チームとアジャイルツールについてAbout teams and Agile tools

Azure Boards | Azure DevOps Server 2020 | Azure DevOps Server 2019 | TFS 2018 - TFS 2013Azure Boards | Azure DevOps Server 2020 | Azure DevOps Server 2019 | TFS 2018 - TFS 2013

チームとアジャイルツールを構築して使用し、成長する組織をサポートする方法について説明します。Learn how you can structure and use your teams and Agile tools to support your growing organization. チームの規模が — 、通常 6 ~ 9 のメンバーの場合は、チームの — 構造から2つのチーム構造に移行することを検討できます。When your team grows beyond its intended size—typically anywhere from 6 to 9 members—you might consider moving from a one team structure to a two-team structure. その後、階層型のチーム構造を設定できます。これにより、チーム全体の進行状況を追跡するための複数の利点が管理者に提供されます。You can then set up a hierarchical team structure, which provides several advantages to managers for tracking progress across teams. チームを追加する詳細な手順については、「 別のチームを追加する」を参照してください。For the step-by-step procedure to add a team, see Add another team.

注意

ビジネスニーズをサポートするためのプロジェクトとチームの構成とカスタマイズに関するガイダンスについては、「 Azure Boards の構成とカスタマイズ」を参照してください。For guidance on configuring and customizing your project and teams to support your business needs, review Configuration and customization of Azure Boards.

組織の規模と追跡のニーズに応じて、次の図のようなチーム構造を設定できます。Depending on the size of your organization and your tracking needs, you can set up a team structure similar to the following image shown. これを行うには、チームとそれに関連付けられている区分パスを定義します。Do so by defining teams and their associated area path(s).

各チームには独自の作業のビューがあります

次のシナリオが該当します。The following scenarios apply:

  • 各機能チームは、 — 顧客プロファイルショッピングカート電子メール、 — 複数の区分パスなど、1つの機能区分パスに関連付けることができます。each feature team can be associated with a single feature area path—such as Customer Profile, Shopping Cart, Email—or several area paths
  • 各管理チームは、一連の機能に重点を置いて、監視する複数の区分パスを選択できます。each management team, which focuses on a set of features, can choose several area paths to monitor
  • 各機能チームは、計画、優先順位の決定、および作業の追跡に個別のバックログを持っていますeach feature team has its distinct backlog to plan, determine priority, and track work
  • ポートフォリオや製品所有者は、各リリースのアイデア、道路地図、目標を作成し、プロジェクトのポートフォリオ全体で進行状況を監視し、リスクと依存関係を管理できます。portfolio or product owners can create their idea, road map, and goals for each release, monitor progress across their portfolio of projects, and manage risks and dependencies. 詳細については、「ポートフォリオ管理」を参照してください。For more information, see Portfolio management

区分パス、機能チーム、および管理チームについてAbout area paths, feature teams, and management teams

区分パスは、Azure Boards では次の目的で機能します。Area paths serve the following purposes in Azure Boards:

  1. チームのバックログまたはボードに表示される作業項目をフィルター処理します。Filter the work items that appear on a team backlog or board.
  2. バックログまたはボードに表示される作業項目に対して追加のフィルター処理を適用します。詳細については、「 バックログ、ボード、クエリ、および計画の対話的なフィルター処理」を参照してください。Apply additional filtering to the work items that appear on a backlog or board, for details, see Interactively filter backlogs, boards, queries, and plans.
  3. 同じ製品、機能、またはその他の作業レベルのグループに属するなど、一部のリレーションシップを共有する作業をグループ化します。Group work that shares some relationship, such as belonging to the same product, feature, or other work-level grouping.
  4. アクセス許可を設定して、アクセスを制限します。Restrict access to work by setting permissions. セキュリティグループのアクセス許可を設定して、区分パスに基づいて作業項目の検証を制限できます。Permissions can be set for security groups to restrict modifification of work items based on area path.

チームは次のように選択します。Teams make their selections as follows:

  • 機能チームは、1つまたは複数の区分パスを選択して、バックログとボードに表示される作業項目を指定できます。Feature teams can choose one or more area paths to specify which work items will appear on their backlogs and boards.
  • 通常、管理チームは、機能チームが作業するすべての区分パスを選択します。Management teams typically choose all area paths that their feature teams work on.
  • さらに、管理チームは機能とエピックのみに重点を置くことができますが、機能チームは、ユーザーストーリー (アジャイル)、プロダクトバックログ項目 (スクラム)、要件 (CMMI) などの製品バックログ項目にのみ焦点を当てることができます。Additionally, management teams may only focus on Features and Epics, while Feature teams may focus only on product backlog items such as User Stories (Agile), Product Backlog Items (Scrum), and Requirements (CMMI).

区分パスを定義してチームに割り当てる手順については、「 区分パスを定義してチームに割り当てる」を参照してください。For steps to define area paths and assign them to a team, see Define area paths and assign to a team.

既定のチームThe default team

各新しいプロジェクトは、プロジェクト名を持つ既定のチームで構成されます。Each new project is configured with a default team with the project name. たとえば、 fabrikam プロジェクトは fabrikam チームで自動的に構成されます。For example, the Fabrikam project is automatically configured with the Fabrikam team.

バックログ、ボード、およびダッシュボードは、この既定のチームに対して自動的に構成されます。これにより、作業項目とバックログの定義を開始できます。Backlogs, boards, and dashboards are automatically configured for this default team so that you can start defining work items and your backlog.

既定のチームの名前を変更し、新しいチームを既定値として再割り当てできます。You can rename the default team and reassign a new team as the default.

各チームは独自のツールセットを取得します。Each team gets their own set of tools

作成した各チームは、アジャイルツールとチーム資産のスイートにアクセスできます。Each team you create gets access to a suite of Agile tools and team assets. これらのツールを使用すると、チームが自律的に作業し、企業全体で他のチームと共同作業を行うことができます。These tools let teams work autonomously and collaborate with other teams across the enterprise. 各チームは、各ツールがどのように動作するかをサポートするように構成およびカスタマイズできます。Each team can configure and customize each tool to support how they work.

アジャイルツール、チーム資産

注意

チームダッシュボードに加えて、1つのチームに固有ではないプロジェクトダッシュボードを追加することができます。In addition to team dashboards, you can add a project dashboard, which isn't specific to any one team. 詳細については、「 ダッシュボードの追加、名前の変更、および削除」を参照してください。For more information, see Add, rename, and delete dashboards.

アジャイルツール、チーム資産

アジャイルツール、チーム資産

これらのツールは、次の項目を参照することによって、表示される作業項目のセットを自動的にフィルター処理します。These tools automatically filter the set of work items they display by referencing the following items:

  • 既定の区分パスdefault area path
  • イテレーションパスiteration path
  • 選択されたスプリントselected sprints

各ツールの詳細および各ツールの構成設定については、次の対応する記事を参照してください。For more information about each tool and the configuration settings for each tool, see the following corresponding articles.

領域Area ツールTool チーム構成タスクTeam configuration tasks
バックログBacklogs
スプリントとスクラムSprints and Scrum
かんばんボードKanban boards
Widgets (ウィジェット)Widgets
その他のツールOther tools 適用なしNot applicable
領域Area ツールTool チーム構成タスクTeam configuration tasks
バックログBacklogs
スプリントとスクラムSprints and Scrum
かんばんボードKanban boards
Widgets (ウィジェット)Widgets
その他のツールOther tools 適用なしNot applicable
領域Area ツールTool チーム構成タスクTeam configuration tasks
バックログBacklogs
スプリントとスクラムSprints and Scrum
かんばんボードKanban boards
Widgets (ウィジェット)Widgets
その他のツールOther tools 該当なしNot applicable

これらのツールの多くは、チーム区分パスを参照するシステムクエリから構築されています。Many of these tools are built from system queries that reference the team area path. たとえば、チームの既定の区分パスは、チームのバックログに表示される作業項目をフィルター処理します。For instance, a team's default area path filters the work items that appear on a team's backlog. アジャイルツールを使用して作成された作業項目は、チームの既定値に基づいて区分およびイテレーションを自動割り当てします。Work items created using an Agile tool auto-assign the areas and iterations based on team defaults.

バックログとボードによって参照されるチームの既定値Team defaults referenced by backlogs and boards

チームのバックログとボードにはどのような作業項目が表示されますか。What work items appear on team backlogs and boards? バックログまたはボードに作業項目を追加する場合、フィールド値を割り当てるためにチームの既定値はどのように使用されますか。When you add work items to a backlog or board, how are team defaults used to assign field values?

チームは、1つまたは複数の区分パスとバックログイテレーションパスに関連付けられています。Teams are associated with one or more area paths and a backlog iteration path. これらのパスによって、バックログとボードに表示される項目が決まります。These paths determine what items appear on their backlogs and boards.

チームを定義するときは、次のようにチームを定義します。When you define a team, you define the team's:

  • 選択された区分パスSelected area path(s)
  • 既定の区分パスDefault area path
  • 選択されたイテレーションパスSelected iteration path(s)
  • バックログイテレーションパスBacklog iteration path
  • 既定のイテレーションパスDefault iteration path

すべてのアジャイルツールは、チームに対して定義されている区分パスを参照します。All Agile tools reference the area path(s) defined for a team. バックログまたはボードに表示される作業項目のセットは、作業項目の現在の状態またはその親と子の状態によって異なります。The set of work items that appear on a backlog or board depend on the current State of a work item or its parent-child status.

いくつかのツールは、チームの既定のイテレーションパスと選択されたイテレーションパスまたはスプリントも参照します。Several tools also reference the team's default and selected iteration paths or sprints. 新しい作業項目を追加すると、チームの既定の区分パスとイテレーションパスがシステムによって割り当てられます。When you add a new work item, the system assigns the team's default area and iteration paths to it. 作業項目は、バックログ、ボードビュー、またはチームダッシュボードから追加できます。Work items can be added from a backlog, board view, or team dashboard.

アジャイルツールAgile tool 区分パスArea path
(注1を参照)(see note 1)
イテレーションパスIteration path StateState
ポートフォリオまたは製品バックログPortfolio or product backlogs 選択された区分パスSelected area path(s) チームのバックログイテレーションパス以下Equal to or under team's backlog iteration path アクティブ (提案された状態または進行中の状態のカテゴリに対応します。注2、3を参照してください)Active (corresponds to a Proposed or InProgress state category, see notes 2, 3)
かんばんボード (注4を参照)Kanban boards (see note 4) 選択された区分パスSelected area path(s) チームのバックログイテレーションパス以下Equal to or under team's backlog iteration path 任意の状態 (メモ3、5を参照)Any state (see notes 3, 5)
スプリントバックログ (注4を参照)Sprint backlogs (see note 4) 選択された区分パスSelected area path(s) チーム'によって選択されたイテレーションパスTeam's selected iteration paths 任意の状態 (メモ3、5を参照)Any state (see notes 3, 5)
タスクボード (注4を参照)Task boards (see note 4) 選択された区分パスSelected area path(s) チーム'によって選択されたイテレーションパスTeam's selected iteration paths 任意の状態 (メモ3、5を参照)Any state (see notes 3, 5)
新しい作業項目ウィジェットNew work item widget 既定の区分パスDefault area path 既定のイテレーションパスDefault iteration path 該当なしn/a

注:Notes:

  1. アジャイルツールは、チーム'選択された区分パスに基づいて項目をフィルター処理します。Agile tools filter items based on the team's selected area path(s). チームは 、サブエリアパスに割り当てられた項目を含めるか除外するかを選択できます。Teams can choose whether to include or exclude items assigned to subarea paths.
  2. 状態が終了、完了、または削除された (完了したカテゴリの状態に対応する) 作業項目が、ポートフォリオおよび製品バックログに表示さ'tWork items whose State equals Closed, Done, or Removed (corresponding to a Completed category state) don't appear on portfolio and product backlogs.
  3. カスタムワークフローの状態を追加して、3つの状態カテゴリのいずれかに割り当てることができます。You can add custom workflow states and assign them to one of three state categories. 状態のカテゴリによって、バックログおよびボードビューに表示される作業項目が決まります。The state categories determine which work items appear on backlog and board views.
  4. かんばんボード、スプリントバックログ、およびタスクボードには、リーフノードと呼ばれる階層内の最後のノードのみが表示されます。Kanban boards, sprint backlogs, and task boards only show the last node in a hierarchy, called the leaf node. たとえば、深さが4レベルの階層内の項目をリンクする場合、かんばんボード、スプリントバックログ、およびタスクボードには、4番目のレベルの項目のみが表示されます。For example, if you link items within a hierarchy that is four levels deep, only the items at the fourth level appear on the Kanban board, sprint backlog, and task board. 詳細については、「 アイテム間の親子リンク」を参照してください。To learn more, see parent-child links between items.
  5. 状態が "削除済み" である作業項目は、ボードに表示さ't。Work items whose State equals Removed don't appear on boards.

階層型のチームを構築したり、企業内で機敏性を拡大したりStructure hierarchical teams or scale agility within an enterprise

サブチームの概念はありませんが、別のチームの下に区分パスを持つチームを作成して、効果的にチームの階層を作成することができます。Although there's no concept of subteams, you can create teams whose area paths are under another team, which effectively creates a hierarchy of teams. 詳細については、「 別のチームを追加する」を参照してください。To learn more, see Add another team.

また、次の記事では、ポートフォリオ管理またはエンタープライズ組織をサポートするためのチーム、区分パス、イテレーションを構成する手順について説明します。Also, the following articles walk you through the steps for configuring teams, area paths, and iterations to support portfolio management or enterprise organizations:

チームグループTeam groups

チームを追加すると、チーム名を使用してセキュリティグループが自動的に作成されます。When you add a team, a security group is automatically created with the team name. このグループを使用して、クエリをフィルター処理できます。You can use this group to filter queries. チームグループの名前は、 [Project name] \ (チーム名) というパターンに従います。The name of team groups follows the pattern [Project Name]\Team Name. たとえば、次のクエリでは、 [Fabrikam Fiber] \ Email チームグループのメンバーに割り当てられた作業が検索されます。For example, the following query finds work assigned to members of the [Fabrikam Fiber]\Email team group.

Web portal, Queries page, Query that uses In Group operator and team group name

また、ディスカッションおよびプル要求内で " @ 言及" コントロールを使用して、チームのすべてのメンバーに通知することもできます。You can also use the @mention control within discussions and pull requests to notify all members of a team. チームまたはセキュリティグループの名前の入力を開始し、[検索] アイコンを選択して、一覧からオプションを選択します。Start entering the name of a team or a security group, select the search icon, and then select from the options listed. 詳細については、「 @のメンション」を参照してください。To learn more, see Use @mentions to further discussion.

複数のチームで作業するWork on more than one team

1人のユーザーアカウントを複数のチームに所属させることはできますか?Can a user account belong to more than one team?

はい。Yes. プロジェクトのメンバーとして、またはプロジェクトに追加された1つ以上のチームに、ユーザーアカウントを追加できます。You can add user accounts as members of the project or to one or more teams added to the project. 複数のスクラムチームで作業する場合は、 作業するチームごとにスプリントの容量を指定してください。If you work on two or more Scrum teams, make sure you specify your sprint capacity for each team you work on.

チームメンバーのアクセス許可Team member permissions

既定では、チームメンバーは、プロジェクトの貢献者グループのメンバーに対して付与されているアクセス許可を継承します。By default, team members inherit the permissions afforded to members of the project Contributors group. このグループのメンバーは、ソース コードの追加と変更、テストの実行の作成と削除、作業項目の作成と変更を行うことができます。Members of this group can add and modify source code, create and delete test runs, and create and modify work items. チームメンバーは、 Git プロジェクトで共同 作業を行うことも 、チームのコードベースに作業をチェックインすることもできます。Team members can collaborate on a Git project or check in work to the team's code base.

チームの共同作成者に割り当てられた既定のアクセス許可

ユーザーを 利害関係 者にするか、アクセスを読み取り専用に制限することによって、機能の選択へのアクセスを制限します。Limit access to select features by making a user a Stakeholder or limiting their access to read-only. 詳細については、「 作業の追跡に対するアクセス許可とアクセス」を参照してください。For more information, see Permissions and access for work tracking.

まとめSummary

  • すべてのチームが独自のバックログを所有します。新しいバックログを作成するには、新しいチームを作成しますEvery team owns their own backlog, to create a new backlog you create a new team
  • すべてのバックログには、進行状況を追跡し、状態を更新するために使用できる、対応する かんばんボード がありますEvery backlog has a corresponding Kanban board you can use to track progress and update status
  • チームの指定された区分パスとイテレーションパスは、バックログとかんばんボードに表示される作業項目を決定します。 — 特定の区分パスに作業項目を含めるか除外するかを簡単に決定できます。The team's specified area and iteration paths determine which work items appear on the backlog and Kanban board—you can easily decide to include or exclude work items under a specific area path
  • 各チームは、バックログとボードにバグがどのように表示されるかを制御できますEach team can control how bugs show up on their backlogs and boards
  • すべてのチーム資産の概要とその構成方法については、「チームの管理」および「チームツールの構成」を参照してください。For an overview of all team assets and how to configure them, see Manage teams and configure team tools
  • 複数のチームによって実行される作業をポートフォリオバックログにロールアップするには、チーム階層を設定する必要があります。To have work done by several teams roll up in to a portfolio backlog, you'll want to setup the team hierarchy
  • フィールドまたは作業項目の種類を追加する方法については、「 作業追跡エクスペリエンスのカスタマイズ」を参照してください。To add fields or work item types, see Customize your work tracking experience.