コマンドの構成

Azure DevOps Services |Azure DevOps Server 2022 |Azure DevOps Server 2020 |Azure DevOps Server 2019 |TFS 2018

Visual Studio 2022 |Visual Studio 2019 |Visual Studio 2017 |Visual Studio 2015 |Visual Studio 2013

管理者が [ ソース管理の設定 ] ダイアログ ボックスでプロジェクトの次の構成設定を表示および変更できるようにします。

  • チェックアウト設定
  • チェックイン ポリシー
  • チェックインに関する注意事項

前提条件

configure コマンドを使用するには、サーバー レベルの情報の編集権限が [許可] に設定されている必要があります。 詳細については、「 既定の TFVC アクセス許可」を参照してください。

構文

tf configure [PathOfTeamProject] [/collection:TeamProjectCollectionUrl][/login:username,[password]]

パラメーター

引数

Argument 説明
PathOfTeamProject 管理者が表示、変更、またはその両方を行うことができる構成設定を持つプロジェクトのパス。
TeamProjectCollectionUrl 指定したプロジェクトを含むプロジェクト コレクションの URL (たとえば、 http://myserver:8080/tfs/DefaultCollection).
username /login オプションに値を提供します。 ユーザー名の値は 、DOMAIN\UserName または UserName として指定できます

オプション

オプション 説明
/collection プロジェクト コレクションを指定します。
/login Team Foundation Server でユーザーを認証するためのユーザー名とパスワードを指定します。

注釈

configure コマンドを使用して、次のプロジェクト設定を管理できます。

  • チェックアウト設定 を使用して、複数のユーザーが同時にファイルを編集できるかどうかを判断できます。 また、チェックアウト時の最新の取得動作を構成するためにも使用できます。

  • チェックイン ポリシー は、ユーザーが保留中の変更をチェックインする前に定義された条件が満たされていることを確認するために、チェックイン時に呼び出されるコントロールを提供します。

  • チェックイン ノートでは、 ユーザーがチェックイン プロセス中に情報を提供するユーザー設定フィールドを定義します。 チェックインノートは必須または省略可能です。

設定は、構成コマンドを実行した後に表示される [ ソース管理の設定] ダイアログ ボックスで 構成 されます。 変更を完了したら、[ OK] をクリックしてサーバーに保存します。

これらの設定の詳細については、「 チュートリアル: Checkin Policies and Notes のカスタマイズ」を参照してください。

tf コマンド ライン ユーティリティを見つける方法の詳細については、「Team Foundation バージョン管理コマンドを使用する」を参照してください。

次の使用例は、c:\projects フォルダーのワークスペースのプロジェクト設定を確認および変更できる [ソース管理設定] ダイアログ ボックスを表示します。

c:\projects>tf configure

次の例では、プロジェクト コレクションの myproj プロジェクト設定を表示します http://myserver:8080/tfs/DefaultCollection

c:\projects>tf configure $/myproj / http://myserver:8080/tfs/DefaultCollection