プロビジョニングされた Wiki と公開されたコードを Wiki として

Azure DevOps Services | Azure DevOps Server 2020 | Azure DevOps Server 2019 | TFS 2018

このAzure DevOps Wiki コンテンツを管理するための次のオプションがあります。

どちらのオプションでも Git リポジトリに Wiki コンテンツが保持されます。一方、Wiki コンテンツを追加、更新、管理する方法は異なります。

注意

wiki としての発行コード機能は、現在、2018 Azure DevOps Server以降のバージョンで使用できます。 以前のバージョンの場合は、チーム プロジェクト の Wiki のみをプロビジョニングできます

Wiki ページのメニュー オプション

プロビジョニングされた Wiki では、Wiki 内で直接ページを追加および編集 します。 プロビジョニングされた Wiki に対する コンテンツの更新はすべて、Wiki 内で行 われます

発行コードを wiki として使用すると、コンテンツの追加、編集、および更新を Reposまたは コード から行います

Wiki ページで使用できないメニュー オプションを次の図に示します。 ご覧のように、コードとして公開する Wiki ページでは、 いくつかのオプションがサポート されていません。

プロビジョニングされた Wiki

プロビジョニングされた Wiki ページのメニュー オプション

Wiki としてコードを発行する

[コード ページの発行] メニュー オプション

たとえば、wikiとして発行コードの [Repos] オプションを使用すると、その特定のページを編集するために [Repo] ページに移動します。 Wiki 用に選択したブランチのページに対して行った更新は、Wiki に自動的に発行されます。

サポートされている機能と運用上の違い

プロビジョニングされた Wiki と コード として公開する Wiki では、次 の機能がサポートされています。

次の表は、wiki の種類によって異なる可能性がある操作または機能をまとめたものです。

ページを追加する

プロビジョニングされた Wiki または発行コードを wiki として使用する場合は、 [新しいページ] または [サブ ページ追加] を選択します。 詳細については、「Wiki ページの 追加と編集」を参照してください

ナビゲーション ウィンドウのページ シーケンスとページ 一覧

プロビジョニング された Wiki では 、ナビゲーション ウィンドウ内でページを追加または移動すると、ページ シーケンスとページ リストが自動的に管理されます。

発行コードのナビゲーション ウィンドウ内のページの一覧を wiki として構成するには、ルートで 、サブページを含むサブフォルダーまたは親ページごとに .order ファイルを定義します。

どちらの種類の wiki も同じファイル構造に従います。wiki としての発行コードでは、ページ シーケンスを手動で維持する必要があります。

.order ファイルの操作の詳細 については、「Wiki Git リポジトリ ファイルと ファイル構造」を参照してください

ページのリビジョンと以前のバージョンへの戻り

Wiki から 、任意 の Wiki ページのリビジョンを表示するには、[リビジョン] を選択するか、[リビジョンの表示]メニュー オプションを 選択します。

ただし、元に戻すプロセスは Wiki ページの種類によって異なります。

  • プロビジョニングされた *Wiki ページについては、「*プロビジョニングされた Wiki へのコミットの元に戻す」ページの説明に従って、元に戻す [] を選択します。
  • コードとして 発行する Wiki ページの 場合は、ローカル ブランチから作業し、作業pull requestを更新するアプリケーションを送信します。

Wiki のバージョン管理と発行解除

バージョン管理を使用すると、Git リポジトリのバージョン管理されたブランチに基づいて、異なるコンテンツ バージョンを個別の Wiki に発行できます。 以前に Wiki に発行したコンテンツのバージョン管理と発行解除は、Wiki にコードを発行して作成した Wiki でのみサポートされます。

詳細については、「公開された Wiki のバージョン、選択、または発行を解除する」を参照してください

プロジェクト Wiki を削除する

プロジェクト Wiki の削除は Wiki API ではサポートされていませんが、次の手順を実行して Wiki リポジトリを削除できます。

  1. wiki リポジトリを複製して、そのすべてのコンテンツのバックアップを作成します。 コンテキスト メニューを選択し、[Clone wiki] を選択し、複製 URL をコピーします。

    Wiki リポジトリを複製する

  2. この Wiki をバッキングしている Git リポジトリ ID を取得します。 プロジェクト 内REST API Wiki を取得するには、このコマンドを使用します。

    次に例を示します。GET https://dev.azure.com/fabrikam/_apis/wiki/wikis?api-version=4.1 プロジェクト内のすべての wiki ("sampleProject") が返されます。 ここでは、削除する Wiki のリポジトリ ID を取得できます。

    Wiki リポジトリを複製し、URL をコピーします

  3. git リポジトリを削除REST API次の手順に従います。

    例: DELETE https://dev.azure.com/fabrikam/_apis/git/repositories/{repositoryId}?api-version=4.1 前の手順を使用して見つかったプロジェクト wiki のリポジトリ ID を使用します。 リポジトリ ID が、削除するプロジェクト Wiki と一致する必要があります。

オフラインで作業して Wiki を更新する

オフラインまたはローカル ブランチで作業して、プロビジョニングされた Wiki のコンテンツを更新し、コード Wiki として公開することができます。 詳細については、「オフラインでの Wiki ページの複製と更新」を参照してください