表示、並べ替え、および入れ子の問題の修正Fix display, reordering, and nesting issues

Azure Boards | Azure DevOps Server 2020 | Azure DevOps Server 2019 | TFS 2018 - TFS 2013Azure Boards | Azure DevOps Server 2020 | Azure DevOps Server 2019 | TFS 2018 - TFS 2013

Azure Boards バックログは、作業項目の自然階層を表示するように設計されています。Azure Boards backlogs are designed to display a natural hierarchy of work items. 自然階層を満たしていない作業項目に親子リンクを追加すると、並べ替えが無効になっていることを示すメッセージが表示されます。When you add parent-child links to work items that don't meet the natural hierarchy, you'll receive a message that indicates reordering is disabled. 一部のアイテムは表示されない場合があります。Some items may not display. また、ドラッグアンドドロップによる並べ替え機能を無効にすることもできます。Also, the system may disable the drag-and-drop reorder feature.

この記事を使用して、発生した問題を解決し、次のいずれかのメッセージを表示します。Use this article to fix the issues that occur and that display one of the following messages:

  • You cannot reorder work items and some work items may not be shown.

  • You cannot reorder work items and some work items may not be shown. See work item(s) 7 to either remove the parent to child link or change the link type to 'Related'." or "Work item 3 can't be reordered because its parent is on the same category".

  • Items added to the backlog may disappear on a refresh because your team project marks them as "in progress". Those items will appear when you change the "In progress" filter to Show.

自然な作業項目の種類の階層Natural work item type hierarchy

次の図は、アジャイル、スクラム、および CMMI の各プロセスの自然階層を示しています。The following image indicates the natural hierarchy for the Agile, Scrum, and CMMI processes. これらの作業項目の種類に加えて、追加のカスタム作業項目の種類をバックログとボードに追加することもできます。In addition to these work item types, additional custom work item types may be added to backlogs and boards. また、カスタムバックログレベルを追加することもできます。Also, custom backlog levels may be added.

アジャイル、スクラム、CMMI の各プロセスの自然階層の概念図。

作業項目間に同一カテゴリのリンクを作成すると、この自然階層は解除します。You break this natural hierarchy when you create same-category links between work items.

バグやユーザーストーリーなど、同じ種類の作業項目を親子リンクとリンクする場合 — は、 — 同じカテゴリのリンクを作成します。When you link work items of the same type with parent-child links—such as bug-bug or user story-user story—you create same-category links. また、要件カテゴリやタスクカテゴリなど、同じカテゴリに属する作業項目間に親子リンクを作成すると、 — — 同じカテゴリリンクが作成されます。Also, when you create parent-child links between work items that belong to the same category—such as the Requirements category or Task category—you create same-category links. 作業項目が属するカテゴリは、プロセスバックログレベルとチームが選択したバグの動作によって決まります。The category a work item belongs to is determined by your process backlog levels and your team's selected bug behavior. 同じカテゴリ階層の詳細については、「 推奨構成」を参照してください。To understand more about same-category hierarchy, see the section Recommended configuration.

作業項目を並べ替えることができないことを示すメッセージを解決するResolve message that you can't reorder work items

などのメッセージが表示される場合があり You cannot reorder work items and some work items may not be shown ます。You may see a message such as You cannot reorder work items and some work items may not be shown. 作業項目 Id が一覧表示されません。No work item IDs are listed.

このメッセージに対処するには、次の操作を実行します。To address this message, take the following actions:

  1. バックログを開きます。Open your Backlog.

  2. 項目の一覧を確認して、同じ種類の項目が入れ子になっている項目を確認します。Review the list of items to determine which items of the same type are nested.
    たとえば、次の例では、ユーザーストーリーが別のユーザーストーリーの子であることを示しています。For example, the following shows that a user story is a child of another user story.

    入れ子になったユーザーストーリーNested user stories

    別の例として、バグがユーザーストーリーの子であることを次に示します。As another example, the following shows that a bug is a child of a user story. チームでは、ユーザーストーリーとバグを同じレベル (要件カテゴリ) で表示するようにバックログを構成しているため、この構成では、順序付け機能を無効にする入れ子になった項目が生成されます。Because the team has configured their backlog to display user stories and bugs at the same level (Requirements category), this configuration results in a nested item that disables the ordering feature.

    入れ子になったユーザーストーリーとバグNested user story and bug

  3. 同じ作業項目の種類または同じカテゴリの入れ子になった項目間に存在するすべての親子リンクを削除するか、リンクを ' Related ' に変更しますRemove all parent-child links that exist among nested items of the same work item type or same category, or change the link to 'Related'

  4. バックログを更新します。Refresh your Backlog.

これで問題が解決され、メッセージが表示されなくなります。The issue should now be resolved and the message no longer displays.

作業項目 Id を指定するメッセージを解決するResolve message that specifies work item IDs

のようなメッセージが表示されることがあり You cannot reorder work items and some work items may not be shown. See work item(s) 7 to either remove the parent to child link or change the link type to 'Related'." or "Work item 3 can't be reordered because its parent is on the same category" ます。You may see a message similar to You cannot reorder work items and some work items may not be shown. See work item(s) 7 to either remove the parent to child link or change the link type to 'Related'." or "Work item 3 can't be reordered because its parent is on the same category".

このメッセージに対処するには、次の操作を実行します。To address this message, take the following action:

  1. エラーメッセージに一覧表示されている作業項目を開きます。Open the work item listed in the error message.

  2. 開いた作業項目と同じカテゴリ内の作業項目にリンクする親または子のリンクを探します。Look for a parent or child link that links to a work item within the same category as the work item you opened. これは、開いた作業項目と同じバックログレベルに表示される別の作業項目へのリンクです。This is a link to another work item that appears on the same backlog level as the work item you opened. チームのバグの動作設定に応じて、バグが要件またはタスクと共に表示される場合があります。Depending on your team's bug behavior setting, bugs may appear with requirements or tasks.

  3. 問題の親子リンクを削除します。Remove the problem parent-child link. これらの項目を関連付けたままにしたい場合は、代わりに ' 関連する ' リンクの種類を使用してください。If you would like to keep these items associated, use 'Related' link type instead.

これで問題が解決され、メッセージが表示されなくなります。The issue should now be resolved and the message no longer displays.

進行中の作業項目が更新時に消えることがあるIn Progress work items may disappear on a refresh

このメッセージは、 — Items added to the backlog may disappear on a refresh because your team project marks them as "in progress". Those items will appear when you change the "In progress" filter to Show. — バックログの 進行中 のフィルターがオフになっていることを示しています。The message—Items added to the backlog may disappear on a refresh because your team project marks them as "in progress". Those items will appear when you change the "In progress" filter to Show.—indicates that the In Progress filter for the backlog has been turned off.

ブラウザーを更新すると、選択したフィルターに基づいて、バックログにこれらの作業項目が表示されます。Upon refresh of your browser, the backlog displays those work items based on your selected filters.

フィルターをリセットするには、次の手順を実行します。To reset the filters, perform the following steps.

[ 表示オプション ] セレクターでは、 進行中の項目の 表示と非表示を切り替えることができます。From the View options selector, you can choose to show or hide In Progress items. [ 進行中 ] コントロールをオフにすると、[ アクティブ]、[ コミット 済み]、または [ 解決済み ] の状態にある項目が [進行中] カテゴリの状態 にマップされてもバックログに表示されません。If you turn the In Progress control off, then items that are in the Active, Committed, or Resolved states or states that map to the In Progress category state won't appear in the backlog.

ビューオプションセレクターのスクリーンショット、実行中のコントロール、バージョン2020以降。

ビューオプションセレクターのスクリーンショット、進行状況コントロール、バージョン2019。

進行中 の項目 を選択します。 進行中の バックログ項目を表示または非表示にします。Choose In progress items show or hide In Progress backlog items. [ 進行中の項目 ] を [オフ] にすると、[ アクティブ]、[ コミット 済み]、または [ 解決済み ] の状態にある項目が [進行中] カテゴリの状態 にマップされてもバックログに表示されません。If you turn the In Progress items control off, then items that are in the Active, Committed, or Resolved states or states that map to the In Progress category state won't appear in the backlog.

作業を予測する場合は、通常、 進行中の項目 を非表示にすることを選択します。You usually choose to hide In Progress items when you want to forecast work. 詳細については、「 製品バックログの予測」を参照してください。To learn more, see Forecast your product backlog.

バックログ項目、タスク、およびバグの階層を作成できますが、 — 同じカテゴリ階層を作成しないことをお勧めします。While you can create a hierarchy of backlog items, tasks, and bugs—we recommend that you don't create same-category hierarchies. つまり、ストーリー、バグ、バグ、タスク、懸案事項など、同じ種類の作業項目間に親子リンクを作成することは避けてください。That is, don't create parent-child links among work items of the same type, such as story-story, bug-bug, task-task, or issue-issue. その理由は、バックログ、ボード、およびスプリントの各エクスペリエンスでは、同じカテゴリ階層の並べ替えがサポートされていないためです。The reason is that the Backlog, Board, and Sprints experiences don't support reordering for same-category hierarchy. 順序付けは階層レベルによって実行されるため、同じカテゴリ階層では、そのレベルに属していない作業項目の順序付けによって混乱が生じます。Since ordering is executed by hierarchy level, same-category hierarchy introduces confusion by ordering a work item that doesn't belong on that level.

要件、バグ、およびタスクを入れ子にするのではなく、単純なリストを保持することをお勧めします。Instead of nesting requirements, bugs, and tasks, we recommend that you maintain a flat list. 言い換えると、親子リンクを作成するのは、別のカテゴリに属する項目の間に1つのレベル深いリンクのみです。In other words, only create parent-child links one level deep between items that belong to a different category.

ユーザーストーリー (アジャイル)、懸案事項 (基本)、プロダクトバックログ項目 (スクラム)、または要件 (能力成熟度モデル統合 (CMMI)) をグループ化する場合は、機能作業項目の種類を使用します。Use the Feature work item type when you want to group user stories (Agile), issues (Basic), product backlog items (Scrum), or requirements ( Capability Maturity Model Integration (CMMI)). 製品バックログ項目を機能に迅速にマップすることができます。これにより、バックグラウンドで親子リンクが作成されます。You can quickly map product backlog items to features, which creates parent-child links in the background.

要件またはタスクとしてバグを追跡するTrack bugs as requirements or tasks

前に説明したように、各チームは、要件、タスク、またはそのいずれでもない、どのような方法でバグを追跡するかを 選択でき ます。As mentioned previously, each team can choose how they want to track bugs to behave like requirements, or tasks, or as neither.

バグを要件として追跡することを選択した場合、バグは機能レベルの下でのみ入れ子にする必要があります。If you choose to track bugs as requirements, bugs should only be nested under the Feature level.

要件のようなバグのリンクLink bugs like requirements

バグをタスクとして追跡することを選択した場合、バグは要件レベルでのみ入れ子にする必要があります。If you choose to track bugs as tasks, bugs should only be nested under the requirements level.

タスクなどのバグのリンクLink bugs like tasks

バックログとボードが階層 (入れ子になった) 項目を表示する方法How backlogs and boards display hierarchical (nested) items

TFS 2018 以前のバージョンでは、かんばんボードには、同じカテゴリ階層の入れ子になった項目を持つ最後のノードのみが表示されます。For TFS 2018 and earlier versions, the Kanban board only shows the last node with nested items of a same-category hierarchy. すべてのバージョンで、スプリントバックログとタスクボードは、リーフノードと呼ばれる同じカテゴリ階層の最後のノードのみを表示します。For all versions, sprint backlogs and taskboards only show the last node in a same-category hierarchy, called the leaf node.

注意

TFS 2018.2 以降のバージョンの場合、かんばんボードには、入れ子になった同じカテゴリの作業項目のすべての作業項目が表示されます。For TFS 2018.2 and later versions, Kanban boards display all work items of nested same-category work items.

プロダクトバックログとかんばんボードProduct backlog and Kanban boards

たとえば、深さが4レベルの同じカテゴリ階層内の項目をリンクする場合、かんばんボード、スプリントバックログ、および taskboard には、4番目のレベルの項目のみが表示されます。For example, if you link items within a same-category hierarchy that is four levels deep, only the items at the fourth level appear on the Kanban board, sprint backlog, and taskboard.

次の図に示すように、3番目のユーザーストーリー ( 長い形式での中間保存) には子バグがあり、 保存には時間がかかりすぎ ます。As shown in the following images, the third user story, Interim save on long form, has a child bug, Save takes too long. 子バグ、 保存に時間がかかりすぎる、かんばんボードに表示されますが、親ユーザーストーリーは表示されません。The child bug, Save takes too long, appears on the Kanban board, but not the parent user story.

すべてのバグと要件がバックログに表示されますAll bugs and requirements appear on the backlog

子のバグがバックログに表示されるChild bug appears on backlog

かんばんボードにはリーフノードのみが表示されますOnly leaf nodes appear on the Kanban board

かんばんボード、リーフ ノードのバグの表示

スプリントバックログとタスクボードSprint backlogs and taskboards

タスクと共にバックログにバグを表示する場合は、タスクとバグを親の要件にリンクして、スプリントバックログと taskboard に応じてグループ化します。When you choose to have bugs appear in the backlog with tasks, linking tasks and bugs to their parent requirements groups them accordingly on the sprint backlog and taskboard.
ただし、次に示すように、要件とバグの間に親子リンクを作成し、バグとタスクを作成した場合、タスクはスプリントバックログと taskboard には表示されますが、バグは表示されません。However, if you create parent-child links between a requirement and a bug, and the bug and a task, as shown here, the task will appear on the sprint backlog and taskboard, but not the bug.

スプリントバックログに割り当てられた項目の階層Hierarchy of items assigned to a sprint backlog

スプリント バックログのクエリに、リンクされたバグとタスクが表示されるSprint backlog query shows linked bug and task

リーフノードのみがスプリントバックログに表示されますOnly leaf nodes appear on sprint backlogs

スプリント バックログ、リーフ ノードのタスクSprint backlog, leaf node task

タスクボードにはリーフノードのみが表示されます Only leaf nodes appear on taskboards
スプリント ボード、リーフ ノードのタスクが表示されるSprint board, leaf node task appears
階層内の中間ノードを表示するための回避策はありますか。Is there a workaround to display intermediate nodes within a hierarchy? 現時点ではありません。Not at this time. [ クエリの作成 ] リンクを使用して、スプリントに割り当てられている項目の一覧全体をいつでも確認できます。You can always check the entire list of items assigned to a sprint by using the Create Query link.