区分およびイテレーション (スプリント) パスについてAbout area and iteration (sprint) paths

Azure Boards | Azure DevOps Server 2020 | Azure DevOps Server 2019 | TFS 2018 - TFS 2013Azure Boards | Azure DevOps Server 2020 | Azure DevOps Server 2019 | TFS 2018 - TFS 2013

区分パスを使用すると、チーム、製品、または機能領域ごとに作業項目をグループ化できます。Area paths allow you to group work items by team, product, or feature area. イテレーションパスを使用すると、スプリント、マイルストーン、またはその他のイベント固有または時間関連の期間に作業をグループ化することができます。Iteration paths allow you to group work into sprints, milestones, or other event-specific or time-related period. これらのフィールドの両方で、パスの階層を定義できます。Both these fields allow you to define a hierarchy of paths.

プロジェクトの区分パスとイテレーションパスを定義します。You define area and iteration paths for a project. チームは、バックログとその他のアジャイルツールをサポートするために使用されるパスを選択できます。Teams can then choose which paths are used to support their backlog and other Agile tools. アジャイルツールで区分パスとイテレーションパスを使用する方法については、「 区分とイテレーションに依存するアジャイルツール」を参照してください。To understand how Agile tools use area and iteration paths, see Agile tools that rely on areas and iterations.

表示される区分とイテレーションは、プロジェクトの作成に使用したプロセスによって異なります。The areas and iterations you see depend on the process you used to create your project. ここでは、スクラムプロセス用に定義された既定値を示します。Here we show the defaults defined for the Scrum process. 日付が設定されていません。No dates are set. スプリントまたはリリーススケジュールに対応する日付を設定します。You set dates to correspond to your sprint or release schedules.

イテレーションIterations AreasAreas
Default iterations, Scrum process A set of sample area paths

区分パスを定義して割り当てるDefine and assign area paths

プロジェクトとチームの管理を初めて行う場合は、プロジェクトとチームを構成するための最も簡単な順序は次のとおりです。If you're new to managing projects and teams, the most straight forward sequence for configuring your project and teams is as follows.

  1. 作業を分類するためにサポートする区分パスの数と名前を決定します。Determine the number and names of area paths that you want to support to categorize your work. 少なくとも、定義するチームごとに1つの区分パスを追加します。At a minimum, add one area path for each team that you define.
  2. サポートするチームの数と名前を決定します。Determine the number and names of teams you want to support. ガイダンスについては、「 チームとアジャイルツールについて」を参照してください。For guidance, review About teams and Agile tools.
  3. プロジェクトの 設定 > プロジェクトの構成を開き、ステップ1と2をサポートする区分パスをプロジェクトレベルで定義します。Open Project settings > Project configuration and define the area paths to support steps 1 and 2 at the project level. この記事の後半に記載されている手順に従って 、[プロジェクト設定]、[プロジェクト構成]、 [ 区分パスの追加] の各手順を実行します。Follow the steps provided later in this article: Open Project Settings, Project configuration and Add area paths.
  4. 手順 2. をサポートするために必要なチームを定義します。Define the teams you need to support step 2. ガイダンスについては、「 チームの追加」、「1つの既定のチームから複数のチームへの移動」を参照してください。For guidance, see Add a team, move from one default team to several teams.
  5. チーム構成を開き、既定と追加の区分パスを各チームに割り当てます。Open the team configuration and assign the default and additional area path(s) to each team. この記事で後述する手順に従ってください。 [ チーム設定 ] を開き、[ チームの既定の区分パス] を設定します。Follow the steps provided later in this article: Open team settings and Set team default area path(s).
  6. 定義した区分パスに作業項目の区分パスを割り当てます。Assign the area path of work items to an area path you defined. 一括変更を使用して、複数の作業項目を一度に変更します。Use bulk modify to modify several work items at once.

注意

複数のチームに同じ区分パスを割り当てることができますが、2つのチームが同じ作業項目のセットに対して所有権を要求すると、問題が発生する可能性があります。While you can assign the same area path to more than one team, this can cause problems if two teams claim ownership over the same set of work items. 詳細については、「 ボードとかんばんについて」、「マルチチームかんばんボードビューの制限事項」を参照してください。To learn more, see About boards and Kanban, Limitations of multi-team Kanban board views.

必要に応じて、次の操作をいつでも実行できます。As needed, you can do the following actions at any time:

  • 子ノードを追加するAdd additional child nodes
  • 区分パスの名前を変更する (ルート区分パスを除く)Rename an area path (except the root area path)
  • 子ノードを別のノードの下に移動するMove a child node under another node
  • 子ノードを削除するDelete a child node
  • チーム名の変更Rename a team
  • チームに対して行われた区分パスの割り当てを変更するChange the area path assignments made to a team

チームで定義する必要がある領域の数を確認できます。How many areas should a team define?

チームのトレース機能とセキュリティ要件をサポートする区分を追加します。You add areas to support your team's trace-ability and security requirements. 区分を使用して論理コンポーネントや物理コンポーネントを表します。さらに、子区分を作成して特定の機能を表します。Use areas to represent logical or physical components, and then create child areas to represent specific features.

次の要件がある場合は、区分を追加します。Add areas when you have these requirements:

  • 製品または機能領域に基づいてクエリをフィルター処理するFilter queries based on a product or feature area
  • チームまたはサブチーム別に作業項目を整理またはグループ化するOrganize or group work items by team or subteams
  • 領域に基づいて作業項目へのアクセスを制限します。Restrict access to work items based on their area.

各チームは、区分の階層構造を作成すると、その構造に基づいて、すべてのバックログ項目、ユーザー ストーリー、要件、タスク、およびバグを整理できます。Each team can create a hierarchy of areas under which the team can organize their backlog items, user stories, requirements, tasks, and bugs.

複雑すぎる区分構造は作成しません。Avoid creating an area structure that is too complex. 区分を作成して作業項目のアクセス許可を分割できますが、ツリーが複雑すぎるとアクセス許可の管理に関するオーバーヘッドが著しく大きくなります。You can create areas to partition permissions on work items, but complex trees require significant overhead for permission management. 他のプロジェクトの構造とアクセス許可を複製するのに多くの作業が行われていることがわかります。You might find that it's too much work to duplicate the structure and permissions in other projects.

イテレーションパスの定義と割り当てDefine and assign iteration paths

プロジェクトとチームのイテレーションパスを構成するには、次のガイダンスに従います。Use the following guidance to configure iteration paths for your project and teams:

  1. まず、「 区分パスの定義」および「チームへの割り当て」に記載されているガイダンスに従って、区分パスとチームを定義します。First, define the area paths and teams following the guidance provided in Define area paths and assign to a team.
  2. サポートするイテレーションの長さを決定します。Determine the length of the iteration you want to support. すべてのチームで同じスプリントリズムを使用することをお勧めします。Recommended practice is to have all teams use the same sprint cadence.
  3. スプリントとリリースのフラットな構造または階層が必要かどうかを判断します。Determine if you want a flat structure or hierarchy of sprints and releases.
  4. プロジェクトの 設定 > プロジェクトの構成を開き、プロジェクトレベルで手順2と3をサポートするイテレーションパスを定義します。Open Project settings > Project configuration and define the iteration paths to support steps 2 and 3 at the project level. この記事の後半に記載されている手順に従って 、[プロジェクト設定]、[プロジェクト構成]、 [イテレーション [の追加]、および イテレーション日付の設定] を実行します。Follow the steps provided later in this article: Open Project Settings, Project configuration and Add iterations and set iteration dates.
  5. チーム構成を開き、既定と追加の区分パスを各チームに割り当てます。Open the team configuration and assign the default and additional area path(s) to each team. この記事の後半に記載されている手順に従ってください。 チーム設定を開きチームの既定のイテレーションパスを設定します。Follow the steps provided later in this article: Open team settings and Set team default iteration path(s).
  6. 各チームは、選択した既定のイテレーションパスを作業項目に割り当てる必要があります。Each team should assign the default iteration path they selected to their work items. これらの作業項目は、製品バックログとボードに表示されます。Those work items show up on their product backlogs and boards. 一括変更を使用して、複数の作業項目を一度に変更します。Use bulk modify to modify several work items at once. バックログ項目のスプリントへの割り当て」も参照してください。See also Assign backlog items to a sprint.

必要に応じて、次の操作をいつでも実行できます。As needed, you can do the following actions at any time:

  • 子イテレーションノードを追加するAdd additional child iteration nodes
  • イテレーションパスの名前を変更する (ルートパスを除く)Rename an iteration path (except the root path)
  • 子イテレーションパスを別のノードの下に移動するMove a child iteration path under another node
  • 子イテレーションパスの削除Delete a child iteration path
  • チームに割り当てられた既定のイテレーションパスと選択されたイテレーションパスを変更するChange the default and selected iteration paths assigned to a team

チームが定義するイテレーションの数を指定してください。How many iterations should a team define?

子イテレーションは、プロジェクトのライフサイクルを反映するために必要な数だけ定義します。You define as many child iterations as you need to reflect your project lifecycle. これらのパスは、スプリント、ベータ版とベータ版の結果、その他のリリースマイルストーンなど、一連のイベントを表します。These paths represent a series of events, such as sprints, pre-beta and beta results, and other release milestones. 通常、チームは、作業項目がまだ作業またはリリースに対してスケジュールされていない場合、チームの既定のイテレーションに割り当てられた作業項目を残します。A team usually leaves work items assigned to the team's default iteration if they aren't yet scheduled for work or for a release.

次の要件をサポートするイテレーションを追加します。Add iterations to support these requirements:

  • スクラムチームがスプリントを計画および実行するために使用するスプリントを定義するDefine sprints your Scrum teams use to plan and execute their sprints
  • より複雑な複数リリースおよびスプリントサイクルを設定するSet up more complex multi-release and sprint cycles
  • プロジェクトのスプリント、マイルストーン、またはサイクル時間に基づいてクエリをフィルター処理するFilter queries based on sprints, milestones, or cycle time for your project
  • ターゲットのリリースサイクルに割り当てる準備ができていない将来の作業をサポートします。Support future work that you're not ready to assign to a target release cycle.

次の例では、MyApplication プロジェクトに対して、Beta 1、Beta 2、Release 1.0、および Release 2.0 が定義されています。In the following example, Beta 1, Beta 2, Release 1.0, and Release 2.0 are defined for the MyApplication project.

Flat iteration hierarchy

製品の機能とタスクのバックログを作成するときに、それらをマイルストーンに割り当てます。As you create the backlog of product features and tasks, assign them to milestones. チームが終了する予定の機能とタスクを割り当てます。Assign the features and task by which you expect the team to finish. ニーズの変化に応じて、チームのスケジュールと作業管理を示す主要な各マイルストーンにイベントを加えることができます。As your needs change, you can add events under each major milestone that reflect how your team schedules and manages its work.

次の例に示すように、Beta 1 のイテレーションには、Beta 1 期間のスプリントごとに1つずつ、3つの子ノードが含まれるようになりました。As the following example shows, the Beta 1 iteration now contains three child nodes, one for each sprint in the Beta 1 time period.

Hierarchical Iteration Hierarchy

イテレーションでは、ルールは適用されません。Iterations don't enforce any rules. たとえば、タスクはイテレーションに割り当てることができますが、そのイテレーションの間に終了または完了することはできません。For example, you can assign a task to an iteration but not close or complete it during that iteration. イテレーションの終了時には、そのイテレーションでアクティブまたは開いたままになっているすべての作業項目を検索し、適切なアクションを実行する必要があります。At the end of an iteration, you should find all work items that remain active or open for that iteration and take appropriate action. たとえば、別のイテレーションに移動したり、バックログに戻します。You can, for example, move them to a different iteration or return them to the backlog.

名前に関する制限Naming restrictions

区分パスイテレーションパス のフィールド (データ型 = TreePath) は、円記号 (\) で区切られた複数のノード項目で構成されます。The Area Path and Iteration Path fields, data type=TreePath, consist of multiple node items separated by the backslash (\) character. ノードの名前を最小化し、子ノードを追加する場合は、次の制限事項に準拠していることを確認します。Minimize the names of nodes and make sure you conform to the following restrictions when you're adding child nodes.

制限の種類Restriction type RestrictionRestriction
ノード名の長さNode length 255 文字以下で指定する必要があります。Must not contain more than 255 characters
ノードの特殊文字Special characters for nodes Unicode 制御文字は使用できません。Must not contain Unicode control characters
\ / $ ?Must not contain any of the following characters: \ / $ ? *: " & < #% +* : " & < # % +
ローカルファイルシステムが禁止する文字を含めることはできません。Must not contain characters that the local file system prohibits.
予約済みの名前Reserved names 1 つのピリオド (.)、または 2 つのピリオド (..) 以上で指定する必要があります。Must contain more than a period (.) or two periods (..)
は、PRN、COM1、COM2、COM3、COM4、COM5、COM6、COM7、COM8、COM9、COM10、LPT1、LPT2、LPT3、LPT4、LPT5、LPT6、LPT7、LPT8、LPT9、NUL、CON、AUX などの システム予約名 にすることはできません。Must not be a system-reserved name such as PRN, COM1, COM2, COM3, COM4, COM5, COM6, COM7, COM8, COM9, COM10, LPT1, LPT2, LPT3, LPT4, LPT5, LPT6, LPT7, LPT8, LPT9, NUL, CON, or AUX
パス名の長さPath length 4,000 文字以内の Unicode 文字で指定する必要があります。Must contain fewer than 4,000 Unicode characters
パスの階層の深さPath hierarchy depth 14 レベル以下で指定する必要があります。Must be fewer than 14 levels deep

ご覧のように、区分およびイテレーションは、アジャイルツールをサポートし、作業項目を管理する際に重要な役割を果たします。As you can see, areas and iterations play a major role in supporting Agile tools and managing work items. これらのフィールドの操作の詳細については、次の記事を参照してください。You can learn more about working with these fields from the following articles.

ツリー構造のエクスポートExport tree structures

あるプロジェクトで別のプロジェクトと共に使用するために、ツリーパスの構造をエクスポートすることはできません。You can't export the structure of tree paths for one project to use with another project.

サポートされているフィールド規則Supported field rules

やなどの System.XXX フィールドには、 ルールの小さなサブセットのみを指定でき HELPTEXT READONLY ます。You can specify only a small subset of rules, such as HELPTEXT and READONLY to System.XXX fields.

チームフィールド対チーム区分パスTeam field versus team area path

共通のバックログから多くの製品区分にわたって作業する複数のチームが組織に存在する場合は、チームの構成方法を変更することもできます。If your organization has several teams that work from a common backlog and across many product areas, you might want to change how teams are configured. 組織内のチームを表すカスタムフィールドを追加します。Add a custom field to represent teams in your organization. チームをサポートするようにアジャイル計画ツールとページを再構成し、チームと区分パスへの割り当てを分離することができます。You can reconfigure the agile planning tools and pages to support your teams and decouple assignment to teams and area paths.