品質ゲートの設定と適用

Azure DevOps Services |Azure DevOps Server 2022 |Azure DevOps Server 2020 |Azure DevOps Server 2019 |TFS 2018

Visual Studio 2022 |Visual Studio 2019 |Visual Studio 2017 |Visual Studio 2015 |Visual Studio 2013

チェックイン ポリシーは、開発チーム全体で開発プラクティスを実施するためのメカニズムです。 チェックイン ノートは、チェックイン プロセス中にチーム メンバーからデータを収集するための通信メカニズムです。 これらはどちらも、チームのニーズに合わせてカスタマイズできます。 このセクションでは、これらの項目の目的と、それらを構成する方法についても説明します。

チェックイン ポリシー

チェックイン ポリシーは、必須のソフトウェア開発プラクティスを適用するために使用されます。 ポリシーは、[チェックイン] ウィンドウと [保留中の変更] ウィンドウのチェックイン プロセス中に適用されます。 ユーザーがポリシーに違反してチェックインを実行しようとすると、そのチェックインはブロックされます。 必要に応じて、これらのポリシーをオーバーライドできます。 詳細については、「 チームのコードベースに作業をチェックインする」を参照してください。

ポリシーは、[ソース管理の設定] ウィンドウで構成および確立されます。 ポリシーの制約の例は、「変更を 1 つ以上の作業項目に関連付ける必要があります」です。このポリシーにより、ユーザーが作業中の特定のバグや機能を持たずに変更を送信できなくなります。

ポリシーに違反すると、[チェックイン] ウィンドウと [保留中の変更] ウィンドウのソース管理チェックイン プロセス中に、ポリシーがユーザーに表示されます。 詳細については、「 チェックインおよび保留中の変更ウィンドウの使用」を参照してください。

チェックインに関するメモ

チェックイン ノートは、ユーザーに特定のデータの入力を求めることで、チェックイン プロセス中に特定の情報をキャプチャするために使用されます。 チェックイン ノートは、[ソース管理の設定] ウィンドウで構成し、必須にすることができます。 変更セットの操作の詳細を表示する場合、チェックイン ノートにアーカイブされた情報が重要になる場合があります。 詳細については、「 アイテムに関する履歴データの表示」を参照してください。

チェックインおよび保留中の変更ウィンドウのソース管理チェックイン プロセス中に、チェックイン ノートがユーザーに表示されます。 詳細については、「 チェックインおよび保留中の変更ウィンドウの使用」を参照してください。