Visual Studio での Git の設定と設定Git preferences and settings in Visual Studio

Azure Repos |Azure DevOps Server 2020 |Azure DevOps Server 2019 |TFS 2018Azure Repos | Azure DevOps Server 2020 | Azure DevOps Server 2019 | TFS 2018

Visual Studio では、ユーザーの名前と電子メールアドレス、優先する diff ツールとマージツールなど、Git の一般的な設定と設定を構成して表示できます。Visual Studio allows you to configure and view common Git settings and preferences, such as your name and email address, your preferred diff and merge tools, and more. これらの設定と設定は、[グローバル設定] ページ (すべてのリポジトリに適用されます) または [リポジトリの設定] ページ (現在のリポジトリに適用されます) のいずれかで チームエクスプローラー で表示および構成できます。These preferences and settings can be viewed and configured in Team Explorer on either the Global Settings page (applies to all your repositories) or the Repository Settings page (applies to the current repository).

Visual Studio では、次の2種類の設定を構成できます。Visual Studio allows you to configure two types of settings:

  • Git 設定 -このセクションの設定は、git 構成ファイルに保存されている git 設定に対応しています。Git settings - The settings in this section correspond to Git settings that are saved in Git configuration files. これらの設定は、Visual Studio で表示および変更できますが、Git 構成ファイルによって管理されます。These settings can be viewed and modified in Visual Studio, but are managed by Git configuration files.
  • Visual studio の設定 -このセクションの設定は、visual studio によって管理される Git 関連の設定と設定を構成します。Visual Studio settings - The settings in this section configure Git-related settings and preferences that are managed by Visual Studio.

この記事では、Visual Studio で Git の設定と設定を構成して表示する方法について説明します。必要に応じて、Git コマンドラインが表示されます。This article shows you how to configure and view Git settings and preferences in Visual Studio, and where applicable shows you the Git command line equivalents.

設定を構成する方法How to configure settings

注意

Visual Studio 2019 に、Git リポジトリに接続するときのエクスペリエンスを向上する新しい Git ツールが追加されました。Visual Studio 2019 now includes a new Git tool that provides an improved experience when connecting to a Git repository. このツールを有効にすると、Git リポジトリに接続するときに、チーム エクスプローラー ツールが実質的に無効になります。When you enable this tool, the Team Explorer tool is effectively disabled when connected to a Git repository. 新しいツールは、Visual Studio 2019 バージョン 16.6 をダウンロードすることで入手できます。You can acquire the new tool by downloading Visual Studio 2019 version 16.6. 新しいツールを有効にして使用するには、「Visual Studio での Git エクスペリエンス (プレビュー)」を参照してください。To enable and use the new tool, see Git experience in Visual Studio (Preview).

  1. Visual Studio で Git 設定を構成するには、チームエクスプローラーから [ 設定 ] を選択します。To configure Git settings in Visual Studio, choose Settings from Team Explorer.

    チームエクスプローラーの設定に進む

  2. グローバル 設定 またはリポジトリの 設定 を選択して、グローバルレベルまたはリポジトリレベルの設定を表示および構成します。Choose Global Settings or Repository Settings to view and configure global-level or repository-level settings.

    Git の設定

  3. Visual Studio では、この記事の次のセクションで説明するように、いくつかの一般的な Git 設定を構成できます。Visual Studio allows you to configure several common Git settings, as described in the following sections of this article. 必要な設定を構成したら、[ 更新 ] を選択して、更新された設定を保存します。After configuring your desired settings, select Update to save the updated settings.

    設定の更新

Git の設定Git settings

Visual Studio では、最も一般的な Git 構成設定の一部を構成して確認することができます。Visual Studio allows you to configure and check some of the most common Git configuration settings. このセクションの設定は、Visual Studio で表示および変更できますが、Git 構成ファイルによって管理されます。The settings in this section can be viewed and modified in Visual Studio, but are managed by Git configuration files.

注意

Visual Studio の グローバル設定 で構成されている git 設定は、git のユーザー固有の構成ファイルの設定に対応しています。また、[ リポジトリの設定 ] の設定は、リポジトリ固有の構成ファイルの設定に対応しています。Git settings configured in Visual Studio's Global Settings correspond to settings in Git's user-specific configuration file, and the settings in Repository Settings correspond to settings in the repository-specific configuration file. Git の構成の詳細については、「Git のカスタマイズ」の Pro git の章、git 構成の ドキュメント、および 構成ファイルの pro git リファレンスを参照してください。For more information about Git configuration, see the Pro Git chapter on customizing Git, the git-config documentation, and the Pro Git reference on configuration files. Visual Studio で公開されていない Git 設定を構成するには、コマンドを使用し git config て、構成ファイルに値を書き込みます git config [--local|--global|--system] section.key valueTo configure Git settings not exposed in Visual Studio, use the git config command to write a value to your configuration files: git config [--local|--global|--system] section.key value.

名前とメールName and email

指定した名前と電子メールは、作成したコミットのコミッター情報として使用されます。The name and email that you provide will be used as the committer information for any commit you make. この設定は、グローバルとリポジトリの両方のスコープで使用でき、 git config user.emailuser.name の設定に対応しています。This setting is available at both global and repository scopes, and corresponds to the git config user.email and user.name settings.

注意

Visual Studio 2019 に、Git リポジトリに接続するときのエクスペリエンスを向上する新しい Git ツールが追加されました。Visual Studio 2019 now includes a new Git tool that provides an improved experience when connecting to a Git repository. このツールを有効にすると、Git リポジトリに接続するときに、チーム エクスプローラー ツールが実質的に無効になります。When you enable this tool, the Team Explorer tool is effectively disabled when connected to a Git repository. 新しいツールは、Visual Studio 2019 バージョン 16.6 をダウンロードすることで入手できます。You can acquire the new tool by downloading Visual Studio 2019 version 16.6. 新しいツールを有効にして使用するには、「Visual Studio での Git エクスペリエンス (プレビュー)」を参照してください。To enable and use the new tool, see Git experience in Visual Studio (Preview).

  1. チームエクスプローラーで、[ 設定] にアクセスします。In Team Explorer, go to Settings. グローバルレベルでユーザー名と電子メールを設定するには、 グローバル設定 に関するページを参照してください。これらをリポジトリレベルで設定するには、[ リポジトリの設定] にアクセスします。To set your user name and email at the global level, go to Global Settings; to set these at the repository level, go to Repository Settings.

  2. ユーザー名と電子メールを入力し、[ 更新 ] を選択して保存します。Provide your user name and email, then choose Update to save.

    グローバル設定のユーザー名と電子メール

    リポジトリの設定 では、最初に [グローバルユーザー名と電子メールの設定を上書き する] チェックボックスをオンにする必要があることに注意してください。Note that for Repository Settings, you'll first need to check Override global user name and email settings.

    リポジトリ設定のユーザー名と電子メール

フェッチ中にリモートブランチを排除するPrune remote branches during fetch

排除を使用すると、リモートに存在しなくなったリモート追跡ブランチが削除され、ブランチリストをクリーンアップして最新の状態に保つことができます。Pruning removes remote-tracking branches that no longer exist on the remote and helps you keep your branches list clean and up to date. この設定は、グローバルとリポジトリの両方のスコープで使用でき、fetch の設定に対応してい git config ます。This setting is available at both global and repository scopes, and corresponds to the git config fetch.prune setting.

グローバルレベルでは、このオプションを True に設定することをお勧めします。We recommend setting this option to True at the global level. 有効な設定は次のとおりです。Valid settings are:

  • True (推奨)True (recommended)
  • いいえFalse
  • 未設定 (既定)Unset (default)

注意

Visual Studio 2019 に、Git リポジトリに接続するときのエクスペリエンスを向上する新しい Git ツールが追加されました。Visual Studio 2019 now includes a new Git tool that provides an improved experience when connecting to a Git repository. このツールを有効にすると、Git リポジトリに接続するときに、チーム エクスプローラー ツールが実質的に無効になります。When you enable this tool, the Team Explorer tool is effectively disabled when connected to a Git repository. 新しいツールは、Visual Studio 2019 バージョン 16.6 をダウンロードすることで入手できます。You can acquire the new tool by downloading Visual Studio 2019 version 16.6. 新しいツールを有効にして使用するには、「Visual Studio での Git エクスペリエンス (プレビュー)」を参照してください。To enable and use the new tool, see Git experience in Visual Studio (Preview).

Visual Studio 2017 Update 5 以降が必要です。Requires Visual Studio 2017 Update 5 and later.

チームエクスプローラーで、[ 設定] にアクセスします。In Team Explorer, go to Settings. [ グローバル設定 ] にアクセスし、[ フェッチ中にリモートブランチを排除 する] を [ True ] (推奨) に設定します。Go to Global Settings and set Prune remote branches during fetch to True (recommended). [ 更新 ] を選択して保存します。Select Update to save.

[フェッチ中にリモートブランチを排除する] と、ドロップダウンから ' True ' が選択された状態で表示されるスクリーンショット。

プル時にローカルブランチをリベースするRebase local branch when pulling

リベースは、上流ブランチにない current branch 内のコミットによって行われた変更を確保し、現在のブランチをアップストリームブランチにリセットして、それ以外に設定された変更を適用します。Rebasing sets aside the changes made by commits in the current branch that are not in the upstream branch, resets the current branch to the upstream branch, then applies the changes that were set aside. この設定は、グローバルとリポジトリの両方のスコープで使用できます。また、この設定は、[リベース] 設定に対応してい git config ます。This setting is available at both global and repository scopes, and corresponds to the git config pull.rebase setting. 有効な設定は次のとおりです。Valid settings are:

  • True: フェッチ後に上流ブランチの上に現在のブランチをリベースします。True: Rebase current branch on top of upstream branch after fetch.
  • False: 現在のブランチを上流ブランチにマージします。False: Merge the current branch into the upstream branch.
  • 設定解除 (既定): 他の構成ファイルで指定されている場合を除き、現在のブランチを上流分岐にマージします。Unset (default): Unless specified in other configuration files, merge the current branch into the upstream branch.
  • Interactive: 対話モードでリベースします。Interactive: Rebase in interactive mode.
  • 保持: ローカルに作成されたマージコミットをフラット化せずにリベースします。Preserve: Rebase without flattening locally created merge commits.

注意

Visual Studio 2019 に、Git リポジトリに接続するときのエクスペリエンスを向上する新しい Git ツールが追加されました。Visual Studio 2019 now includes a new Git tool that provides an improved experience when connecting to a Git repository. このツールを有効にすると、Git リポジトリに接続するときに、チーム エクスプローラー ツールが実質的に無効になります。When you enable this tool, the Team Explorer tool is effectively disabled when connected to a Git repository. 新しいツールは、Visual Studio 2019 バージョン 16.6 をダウンロードすることで入手できます。You can acquire the new tool by downloading Visual Studio 2019 version 16.6. 新しいツールを有効にして使用するには、「Visual Studio での Git エクスペリエンス (プレビュー)」を参照してください。To enable and use the new tool, see Git experience in Visual Studio (Preview).

Visual Studio 2017 Update 5 以降が必要です。Requires Visual Studio 2017 Update 5 and later.

  1. チームエクスプローラーで、[ 設定] にアクセスします。In Team Explorer, go to Settings. グローバル 設定 にアクセスして、グローバルレベルでこのオプションを構成します。リポジトリの 設定 にアクセスして、リポジトリレベルでこのオプションを構成します。Go to Global Settings to configure this option at the global level; go to Repository Settings to configure this option at the repo level.

  2. 目的の設定に プルするときにリベースローカル分岐 を設定し、[ 更新 ] を選択して保存します。Set Rebase local branch when pulling to the desired setting, and select Update to save.

    ドロップダウンから選択された [プル時にローカル分岐をリベースする] と [True] を選択したスクリーンショット。

pull.rebaseを Visual Studio で Interactive に設定することはできないことに注意してください。Note that it is not possible to configure pull.rebase to Interactive in Visual Studio. Visual Studio では、対話型リベースがサポートされていません。Visual Studio does not have interactive rebase support. pull.rebase対話型モードを使用するようにを構成するには、コマンドラインを使用します。To configure pull.rebase to use interactive mode, use the command line.

暗号化ネットワークプロバイダーCryptographic network provider

暗号化ネットワークプロバイダーは、グローバルスコープの Git 構成設定であり、実行時に使用する SSL バックエンドを構成し、 git config Http sslBackend エンド設定に対応します。Cryptographic network provider is a Git configuration setting at global scope that configures which SSL backend to use at runtime, and corresponds to the git config http.sslBackend setting. 値は次のとおりです。The values are:

  • OpenSSL: TLS および SSL プロトコルに openssl を使用します。OpenSSL: Use OpenSSL for TLS and SSL protocols.
  • セキュリティで保護されたチャネル: TLS および SSL プロトコルに セキュリティで保護されたチャネル (schannel) を使用します。Secure Channel: Use Secure Channel (schannel) for TLS and SSL protocols. Schannel は Windows 資格情報ストアにアクセスするネイティブ Windows ソリューションであり、エンタープライズ全体にわたる証明書の管理を可能にします。Schannel is the native Windows solution, accessing the Windows Credential Store, thereby allowing for enterprise-wide management of certificates.
  • 設定解除 (既定): この設定を解除すると、OpenSSL が既定値になります。Unset (default): If this setting is unset, OpenSSL is the default.

注意

Visual Studio 2019 に、Git リポジトリに接続するときのエクスペリエンスを向上する新しい Git ツールが追加されました。Visual Studio 2019 now includes a new Git tool that provides an improved experience when connecting to a Git repository. このツールを有効にすると、Git リポジトリに接続するときに、チーム エクスプローラー ツールが実質的に無効になります。When you enable this tool, the Team Explorer tool is effectively disabled when connected to a Git repository. 新しいツールは、Visual Studio 2019 バージョン 16.6 をダウンロードすることで入手できます。You can acquire the new tool by downloading Visual Studio 2019 version 16.6. 新しいツールを有効にして使用するには、「Visual Studio での Git エクスペリエンス (プレビュー)」を参照してください。To enable and use the new tool, see Git experience in Visual Studio (Preview).

Visual Studio 2017 更新プログラム7以降が必要です。Requires Visual Studio 2017 Update 7 and later.

  1. チームエクスプローラーで、[ 設定] にアクセスします。In Team Explorer, go to Settings. この設定を構成するには、[ グローバル設定 ] にアクセスしてください。Go to Global Settings to configure this setting.

  2. 暗号化ネットワークプロバイダー を目的の値に設定し、[更新] を選択して保存します。Set Cryptographic network provider to the desired value, and select Update to save.

    ドロップダウンから選択された ' OpenSSL ' で強調表示された "暗号化ネットワークプロバイダー" を示すスクリーンショット。

& 属性ファイルを無視するIgnore & attributes files

[ & 属性ファイルを無視 する] セクションは、リポジトリのスコープで利用でき、リポジトリの .gitignoreファイルと ファイルを表示および編集できます。The Ignore & attributes files section is available at repository scope and allows you to view and edit the gitignore and gitattributes files for your repository.

& 属性ファイルを無視する

差分 & マージツールDiff & merge Tools

Git では、優先するツールに相違が表示され、競合がマージされます。Git will show diffs and merge conflicts in your preferred tools. このセクションの設定は、 git config diff. ツールマージツール の設定に対応しています。The settings in this section correspond to the git config diff.tool and merge.tool settings. Visual Studio を使用するように Git を構成するには、[ グローバル設定 ] と [ リポジトリの設定 ] で、[ visual studio を使用 する] を選択します。You can configure Git to use Visual Studio as your merge or diff tool in Global Settings and Repository Settings by selecting Use Visual Studio. 他の diff ツールとマージツールを構成するには、を git config diff. ツール または マージツール スイッチと共に使用します。To configure other diff and merge tools, use git config with the diff.tool or merge.tool switch.

Diff および merge ツール。

リモートRemotes

[ リモート ] セクションでは、このリポジトリのリモートを構成できます。The Remotes section allows you to configure the remotes for this repository. この設定は git リモート コマンドに対応しており、リポジトリのスコープで利用できます。This setting corresponds to the git remote command and is available at the repository scope.

リモートセクションを示すスクリーンショット。

その他Other

[ その他 ] セクションでは、Visual Studio の git 設定ウィンドウで表示および管理される設定を除き、このリポジトリの Git 構成設定を表示できます。The Other section allows you to view the Git configuration settings for this repository, with the exception of settings that are displayed and managed in the Visual Studio Git settings pane.

他のセクションを示すスクリーンショット。

すべての Git 構成設定を表示するには、構成ファイルを開いて表示します。または、を実行して設定を表示することもでき git config --list ます。To view all of your Git configuration settings, you can open and view the configuration files themselves, or you can run git config --list to display the settings.

Visual Studio の設定Visual Studio settings

次の設定は、Visual Studio で Git に関連する設定を管理し、Git 構成ファイルではなく Visual Studio によって管理されます。The following settings manage Git-related preferences in Visual Studio, and are managed by Visual Studio instead of Git configuration files. このセクションのすべての設定は、[ グローバル設定 ] ページで構成されています。All of the settings in this section are configured on the Global Settings page.

既定のリポジトリの場所Default repository location

既定のリポジトリの場所 リポジトリが複製される既定のフォルダーを構成します。Default repository location configures the default folder in which repositories are cloned.

既定のリポジトリの場所

サードパーティソースからの作成者のイメージのダウンロードを有効にするEnable download of author images from 3rd party source

サードパーティソースからの作成者イメージのダウンロードを有効にすることは、グローバルスコープでの Visual Studio 固有の設定です。Enable download of author images from 3rd party source is a Visual Studio specific setting at global scope. オンにすると、 Gravatar イメージサービスから作成者イメージがダウンロードされます (使用可能な場合)。また、コミットビューと履歴ビューにも表示されます。When checked, author images are downloaded from the Gravatar image service, if available, and displayed in the commit and history views.

サードパーティソースからの作成者のイメージのダウンロードを有効にする

重要

コミットビューと履歴ビューに作成者のイメージを提供するために、このツールは、アクティブなリポジトリに格納されている作成者の電子メールアドレスの MD5 ハッシュを作成します。In order to provide author images in the Commit and History views, the tool creates an MD5 hash for the author email addresses stored in the active repository. その後、このハッシュは Gravatar に送信され、以前にサービスにサインアップしたユーザーに対応するハッシュ値が検索されます。This hash is then sent to Gravatar to find a matching hash value for users that have previously signed up for the service. 一致するものが見つかった場合は、ユーザーイメージがサービスから取得され、Visual Studio に表示されます。If a match is found, the user image will be retrieved from the service and displayed in Visual Studio. サービスを構成していないユーザーは、ランダムに生成されたイメージを返します。Users that have not configured the service will return a randomly generated image. 電子メールアドレスはマイクロソフトによって記録されず、Gravatar や他のサードパーティと共有されることもありません。Note, email addresses are not recorded by Microsoft, nor are they ever shared with Gravatar or any other third party.

既定でマージ後に変更をコミットするCommit changes after merge by default

[ 既定でマージ後に変更をコミット する] が有効になっている場合、分岐が current branch にマージされると、Git によって新しいコミットが自動的に作成されます。When Commit changes after merge by default is enabled, Git automatically creates a new commit when a branch is merged with the current branch.

既定でマージ後に変更をコミットする

  • オンにすると、 git merge Visual Studio によって発行されたコマンドがオプションを使用して実行され --commit ます。When checked, git merge commands issued by Visual Studio are run with the --commit option.
  • オフにすると、 git merge Visual Studio によって発行されたコマンドがオプションを使用して実行され --no-commit --no-ff ます。When unchecked, git merge commands issued by Visual Studio are run with the --no-commit --no-ff options.

これらのオプションの詳細については、「 --commit」と「--no-commit 」および「- -no-ff」を参照してください。For more information on these options, see --commit and --no-commit and --no-ff.

プッシュを有効にする--forceEnable push --force

Visual Studio 2017 以降が必要です。Requires Visual Studio 2017 and later.

この設定を有効にすると、 push --force Visual Studio 内から使用できるようになります。When enabled, this setting allows you to push --force from within Visual Studio. 既定では、 push--force は無効になっています。By default Enable push --force is disabled.

プッシュを有効にする--force

警告

push --force前回のプル以降にブランチにプッシュされた変更を上書きできるため、慎重に使用してください。Use push --force with caution as it can overwrite changes that have been pushed to the branch since your last pull. 詳細については、「 push--force」を参照してください。For more information, see push --force.