手動検証タスク

Azure DevOps Services | Azure DevOps Server 2020

このタスクを YAML パイプラインで使用して、ステージ内で実行を一時停止します。通常は、何らかの手動アクションや検証を実行してから、実行を再開/拒否します。

確認要求

このタスクは、YAML パイプラインでのみサポートされています。 は、YAML パイプラインの エージェントレスジョブ でのみ使用できます。

引数

パラメーター コメント
instructions 省略可能。 タスクがアクティブになったときにユーザーに表示される命令テキスト。
notifyUsers 省略可能。 タスクがアクティブ化されたことが通知されるユーザーの電子メールアドレスの一覧。 キュービルドアクセス許可を持つユーザーのみが手動検証を行うことができます。 構文を使用して [org name]\group name グループに送信できます。
onTimeout 省略可能。 タスクがタイムアウトした場合に実行するアクション (拒否または再開)。既定値は reject です。
制御オプション 制御オプションの表示

手動検証タスクを使用すると、ステージ内のパイプラインの実行を一時停止することができます。通常は、手動の手順やアクションを実行してから、パイプラインを続行します。 たとえば、ユーザーは、パイプラインが長時間実行される計算集中型ジョブを開始する前に、特定の配置構成を手動で検証する必要がある場合があります。

手動検証タスクの構成には、関連情報を提供したり、一時停止中にユーザーが手動で実行する必要のある手順を指定したりするために使用できる指示パラメーターが含まれています。 レビューを待っているときにユーザーとユーザーグループに電子メール通知を送信するようにタスクを構成し、構成可能なタイムアウトが発生した後に自動応答 (拒否または再開) を指定できます。

制御オプションで使用できるパラメーターを使用して timeoutInMinutes 、タスクのタイムアウト値を指定できます。 このパラメーターは省略できます。

注意

タスクを完全に実行するには、ジョブのタイムアウト値をタスクのタイムアウト値よりも大きくする必要があります。 「 既定のジョブタイムアウト値」を参照してください。

ヒント

パラメーターでは、変数を使用して notifyUsers 電子メールアドレスを指定できます。

パイプラインの実行中に手動検証タスクがアクティブになると、指示を含む [手動検証] ダイアログボックスを開くリンクを含むメッセージバーが表示されます。 手動の手順を実行した後、管理者またはユーザーは、実行を再開するか拒否するかを選択できます。 パイプラインに対する ' キュービルド ' アクセス許可を持つユーザーは、実行を再開または拒否できます。

  jobs:
  - job: waitForValidation
    displayName: Wait for external validation
    pool: server
    timeoutInMinutes: 4320 # job times out in 3 days
    steps:
    - task: ManualValidation@0
      timeoutInMinutes: 1440 # task times out in 1 day
      inputs:
        notifyUsers: |
          test@test.com
          example@example.com
        instructions: 'Please validate the build configuration and resume'
        onTimeout: 'resume'