バックログとボードへの作業項目の種類の追加Add a work item type to a backlog and board

Azure DevOps Services (ホストされる XML) |TFS 2018 |TFS 2017Azure DevOps Services (Hosted XML) | TFS 2018 | TFS 2017

重要

このトピックは、ホストされている XML およびオンプレミスの XML プロセスモデルのプロジェクトカスタマイズに適用されます。This topic applies to project customization for Hosted XML and On-premises XML process models. 継承プロセスモデルについては、「 プロセスのバックログまたはボードをカスタマイズする」を参照してください。For the Inheritance process model, see Customize your backlogs or boards for a process.

プロセスモデルの概要については、「 作業追跡エクスペリエンスのカスタマイズ」を参照してください。For an overview of process models, see Customize your work tracking experience.

他のビジネスプロセスを満たすには、チームが追加の作業項目の種類 (Wit) を要件またはタスクとして追跡することが必要になる場合があります。To satisfy other business processes, your team may want to track additional work item types (WITs) as requirements or as tasks. これにより、製品内およびスプリントバックログ、かんばんおよびタスクボード内でそれらを追加したり追跡したりできます。This way, you can add them and track them within the product and sprint backlogs or Kanban and task boards.

たとえば、対象となる顧客、またはソースに基づくさまざまな種類のバグに基づいて、さまざまな種類の要件を追跡することができます。For example, you may want to track different types of requirements based on their target customer, or different types of bugs based on their source. Fabrikam Fiber チームは、顧客サービスチームをサポートする作業を追跡するために、サービスアプリ WIT を追加しました。Here the Fabrikam Fiber team has added the Service App WIT to track work that supports their customer service team.

要件として追跡するカスタム WIT (サービスアプリなど) を要件カテゴリに追加する

ヒント

バックログとボードにバグを追加するだけの場合は、「 バックログとボードにバグを表示 する」を参照して、チームの選択を行います。If all you want to do is add bugs to your backlogs and boards, see Show bugs on backlogs and boards to make your team's selection. 別の WIT およびポートフォリオバックログを追加する場合は、「 ポートフォリオバックログレベルの追加」を参照してください。If you want to add another WIT and portfolio backlog, see Add a portfolio backlog level.

要件、タスク、またはバグとして追跡する WIT を追加するには、対応する手順を実行します。To add a WIT to track as requirements, tasks, or as bugs perform the corresponding steps:

注意

WIT は、要件カテゴリ、タスクカテゴリ、またはバグカテゴリのいずれか1つにのみ追加することをお勧めします。We recommend that you add a WIT to one and only one of the following categories: Requirement Category, Task Category, or Bug Category. システムでは、要件カテゴリとタスクカテゴリの両方に同じ WIT を追加することはできません。The system prevents you from adding the same WIT to both the Requirement Category and Task Category. バグカテゴリに追加した Wit は、 チームに設定されているバグの動作に従います。WITs that you add to the Bug Category will follow the bug behavior set for the team.

最初のステップFirst steps

ホストされた XML プロセスモデルのカスタマイズ順序Hosted XML process model customization sequence

注意

定義ファイルのインポート/エクスポートを使用してプロセスをカスタマイズする場合は、次のガイダンスを参考にしてください。Use the following guidance if you customize your process through import/export of definition files. それ以外の場合、管理 UI を使用してプロセスをカスタマイズする場合は、「 プロセスのカスタム作業項目の種類を追加または変更する」を参照してください。Otherwise, if you customize your process through the admin UI, see Add or modify a custom work item type for a process.

プロセス定義ファイルに変更を加え、そのプロセスをインポートして、既存のプロジェクトを更新するか、プロセスを使用してプロジェクトを作成します。You'll make your changes to your process definition files, and then import that process to either update existing projects or use the process to create a project.

オンプレミスの XML プロセスモデルのカスタマイズ順序On-premises XML process model customization sequence

まず、作業追跡定義ファイルをエクスポートし、それを更新して、プロジェクトにインポートします。You'll first export your work tracking definition files, update them, and then import them to your project.

必要条件のように WIT を追加して追跡するAdd a WIT to track it like a requirement

要件カテゴリに追加した Wit は、プロダクトバックログとかんばんボードに表示されます。WITs that you add to the Requirement Category show up on the product backlog and Kanban board. アジャイル計画ツールをサポートするために、WIT 定義に必要なフィールドが含まれていることを確認する必要があります。You must make sure that the WIT definition contains required fields to support the Agile planning tools.

  1. 最初の手順で示されているように、プロセス (ホステッド xml) または定義ファイル (オンプレミス xml) をエクスポートします。Export your process (Hosted XML) or your definition files (On-premises XML) as indicated in First steps.
  2. 計画ツールをサポートするために WIT 定義を編集します。Edit the WIT definition to support planning tools.
    カスタマイズCustomize 追加または更新する構文Syntax to add or update

スタック順位フィールド (Agile、CMMI)Stack rank field (Agile, CMMI)


   <FIELD name="Stack Rank" refname="Microsoft.VSTS.Common.StackRank" type="Double" reportable="dimension"/>     
      <HELPTEXT>Work first on items with lower-valued stack rank. Set in triage. 
      </HELPTEXT/>      
   </FIELD/> 
   
バックログ優先順位フィールド (スクラム)Backlog priority field (Scrum)

   <FIELD name="Backlog Priority" refname="Microsoft.VSTS.Common.BacklogPriority" type="Double" reportable="detail" /> 
   
値領域フィールドValue Area field

   <FIELD name="Value Area" refname="Microsoft.VSTS.Common.ValueArea" type="String"> 
      <REQUIRED />   
      <ALLOWEDVALUES>   
         <LISTITEM value="Architectural" />  
         <LISTITEM value="Business" />  
         </ALLOWEDVALUES>  
      <DEFAULT from="value" value="Business" /> 
      <HELPTEXT>Business = delivers value to a user or another system; Architectural = work to support other stories or components  
      </HELPTEXT>   
      </FIELD> 
   
"必要条件の種類" フィールド (CMMI)Requirement Type field (CMMI)

   <FIELD name="Requirement Type" refname="Microsoft.VSTS.CMMI.RequirementType" type="String" reportable="dimension">  
      <REQUIRED />  
      <ALLOWEDVALUES>  
         <LISTITEM value="Scenario" />  
         <LISTITEM value="Quality of Service" />  
         <LISTITEM value="Functional" />  
         <LISTITEM value="Operational" />  
         <LISTITEM value="Interface" />  
         <LISTITEM value="Security" />  
         <LISTITEM value="Safety" />  
         <LISTITEM value="Business Objective" />  
         <LISTITEM value="Feature" />  
      </ALLOWEDVALUES>  
      <DEFAULT from="value" value="Functional" />  
   </FIELD>  
   
`WORKFLOW` 下 `WORKFLOW\` section

セクションを次のように更新または確認し `WORKFLOW` ます。Update or verify the `WORKFLOW` section as follows:

  • アジャイル、ユーザーストーリー: からおよびへの切り替え効果を追加します `Active` `Removed` `Resolved` `Removed` 。 `Activated By` `Activated Date` state =`Resolved` Agile, User Story: Add transitions from `Active` to `Removed` and `Resolved` to `Removed`; remove rules that populate `Activated By` and `Activated Date` fields when state=`Resolved`
  • スクラム、プロダクトバックログ項目: からへの切り替え効果の追加 `Committed``Removed` Scrum, Product backlog item: Add transition from `Committed` to `Removed`

をカスタマイズしている場合は、 `WORKFLOW` 必ず [ProcessConfiguration `RequirementBacklog` セクション](/previous-versions/azure/devops/reference/upgrade/add-features-manually#update-processconfiguration)でメタ状態の必要なマッピングを定義してください。If you've customized the `WORKFLOW`, make sure to define the required state-to-metastate mappings in the [ProcessConfiguration `RequirementBacklog` section](/previous-versions/azure/devops/reference/upgrade/add-features-manually#update-processconfiguration).

`FORM` 下 `FORM\` section

次のフィールドがセクションに追加されたことを追加または確認し ```FORM``` ます。Add or verify the following fields have been added to the ```FORM``` section:

  • アジリティAgile:
    
       <Control FieldName="Microsoft.VSTS.Scheduling.StoryPoints" Type="FieldControl" Label="Story Points" LabelPosition="Left" />  
       <Control FieldName="Microsoft.VSTS.Common.ValueArea" Type="FieldControl" Label="Value area" LabelPosition="Left" />
       
  • CMMICMMI:
    
       <Control Type="FieldControl" FieldName="Microsoft.VSTS.Scheduling.Size" Label="Size" LabelPosition="Left" />
       <Control Type="FieldControl" FieldName="Microsoft.VSTS.CMMI.RequirementType" Label="Type" LabelPosition="Left" /> 
       <Control FieldName="Microsoft.VSTS.Common.ValueArea" Type="FieldControl" Label="Value area" LabelPosition="Left" />
       
  • スクラムScrum:
    
       <Control FieldName="Microsoft.VSTS.Scheduling.Effort" Type="FieldControl" Label="Effort" LabelPosition="Left" />  
       <Control FieldName="Microsoft.VSTS.Common.ValueArea" Type="FieldControl" Label="Value area" LabelPosition="Left" /> 
       
  1. カテゴリの定義を編集します。Edit the Categories definition. WIT を要件カテゴリに追加します。Add the WIT to the Requirement category. ここでは、サービスアプリを追加します。Here we add Service App.

     <CATEGORY name="Requirement Category" refname="Microsoft.RequirementCategory">
        <DEFAULTWORKITEMTYPE name="User Story" />
        <WORKITEMTYPE name="Service App" />
     </CATEGORY>
    
  2. ProcessConfiguration の定義の更新または確認: RequirementBacklog 追加する WIT のセクション。Update or verify ProcessConfiguration definition: RequirementBacklog section for the WIT you're adding. 具体的には、次の条件が満たされていることを確認します。Specifically, make sure that the following conditions are met:

    • 各ワークフロー状態の開始をにマップする ```type="Proposed"``` Map the start of each workflow state to ```type="Proposed"```
    • かんばんボードに表示する中間のワークフロー状態をマップします。 ```type="InProgress"``` Map each intermediate workflow state you want to have show up on the Kanban board to ```type="InProgress"```
    • 各ワークフロー状態の終了をにマップする ```type="Complete"``` Map the end of each workflow state to ```type="Complete"```
    • にマップされている状態が1つだけであることを確認します。 ```type="Complete"```Make sure that you have only one State mapped to ```type="Complete"```

たとえば、保留中のワークフローの状態を```xml 追加します。For example, add the Pending workflow state: ```xml

5. Add the WIT color definition to the ProcessConfiguration ```WorkItemColors``` section. For example:   
```xml
<WorkItemColor primary="FF33CC33" secondary="FFD6F5D6" name="Service App" />
  1. プロジェクトを更新します。Update your project:

WIT を追加してタスクのように追跡するAdd a WIT to track it like a task

タスクカテゴリに追加した Wit は、スプリントバックログとタスクボードに表示されます。WITs that you add to the Task Category show up on the sprint backlogs and task boards. 追加する WIT では、アジャイル計画ツールをサポートするために必要なフィールドを指定する必要があります。The WIT you add must specify required fields to support the Agile planning tools.

  1. 最初の手順で示されているように、プロセス (ホステッド xml) または定義ファイル (オンプレミス xml) をエクスポートします。Export your process (Hosted XML) or your definition files (On-premises XML) as indicated in First steps.
  2. 計画ツールをサポートするために WIT 定義を編集します。Edit the WIT definition to support planning tools.
    カスタマイズCustomize 追加または更新する構文Syntax to add or update

スタック順位フィールド (Agile、CMMI)Stack rank field(Agile, CMMI)


   <FIELD name="Stack Rank" refname="Microsoft.VSTS.Common.StackRank" type="Double" reportable="dimension">   
      <HELPTEXT>Work first on items with lower-valued stack rank. Set in triage.  
      </HELPTEXT>   
   </FIELD>  
   
バックログ優先順位フィールド (スクラム)Backlog priority field (Scrum)

   <FIELD name="Backlog Priority" refname="Microsoft.VSTS.Common.BacklogPriority" type="Double" reportable="detail" />   
   
アクティビティフィールド (アジャイル、スクラム)Activity field (Agile, Scrum)

   <FIELD name="Activity" refname="Microsoft.VSTS.Common.Activity" type="String" reportable="dimension"> 
      <HELPTEXT>Type of work involved</HELPTEXT> 
      <SUGGESTEDVALUES>  
         <LISTITEM value="Development" />    
         <LISTITEM value="Testing" />    
         <LISTITEM value="Requirements" />    
         <LISTITEM value="Design" />    
         <LISTITEM value="Deployment" />    
         <LISTITEM value="Documentation" />    
      </SUGGESTEDVALUES>    
   </FIELD>    
   
作業分野フィールド (CMMI)Discipline field (CMMI)

   <FIELD name="Discipline" refname="Microsoft.VSTS.Common.Discipline" type="String" reportable="dimension">  
      <ALLOWEDVALUES>  
         <LISTITEM value="Analysis" />    
         <LISTITEM value="User Experience" />    
         <LISTITEM value="User Education" />    
         <LISTITEM value="Development" />    
         <LISTITEM value="Test" />    
      </ALLOWEDVALUES>    
   </FIELD>    
   
残存作業フィールド (すべて)Remaining Work field (all)

   <FIELD name="Remaining Work" refname="Microsoft.VSTS.Scheduling.RemainingWork" type="Double" reportable="measure" formula="sum">    
      <HELPTEXT>    
      An estimate of the work remaining to complete the task (in person hours)  
      </HELPTEXT>
   </FIELD>    
   
追加のスケジュールフィールド (Agile、CMMI)Additional scheduling fields (Agile, CMMI)

   <FIELD name="Original Estimate" refname="Microsoft.VSTS.Scheduling.OriginalEstimate" type="Double" reportable="measure" formula="sum">    
   <HELPTEXT> The original estimate of work required to complete the task (in person hours)</HELPTEXT>    
   </FIELD>    
   <FIELD name="Remaining Work" refname="Microsoft.VSTS.Scheduling.RemainingWork" type="Double" reportable="measure" formula="sum">    
      <HELPTEXT>An estimate of the work remaining to complete the task (in person hours)
      </HELPTEXT>    
   </FIELD>    
   <FIELD name="Completed Work" refname="Microsoft.VSTS.Scheduling.CompletedWork" type="Double" reportable="measure" formula="sum">    
      <HELPTEXT>    
          The work that has been completed for this task (in person hours)  
      <HELPTEXT>    
   </FIELD>    
   <FIELD name="Start Date" refname="Microsoft.VSTS.Scheduling.StartDate" type="DateTime" reportable="dimension" />    
   <FIELD name="Finish Date" refname="Microsoft.VSTS.Scheduling.FinishDate" type="DateTime" reportable="dimension" />    
   
```WORKFLOW``` 下 ```WORKFLOW\`\`\` section

セクションを次のように更新または確認し ```WORKFLOW``` ます。Update or verify the ```WORKFLOW``` section as follows:

  • アジャイル、ユーザーストーリー: からおよびへの切り替え効果を追加します `Active` `Removed` `Resolved` `Removed` 。 `Activated By` `Activated Date` state =`Resolved` Agile, User Story: Add transitions from `Active` to `Removed` and `Resolved` to `Removed`; remove rules that populate `Activated By` and `Activated Date` fields when state=`Resolved`
  • スクラム、プロダクトバックログ項目: からへの切り替え効果の追加 `Committed``Removed` Scrum, Product backlog item: Add transition from `Committed` to `Removed`

をカスタマイズしている場合は、 `WORKFLOW` 必ず [ProcessConfiguration `TestBacklog` セクション](/previous-versions/azure/devops/reference/upgrade/add-features-manually#update-processconfiguration)でメタ状態の必要なマッピングを定義してください。If you've customized the `WORKFLOW`, make sure to define the required state-to-metastate mappings in the [ProcessConfiguration `TestBacklog` section](/previous-versions/azure/devops/reference/upgrade/add-features-manually#update-processconfiguration).

`FORM` 下 `FORM\` section

次のフィールドがセクションに追加されたことを追加または確認し `FORM` ます。Add or verify the following fields have been added to the `FORM` section:

  • アジリティAgile:
    
       <Control FieldName="Microsoft.VSTS.Scheduling.StoryPoints" Type="FieldControl" Label="Story Points" LabelPosition="Left" />    
       <Control FieldName="Microsoft.VSTS.Common.ValueArea" Type="FieldControl" Label="Value area" LabelPosition="Left" />    
       
  • CMMICMMI:
    
       <Control Type="FieldControl" FieldName="Microsoft.VSTS.Scheduling.Size" Label="Size" LabelPosition="Left" />    
       <Control FieldName="Microsoft.VSTS.Common.ValueArea" Type="FieldControl" Label="Value area" LabelPosition="Left" />    
       
  • スクラムScrum:
    
       <Control FieldName="Microsoft.VSTS.Scheduling.Effort" Type="FieldControl" Label="Effort" LabelPosition="Left" />    
       <Control FieldName="Microsoft.VSTS.Common.ValueArea" Type="FieldControl" Label="Value area" LabelPosition="Left" />    
       
  1. カテゴリの定義を編集します。Edit the Categories definition. WIT をタスクカテゴリに追加します。Add the WIT to the Task category. ここでは、サービスタスクを追加します。Here we add Service Task.

     <CATEGORY name="Task Category" refname="Microsoft.TaskCategory">
        <DEFAULTWORKITEMTYPE name="Task" />
        <WORKITEMTYPE name="Service Task" />
     </CATEGORY>
    
  2. ProcessConfiguration の定義の更新または確認: TaskBacklog 追加する WIT のセクション。Update or verify ProcessConfiguration definition: TaskBacklog section for the WIT you're adding.

    具体的には、次の条件が満たされていることを確認します。Specifically, make sure that the following conditions are met:

    • 各ワークフロー状態の開始をにマップする ```type="Proposed"``` Map the start of each workflow state to ```type="Proposed"```
    • タスクボードに表示する中間のワークフロー状態をマップします。 ```type="InProgress"``` Map each intermediate workflow state you want to have show up on the task board to ```type="InProgress"```
    • 各ワークフロー状態の終了をにマップする ```type="Complete"``` Map the end of each workflow state to ```type="Complete"```
    • にマップされている状態が1つだけであることを確認します。 ```type="Complete"```Make sure that you have only one State mapped to ```type="Complete"```

たとえば、ブロックされたワークフロー状態を```xml 追加します。For example, add the Blocked workflow state: ```xml

5. Add the WIT color definition to the ProcessConfiguration ```WorkItemColors``` section. For example:  
```xml
<WorkItemColor primary="FFF2CB1D" secondary="FFF6F5D2" name="Service Task" />
  1. プロジェクトを更新します。Update your project:

  2. タスクボードに WIT を追加できることを確認します。Confirm that you can add the WIT to the task board. タスクボードページを開くか、既に開いている場合はページを更新します。Open the task board page, or refresh the page if it's already open.
    ユーザーストーリーのリンクされた作業項目として、[タスク] または [サービス] タスクのいずれかを選択できるようになります。You should be able to select either Task or Service Task as a linked work item to a user story.
    サービスタスク作業項目の種類が追加されたタスクボード

    タスクボードで、作業項目をドラッグして状態を更新します。On the task board, drag the work item to update its status. 状態が無効である列に項目をドラッグすることはできません。You'll notice that you can't drag an item to a column for which the state isn't valid. たとえば、タスクをブロックされた状態にドラッグしたり、タスクを解決済みの状態にドラッグしたりすることはできません。For example, you can't drag Task to the Blocked state, or a Task into a resolved state. これらの状態を使用する場合は、該当する WIT 定義について、これらの状態をワークフロー定義に追加します。If you want to use these states, then add them to the workflow definition for the corresponding WIT definition.

WIT をバグカテゴリに追加するAdd a WIT to the Bug Category

バグカテゴリに追加した Wit は、 チーム設定に基づいて処理されます。WITs that you add to the Bug Category will be treated based on the team setting. これらの Wit は要件またはタスクとして扱うことができるため、要件とタスクの両方のアジャイル計画ツールの要件を満たす必要があります。Because these WITs may be treated either as requirements or tasks, they must meet Agile planning tool requirements for both requirements and tasks.

  1. 最初の手順で示されているように、プロセス (ホステッド xml) または定義ファイル (オンプレミス xml) をエクスポートします。Export your process (Hosted XML) or your definition files (On-premises XML) as indicated in First steps.

  2. 要件として追跡する wit を追加 する」の手順 2. に記載された条件を満たし、 タスクとして追跡する wit を追加することによって、計画ツールをサポートするように wit 定義を編集します。Edit the WIT definition to support planning tools by meeting the conditions listed for Step 2 of Add a WIT to track as requirements and Add a WIT to track as tasks.

  3. カテゴリの定義を編集します。Edit the Categories definition. WIT をバグカテゴリに追加します。Add the WIT to the Bug Category. ここでは、2つの Wit を追加します。Here we add two WITs.

     <CATEGORY name="Bug Category" refname="Microsoft.BugCategory">  
        <DEFAULTWORKITEMTYPE name="Bug" />  
        <WORKITEMTYPE name="Service Bug" />  
        <WORKITEMTYPE name="Feedback" />  
     </CATEGORY>
    
  4. ProcessConfiguration の定義の更新または確認: BugWorkItems 追加する WIT のセクション。Update or verify ProcessConfiguration definition: BugWorkItems section for the WIT you're adding.

    具体的には、次の条件が満たされていることを確認します。Specifically, make sure that the following conditions are met:

    • 各ワークフロー状態の開始をにマップする ```type="Proposed"``` Map the start of each workflow state to ```type="Proposed"```
    • かんばんまたはタスクボードに表示する中間のワークフロー状態をマップします。 ```type="InProgress"``` Map each intermediate workflow state you want to have show up on the Kanban or task board to ```type="InProgress"```
    • 各ワークフロー状態の終了をにマップする ```type="Complete"``` Map the end of each workflow state to ```type="Complete"```
    • にマップされている状態が1つだけであることを確認します。 ```type="Complete"```Make sure that you have only one State mapped to ```type="Complete"```

たとえば、次のように調査ワークフローの```xml 状態を追加します。For example, add the Investigate workflow state: ```xml

5. Add the WIT color definition to the ProcessConfiguration ```WorkItemColors``` section. For example:  
```xml
<WorkItemColor primary="FFF2CB1D" secondary="FFF6F5D2" name="Service Bug" />  
<WorkItemColor primary="FFFF00FF" secondary="FFFFCCFF" name="Feedback" />  
  1. プロジェクトを更新します。Update your project:

  2. チーム設定を選択します。Choose your team setting.

  3. バックログとボードに WIT が予想どおりに表示されることを確認し、必要に応じてバックログから追加することができます。Confirm that the WIT appears on the backlogs and boards as expected and that you can add it through the backlogs as expected.

定義ファイルのインポートとエクスポート (オンプレミス XML)Import and export definition files (On-premises XML)

定義ファイルをインポートおよびエクスポートするには、 witadmin コマンドを使用します。Use the witadmin commands to import and export definition files. 詳細については、「 witAdmin: 作業を追跡するためのオブジェクトのカスタマイズと管理」を参照してください。For details, see witAdmin: Customize and manage objects for tracking work.

ヒント

Witadmin を使用すると、定義ファイルをインポートおよびエクスポートできます。With witadmin, you can import and export definition files. 使用できるその他のツールには、プロセスエディターがあります (Visual Studio のバージョンがインストールされている必要があります)。Other tools you can use include the Process Editor (requires that you have installed a version of Visual Studio). Visual Studio Marketplace からプロセステンプレートエディターをインストールします。Install the Process Template editor from the Visual Studio Marketplace.

または、 TFS チームプロジェクトマネージャー(GitHub から入手できるオープンソースクライアント) を使用することもできます。Or, you can use the TFS Team Project Manager, an open-source client available from GitHub.

ヒント

Witadmin を使用すると、定義ファイルをインポートおよびエクスポートできます。With witadmin, you can import and export definition files. 使用できるその他のツールには、プロセスエディターがあります (Visual Studio のバージョンがインストールされている必要があります)。Other tools you can use include the Process Editor (requires that you have installed a version of Visual Studio). Visual Studio Marketplace から TFS プロセステンプレートエディターをインストールします。Install the TFS Process Template editor from the Visual Studio Marketplace. このバージョンのプロセスエディターを使用して、旧形式の作業項目フォームを変更できます。You can use this version of the Process Editor to modify the old-style work item forms. 新しい web フォームに関連付けられているフォームを編集するために使用することはできません。You can't use it to edit forms associated with the new web forms.

または、 TFS チームプロジェクトマネージャー(GitHub から入手できるオープンソースクライアント) を使用することもできます。Or, you can use the TFS Team Project Manager, an open-source client available from GitHub.

ヒント

Witadmin を使用すると、定義ファイルをインポートおよびエクスポートできます。With witadmin, you can import and export definition files. 使用できるその他のツールには、プロセスエディターがあります (Visual Studio のバージョンがインストールされている必要があります)。Other tools you can use include the Process Editor (requires that you have installed a version of Visual Studio). TFS パワーツールをインストールします。Install TFS Power Tools. または、 TFS チームプロジェクトマネージャー(GitHub から入手できるオープンソースクライアント) を使用することもできます。Or, you can use the TFS Team Project Manager, an open-source client available from GitHub.

1. 「WitAdmin: 作業を追跡するためのオブジェクトのカスタマイズと管理」に記載されている手順に従って、コマンドプロンプトウィンドウを開きます。Open a Command Prompt window according to the instructions provided in witAdmin: Customize and manage objects for tracking work. 次に例を示します。For example:
%programfiles(x86)%\Microsoft Visual Studio\2017\Community\Common7\IDE\CommonExtensions\Microsoft\TeamFoundation\Team Explorer
  1. witadmin表示される引数のデータに置き換えて、コマンドを入力します。Enter the witadmin command, substituting your data for the arguments that are shown. たとえば、WIT をインポートするには、次のようにします。For example, to import a WIT:

    witadmin importwitd /collection:CollectionURL /p:"ProjectName" /f:"DirectoryPath\WITDefinitionFile.xml"
    

    Collectionurl の場合、プロジェクトコレクションの URL を指定し、 ProjectName にはコレクション内で定義されているプロジェクトの名前を指定します。For CollectionURL specify the URL of a project collection and for ProjectName specify the name of a project defined within the collection. 次の形式で URL を指定する必要があります: http://ServerName:Port/VirtualDirectoryName/CollectionNameYou must specify the URL in the following format: http://ServerName:Port/VirtualDirectoryName/CollectionName.

    DirectoryPath の場合は、 WorkItem Tracking/TypeDefinitions ダウンロードしたプロセステンプレートが保存されているフォルダーへのパスを指定します。For DirectoryPath, specify the path to the WorkItem Tracking/TypeDefinitions folder that holds the process template that you downloaded. ディレクトリパスは、の構造体に従う必要があり Drive:\TemplateFolder\WorkItem Tracking\TypeDefinitions ます。The directory path must follow this structure: Drive:\TemplateFolder\WorkItem Tracking\TypeDefinitions.

    たとえば、ServiceApp WIT をインポートします。For example, import the ServiceApp WIT:

    witadmin importwitd /collection:"http://MyServer:8080/tfs/DefaultCollection"/p:MyProject /f:"DirectoryPath/ServiceApp.xml"
    

次のコマンドを使用して、Wit、カテゴリ、およびプロセス構成をエクスポートおよびインポートします。Use these commands to export and import WITs, categories, and process configuration:

witadmin exportwitd /collection:CollectionURL /p:"ProjectName" /n:TypeName /f:"DirectoryPath\WITDefinitionFile.xml"  
witadmin importwitd /collection:CollectionURL /p:"ProjectName" /f:"DirectoryPath\WITDefinitionFile.xml"  
witadmin exportcategories /collection:"CollectionURL" /p:"ProjectName" /f:"DirectoryPath/categories.xml"  
witadmin importcategories /collection:"CollectionURL" /p:"ProjectName" /f:"DirectoryPath/categories.xml"   
witadmin exportprocessconfig /collection:"CollectionURL" /p:"ProjectName" /f:"DirectoryPath/ProcessConfiguration.xml"  
witadmin importprocessconfig /collection:"CollectionURL" /p:"ProjectName" /f:"DirectoryPath/ProcessConfiguration.xml"  

バックログまたはボードに別の WIT を追加する方法についても説明しました。We've just shown how to add another WIT to your backlogs or boards. ただし、ポートフォリオバックログとして機能する別の WIT を追加する場合は、「 ポートフォリオバックログの追加」を参照してください。However, if you want to add another WIT to act as a portfolio backlog, see Add portfolio backlogs.

作業追跡オブジェクトのカスタマイズに使用できるすべてのオプションの概要については、「 作業追跡エクスペリエンスのカスタマイズ 」を参照してください。See Customize your work tracking experience for an overview of all the options available for customizing work tracking objects.

階層または入れ子になった要素がバックログまたはボードにどのように表示されるかについては、「 バックログとボードの階層 (入れ子になった) 項目の表示」を参照してください。To learn how hierarchical or nested elements are displayed on a backlog or board, see How backlogs and boards display hierarchical (nested) items.