GCC C/c + + アプリをビルドするBuild your GCC C/C++ app

Azure Pipelines |TFS 2018 |TFS 2017.2Azure Pipelines | TFS 2018 | TFS 2017.2

注意

Microsoft Team Foundation Server (TFS) 2018 以前のバージョンでは、ビルドとリリースの "パイプライン" は "定義"、"実行" は "ビルド"、"サービス接続" は "サービス エンドポイント"、"ステージ" は "環境"、"ジョブ" は "フェーズ" と呼ばれます。In Microsoft Team Foundation Server (TFS) 2018 and previous versions, build and release pipelines are called definitions, runs are called builds, service connections are called service endpoints, stages are called environments, and jobs are called phases.

Azure Pipelines と Team Foundation Server (TFS) は、高度にカスタマイズ可能な継続的インテグレーション (CI) パイプラインを提供し、チームがコードをプッシュまたはチェックインするたびに C/c + + アプリケーションを自動的にビルドします。Azure Pipelines and Team Foundation Server (TFS) provide a highly customizable continuous integration (CI) pipeline to automatically build your C/C++ application whenever your team pushes or checks in code. このクイックスタートでは、GCC/g + + を使用してコンパイルされた C/c + + アプリケーションの CI パイプラインを定義する方法について説明します。In this quickstart you learn how to define your CI pipeline for a C/C++ application compiled with GCC/g++.

前提条件Prerequisites

  • Azure DevOps 組織が必要です。You need an Azure DevOps organization. アカウントをお持ちでない場合は、無料で作成することができます。If you don't have one, you can create one for free. チームに既に存在する場合は、使用する Azure DevOps プロジェクトの管理者であることを確認します。If your team already has one, then make sure you're an administrator of the Azure DevOps project that you want to use. (Azure DevOps 組織は、GitHub 組織とは異なります。(An Azure DevOps organization is different from your GitHub organization. それらの間にアラインメントを行う場合は、同じ名前を付けてください)。Give them the same name if you want alignment between them.)

  • このクイックスタートを試す最も簡単な方法は、Azure DevOps 組織を使用することですが、Azure DevOps 組織の代わりに TFS サーバーを使用することもできます。While the simplest way to try this quickstart is to use an Azure DevOps organization, you can also use a TFS server instead of an Azure DevOps organization. プロジェクトの ビルドエージェントが構成さ れていること、および GCC がエージェントコンピューターにインストールされていることを確認します。Make sure that you have configured a build agent for your project, and that you have GCC installed on the agent machine.

サンプルアプリコードを取得するGet sample app code

このサンプルアプリコードを、CI ビルドパイプラインからアクセスできるように、バージョン管理システムに直接コピーすることができます。You can copy this sample app code directly into your version control system so that it can be accessed by your CI build pipeline. 作業を開始するには、この URL をクリップボードにコピーします。To get started, copy this URL to your clipboard:

https://github.com/adventworks/cpp-gpp-sample

TFS の Git リポジトリにサンプルアプリをインポートするには、次のようにします。To import the sample app into a Git repo in TFS:

  1. TFS のプロジェクトの コード ページで、[ リポジトリをインポート する] オプションを選択します。On the Code page for your project in TFS, select the option to Import repository.

  2. [ Git リポジトリのインポート ] ダイアログボックスで、上記の url を [ 複製 url ] テキストボックスに貼り付けます。In the Import a Git repository dialog box, paste the above URL into the Clone URL text box.

  3. [ インポート ] をクリックして、サンプルコードを Git リポジトリにコピーします。Click Import to copy the sample code into your Git repo.

継続的インテグレーションのセットアップSet up continuous integration

継続的インテグレーション (CI) パイプラインは、チームメンバーが変更をバージョン管理にコミットするたびに、自動的にコードをビルドしてテストします。A continuous integration (CI) pipeline automatically builds and tests code every time a team member commits changes to version control. ここでは、チームがメインブランチをクリーンな状態に保つために役立つ CI パイプラインを作成します。Here you'll create a CI pipeline that helps your team keep the main branch clean.

  1. 新しいビルドパイプラインを作成します。Create a new build pipeline.

    [ ビルドとリリース ] メニューで、[ ビルド ]、[ 新規 作成] の順に選択して、新しいビルド定義を作成します。Under the Build and Release menu, select Builds then New to create a new build definition.

    リポジトリの新しいビルド定義を作成する

    ソースを選択し、チームプロジェクト、リポジトリ、および既定のブランチを選択し、[ 続行] を選択します。Select a source and chose your team project, repository, and default branch then select Continue.

    テンプレートを選択 するか、 空のプロセス で開始して、ビルドパイプラインを作成します。Select a template or start with an Empty process to create your build pipeline.


  1. 右側のパネルで [ ] を選択し、[ 適用] をクリックします。In the right panel, select Empty, and then click Apply. このテンプレートを使用すると、最初から開始し、独自のビルドタスクを追加できます。This template allows starting from scratch and adding your own build tasks.

  2. エージェントプール の場合:For the Agent pool:

    • Azure Pipelines: ホストされている Ubuntu 1604 またはホストされている macOS を選択します。Azure Pipelines: Select Hosted Ubuntu 1604 or Hosted macOS. これにより、アプリのビルドに必要なソフトウェアを持つエージェントの Azure Pipelines プールが使用されます。This uses an Azure Pipelines pool of agents that have the software needed to build your app.

    • TFS:Linux または macOS ビルドエージェントを含むプールを選択します。TFS: Select a pool that includes a Linux or macOS build agent.

  3. [ ソースの取得 ] をクリックします。Click Get sources and then:

    新しいビルドパイプラインがリポジトリに自動的にリンクされることを確認します。Observe that the new build pipeline is automatically linked to your repository.

  4. + ビルドの ジョブ 1 のアイコンをクリックし、次のようにします。Click the + icon on Job 1 of the build and then:

Azure Pipelines と TFS 2018Azure Pipelines and TFS 2018

  1. シェルスクリプト タスクを検索し、[追加] をクリックしてビルドに追加します。Search for the Shell Script task and click Add to add it to your build.

  2. [ シェルスクリプト ] タスクをクリックし、次のようにフィールド値を設定します。Click the Shell Script task and set its field values as follows:

    フィールドField Value
    VersionVersion 3.* 以降3.* or later
    TypeType Inline
    スクリプトScript make

TFS 2017.2TFS 2017.2

  1. コマンドライン タスクを検索し、[追加] をクリックしてビルドに追加します。Search for the Command Line task and click Add to add it to your build.

  2. [ コマンドライン ] タスクをクリックし、次のようにフィールドの値を設定します。Click the Command Line task and set its field values as follows:

    フィールドField Value
    Display nameDisplay name Build C++ application
    ツールTool make

[完了]Finish

  1. [ トリガー ] タブをクリックし、 継続的インテグレーション のトリガーを有効にします。Click the Triggers tab and enable the Continuous Integration trigger. これにより、リポジトリへの変更をコミットするたびに、ビルドパイプラインが自動的にトリガーされます。This will ensure that the build pipeline is automatically triggered every time you commit a change to your repository.

  2. [ & キューに保存 ] をクリックして、最初のビルドを開始します。Click Save & queue to kick off your first build. [ ビルドパイプラインおよびキューの保存 ] ダイアログボックスで、[ & キューに保存] をクリックします。On the Save build pipeline and queue dialog box, click Save & queue.

  3. 新しいビルドが開始されます。A new build is started. ページの上部に新しいビルドへのリンクが表示されます。You'll see a link to the new build on the top of the page. リンクをクリックすると、新しいビルドが発生したことを確認できます。Click the link to watch the new build as it happens.

ビルドの概要を表示しますView the build summary

  1. ビルドが完了したら、ビルド番号を選択してビルドの概要を表示します。Once the build completes, select the build number to view a summary of the build.

    ビルドの概要に移動

  2. ビルドの概要のさまざまなセクションに注目してください。 [ビルドの詳細] の [コミットのソースバージョン] セクション、関連するすべての変更の一覧、コミットに関連付けられている作業項目へのリンク、およびテスト結果です。Notice the various sections in the build summary - the source version of the commit in build details section, list of all associated changes, links to work items associated with commits, and test results. Git リポジトリへのプッシュによってビルドが自動的にトリガーされると、これらのセクションにはすべての関連情報が表示されます。When the build is automatically triggered by a push to your Git repository, these sections are populated with all the relevant information.

ビルド出力の発行Publish your build output

[ ファイルのコピー ] と [ ビルド成果物の発行 ] タスクをビルドに追加して、コンパイルされた出力をビルド成果物として保存します。Add the Copy Files and Publish Build Artifacts tasks to your build to save its compiled output as a build artifact.

次のステップNext steps

チームによってチェックインされたコードが自動的にビルドおよび検証されるように、独自の CI パイプラインを配置するだけです。You've just put your own CI pipeline in place to automatically build and validate whatever code is checked in by your team. アプリを自動的にデプロイすることもできます。You can also automatically deploy your app. 詳細については、次のトピックのいずれかを参照してください。To learn more, see one of these topics:

このビルドパイプラインは、チームのニーズに合わせて変更することもできます。You can also modify this build pipeline to meet the needs of your team. 詳細については、次のトピックのいずれかを参照してください。To learn more see one of these topics: