Reporting Services レポートReporting Services reports

Azure DevOps Server 2020 |Azure DevOps Server 2019 |TFS 2018-TFS 2013Azure DevOps Server 2020 | Azure DevOps Server 2019 | TFS 2018 - TFS 2013
Azure DevOps Server は以前に Visual Studio Team Foundation Server と呼ばれていました。Azure DevOps Server was previously named Visual Studio Team Foundation Server.

SQL Server レポートソリューションは、レポートをホストするために SQL Server レポートサーバーと結合された データウェアハウスおよび OLAP キューブ に基づいています。The SQL Server reporting solution is based on a data warehouse and OLAP cube coupled with a SQL Server Reporting server to host reports.

Azure DevOps Server 2019 と2020のバージョンでは、SQL Server Reporting ソリューションと Analytics サービスの両方がサポートされています。Azure DevOps Server 2019 and 2020 versions supports both the SQL Server Reporting solution and the Analytics Service. Azure DevOps Server 2020 は、両方をサポートする最後のバージョンです。Azure DevOps Server 2020 is the last version to support both. Azure DevOps Server のレポートの将来の詳細については、 レポートのロードマップに関するページを参照してください。To learn more about the future of reporting for the Azure DevOps Server, read Reporting roadmap.

重要

データウェアハウスと SQL Server Reporting Services との統合は、オンプレミスの Azure DevOps Server バージョンでのみサポートされています。Integration with the data warehouse and SQL Server Reporting Services is only supported for on-premises Azure DevOps Server versions. レポートサイトがない場合に追加するには、「 プロジェクトへのレポートの追加」を参照してください。If you don't have a reporting site and want to add it, see Add reports to a project.

Azure DevOps Services でサポートされる内容の詳細については、「 ダッシュボードとレポートの概要」を参照してください。For information on what is supported for Azure DevOps Services, see Dashboards and reports overview.

TFS のレポートの将来の詳細については、 レポートのロードマップに関するページを参照してください。To learn more about the future of reporting for TFS, read Reporting roadmap.

SQL Server Reporting Services のレポートを使用すると、プロジェクトの進行状況と品質を分析できます。You can analyze the progress and quality of your project by using the reports in SQL Server Reporting Services. これらのレポートでは、作業項目、バージョン管理、テスト結果、およびビルドの測度が集計されます。These reports aggregate metrics from work items, version control, test results, and builds. さらに、プロジェクトの実際の状態について確認できます。These reports answer questions about the actual state of your project.

これらのレポートのほとんどには、レポートに含める内容を指定するために使用できるフィルターが用意されています。Most of these reports provide filters that you can use to specify contents to include in the report. フィルターには、期間、イテレーション パスおよび区分パス、作業項目の種類、作業項目の状態が含まれます。Filters include time period, iteration and area paths, work item types, and work item states. 確認できる事項は、ユーザー ストーリー、テスト ケース、タスク、バグなど、すべての種類の作業項目に関連しています。The questions that they answer relate to all types of work items such as user stories, test cases, tasks, and bugs.
SQL Server レポートソリューションは、レポートをホストするために SQL Server レポートサーバーと結合された データウェアハウスおよび OLAP キューブ に基づいています。The SQL Server reporting solution is based on a data warehouse and OLAP cube coupled with a SQL Server Reporting server to host reports.

Azure DevOps Server 2019 以降のバージョンでは、SQL Server Reporting ソリューションと Analytics サービスの両方がサポートされています。Azure DevOps Server 2019 and later versions support both the SQL Server Reporting solution and the Analytics Service. Azure DevOps Server のレポートの将来の詳細については、 レポートのロードマップに関するページを参照してください。To learn more about the future of reporting for the Azure DevOps Server, read Reporting roadmap.

重要

データウェアハウスと SQL Server Reporting Services との統合は、オンプレミスの Azure DevOps Server 2019 および Team Foundation Server (TFS) でのみサポートされています。Integration with the data warehouse and SQL Server Reporting Services is only supported for on-premises Azure DevOps Server 2019 and Team Foundation Server (TFS). レポートサイトがない場合に追加するには、「 プロジェクトへのレポートの追加」を参照してください。If you don't have a reporting site and want to add it, see Add reports to a project.

Azure DevOps Services でサポートされる内容の詳細については、「 ダッシュボードとレポートの概要」を参照してください。For information on what is supported for Azure DevOps Services, see Dashboards and reports overview.

TFS のレポートの将来の詳細については、 レポートのロードマップに関するページを参照してください。To learn more about the future of reporting for TFS, read Reporting roadmap.

前提条件Prerequisites

  • SQL Server Reporting Services で Azure DevOps のオンプレミスのデプロイをプロビジョニングする必要があります。Your Azure DevOps on-premises deployment must be provisioned with SQL Server Reporting Services. チームエクスプローラーのホームページに レポート へのリンクが含まれていない場合、これらのレポートは使用できません。These reports are not available if your Team Explorer home page does not contain a link to Reports.
  • チームプロジェクトは、レポートを使用してプロビジョニングする必要があります。Your team project must be provisioned with reports.
  • Reporting Services で配置をプロビジョニングするか、既存のチームプロジェクトにレポートを追加するには、「 チームプロジェクトへのレポートの追加」を参照してください。To provision your deployment with Reporting Services or add reports to an existing team project, see Add reports to a team project.
  • これらのレポートを表示するには、Reporting Services で Browser または Team Foundation Content Manager ロールが割り当てられているグループに割り当てられているか、そのグループに属している必要があります。To view these reports, you must be assigned or belong to a group that has been assigned the Browser or Team Foundation Content Manager role in Reporting Services. 詳細については、「 レポートを表示または作成するためのアクセス許可を付与する」を参照してください。For more information, see Grant permissions to view or create reports.

コードの品質の監視Monitor code quality

ビルド レポートは、開発中のソフトウェアの品質を追跡します。Build reports track the quality of software under development. 各ビルドパイプラインの一部として自動的に実行されるテストを定義し、コードカバレッジデータを収集するためのテストをインストルメント化することにより、ビルド、テスト、およびコードの品質に関する洞察を得ることができます。By defining tests to run automatically as part of each build pipeline and instrumenting tests to gather code coverage data, you can gain insight about the quality of the builds, tests, and code.

ビルドとテストのアクティビティ Build and test activities
  1. ビルドシステムの構成Configure a build system
  2. CI/CD を使ってみるGet started with CI/CD
  3. ビルド プロセスでのテストの実行Run tests in your build process
  4. Optionalビルド品質ディメンションを設定するために 完了したビルドを評価 します。(Optional) Rate completed builds to populate the Build Quality dimension.
レポートの作成 Build reports

一定期間内のビルド成功レポートのサンプルSample build success over time report

ビルドの概要レポートのサンプル

進行状況の監視Monitor progress

プロジェクト管理レポートでは、1 つのスプリントまたはリリースでチームが取り組む作業量と、進行状況の速度を把握することができます。Project management reports provide insight into how much work the team is tackling within a sprint or release, and the rate of their progress. 作業項目をリンクし、作業の実行に合わせて特定のフィールドを更新することで、個々のストーリーの進行状況を追跡し、今後のアクティビティをより正確に見積もることができるようになります。By linking work items and updating specific fields as work is performed, you can track the progress of individual stories and be able to more accurately estimate future activities.

作業項目トラッキングアクティビティ Work item tracking activities
  1. バックログを作成します。Create the backlog.
    • プロダクトバックログ項目を作成し、 作業量 (スクラム) を指定します。Create product backlog items and specify the Effort (Scrum).
    • ユーザーストーリーを作成し、 ストーリーポイント (アジャイル) を指定します。Create user stories and specify the Story Points (Agile).
    • 要件を作成し、 サイズ (CMMI) を指定します。Create requirements and specify the Size (CMMI).
  2. スプリントで作業する。Work in sprints. バックログ項目をスプリントに割り当て、タスクを作成して親バックログ項目にリンクし、チーム メンバーに割り当てます。Assign backlog items to sprints, create tasks and link them to parent backlog items, and assign to a team member.
  3. タスクの残存作業を更新します。 Update Remaining Work for tasks. アジャイルおよび CMMI チームプロジェクトの場合は、 完了した作業 も更新します。For Agile and CMMI team projects, update Completed Work as well.
    Tip
    最初の見積もりを参照する唯一のレポートは、すべてのイテレーションの状態です。The only report that references Original Estimate is Status on All Iterations.
  4. テストケースとバグを作成し、親バックログ項目にリンクして、 状態を更新します。Create test cases and bugs, link them to their parent backlog item, and update their State.
  5. Optionalレポートでフィルター処理を行うには、作業項目を区分に割り当てます。(Optional) Assign work items to areas for filtering in reports.
プロジェクト管理 (スクラム) レポート Project management (Scrum) reports プロジェクト管理 (アジャイルおよび CMMI) レポート Project management (Agile and CMMI) reports

ストーリー概要レポートのサンプルSample stories overview report

ストーリー概要レポートのサンプル

テスト計画の監視とバグの追跡Monitor test plans and bug tracking

テスト計画のレポートは、バックログ項目またはユーザー ストーリーのテストの進行状況とカバレッジの監視をサポートします。Test planning reports support monitoring the test progress and coverage of backlog items or user stories. バグ追跡のレポートでは、バグの検出と解決に関するチームのキャパシティがわかりやすく示されます。Bug tracking reports illustrate the team's capacity to find and resolve bugs.

テスト計画とバグ追跡アクティビティ Test planning and bug tracking activities
  1. テスト計画とテストケースを定義し、作業の進行状況に応じて 状態 を更新します。Define test plans and test cases, and update their State as work progresses.
  2. 手動テストの各検証手順の結果を 、成功または失敗としてマークします。Mark the results of each validation step in manual tests as either passed or failed.
  3. バグを作成し、 優先度重要度を指定して、チームメンバーに割り当て、 状態を更新します。Create bugs, specify the Priority and Severity, assign to a team member, and update the State.
  4. (省略可能) レポートをフィルター処理できるように、テスト ケースとバグを区分とイテレーションに割り当てます。(Optional) Assign test cases and bugs to areas and iterations to filter reports.
バグおよびテストレポート Bug and test reports

テスト計画の進行状況レポートのサンプルSample test plan progress report

テスト計画の進行状況レポートのサンプル

レポートを開くOpen a report

レポートは、web ポータルのチームエクスプローラー、チームプロジェクトポータル、または任意のチームホームページから開くことができます。You can open a report from Team Explorer, your team project portal, or any team home page in the web portal.

チームエクスプローラーの [ レポート ] ページからレポートサイトを開きます。Open the report site from the Reports page in Team Explorer.

チーム プロジェクト レポート サイトを開くOpen the team project report site

レポート マネージャーでのスクラム プロジェクトのレポートの表示例を次に示します。Here's a view of reports for a Scrum project in Report Manager.

レポート マネージャーでスクラム レポートを開くOpen a Scrum report in Report Manager

注意

チームエクスプローラーの [ レポート ] ノードに赤い X アイコンが表示されている場合チームエクスプローラーは、レポートにアクセスする権限がないか、SQL Server Reporting Services をホストしているサーバーとの通信が失われている可能性があります。If a red X icon appears on the Reports node in Team Explorer, you might not have permissions to access the reports or Team Explorer might have lost communication with the server that hosts SQL Server Reporting Services. その場合、レポート ノードへのアクセス許可が設定されているかどうか、Reporting Services をホストするサーバーが起動しているかどうかを、プロジェクト管理者に問い合わせてください。In these instances, check with your project administrator to make sure that you have permissions to access the reports node and that the server that hosts Reporting Services is running.

次の両方の条件に該当する場合、[ レポート ] ノードに赤い X アイコンが表示されることがあります。The red X icon might appear on the Reports node if both of the following conditions are true:

  • チームエクスプローラーがと同じコンピューター上で実行されている場合 SQL Server Reporting ServicesIf Team Explorer is running on the same computer as SQL Server Reporting Services
  • 管理者としてログオンしていないか、Internet Explorer のセキュリティ強化が有効になっている場合。You are not logged on as the administrator, or enhanced security is enabled for Internet Explorer.

この問題を解決するには、管理者としてコンピューターにログオンするか、Internet Explorer を開き、[インターネットオプション] を開いて [ セキュリティ ] タブを選択し、[ 保護モードを有効に する] チェックボックスをオフにします。To correct this issue, log onto your computer as an administrator, or open Internet Explorer, open Internet Options, choose the Security tab, and clear the Enabled Protected Mode check box.

レポートの更新Refreshing a report

WIT データ ストアには、作業項目用にキャプチャされたデータがすべて書き込まれます。一方、Analysis Services データ ウェアハウスには、一部のデータのみが書き込まれます。All data captured for work items is written to the WIT data store, but only select data is written to the Analysis Services data warehouse. チーム メンバーが作業項目を作成および変更すると、WIT のデータ ストアがリアルタイムで更新されます。The WIT data store is updated in real-time as team members create and modify work items. その後、リレーショナル ウェアハウス データベースには 2 分ごと、OLAP キューブには 2 時間ごとに増分更新が書き込まれます。Incremental updates are then written to the relational warehouse database every two minutes and the OLAP cube every two hours. これらの設定を変更するには、「 データウェアハウスの更新間隔の変更」を参照してください。To change these settings, see Change the Data Warehouse Refresh Frequency.

レポートを更新する方法を次の表に示します。The following table describes how you can refresh the report.

オプションOption 結果Result
ブラウザー ウィンドウの [更新] ボタンRefresh button on the browser window セッション キャッシュに保存されたレポートによって、表示を最新の情報に更新します。Refreshes the display with the report that is stored in the session cache. セッションのキャッシュは、ユーザーがレポートを開いた時点で作成されます。A session cache is created when a user opens a report. Reporting Services は、ブラウザー セッションを使用して、レポートが開いているときの表示を一貫して維持します。Reporting Services uses browser sessions to maintain a consistent viewing experience when a report is open.
レポートの更新Refresh report Reporting Services を実行しているサーバーが、クエリを返して、レポートがオンデマンドで実行されている場合はレポート データを更新するようにします。Causes the server that is running Reporting Services to rerun the query and update report data if the report runs on-demand. レポートがキャッシュされている場合やスナップショットの場合は、レポート サーバー データベースに格納されているレポートが表示されます。If the report is cached or a snapshot, the report that is stored in the report server database appears.
Ctrl</localizedText> + <localizedText>F5</localizedText> キーCTRL+F5 keyboard combination では、レポートツールバーの [ 更新 ] を選択した場合と同じ結果が生成されます。Produces the same result as choosing Refresh on the report toolbar.

発行済みレポートの管理と作業Manage and work with published reports

Reporting Services でレポートを表示するときは、次のタスクも実行できます。You can also perform the following tasks when you view a report in Reporting Services:

  • レポートを拡大または縮小する。Zoom in or out of the report.
  • レポートに含まれているテキストを検索する。Search for text that the report contains.
  • 関連するレポートを開く。Open a related report.
  • レポートを、XML、CSV、PDF、MHTML、Excel、TIFF、Word などの別の形式にエクスポートする。Export the report to another format such as XML, CSV, PDF, MHTML, Excel, TIFF, or Word.
  • レポートを更新します。Refresh the report.
  • レポートを印刷します。Print the report.
  • レポートのサブスクリプションを作成する。Create a subscription for the report.

Q & AQ & A

Q: レポートでは、ストーリーとサブストーリー、またはタスクとサブタスクは処理されますか。Q: Do reports handle stories and substories or tasks and subtasks?

A: はい。ストーリーまたはバックログ項目とタスクを分割して、バックログ項目とタスクの両方の入れ子になった階層を作成することができます。A: Yes, you can subdivide stories or backlog items as well as tasks, creating a nested hierarchy of both backlog items and tasks. 項目は数レベルの深さに入れ子にすることができます。You can nest items several levels deep. タスクをサブタスクに分割する場合、作業時間はサブタスクにのみ指定してください。If you subdivide a task into subtasks, specify hours only for the subtasks. これらの作業時間は、親タスクおよび親バックログ項目の集計値としてロールアップされます。These hours are rolled up as summary values for the parent task and their parent backlog item. エラーが発生していると思われるレポートを修正するには、「 集計値の発行に関する誤りの修正」を参照してください。To correct reports you believe are in error, see Address inaccuracies published for summary values.

Q: 作業項目とのリンクに依存するレポートはどれですか。Q: Which reports depend on linking work items?

A: 概要レポートと進行状況レポートは、タスク、テストケース、およびバグのバックログ項目へのリンクに依存します。A: The overview and progress reports depend on linking tasks, test cases, and bugs to backlog items. これらの項目は、タスクおよびバグの場合は親子リンク、テスト ケースの場合はテスト担当者リンクを使用してリンクする必要があります。You must link these items using the parent-child link for tasks and bugs and the Tested By link for test cases.

Q: レポートにコードチャーンやコードカバレッジデータが表示されないのはなぜですか。Q: Why isn't code churn and code coverage data appearing in my reports?

A: バージョン管理に Git を使用する場合、コードチャーンとコードカバレッジレポートデータは使用できません。A: If you use Git for version control, code churn and code coverage report data are not available.

Q: これらのレポートは、web ポータルに表示されるグラフと同じですか。Q: Are these reports the same as the charts that appear in the web portal?

A: 一部のレポートでは、スプリントバーンダウン、速度、またはすべてのイテレーションの状態など、同様の情報が表示されますが、これらのレポートの書式は異なるため、追加のフィルターをサポートします。A: While some reports do display similar information, such as sprint burndown and velocity or status on all iterations, these reports are formatted differently and support additional filters.

Q: 追加の製品区分やリリースマイルストーンを作成操作方法ますか。Q: How do I create additional product areas or release milestones?

A:区分またはイテレーションを作成する」を参照してください。A: See Create areas or iterations.

Q: 作業項目を一括編集操作方法、区分、イテレーション、チームメンバー、または優先度に割り当てることができますか。Q: How do I bulk edit work items to assign them to an area, iteration, team member, or priority?

A:作業項目の一括変更」を参照してください。A: See Bulk modify work items.

Q: 追加データを追跡するためのフィールドを追加操作方法ますか。Q: How do I add a field to track additional data?

A:レポートをサポートするための作業項目フィールドの追加または変更」を参照してください。A: See Add or modify a work item field to support reporting.

リソースResources