機能を使用するUse Excel features

作業項目の一覧を操作するときは、ほとんどの Excel 機能を使用できます。You can use most Excel features when working with a list of work items. たとえば、次の機能を使用できます。For example, you can use the following features:

  • セルの書式設定またはセルまたは列への条件付き書式の適用Format a cell or apply conditional formatting to a cell or column
  • 1つのセルから他のセルへの切り取りと貼り付けCut and paste from one cell to other cells
  • 1行の切り取りと貼り付けCut and paste a single row
  • 列の合計またはその他の数式の追加Sum a column or add other formulas
  • セルを下に挿入Fill down cells
  • フィルターFilter
  • 複数のワークシートをブックに追加するAdd multiple worksheets to your workbook

Excel の各ワークシートには、異なる入力リストまたはクエリを含めることができます。Each worksheet in Excel can contain a different input list or query. ただし、ブック内のすべてのワークシートは、組織またはプロジェクトコレクション内の同じプロジェクトに接続する必要があります。However, all worksheets within the workbook must connect to the same project within an organization or project collection.

次の機能は、Azure Boards に接続されているワークシートを操作するときに若干異なる動作をします。The following features work slightly differently when working with a worksheet connected to Azure Boards.

  • セルまたはセルの各列は、作業項目フィールドに対応します。Each cell or column of cells corresponds to a work item field. 各フィールドは、データ型に関連付けられています。Each field is associated with a data type. Excel では、そのフィールドのデータ型と要件を満たしていないセルにデータを入力することはできません。Excel won't allow you to enter data into a cell that doesn't meet the data type and requirements for that field.
  • ワークシート内の一度に挿入できるのは1行だけです。You can only insert a single row at a time within the worksheet.
  • ワークシート内の複数の行をコピーして貼り付けることができます。You can copy and paste multiple rows within the worksheet.
  • 階層内の作業項目を移動するには、行全体を切り取り、親として必要な作業項目の下に貼り付けます。To move a work item within a hierarchy, cut the entire row and paste it under the work item you want as its parent.
  • ツリー内の作業項目の場所を変更するには 、インデント解除と****インデント を使用します。Use Outdent and Indent to change the location of a work item within the tree.
  • 元に戻す (Ctrl Z) が機能しない可能性があります。Undo (Ctrl Z) may not work. 元に戻す必要がある場合は、ワークシートを更新できます。If you do something that you want to revert, you can refresh the worksheet.

ローカル作業が Azure Boards データストアと同期していることを確認するために、ワークシートを発行して頻繁に更新することをお勧めします。We recommend you publish and refresh your worksheet often to make sure your local work remains in sync with Azure Boards data store.

Excel の詳細については、「 excel の基本的なタスク 」を参照してください。To learn more about Excel, see Basic Excel tasks .

作業項目の並べ替えSort work items

Excel の並べ替え機能を使用して、作業項目のフラットリストを並べ替えることができます。You can sort work item flat lists using the Excel sort feature.

ただし、ツリーリストから作業している場合は、どのような種類の並べ替えも実行しません。However, if you're working from a tree list, you don't want to perform any type of sort. これにより、ツリー構造が変更されるため、作業項目間のリンクが変更されます。Doing so changes the tree structure and therefore the links between work items.

Excel を使用して、 チームのバックログに表示される作業項目の順序を管理する場合は、[ スタック順位 ] フィールドまたは [ バックログ優先順位 ] フィールド (アジャイルまたはスクラムプロセス) を使用します。If you want to use Excel to manage the order of your work items as they appear in a team backlog, you can do that by using the Stack Rank or Backlog Priority field (Agile or Scrum process). これらのフィールドに値を設定したり、ワークシートを発行したり、バックログを更新したりすることができます。You can set values in these fields, publish your worksheet, and refresh your backlog. バックログ項目は、最小値から最大値に基づいて並べ替えられます。Your backlog items should appear reordered based on lowest to highest number. ただし、次にバックログからバックログが並べ替えられるときに、入力した値が変更される可能性があります。However, the next time the backlog is reordered from the backlog, the values you entered are subject to change.

作業項目の特定の順序を維持する場合は、並べ替え順序を管理するカスタムフィールドを追加してから、Excel 内で作業項目の単純なリストを並べ替えるために使用することを検討してください。If you want to maintain a certain order of work items, consider adding a custom field to manage the sort order, and then use that within Excel to sort your flat list of work items. ただし、このオプションでは、バックログに表示される順序は変わりません。This option, however, won't change the order that appears in your backlog.

Excel から実行できるタスクと実行できないタスクTasks you can and can't perform from Excel

実行できる管理タスクは以下のとおりです。You can perform the following tasks:

  • 作業項目タグの追加」で説明されているように、タグを追加し、タグを使用して作業項目を一括更新します。Add tags and bulk update work items with tags as described in Add work item tags to categorize and filter lists and boards. [ タグ ] フィールドをワークシートに追加します。Add the Tags field to your worksheet. 複数のタグをセミコロン (;) で区切って追加します。Add multiple tags separated by a semicolon (;).
  • リッチテキストフィールドに単純なテキストを追加できますが、複数の作業項目を一括更新している場合は、既存の作業項目の書式設定が失われることがあります。You can add simple text to a rich-text field, but if you're bulk updating several work items, you may lose formatting in existing work items.
  • オフラインで作業してから、変更を再接続して発行することができます。You can work offline and then reconnect and publish your changes. 詳細については、「 Office クライアントへの Azure Boards の接続、オフラインでの作業、再接続」を参照してください。For details, see Connect Azure Boards to an Office client, Work offline and reconnect.

Excel ワークシートから次のタスクを実行することはできません。You can't perform the following tasks from an Excel worksheet:

  • 作業項目を削除することはできませんYou can't delete work items
  • 既存の作業項目の作業項目の種類を変更することはできませんYou can't change the work item type of an existing work item
  • 作業項目を別のプロジェクトに移動することはできませんYou can't move work items to another project
  • テストケースのステップまたはその他のテスト成果物をインポートまたは更新することはできませんYou can't import or update test case steps or other test artifacts
  • 新しい状態以外の状態で作業項目を追加することはできませんYou can't add work items in any other State than the new State
  • 作業項目のディスカッションスレッドに追加することはできませんYou can't add to a work item discussion thread
  • リモート作業項目にリンクすることはできません。You can't link to a remote work item.
  • 作業項目を削除することはできませんYou can't delete work items
  • 既存の作業項目の作業項目の種類を変更することはできませんYou can't change the work item type of an existing work item
  • 作業項目を別のプロジェクトに移動することはできませんYou can't move work items to another project
  • テストケースのステップまたはその他のテスト成果物をインポートまたは更新することはできませんYou can't import or update test case steps or other test artifacts
  • 新しい状態以外の状態で作業項目を追加することはできませんYou can't add work items in any other State than the new State
  • 作業項目のディスカッションスレッドにを追加することはできません。You can't add to a work item discussion thread.
  • 作業項目を削除することはできませんYou can't delete work items
  • テストケースのステップまたはその他のテスト成果物をインポートまたは更新することはできませんYou can't import or update test case steps or other test artifacts
  • 新しい状態以外の状態で作業項目を追加することはできませんYou can't add work items in any other State than the new State
  • 作業項目のディスカッションスレッドに追加することはできませんYou can't add to a work item discussion thread

作業項目、フラットリストのインポートImport work items, flat list

  1. Excel を開き、Azure Boards プロジェクトに接続します。Open Excel and connect to your Azure Boards project. Connect Azure DevOps project To Excel」で提供されている4つの方法のいずれかを使用します。Use one of the four methods provided in Connect Azure DevOps project to Excel.

    注意

    クラウド内の Azure Boards に接続すると、Azure DevOps Services 組織に関連付けられているコレクションが1つだけであるため、 チームプロジェクトコレクション が自動的に選択されます。When you connect to Azure Boards in the cloud, the Team Project Collection is automatically selected as their is only one collection associated with your Azure DevOps Services organization. オンプレミスサーバーの Azure Boards に接続する場合は、プロジェクトを選択する前に、 チームプロジェクトコレクション を選択します。When you connect to Azure Boards in an on-premises server, you choose the Team Project Collection prior to choosing the project.

  2. Excel で、空のワークシートを開きます。In Excel, start with a blank worksheet. [ チーム ] リボン (または、Excel 2007 を使用している場合は [ チーム ] メニュー) が表示されない場合は、「 Azure DevOps Office の統合に関する問題」を参照してください。If you don't see the Team ribbon (or the Team menu if you use Excel 2007), see Azure DevOps Office integration issues.

  3. [チーム] リボンから [ 新しいリスト ] を選択します。Choose New List from the Team ribbon.

    新しいリストの選択Choose New List

  4. [ 新しいリスト ] ダイアログボックスで、[ 入力リスト] を選択します。From the New List dialog, choose Input list.

    入力リストの選択

  5. これで、ワークシートは入力リストとしてプロジェクトにバインドされました (Query [None])、単純なリストです。Your worksheet is now bound to your project as an input list (Query[None]), flat list.

    空のフラットリストがプロジェクトに接続されましたEmpty flat list connected to a project

  6. 追加する作業項目のタイトルおよびそれらの作業項目の種類を指定します。Specify the titles of the work items you want to add and their work item type.

    Excel への作業項目の追加Add work items to Excel

    作業項目の種類を選択すると、[ 状態 ] フィールドと [ 理由 ] フィールドに既定値が自動的に入力されます。Notice how the State and Reason fields automatically fill in with default values once your select the work item type.

  7. ワークシートを発行します。Publish your worksheet.

    ワークシートを発行します。Publish your worksheet.

    カーソルが、データを含むセルの中にあることを確認してください。Make sure your cursor is in a cell that contains data. それ以外の場合は、[ 発行 ] ボタンが無効になっている可能性があります。Otherwise, the Publish button might appear disabled.

    ID が作業項目に割り当てられたことに注意してください。Notice how IDs are now assigned to your work items.

    Excel で表示される発行済みの作業項目 IDPublished work item IDs show in Excel

  8. 他のフィールドに値を割り当てるには、 [**列の選択**] を開き、フィールドを追加し、割り当てを行い、変更を発行します。To assign values to other fields, open Choose Columns, add the fields, make the assignments, and publish your changes.

    ヒント

    チームのバックログに表示する作業項目を追加する場合は、チームの区分パスとイテレーションパスを追加して指定する必要があります。If you're adding work items that you want to appear on a team backlog, make sure that you add and specify the team's Area Path and Iteration Path. 区分パスまたはイテレーションパスを追加する必要がある場合は、[ 区分とイテレーションの編集 ] リンクをクリックします。If you need to add Area Paths or Iteration Paths, choose the Edit Areas and Iterations link. このリンクにより、web ブラウザーが開き、プロジェクト設定ページが表示されます。The link opens a web browser to the Project Settings page. 詳細については、「 区分パスを定義し、チームに割り当てイテレーションパスを定義してチームイテレーションを構成する」を参照してください。To learn more, see Define area paths and assign to a team and Define Iteration Paths and configure team iterations.

  9. 作業項目を開いて情報を追加するには、開く作業項目を選択し、[ Web アクセスで開く] を選択します。To open a work item to add more information, Choose the work item you want to open and then choose Open in Web Access. 実行する前に、行ったすべての変更を公開するようにしてください。Before you do, make sure you publish any changes you've made.

    Excel から web ポータルで作業項目を開くOpen a work item in the web portal from Excel

    Web ブラウザーが開き、作業項目が表示されます。A web browser opens and displays the work item.

    作業項目に変更を加えた場合は、ワークシートをすぐに更新して変更内容をキャプチャする必要があります。If you make changes to the work item, you should then immediately refresh your worksheet to capture the changes.

作業項目のインポート、ツリーリストImport work items, tree list

親子リンクまたはその他のツリートポロジリンクの種類を使用してリンクされた作業項目の階層を追加できます。You can add a hierarchy of work items linked using parent-child links or other tree topology link type.

重要

ツリー リストは並べ替えないでください。Don't sort a tree list. ツリー リストを並べ替えると、階層リンク関係が変更される場合があります。Sorting a tree list can change the hierarchical link relationships.

  1. 前の手順の 手順 5 . から、フラットリストの入力リストをツリーリストに変換します。Starting from Step 5 from the previous procedure, convert your flat list, input list into a tree list. フラットリスト内のセルを選択し、[ ツリーレベルの追加] を選択します。Choose a cell within the flat list and then choose Add Tree Level.

    プロジェクトに接続されている空のフラットリスト、ツリーレベルの追加Empty flat list connected to a project, Add Tree Level

    [ ツリーレベルの追加 ] が無効になっている場合は、クエリリストから作業します。If the Add Tree Level is disabled, you're working from a query list. リストをツリーリストに変換するには、最初にリストを入力リストに 再構成 する必要があります。To convert your list to a tree list, you must first reconfigure your list to an input list.

  2. 階層に作業項目を追加するときに使用するリンクの種類を選択し、[ 変換] を選択します。Choose the link type to use when adding work items to a hierarchy, and then choose Convert. 最も一般的な選択は 親子 です。The most usual choice is Parent-Child. 選択できるのは、ツリートポロジリンクの種類だけです。You can only select from tree topology link types. 詳細については、「 リンクの種類のトポロジと制限」を参照してください。To learn more, see Link type topologies and restrictions.

    ツリーリストに変換ダイアログConvert to Tree List dialog

    リストの種類が " ツリー" に変更され、2番目の [ タイトル ] 列が表示されることに注意してください。Note the List type has changed to Tree, and a second Title column appears.

    リストの種類が "ツリー" に変更され、2番目の [タイトル] 列が表示されます。List type has changed to Tree, and a second Title column appears.

  3. 階層にさらに多くのレベルを追加するには、[ ツリーレベルの追加 ] をもう一度選択します。To add more levels to the hierarchy, choose Add Tree Level again. たとえば、エピック、Features、およびユーザーストーリーの階層を追加する場合は、 タイトル 1タイトル 2、および タイトル 3 列を使用する必要があります。For example, if you want to add a hierarchy of Epics, Features, and User Stories, you'll want to have Title 1, Title 2, and Title 3 columns.

    タスクを追加する場合は、4つのタイトル列を持つように別のツリーレベルを追加します。If you want to add tasks, add another tree level to have four title columns. 列を削除するには、「 ツリーレベルを削除する」を参照してください。To remove a column, see Remove a tree level.

  4. Excel ファイルを保存します。Save your Excel file.

  5. インポートする階層の 作業項目の種類タイトル を入力します。Enter the Work Item Type and Titles for the hierarchy you want to import. 作業項目の種類を選択すると、[ 状態 ] フィールドに既定値が自動的に入力されます。The State fields automatically fill in with default values once you select the work item type.

    Excel ワークシート、インポートする作業項目の階層リストExcel worksheet, hierarchical list of work items for import

  6. ワークシートを発行します。Publish your worksheet.

    チームリボン、発行リンクTeam Ribbon, Publish link

    カーソルが、データを含むセルの中にあることを確認してください。Make sure your cursor is in a cell that contains data. それ以外の場合は、[ 発行 ] ボタンが無効になっている可能性があります。Otherwise, the Publish button might appear disabled.

    これで、Id が作業項目に割り当てられました。IDs are now assigned to your work items. バックグラウンドでは、選択したリンクの種類を使用して、階層内の各作業項目をリンクします。In the background, the link type you selected is used to link each work item in the hierarchy. エピックは機能にリンクされており、機能はユーザーストーリーにリンクされています。Epics are linked to Features, Features are linked to User Stories.

  7. 作成されたリンクを確認するには、作業項目を選択し、[ リンクと添付ファイル] を選択します。To check the links made, choose a work item and choose Links and Attachments.

    たとえば、ここでは、インポートされたフィーチャーに対して作成された子リンクと親リンクを示します。For example, here we show the Child and Parent links created for a Feature that was imported.

    リンクと添付ファイル、リンクタブダイアログLink and Attachments, Link tab dialog

  8. 子を追加する作業項目の下に行を入力するには、行を選択し、[ 子の追加] を選択します。To enter a row under a work item where you want to add a child, choose the row and then choose Add Child.

    チームリボン、ツリーグループ、子リンクの追加Team ribbon, Tree group, Add child link

  9. 他のフィールドに値を割り当てるには、 [**列の選択**] を開き、フィールドを追加し、割り当てを行い、変更を発行します。To assign values to other fields, open Choose Columns, add the fields, make the assignments, and publish your changes.

  10. 階層を変更するには、作業項目の行を切り取って貼り付け、新しい親の下に配置します。To change the hierarchy, cut and paste the row of a work item to place it under the new parent. テーブル行全体を選択していることを確認します。Make sure that you select the entire table row. 変更を発行すると、古い階層リンクが削除され、新しい階層リンクが作成されます。When you publish the change, the old hierarchical links are deleted and the new hierarchical link are created.

    ツリー   階層内の作業項目を降格または昇格させるには、[ツリーインデント/インデント解除] アイコンで [ツリーのインデント] または [インデント解除] 項目を使用できます。You can use the indent item in tree or Outdent item in tree indent/outdent icons to demote or promote a work item within the tree hierarchy. 親作業項目のタイトルの左側または右側の列が タイトル 列であることを確認します。Verify that the column to the left or right of the parent work item's title is a Title column. 列の上部にあるヘッダーは タイトル n を読み取ります。そうでない場合は、ツリーレベルを追加します。The header at the top of the column should read Title n, if it does not, add a tree level.

ツリーレベルを削除するRemove a tree level

  1. まず、ツリーレベルを削除する前に、作業項目に対して行った変更を発行します。First, publish changes that you have made to work items before you remove a tree level. ツリー レベルを削除するには、最新の情報に更新して、作業項目リストのデータを上書きする必要があります。Removing a tree level requires a refresh, which overwrites data in the work item list. データを発行しない場合、データは失われます。You will lose any data you have not published.

  2. 次に、ツリーレベルの *タイトル***番号 列の下に入力されたコンテンツをすべて削除して、 — 番号が最も大きい列を削除し — ます。Next, remove any content entered under the tree-level Title number column you want to remove—the highest numbered column—. これは、ツリー内の最大の番号付き列にする必要があります。This should be the highest numbered column in the tree.

  3. ワークシートを最新の状態に 更新 します。Refresh your worksheet. タイトルの空の値を含む列は削除されます。The column containing empty values for the Title is removed.

    列を削除しようとすると、エラーメッセージが表示されます。You'll receive an error message if you attempt to delete the column.

ツリーリストを操作するときに役立つヒントUseful tips when working with a tree list

  • Excel では、 タイトル 列のデータを解釈して、作業項目間のリンクのパターンを決定します。Excel interprets the data in the Title columns to determine the pattern of links between work items. 変更を発行したときに、次のいずれかの条件に該当すると、エラーが発生したり、無効なリンクや、誤った作業項目間にツリー リンクが作成されたりする可能性があります。When you publish changes, any of the following conditions can result in an error, an invalid link, or a tree link to be created between incorrect work items:
    • 階層内の2つの作業項目の間の行が空白であるA row between is blank between two work items within the hierarchy
    • 作業項目のタイトルが入力されている列が正しくない。The Title of a work item is in the wrong column. すべての子作業項目のタイトルを入力したことを確認してください。Make sure you enter a title for each child work item.
    • 行内では、複数の タイトル 列にデータが含まれています。Within a row, multiple Title columns contain data. 各行内の 1 つのタイトル列のみにテキストを入力します。Enter text in only one of the title columns within each row.
    • リストが並べ替えられた。The list was sorted. ツリー リストは並べ替えないでください。Don't sort a tree list. ツリー リストを並べ替えると、階層リンク関係が変更される場合があります。Sorting a tree list can change the hierarchical link relationships. ツリー リストを並べ替える場合は、即座に更新することでこの操作から復元できます。If you do sort a tree list, you can recover from this operation by immediately refreshing.
  • エラーを解決するには、「 無効なリンクの解決」を参照してください。To resolve an error, see Resolve invalid links.
  • 親子リンクが付いた作業項目は、親項目を 1 つだけを持つことができます。A parent-child linked work item can only have one parent. 2 つのバックログ項目に同じ作業項目タスクを追加することはできません。You can't add the same work item task to two backlog items. 追加する場合は、別個の作業項目タスクとして定義する必要があります。Instead, you need to define distinct work item tasks.

作業項目の一括更新、クエリの一覧Bulk update work items, query list

多くの作業項目を一括更新する最も簡単な方法は、更新する作業項目を含むクエリを作成し、そのクエリを Excel で開くことです。The easiest way to bulk update many work items is to create a query with the work items you want to update, and then open that query in Excel.

ヒント

作業の同期を保つには、次のヒントに従ってください。Follow these tips to keep your work in sync:

  • 保存したワークシートを初めて開くときは、  [チーム] リボン (更新) の Excel で [更新] アイコンを使用して、 データストアから最新のデータをダウンロードします。When you first open a saved worksheet, use Refresh icon in Excel on Team ribbon (Refresh) to download the latest data from the data store.
  • [  チームリボンの Excel の [列の選択] アイコンを使用して、追加フィールドのデータを入力し、[列] を 選択します。Enter data for additional fields by adding columns to the worksheet using Choose Column icon in Excel on Team ribbon Choose Columns.
  • データの競合を回避するために、追加および変更を頻繁に発行します。To avoid data conflicts, publish your additions and modifications often.
  • 発行前または更新前のデータの損失を防ぐために、ブックを定期的に保存します。To prevent loss of data before you publish or refresh, save your workbook periodically.
  1. Web ポータルまたは Visual Studio から、更新する作業項目を含む作業項目クエリを作成します。From the web portal or Visual Studio, create the work item query that contains the work items you want to update. 詳細については、「 クエリエディターを使用したマネージクエリの作成と保存」を参照してください。For details, see Create and save managed queries with the query editor.

  2. Excel を開き、Azure Boards プロジェクトに接続します。Open Excel and connect to your Azure Boards project. Connect Azure DevOps project To Excel」で提供されている4つの方法のいずれかを使用します。Use one of the four methods provided in Connect Azure DevOps project to Excel.

  3. Web ポータルまたは Visual Studio からクエリを開いた場合は、作業が完了しています。If you opened your query from the web portal or Visual Studio, you're done. 必要な変更を加えます。Make any changes you want. [**列の選択**]、[フィールドの追加]、[割り当ての作成] の順に開き、変更を発行します。Open Choose Columns, add fields, make assignments, and publish your changes.

  4. Excel から開始する場合は、空のワークシートを開きます。If you start from Excel, open a blank worksheet. ブックのバインド先と同じプロジェクトからクエリを選択している限り、既存のブックにワークシートを追加できます。You can add a worksheet to an existing workbook, as long as you are choosing a query from the same project the workbook is bound to.

  5. [チーム] リボンから [ 新しいリスト ] を選択します。Choose New List from the Team ribbon.

    新しいリストの選択Choose New List

  6. [ 新しいリスト ] ダイアログボックスで [ クエリの一覧] を選択し、ドロップダウンメニューから目的のクエリを選択します。From the New List dialog, choose Query list, and select the query you want from the drop-down menu.

    入力リスト、クエリリストを選択しますSelect input list, query list

    各クエリの横にあるアイコンは、クエリの種類を示しています。The icon next to each query indicates the query type. 最初の2つのクエリの種類、作業項目と作業項目 の単純なリストおよびダイレクトリンク は、フラットリストクエリとしてインポートされます。The first two query types, Flat list of work items and Work items and direct links are imported as flat list queries. 作業項目のツリー のみがツリーリストとしてインポートされます。Only the Tree of work items queries import as a tree list.

    クエリの種類のアイコン一覧Query type icon list

  7. Excel にインポートされた作業項目を使用して、必要な変更を行い、変更を発行します。With the work items imported to Excel, make the modifications you want and publish your changes.

    ツリーリストを使用して作業している場合は、「 作業項目の階層リストのインポート」に記載されている情報も参照してください。If you're working with a tree list, see also the information provided in Import a hierarchical list of work items.

ツリーコマンドを有効にするEnable Tree commands

ツリーグループ のコマンドを使用できない場合、ワークシートは単純なリストのクエリリストとして構成されます。If the Tree group commands are not available, your worksheet is configured as a flat list, query list. ツリーグループのコマンドを有効にするには、最初にリストを入力リストまたはツリークエリに基づいたリストに変換する必要があります。You must first convert the list to either an input list or a list based on a tree query in order to enable the Tree group commands. 詳細については、「リストの 種類またはクエリの変更」の次のセクションを参照してください。To learn how, see the next section on Change your list type or query.

リストの種類またはクエリの変更Change your list type or query

ワークシートに表示されている作業項目を変更できます。You can change the work items listed in your worksheet. 具体的には次のことができます。Specifically, you can:

  • 単純なリストをツリーリストに変更するChange your flat list to a tree list
  • クエリリストから入力リストへの変更Change from a query list to an input list
  • 入力リストからクエリリストへの変更Change from an input list to a query list
  • ワークシート参照のクエリを変更するChange the query your worksheet references

単純なリストをツリーリストに変更する場合は、を使用できます。If you want to change your flat list to a tree list, you can. ただし、リストがクエリリストの場合は、最初にリストを再構成する必要があります。However, if you're list is a query list, then you first need to reconfigure the list. ツリーグループ のコマンドが無効になっているのは、単純なリストであり、クエリリストであることがわかります。You'll know that it is a flat list, query list as the Tree group commands are disabled.

チームリボン、無効になっているツリーグループコマンドTeam ribbon, disabled Tree group commands

クエリリストを入力リストに変換するには、次の手順に従います。To convert your query list to an input list, follow these steps.

  1. まず、行ったすべての変更を発行します。First, publish whatever changes you have made.

  2. 次に、[ チーム ] リボンで、[ 構成]、[ リスト] の順に選択します。Next, on the Team ribbon, choose Configure, List.

    チームリボン、[構成]、[リスト] メニューオプションTeam ribbon, Configure, List menu option

  3. [ 作業項目のみを更新 ] を選択し、[ 適用] をクリックします。Choose Refresh work items only and then Apply.

    このオプションを選択すると、クエリリストが入力リストに変更されます。This choice changes the query list to an input list.

    [一覧のプロパティの構成] ダイアログ、入力Configure List properties dialog, Input

  4. 入力リストからクエリリストに変換するには、[ クエリから更新] をクリックし、クエリを選択して、[ 適用] をクリックします。To convert from an input list to a query list, choose Refresh from query, select the query, and then Apply.

    [リストのプロパティの構成] ダイアログ、クエリConfigure List properties dialog, Query

ワークシートへの既存の作業項目の追加Add existing work items to your worksheet

クエリから作業している場合は、必要な作業項目が含まれるように クエリを変更 します。If you're working from a query, modify your query to contain the work items you want. 次に、一覧を更新します。Then refresh your list. 追加の作業項目が一覧に表示されます。The additional work items will appear in your list.

入力リストを使用して作業している場合は、次の手順を実行します。If you're working with an input list, perform these steps.

  1. [ チーム ] リボンで、[ 作業項目の取得] を選択します。From the Team ribbon, choose Get Work Items.

    チームリボン、作業項目の取得Team Ribbon, Get work items

  2. 使用可能な3つのオプションから目的の方法を選択します。Choose the method you want from the three options available.

    作業項目の取得ダイアログGet work items dialog

    作業項目が別のプロジェクトで定義されている場合は、最初にプロジェクトを選択します。If the work items are defined in another project, then first select the Project. 次に、選択を行います。Then, make your selections:

    • クエリQuery. 必要な作業項目のセットまたはスーパーセットが含まれていることがわかっているクエリを定義している場合は、この方法を使用します。Use this method when you have defined a query that you know contains the set or superset of the work items that you want.
    • IdIDs. リンク先の作業項目の Id がわかっている場合は、この方法を使用します。Use this method when you know the IDs of the work items that you want to link to. [ Id ] ボックスに、検索する作業項目の id をコンマまたはスペースで区切って入力します。In the IDs box, type the IDs of the work items that you want to find, separated by commas or spaces.
    • タイトルにが含まれて います。Title contains. タイトルフィールドに共通の単語または語句が含まれている作業項目を検索するには、このメソッドを使用します。Use this method to find work items that have a common word or phrase in the title field. [ 種類 ] ボックスの一覧で、取得する作業項目の種類をクリックします。In the and type list, click the type of work item that you want to retrieve.

    注意

    クエリを最短の時間で実行するには、検索のフィルター条件を絞り込みます。To minimize the time required to run the query, narrow the filter criteria of the search.

  3. [検索] をクリックします。Choose Find.

    選択したプロジェクトと指定した作業項目の種類に対して定義されている作業項目のみが一覧表示されます。Only those work items defined for the selected project and specified work item type are listed. 列フィールドを基準にして並べ替えるには、列の タイトル を選択します。To sort on a column field, choose the column Title.

  4. 返された作業項目の一覧で、1つまたは複数の作業項目のチェックボックスをオンにします。In the list of returned work items, select the check-box of one or more work items.

    • 現在の作業項目にリンクする各作業項目を選択します。Select each work item that should link to the current work item. Shift キーを押しながらクリックして特定の範囲の作業項目を選択したり、Ctrl キーを押しながらクリックして複数の作業項目を選択したりもできます。You can also press the SHIFT key while clicking to select a range of work items, or press the CTRL key while clicking to select multiple work items.
    • リスト内のすべての作業項目を選択するには、[ すべて選択] を選択します。Choose Select All to select all work items in the list.

列のフィールドの追加または削除Add or remove column fields

新しい一覧 を使用してワークシートを起動した場合は、既定のフィールド列のセットのみが表示されます。If you start your worksheet with a New List, you'll see only a set of default field columns. [チーム] リボンの [ 列の選択] を使用して列を追加できます。You can add columns using the Choose Columns on the Team ribbon.

既存のクエリからワークシートを開始すると、クエリに対して定義されているすべての列フィールドが表示されます。If you start your worksheet from an existing query, you'll see all the column fields defined for the query. そこから、 [列の選択] を使用して列を追加できます。From there, you can add columns using the Choose Columns. ただし、追加しても、基になるクエリは変更されません。However, your additions don't modify the underlying query.

  1. 他のフィールドに値を割り当てるには、[ 列のオプション ] を選択して目的のフィールドを追加します。To assign values to other fields, choose Column Options to add the fields of interest.

    [列の選択] ダイアログChoose Columns dialog

    • 作業項目の種類に基づいてフィールドをフィルター処理するには、 作業項目の種類 を選択します。To filter the fields based on work item type, select the Work item type.
    • フィールドを移動または削除するには、フィールドを選択し、> アイコンまたは < アイコンをクリックします。To move or remove a field, choose the field and then click the > or < icons.
    • フィールドの順序を変更するには、上矢印と下矢印を使用して、フィールドを一覧内で上下に移動します。To change the field sequence, move the field up or down in the list using the up and down arrows.
    • [ 説明 ] フィールドなどのリッチテキストフィールドを追加できますが、発行時に書式設定の一部が失われる可能性があります。You can add a rich-text field, such as the Description field, however you may lose some of the formatting upon publish.
  2. ワークシートにフィールドが表示されたら、値を割り当て、更新を発行します。Once the fields appear in the worksheet, assign values and publish your updates. ユーザーアカウントを受け入れる id フィールドを使用する場合は、次のセクション「 ユーザーアカウントの選択」を参照してください。When working with identity fields, ones that accept user accounts, see the next section, Select user accounts.

  3. ワークシートを保存します。Save your worksheet.

ユーザーアカウントの選択Select user accounts

[ユーザーの選択] 機能を使用して、ユーザーアカウントを検索し、ユーザー名フィールドに値を割り当てることができます。You can use the Select User feature to find user accounts and assign values to person named fields. また、この機能により、最近使用した (MRU) 値にアクセスできます。Also, this feature provides access to the most recently used (MRU) values. チームに数百または数千のユーザーアカウントが含まれている場合は、この機能を使用することをお勧めします。If your team contains several hundreds or thousands of user accounts, you'll want to use this feature.

ヒント

[ユーザーの選択] 機能を使用しない場合は、ユーザー名をデータベース内とまったく同じように入力する必要があります。そうしないと、発行しようとしたときにデータの検証エラーが発生します。Without the Select User feature, you must enter user names exactly as they are in the database, or you'll receive data validation errors upon trying to publish.

  1. 最新バージョンの Visual Studio (少なくとも VS 2015.1以降のバージョン) にインストールまたは更新していない場合は、今すぐインストールしてください。If you haven't installed or updated to the latest version of Visual Studio (at least VS 2015.1 or later version, do that now. ユーザーの選択機能にアクセスするには、最新の更新プログラムが必要です。You need the latest update in order to access the Select User feature.

  2. [チーム] リボンで [ユーザーの選択 ] 機能をアクティブ化するには、id またはユーザー名のフィールドを選択します。Choose an identity or person-named field to activate the Select User feature in the Team ribbon.

    チームリボン、ユーザーの選択Team ribbon, Select User

    Id または個人の名前付きフィールドは、ユーザー id を含むフィールドです。An identity or person-named field is a field that contains a user identity. これらのフィールドは、通常、Azure Active Directory、Active Directory、ワークグループなどのユーザーアカウントのデータベースに同期されます。These fields are typically synchronized to a database of user accounts, such as Azure Active Directory, Active Directory, or a Workgroup.

  3. ユーザーアカウントの名前の入力を開始すると、[ユーザーの割り当て] ダイアログボックスで、目的のアカウントを選択できるようになるまで自動的に結果がフィルター処理されます。Begin typing the name of the user account and the Assign User dialog will automatically filter the results until you can select the account of interest.

    ユーザーの割り当てダイアログ

    アルファベットの先頭に文字を入力して、その文字で始まる名前を入力します。Enter a letter to tab to the start of names beginning with that letter. アカウントエイリアスが認識されないため、ユーザー名のみを入力してください。Enter only user names as account aliases aren't recognized.

    ユーザー名を選択すると、Excel には最近の選択内容が記憶され、そのユーザーアカウントをフィールドから直接選択できることがわかります。You'll notice that as you select user names, Excel remembers your recent selections and you can select those user accounts directly from the field.

    [担当者] フィールドのドロップダウンメニューに、最近使用した値が表示されます。

[リンクと添付ファイル] ダイアログの [リンク] タブでは、さまざまな操作を実行できます。You can perform a number of actions from the Links tab of the Links and Attachments dialog. 具体的には次のことができます。Specifically, you can:

  • 選択した作業項目に対して定義されている既存のリンクを確認するReview the existing links defined for the selected work item
  • 選択した作業項目へのリンクを1つ以上の作業項目に追加するか、オブジェクトを選択しますAdd links to a selected work items to one or more work items or select objects
  • リンクの削除Delete links
  • リンクされた作業項目を開く (web ポータルで開く)Open a linked work item (opens in the web portal)
  • 既存のリンクのリンクの種類を編集するEdit the link type of an existing link
  • リンクリストに列を追加し、そのリストを並べ替えるAdd columns to the Link list and sort on that list

作業項目のリンクの詳細については、「 ユーザーストーリー、懸案事項、バグ、およびその他の作業項目のリンク」を参照してください。For more information on linking work items, see Link user stories, issues, bugs, and other work items.

[リンクと添付ファイル] ダイアログボックスを使用して、作業項目リンクを一括更新することはできません。You can't use the Links and Attachments dialog to bulk update work item links. ツリーリストを使用して、ツリートポロジリンクの種類のみを一括更新できます。You can only bulk update tree-topology link types using a tree list.

  1. 作業項目を他の作業項目にリンクするには、作業項目を選択し、[ リンクと添付ファイル] をクリックします。To link a work item to other work items, choose the work item and then choose Links and Attachments. [リンク] タブで、[ リンク先 ] を選択し、リンク先の リンクの種類 と作業項目を選択します。From the Links tab, choose Link to and then choose the Link Type and work item(s) you want to link to. [ OK] 、[ 発行] の順に選択します。Choose OK and then Publish.

    リンクと添付ファイルのダイアログ、リンクの追加Links and Attachments dialog, Add links

    完了したら、[ 閉じる ] をクリックしてダイアログを閉じます。When finished, choose Close to dismiss the dialog.

  2. 複数の作業項目を同じ作業項目にリンクするには、 Ctrl キーを押しながらクリックし て連続する行を選択するか、連続していない行について Shift キーを押しながらクリック します。To link several work items to the same work item(s), multi-select them by using Ctrl-click for consecutive rows, or Shift-click for non-consecutive rows.

[リンクの追加] ダイアログボックスでは、リンク先の1つ以上の作業項目を選択するためのセカンダリダイアログを開くことができます。From the Add link dialog you can open a secondary dialog to help you choose one or more work items to link to. 保存したクエリを使用してリンクする作業項目を検索して一覧表示する場合は、まず、使用する クエリを定義 します。If you are going to find and list work items to link to by using a saved query, first define the query that you want to use.

[リンクの追加] ダイアログで、[ 参照 ] ボタン (Visual Studio) を選択して、次のダイアログを開きます。From the Add link dialog, choose the Browse button (Visual Studio) to open the following dialog.

[作業項目のリンク] ダイアログボックスChoose Link Work Items dialog

[リンクされた 作業項目の選択 ] ダイアログは、[ 作業項目の取得 ] ダイアログと同じように動作します。The Choose Linked Work Items dialog works in the same way as the Get Work Items dialog. 詳細については、この記事で既に説明した「 既存の作業項目をワークシートに追加 する」を参照してください。To learn more, see Add existing work items to your worksheet described earlier in this article.

  1. [ リンク ] タブで [ ] アイコンを選択し、表示するフィールドを追加します。 ここでは、[担当者] フィールドと [状態] フィールドを追加します。Here we add the Assigned to and State fields.

    [リンクと添付ファイル] ダイアログ、[リンク] タブ、追加された列Links and Attachments dialog, Links tab, Added columns

  2. リンクの順序を変更するには、フィールドを選択して、そのフィールドの一覧を並べ替えます。To reorder the links, choose the field to sort the list on that field.

    リンクの順序を変更するには、フィールドを選択して、そのフィールドの一覧を並べ替えます。To reorder the links, choose the field to sort the list on that field.

このダイアログは、[ 作業項目の取得 ] ダイアログと同じように動作します。This dialog works in the same way as the Get Work Items dialog. この記事で既に説明した「 既存の作業項目をワークシートに追加する」を 参照してください。See Add existing work items to your worksheet described earlier in this article.

リンクされた作業項目を開くOpen a linked work item

[ リンク ] タブで、リンクされた作業項目を選択し、右クリックしてコンテキストメニューを開き、[リンクされた 項目を開く] を選択します。From the Links tab, choose the linked work item, right-click to open the context menu, and choose Open Linked Item.

リンクと添付ファイルのダイアログ、[リンク] タブ、リンクされた作業項目を開くLinks and Attachments dialog, Links tab, Open Linked Work Item

Web ポータルで作業項目が開きます。The work item opens in your web portal.

一覧表示されているリンクを編集できます。You can edit any link listed. リンクの種類とリンク先の作業項目を変更できます。You can change the link type and the work items linked to.

  1. リンクを選択し、[ 編集 ] アイコンを選択します。

  2. 必要に応じてリンクの種類を変更します。Change the link type as needed.

    リンクと添付ファイルのダイアログ、[リンク] タブ、[リンクの編集] ダイアログLinks and Attachments dialog, Links tab, Edit link dialog

  3. リンク先の作業項目を変更するには、作業項目の ID を入力するか、[ 参照 ] をクリックしてリンク先の作業項目を検索します。To change the work item linked to, enter the ID of the work item, or choose Browse to find the work item(s) to link to.

    [リンクされた 作業項目の選択 ] ダイアログは、[ 作業項目の取得 ] ダイアログと同じように動作します。The Choose Linked Work Items dialog works in the same way as the Get Work Items dialog. 詳細については、この記事で既に説明した「 既存の作業項目をワークシートに追加 する」を参照してください。To learn more, see Add existing work items to your worksheet described earlier in this article.

添付ファイルの追加Add attachments

  • 添付ファイルを追加するには、作業項目、[ リンクと添付ファイル]、[ 添付ファイル ] タブの順に選択します。To add attachments, choose the work item, then Links and Attachments, and then the Attachments tab.

    添付するファイルを選択し、[ OK] 、[ 発行] の順に選択します。Choose the file you want to attach, then choose OK and then Publish.

    [リンクと添付ファイル] ダイアログ、添付ファイルの追加Links and Attachments dialog, Add Attachment

    完了したら、[ 閉じる ] をクリックしてダイアログを閉じます。When finished, choose Close to dismiss the dialog.

  • 複数の作業項目に同じ添付ファイルを追加するには、 Ctrl キーを押しながらクリックし て連続する行を選択するか、連続していない行について Shift キーを押しながらクリック します。To add the same attachment(s) to several work items, multi-select them by using Ctrl-click for consecutive rows, or Shift-click for non-consecutive rows.

レポートを作成するCreate a report

フラットリストクエリの場合は、web ポータルからレポートまたはグラフを作成できます。You can create a report or chart from the web portal for flat-list queries. 状態と傾向クエリベースのグラフを作成して進行状況を追跡する」を参照してください。See Track progress by creating status and trend query-based charts.

重要

オンプレミスの Azure DevOps Server から 新しいレポート を使用してのみ、Excel レポートを作成できます。You can only create an Excel report using New Report from an on-premises Azure DevOps Server. これらのレポートを使用するには、SQL Server Analytics Server をサポートするようにプロジェクトのプロジェクトコレクションが構成されている必要があります。These reports require that your project's project collection is configured to support SQL Server Analytics Server.

作業項目の単純なリストに基づいて、 新しいレポート 機能を使用してレポートを作成できます。You can create a report using the New Report feature based on a flat list of work items.

新しいレポート機能を使用して、レポートを作成します。Create a report using the New Report feature.

詳細については、「 作業項目クエリからの Excel レポートの作成」を参照してください。To learn more, see Create Excel reports from a work item query.

発行エラーの解決Resolve publishing errors

Excel での作業中に発生した発行エラーを解決するには、次のトピックのいずれかを参照してください。To resolve publishing errors that arise when working in Excel, see one of the following topics:

  • データの競合の解決: Excel から最後に発行されてから Azure Boards のフィールド値が変更されると、データの競合が発生します。Resolve data conflicts: A data conflict occurs when a field value is changed in Azure Boards since the last time you published from Excel.

  • データの妥当性確認エラーの解決: フィールド値がそのフィールドおよび作業項目の種類の規則に違反している場合に、データの検証エラーが発生します。Resolve data validation errors: A data validation error occurs if a field value violates the rules for that field and work item type.

  • ツリー階層内の無効なリンクの解決: チームメンバーが Excel の作業項目を階層またはツリーリストとして表示し、作業項目を移動したり、リストを並べ替えて作業項目間の依存関係を分割したりすると、無効なリンクが表示されます。Resolve invalid links in a tree hierarchy: An invalid link occurs if a team member views work items in Excel as a hierarchy or tree list, and moves a work item or sorts the list so that it breaks the dependencies between work items. このエラーは、エラー メッセージをレビューして、作業項目の構造を反映するように作業項目を再移動することで解決できます。You can resolve this error by reviewing the error message and repositioning work items to reflect the work item structure.

  • アドレスエラー TF208104: 階層リンク関係がロックされています:Address Error TF208104: Hierarchical Link Relationship Is Locked:
    エラー TF208104 を受信した場合、フィールドに行った変更は発行されますが、リンク階層へのすべての変更は発行されません。If you receive error TF208104, changes you made to the fields are published, but all changes you made to the link hierarchy are not published. 作業項目に対して定義されているリンク関係の少なくとも 1 つは、Project Server の統合などの別のプロセスによってロックされます。At least one of the link relationships defined for the work item is locked by another process, such as Project Server integration.