ポートフォリオ管理Portfolio management

Azure Boards | Azure DevOps Server 2020 | Azure DevOps Server 2019 | TFS 2018 - TFS 2013Azure Boards | Azure DevOps Server 2020 | Azure DevOps Server 2019 | TFS 2018 - TFS 2013

ポートフォリオバックログを使用すると、製品所有者は、複数のアジャイル機能チームによって実行される作業を把握できます。Portfolio backlogs provide product owners insight into the work performed by several agile feature teams. 製品所有者は、エピックまたは機能として高レベルの目標を定義できます。また、機能チームは、優先順位付けと開発を行うユーザーストーリーに分割できます。Product owners can define the high-level goals as Epics or Features, and feature teams can break these down into the user stories they'll prioritize and develop.

この記事では、次のことについて説明します。In this article you'll learn:

  • 複数のチームの進行状況の管理ビューをサポートする方法How to support a management view of multiple team progress
  • 機能チームがチームのバックログの進行状況に専念する方法How feature teams can focus on their team backlog progress
  • 共通のバックログから作業を割り当てる方法How to assign work from a common backlog
  • チームとバックログの階層セットを設定する方法How to set up a hierarchical set of teams and backlogs

注意

ビジネスニーズをサポートするためのプロジェクトとチームの構成とカスタマイズに関するガイダンスについては、「 Azure Boards の構成とカスタマイズ」を参照してください。For guidance on configuring and customizing your project and teams to support your business needs, review Configuration and customization of Azure Boards.

示されているようなチーム構造を設定することにより、各機能チームに個別のバックログを提供して、作業の計画、優先順位付け、追跡を行うことができます。By setting up a team structure like the one shown, you provide each feature team with their distinct backlog to plan, prioritize, and track their work. また、ポートフォリオや製品所有者は、各リリースのビジョン、ロードマップ、目標を作成したり、プロジェクトのポートフォリオ全体で進行状況を監視したり、リスクと依存関係を管理したりすることができます。And, portfolio or product owners can create their vision, roadmap, and goals for each release, monitor progress across their portfolio of projects, and manage risks and dependencies.

各チームには独自の作業のビューがあります

次の要素をサポートする必要がある場合は、階層チームとバックログ構造を設定します。Set up a hierarchical team and backlog structure when you want to support the following elements:

  • 作業のバックログを整理および管理できる自律的な機能チームAutonomous feature teams that can organize and manage their backlog of work
  • エピックと機能を計画し、下位の機能チームの進行状況を監視するためのポートフォリオ管理ビューPortfolio management views for planning epics and features and monitoring progress of subordinate feature teams
  • 共通のバックログから機能チームにバックログ項目を割り当てるAssign backlog items to feature teams from a common backlog

注意

Web ポータルに表示される画像は、この記事に記載されている画像とは異なる場合があります。The images you see from your web portal may differ from the images you see in this article. これらの違いは、Azure DevOps Services に対して行われた更新の結果です。These differences result from updates made to Azure DevOps Services. ただし、明示的に記載されている場合を除き、お客様が利用できる基本的な機能は変わりません。However, the basic functionality available to you remains the same unless explicitly mentioned.

注意

Web ポータルに表示される画像は、この記事に記載されている画像とは異なる場合があります。The images you see from your web portal may differ from the images you see in this article. これらの違いは、オンプレミスの Azure DevOps に対して行われた更新に起因します。These differences result from updates made to your on-premises Azure DevOps. ただし、明示的に記載されている場合を除き、お客様が利用できる基本的な機能は変わりません。However, the basic functionality available to you remains the same unless explicitly mentioned.

チームの進行状況の管理ビューManagement view of team progress

この例では、管理 チームの エピック ポートフォリオバックログを示します。In this example, we show the Epics portfolio backlog for the Management team. ドリルダウンすると、3つの異なるチーム (Customer Service、Phone、および Web) のいずれかに属している場合でも、すべてのバックログ項目と機能が表示されます。Drilling down, you can see all the backlog items and features, even though they belong to one of three different teams: Customer Service, Phone, and Web.

親とマルチチームの所有権を示すバックログ。Backlog that shows parents and multi-team ownership.

この例では、管理 チームの エピック ポートフォリオバックログを示します。In this example, we show the Epics portfolio backlog for the Management team. ドリルダウンすると、3つの異なるチーム (Customer Service、Phone、および Web) のいずれかに属している場合でも、すべてのバックログ項目と機能が表示されます。Drilling down, you can see all the backlog items and features, even though they belong to one of three different teams: Customer Service, Phone, and Web.

親とマルチチームの所有権を示すバックログ。Backlog that shows parents and multi-team ownership.

Fabrikam アカウント管理ポートフォリオの所有者には、来年に開始して提供するキャンペーンがいくつかあります。The Fabrikam Account Management portfolio owner has several campaigns to initiate and deliver in the coming year. 各キャンペーンのエピックを作成し、各エピックを各キャンペーンに寄与するさまざまな機能に分割します。He creates an epic for each campaign and then breaks each epic down into various features that contribute to each campaign.

階層構造が実装されていると、アカウント管理で作業しているポートフォリオ所有者は、その領域のエピック、機能、および製品バックログを表示できます。With the hierarchical structure implemented, portfolio owners working in Account Management can view the epic, feature, and product backlogs for their area.

Epic backlog of account management team

Fabrikam/アカウント管理領域パスの下にあるすべての作業項目がバックログビューに表示されます。All work items under the Fabrikam/Account Management area path appear in their backlog view. 1つの項目を展開するか、展開を使用することができます。You can expand a single item or use the expand 展開アイコン および折りたたみand collapse 折りたたみアイコン 階層の1レベルを展開または折りたたむアイコン。icons to expand or collapse one level of the hierarchy.

ヒント

プログラムマネージャーは、 配信計画を使用して、チーム間の進行状況を把握することもできます。Program managers can also gain insight into progress across teams using Delivery plans. チーム全体の可視性」も参照してください。See also Visibility across teams.

機能チームのバックログの所有権と進行状況の表示Feature team backlog ownership and view of progress

各機能チームは、独自のチームホームページ、ダッシュボード、製品とポートフォリオのバックログ、かんばんボード、および taskboards を持っています。Each feature team has its own team home page or dashboards, product and portfolio backlogs, Kanban boards, and taskboards. これらのページには、作業項目区分とイテレーションパスに対して行われた割り当てに基づいて、各チームに関連する作業のみが表示されます。These pages only show work relevant to each team, based on assignments made to the work item area and iteration paths. 詳細については、「 チームおよびアジャイルツールについて」を参照してください。For details, see About teams and Agile tools.

ヒント

列のオプションに ノード名 を追加して、作業項目に割り当てられているチームを表示します。Add Node Name to the column options to show the team assigned to the work item.

カスタマーサービス機能チームのバックログには、その区分パス ( Fabrikam Fiber/カスタマーサービス) に割り当てられた作業項目のみが含まれます。The Customer Service feature team's view of the backlog only includes those work items assigned to their area path, Fabrikam Fiber/Customer Service. ここでは、バックログ項目が属するいくつかの機能とエピックを提供する親を示します。Here we show parents which provide a few of the features and epics to which the backlog items belong. 他のチームによって所有されているアイテムは、白抜きで塗りつぶされたバーと共に表示されます。Items that are owned by other teams appear with hollow-filled bars. たとえば、モバイルフィードバックとテキストアラートは、アカウント管理チームに属しています。For example, Mobile feedback and Text alerts belong to the Account Management team.

他のチームによって所有されているアイテムには、情報アイコンが表示され ます。

親とマルチチームの所有権を示すバックログBacklog that shows parents and multi-team ownership

他のチームによって所有されているアイテムには、情報アイコンが表示され ます。

親とマルチチームの所有権を示すバックログBacklog that shows parents and multi-team ownership

作業項目アイコンがあるバックログの表示は、TFS 2017.2 以降のバージョンでサポートされています。Backlog displays with work item icons is supported for TFS 2017.2 and later versions. TFS 2017.1 以前のバージョンでは、他のチームが所有する項目は、白抜きの塗りつぶされたバーと共に表示されます。For TFS 2017.1 and earlier versions, items that are owned by other teams appear with hollow-filled bars.

Team backlog is filtered based on area path ownership

顧客プロファイル機能チームのバックログには、その区分パス ( Fabrikam/アカウント管理/カスタマープロファイル) に割り当てられた作業項目のみが含まれます。The Customer Profile feature team's view of the backlog only includes those work items assigned to their area path, Fabrikam/Account Management/Customer Profile. ここでは、バックログ項目が属するいくつかの機能とエピックを提供する親を示します。Here we show parents which provides a few of the features and epics to which the backlog items belong. 他のチームによって所有されているアイテムは、白抜きで塗りつぶされたバーと共に表示されます。Items that are owned by other teams appear with hollow-filled bars. たとえば、モバイルフィードバックとテキストアラートは、アカウント管理チームに属しています。For example, Mobile feedback and Text alerts belong to the Account Management team.

Backlog view of Customer profile feature team

共通のバックログからの作業の割り当てAssign work from a common backlog

階層型のチームとバックログの構造は、自律的なチームがバックログの所有権を取得するのをサポートするのに適しています。また、共通のバックログからチームに作業を割り当てることもできます。While the hierarchical team and backlog structure works well to support autonomous teams to take ownership of their backlog, it also supports assigning work to teams from a common backlog. スプリントまたは製品計画会議では、製品所有者と開発者がバックログをレビューし、選択した項目を機能チーム区分パスに割り当てることにより、さまざまなチームに割り当てることができます。During a sprint or product planning meeting, product owners and development leads can review the backlog and assign select items to various teams, by assigning them to the feature team Area Path.

アカウント管理バックログのこのビューでは、 アカウント管理 にまだ割り当てられているすべてのアイテムにまだ割り当てられていません。In this view of the Account Management backlog, all items still assigned to Account Management have yet to be assigned.

管理チームの共通バックログManagement team common backlog

計画会議では、各項目を開いてメモを作成し、その項目をチームに割り当てて作業することができます。During the planning meeting, you can open each item, make notes, and assign the item to the team to work on it.

ヒント

作業項目を複数選択し、区分パスの一括編集を実行できます。You can multi-select work items and perform a bulk edit of the area path. 作業項目の一括変更」を参照してください。See Bulk modify work items.

ここでは、すべてのバックログ項目が機能チームに割り当てられています。Here, all backlog items have been assigned to feature teams. すべての機能とエピックは、アカウント管理によって所有されています。While all features and epics remain owned by Account Management.

すべてのバックログ項目は、機能チームに割り当てられています。All backlog items have been assigned to feature teams.

アカウント管理バックログのこのビューでは、 アカウント管理 にまだ割り当てられているすべてのアイテムにまだ割り当てられていません。In this view of the Account Management backlog, all items still assigned to Account Management have yet to be assigned.

管理チームの共通バックログManagement team common backlog

計画会議では、各項目を開いてメモを作成し、その項目をチームに割り当てて作業することができます。During the planning meeting, you can open each item, make notes, and assign the item to the team to work on it.

ヒント

作業項目を複数選択し、区分パスの一括編集を実行できます。You can multi-select work items and perform a bulk edit of the area path. 作業項目の一括変更」を参照してください。See Bulk modify work items.

ここでは、すべてのバックログ項目が機能チームに割り当てられています。Here, all backlog items have been assigned to feature teams. すべての機能とエピックは、アカウント管理によって所有されています。While all features and epics remain owned by Account Management.

すべてのバックログ項目は、機能チームに割り当てられています。All backlog items have been assigned to feature teams.

アカウント管理バックログのこのビューでは、 アカウント管理 にまだ割り当てられているすべてのアイテムにまだ割り当てられていません。In this view of the Account Management backlog, all items still assigned to Account Management have yet to be assigned.

Backlog view-Assign items from a common backlog

計画会議では、各項目を開いてメモを作成し、その項目をチームに割り当てて作業することができます。During the planning meeting, you can open each item, make notes, and assign the item to the team to work on it.

ここでは、すべてのバックログ項目が機能チームに割り当てられています。Here, all backlog items have been assigned to feature teams. すべての機能とエピックは、アカウント管理によって所有されています。While all features and epics remain owned by Account Management.

Backlog view-Items assigned from a common backlog

ポートフォリオ バックログの追加Add portfolio backlogs

バックログレベルが3つ以上必要な場合は、さらに追加することができます。If you need more than three backlog levels, you can add more. 詳細については、「 プロセスのバックログまたはボードをカスタマイズする」を参照してください。To learn how, see Customize your backlogs or boards for a process.

バックログレベルが3つ以上必要な場合は、さらに追加することができます。If you need more than three backlog levels, you can add more. 詳細については、「 ポートフォリオバックログの追加」を参照してください。To learn how, see Add portfolio backlogs.

チーム間の依存関係を追跡するTrack dependencies across teams

チーム間の依存関係を追跡する最も簡単な方法は、 関連 するリンクの種類を使用して作業項目をリンクすることです。The simplest way to track dependencies across teams is to link work items using the Related link type. 時間に依存している場合は、 先行処理/後続 処理のリンクの種類を使用できます。If they are dependent in time, then you can use the Predecessor/Successor link types. その後、これらのリレーションシップを含む作業項目を検索するクエリを作成できます。You can then create queries that find work items containing these relationships. 詳細については 、「依存関係の管理」、「追跡可能性をサポートする作業項目のリンク 」を参照してください。See Manage dependencies, link work items to support traceability to learn more.

注意

Azure Boards のパブリックプレビューで利用可能な新しいバージョンの配信計画からの依存関係を表示できます。You can view dependencies from the new version of Delivery Plans that is available in public preview for Azure Boards. この機能は、拡張機能ではなく Azure Boards に含まれるようになりました。This feature is now part of Azure Boards and not an extension. 有効にするには、「 機能の管理または有効化 」と「 新しい配信計画のエクスペリエンス を有効にする」を参照してください。To enable it, see Manage or enable features and turn on New Delivery Plans Experience. 詳細については、「 レビューチームのデリバリー計画」を参照してください。To learn more, see Review team Delivery Plans.

組織間の依存関係を追跡するには、「 依存関係トラッカーを使用した依存関係の計画と追跡」を参照してください。To track dependencies across organizations, see Plan and track dependencies using the Dependency Tracker.

ポートフォリオの機能の進行状況Portfolio feature progress

リンクされた要件に基づいて機能の進行状況を表示するには、ロールアップ列を追加するか、機能のタイムラインを表示します。To view feature progress based on linked requirements, you can add a rollup column or view the Feature Timeline. 詳細については、「機能のタイムラインを使用してロールアップとビューポートフォリオの進行状況を表示する」を参照してください。To learn more, see Display rollup and View portfolio progress with the Feature Timeline.

リンクされた要件に基づいて機能の進行状況を表示するには、機能のタイムラインを表示します。To view feature progress based on linked requirements, you can view the Feature Timeline. 詳細については、「 機能のタイムラインを使用したポートフォリオの進行状況の表示」を参照してください。To learn more, see View portfolio progress with the Feature Timeline.

次の操作:Try this next